佐藤 礼一郎 (サトウ レイイチロウ)

SATO REIICHIRO

写真a

所属

農学部 獣医学科

職名

教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(獣医学) ( 2013年12月   麻布大学 )

  • 学士(獣医学) ( 2004年3月   麻布大学 )

  • 学士(農学) ( 1998年3月   鹿児島大学 )

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 軟部外科

  • 周産期疾病

  • 子牛の臍部疾患

  • 酸化ストレス

  • 骨代謝

  • 周産期疾患

  • ウシ

  • 腹腔鏡

  • 反芻動物

  • カルシウム代謝

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 獣医学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 宮崎大学   農学部   獣医学科   学科長

    2022年04月 - 継続中

  • 宮崎大学   医学獣医学総合研究科   医科学獣医科学専攻   教授

    2020年04月 - 継続中

  • University of Miyazaki   Faculty of Agriculture   Department of Veterinary Science   Faculty of Agriculture Department of Veterinary Sciences   Professor

    2020年04月 - 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • Bern大学   客員教授   客員教授

    2023年4月 - 現在

  • 明治大学   農学部   専任講師

    2021年4月 - 現在

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 九州沖縄産業動物臨床研究会

    2021年1月 - 現在

  • 護蹄研究会

    2016年6月 - 2019年9月

  • 国際蹄病学会

    2016年5月 - 2019年9月

  • 動物臨床医学会

    2015年11月 - 現在

  • 日本家畜臨床学会

    2015年4月 - 現在

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Investigation of preinguinal approach for removal of urachal abscess in three Japanese black cattle older than 18 months of age. 査読あり 国際共著

    Sato R, Hayashi J, Fuke N, Saito E, Hidaka K, Saka H, Satoh H, Steiner A

    The Journal of veterinary medical science   2024年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本獣医学会  

    This study investigated the diagnostic and surgical management of urachal abscessation involving the urinary bladder in three cattle aged >18 months. While the abdominal floor or paralumbar fossa are typically considered for accessing the urachus and bladder in calves and heifers, the distance is too great to perform the procedure under direct vision in adult cows. Therefore, a novel preinguinal approach was used for access in cows with urachal abscesses after 18 months. Access was successfully achieved in all the three cows through a preinguinal incision to the urachal abscess at the apex of the bladder. However, in cases wherein the abscess and adhesions are severe, removal may be challenging or may necessitate a combined median or paramedian approach.

    DOI: 10.1292/jvms.24-0011

    PubMed

    CiNii Research

  • Exploratory study of volatile fatty acids and the rumen-and-gut microbiota of dairy cows in a single farm, with respect to subclinical infection with bovine leukemia virus 査読あり

    Suzuki T., Murakami H., Uchiyama J., Sato R., Takemura-Uchiyama I., Ogata M., Sogawa K., Ishida H., Atipairin A., Matsushita O., Nagai M.

    Annals of Microbiology   73 ( 1 )   2023年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Annals of Microbiology  

    Background: Subclinical infection with bovine leukemia virus (BLV) in cows can cause economic losses in milk and meat production in many countries, as BLV-related negative effects. The volatile fatty acids (VFAs) and microbiota present in the digestive tracts of cows can contribute to cow health. Here, we exploratorily investigated the VFAs and microbiota in the rumen and gut with respect to subclinical BLV infection using cows housed at a single farm. Results: We analyzed a herd of 38 cows kept at one farm, which included 15 uninfected and 23 BLV-infected cows. First, the analysis of the VFAs in the rumen, gut, and blood revealed an absence of statistically significant differences between the uninfected and BLV-infected groups. Thus, BLV infection did not cause major changes in VFA levels in all tested specimens. Next, we analyzed the rumen and gut microbiota. The analysis of the microbial diversity revealed a modest difference between the uninfected and BLV-infected groups in the gut; by contrast, no differences were observed in the rumen. In addition, the investigation of the bacteria that were predominant in the uninfected and BLV-infected groups via a differential abundance analysis showed that no significant bacteria were present in either of the microbiota. Thus, BLV infection possibly affected the gut microbiota to a small extent. Moreover, bacterial associations were compared between the uninfected and BLV-infected groups. The results of this analysis suggested that BLV infection affected the equilibrium of the bacterial associations in both microbiota, which might be related to the BLV-related negative effects. Thus, BLV infection may negatively affect the equilibrium of bacterial associations in both microbiota. Conclusions: Subclinical BLV infection is likely to affect the rumen and gut microbiota, which may partly explain the BLV-related negative effects.

    DOI: 10.1186/s13213-023-01737-4

    Scopus

  • Successful Treatment of Central Nervous System Lymphoma with Combination Therapy of Nimustine and Prednisolone in Two Dogs 査読あり

    Mizutani Y., Inoue Y., Goda Y., Mizutani S., Asanuma T., Miura N., Hidaka Y., Sato R., Satoh H.

    Veterinary Sciences   10 ( 9 )   2023年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Veterinary Sciences  

    Of intracranial tumors, primary central nervous system lymphoma (PCNSL) is rare in dogs. Herein, we describe our experience with two dogs (a 3-year-old intact female toy poodle and a 5-year-old spayed female toy poodle) that developed neurological symptoms. Magnetic resonance imaging (MRI) revealed intracranial disseminated lesions. Cerebrospinal fluid (CSF) examination revealed pleocytosis and B-cell monoclonal proliferation in both cases. PCNSL or secondary central nervous system lymphoma (SCNSL) was diagnosed on the basis of MRI findings and CSF examinations. Nimustine (ACNU) is a nitrosourea alkylating agent, a class of drugs that includes lomustine. Nimustine is mainly used to treat human intracranial neoplasia because of its high permeability across the blood-brain barrier. The dogs in this study were treated with combined chemotherapy comprising nimustine and prednisolone, which achieved complete or nearly complete remission of neurological symptoms and long-term survival (>2583 days and 1218 days), but with problematic adverse effects. We determined that the dose of nimustine for canine PCNSL or SCNSL with intravenous infusion was 25–30 mg/m2 every 3–4 weeks for a total of four times; however, the data were insufficient to determine the optimal regimen.

    DOI: 10.3390/vetsci10090533

    Scopus

    PubMed

  • Case report: Abdominal hernia repair using a surgical wire and an autologous omental graft in a Japanese Black calf 査読あり

    Sato R., Kim S., Okada S., Ikedo T., Satoh H., Steiner A.

    Frontiers in Veterinary Science   10   1119034   2023年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers in Veterinary Science  

    Background: Hernia formation is a well-known abdominal wall disorder in calves and most often occurs in the umbilical region. In addition, it occurs in the abdominal wall outside the umbilical region. It has been reported to involve acquired factors, such as external force to the lower or lateral abdominal wall, trauma, muscle weakness, and, although rare, congenital or hereditary factors. Although there have been reports on the repair of abdominal wall hernias caused by abnormal muscle formation, there have been no reports on the treatment of abdominal wall hernias caused by abnormal vertebral and rib formation in cattle or other ruminants. In this study, for the first time, we describe a case of successful closure of a hernia in the left flank caused by malformation of the vertebrae and ribs. The repair was performed by narrowing the ribs using a surgical wire and covering the defect with a free omental graft. Case presentation: A male Japanese Black calf showed a mild bulge of the left abdominal wall and abnormal morphology of the left ribs immediately after birth. At 3 months of age, computed tomography revealed fusion of the 9th, 10th, and 11th thoracic vertebrae and missing formation of the 10th and 11th left ribs at the thoracic vertebral fusion site. Additionally, a 15.2 × 24.4 cm abdominal hernia had formed in the abdominal wall. During surgery, the ribs forming the hernia were narrowed with a surgical wire, and the hernia was covered with a large autologous free omental graft to prevent intra-abdominal organ prolapse. At the monthly follow-up (11 months after surgery), the calf had developed similarly to other calves of the same age on the farm, and no complications were noted. Conclusions: The current case shows that a combination of rib correction using a surgical wire combined with transplantation of a free autologous greater omentum graft was shown to be a possible treatment option for surgical repair of large abdominal wall hernias caused by rib malformation.

    DOI: 10.3389/fvets.2023.1119034

    Scopus

    PubMed

  • Surgical management of a dermoid cyst with mandibular gland tissue in a Japanese Black calf

    Sato R., Sonoda M., Matsuo R., Takada R., Kanda I., Satoh H., Fuke N., Yamada K., Hirai T.

    Journal of Veterinary Medical Science   85 ( 10 )   1110 - 1115   2023年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Veterinary Medical Science  

    A 131-day-old male Japanese Black calf presented with a swollen right cheek from birth. Imaging examination revealed a cyst under the right buccal area and debris-containing fluid inside the cyst, and puncture aspiration revealed a mildly cloudy fluid containing hair and tissue fragments. Histological examination of the excised cyst revealed stratified squamous epithelium with skin appendages in the cyst wall, which was diagnosed as a dermoid cyst. In addition, some submandibular gland tissue was found within the cyst wall. After removal of the cyst, there was swelling in the same area, which resolved with steroid administration. Surgical treatment of buccal dermoid cysts should be performed with caution to avoid damage to adjacent salivary gland tissue.

    DOI: 10.1292/jvms.23-0248

    Scopus

    PubMed

    CiNii Research

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 獣医内科学 第3版

    佐藤 礼一郎( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第5章 肝臓・胆道・膵外分泌疾患)

    文栄堂  2022年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 新しい子牛の科学

    家畜感染症学会( 担当: 分担執筆)

    緑書房  2021年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 新・主要症状を基礎とした牛の臨床

    小岩政照,田島誉士 他( 担当: 共著)

    デーリィマン社  2020年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 獣医臨床薬理学

    下田実,堀正敏 他( 担当: 共著)

    近代出版  2017年12月 

     詳細を見る

    総ページ数:236   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • 病態からみた牛の輸液

    鈴木一由,山田裕 他( 担当: 共著)

    緑書房  2016年7月 

     詳細を見る

    総ページ数:352   記述言語:日本語 著書種別:学術書

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 牛の臨床外科学 第40回 陰茎血種

    佐藤礼一郎

    臨床獣医   12   6 - 10   2023年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 牛の臨床外科学 第39回 尿道造瘻術-実践編-

    佐藤礼一郎

    臨床獣医   11   6 - 11   2023年11月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • クルクミン、シリマリンの効果で去勢後の酸化ストレスを有意に抑制

    小野瀬和也,佐藤礼一郎

    DAIRYMAN   12   88 - 90   2023年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 牛の臨床外科学 第38回 尿道造瘻術-理論編-

    佐藤礼一郎

    臨床獣医   10   5 - 10   2023年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 牛の臨床外科学 第37回 肋骨骨折-実践編-

    乙丸孝之介,佐藤礼一郎

    臨床獣医   9   6 - 11   2023年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 牛の腹部および生殖器における超音波検査の基礎

    佐藤 礼一郎

    JRA日本中央競馬会 令和5年畜産振興事業 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 乳牛の疾病および護蹄管理

    佐藤 礼一郎

    日本獣医師会 農場管理専門獣医師育成のための高度・実践的研修会(乳牛編) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 牛の帝王切開

    佐藤 礼一郎

    JRA日本中央競馬会 令和5年畜産振興事業 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 牛の軟部外科-ポイントおさえて成功率アップ- 招待あり

    佐藤 礼一郎

    しゃくなげ会広島県支部研修会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肉牛の疾病 招待あり

    佐藤 礼一郎

    日本獣医師会 農場管理専門獣医師育成のための高度・実践的研修会(肉牛編) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年2月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 参加型獣医学・畜産学教育のための動物模型の開発

    佐藤 礼一郎

     詳細を見る

    出願番号:000000  出願日:2017年5月19日

    公開番号: 第6143256号  公開日:2017年5月19日

受賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀賞

    2023年12月   家畜衛生学会   牛伝染性リンパ腫ウイルス野生株の伝播性解析

    佐藤礼一郎

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

  • 地区学術奨励賞

    2023年10月   産業動物獣医学会   臍部疾患の関与が疑われた炎症性眼疾患を発症した黒毛和種子牛

    佐藤礼一郎

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

  • Good Reviewer Award

    2023年9月   日本獣医学会  

    佐藤礼一郎

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞 

  • Good Reviewer Award

    2022年9月   日本獣医学会  

    佐藤 礼一郎

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰 

  • Good Reviewer Award

    2021年9月   日本獣医学会  

    佐藤 礼一郎

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰 

全件表示 >>

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 非妊娠豚を用いた人為的初乳作出法の開発

    研究課題/領域番号:16K18785  2016年04月 - 2018年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • ウシ乳腺組織で産生される副甲状腺ホルモン関連タンパク質と低カルシウム血症の関

    研究課題/領域番号:25450457  2013年04月 - 2015年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 牛伝染性リンパ腫リスク検査法開発事業

    2021年04月 - 2024年03月

    民間財団等  JRA畜産振興事業  

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 肉用牛における安定的な子牛生産のための妊娠牛健診開発事業

    2021年04月 - 2024年03月

    民間財団等  JRA畜産振興事業  

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 天然化合物による牛白血病ウイルス感染制御を目指した基礎的研究

    2019年04月 - 2020年03月

    民間財団等  公益財団法人 伊藤記念財団 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 下痢症子牛の細菌叢解析からみた糞便pHによる病態評価法の確立

    2018年04月 - 2019年03月

    民間財団等  一般財団法人 畜産ニューテック協会 研究調査助成 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • エネルギー浪費タンパク質Ucp1の遺伝子を軸とした動物の生産性向上と保健

    2017年04月 - 2018年03月

    文部科学省  私立大学研究ブランディング​事業 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 牛伝染性リンパ腫リスク法検査法開発事業

    2021年06月 - 2023年03月

    学校法人麻布獣医学園  国内共同研究 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  共同研究区分:国内共同研究

  • 牛の手術室開発について

    2021年05月 - 2022年07月

    株式会社ワン・ステップ  国内共同研究 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  共同研究区分:国内共同研究

研究・技術シーズ 【 表示 / 非表示

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • NPO法人獣医学教育支援   vetOSCE委員会 副委員長  

    2023年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • NPO法人獣医学教育支援機構   獣医学共用試験センター統括委員会vetOSCE実施本部 委員  

    2023年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 農林水産省   獣医事審議会専門委員  

    2023年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  • 農林水産省   家畜共済特定損害防止事業見直検討会委員(座長)  

    2023年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  • 国公立大学獣医学協議会   会計(監事)  

    2023年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

全件表示 >>