佐藤 礼一郎 (サトウ レイイチロウ)

SATO REIICHIRO

写真a

所属

農学部 獣医学科

職名

教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(獣医学) ( 2013年12月   麻布大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 獣医学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Identification and expression of bovine Ucp1 variants. 査読あり

    Diao Z, Murakami M, Sato R, Shimokawa F, Matsumura M, Hashimoto O, Onda K, Shirai M, Matsui T, Funaba M

    Biochimica et biophysica acta. Molecular and cell biology of lipids   1867 ( 4 )   159111   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbalip.2022.159111

    PubMed

  • Congenital malformations of the external and middle ear accompanied by temporal bone anomaly in a calf

    Aihara N., Momoki A., Hattori N., Murakami H., Oishi M., Goto Y., Sato R., Nagai M., Yamada K., Kamiie J.

    The Journal of veterinary medical science   84 ( 2 )   302 - 305   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Journal of veterinary medical science  

    A 7-month-old female Holstein calf presented with bilateral microtia and absent external acoustic meatus. The real-time polymerase chain reaction test was negative for bovine viral diarrhea virus and bovine leukemia virus. The calf's dam had a normal reproductive history. Computed tomography confirmed bilateral atresia of external auditory canals, aplasia of tympanic cavities and the ossicular chain, and temporomandibular joint abnormality. Necropsy revealed a severe malformation of the temporal bone. In the tympanic region, the external acoustic pore, tympanic bulla, and muscular process were absent bilaterally. The bilateral inner ear structure was normal. Based on these findings, we diagnosed the present case as congenital malformations of the external and middle ear accompanied by temporal bone anomaly.

    DOI: 10.1292/jvms.21-0446

    Scopus

    PubMed

    CiNii Research

  • BoLA-DRB3 Polymorphism Controls Proviral Load and Infectivity of Bovine Leukemia Virus (BLV) in Milk 査読あり

    Nakatsuchi A., Watanuki S., Borjigin L., Sato H., Bai L., Matsuura R., Kuroda M., Murakami H., Sato R., Asaji S., Ando A., Matsumoto Y., Takeshima S.N., Aida Y.

    Pathogens   11 ( 2 )   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Pathogens  

    Bovine leukemia virus (BLV), which causes enzootic bovine leukosis, is transmitted to calves through the milk of BLV-infected dams. Bovine leukocyte antigen (BoLA)-DRB3 is a polymorphic gene associated with BLV infectivity and proviral load (PVL). However, the effect of BoLA-DRB3 polymorphism on the infectivity and PVL of milk from BLV-infected dams remains un-known. This study examined milk from 259 BLV-infected dams, including susceptible dams carrying at least one BoLA-DRB3*012:01 or *015:01 allele with high PVL, resistant dams carrying at least one BoLA-DRB3*002:01, *009:02, or *014:01:01 allele with low PVL, and neutral dams carrying other alleles. The detection rate of BLV provirus and PVL were significantly higher in milk from susceptible dams than in that from resistant dams. This result was confirmed in a three-year follow-up study in which milk from susceptible dams showed a higher BLV provirus detection rate over a longer period than that from resistant dams. The visualization of infectivity of milk cells using a luminescence syncytium induction assay showed that the infectious risk of milk from BLV-infected dams was markedly high for susceptible dams compared to resistant ones. This is the first report confirming that BoLA-DRB3 polymorphism affects the PVL and infectivity of milk from BLV-infected dams.

    DOI: 10.3390/pathogens11020210

    Scopus

    PubMed

  • Role of autopsy imaging-computed tomography in the post-mortem study of farm animals. 査読あり

    Yamada K, Yokoyama T, Aihara N, Une Y, Sato R

    Veterinary record open   8 ( 1 )   e1   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1002/vro2.1

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/vro2.1

  • Role of autopsy imaging -computed tomography in the post-mortem study of farm animals 査読あり

    K. Yamada, T. Yokoyama, N. Aihara, Y. Une, R. Sato

    Veterinary Record Open   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 新しい子牛の科学

    家畜感染症学会( 担当: 分担執筆)

    緑書房  2021年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 新・主要症状を基礎とした牛の臨床

    小岩政照,田島誉士 他( 担当: 共著)

    デーリィマン社  2020年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 獣医臨床薬理学

    下田実,堀正敏 他( 担当: 共著)

    近代出版  2017年12月 

     詳細を見る

    総ページ数:236   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • 病態からみた牛の輸液

    鈴木一由,山田裕 他( 担当: 共著)

    緑書房  2016年7月 

     詳細を見る

    総ページ数:352   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 子牛の医学

    家畜感染症学会( 担当: 共著)

    緑書房  2014年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:480   記述言語:日本語 著書種別:学術書

MISC 【 表示 / 非表示

  • 牛の臍部手術時における腹壁閉鎖法 招待あり

    佐藤 礼一郎

    家畜診療   2022年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 牛の臨床外科学 第21回 帝王切開術-理論編-

    佐藤 礼一郎

    臨床獣医   2022年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 牛の臨床外科学 第20回 第一胃切開術-実践編-

    佐藤 礼一郎

    臨床獣医   2022年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 牛の臨床外科学 第19回 第一胃切開術-理論編-

    佐藤 礼一郎

    臨床獣医   2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  • 牛の臨床外科学 第18回 縫合法 2

    佐藤 礼一郎

    臨床獣医   2022年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 牛伝染性リンパ腫ウイルス感染牛におけるB-1a細胞選択的増殖の解析

    桃木 杏奈,服部 七星,相原 尚之,風間 啓,村上 裕信,佐藤 礼一郎,上家 潤一

    第8回日本獣医病理学専門家協会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月30日 - 2021年3月31日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 牛伝染性リンパ腫ウイルス野生株が示す病原性の差異

    村上裕信,河合将克,二階堂紗恵,鈴木千裕,前田洋祐,加藤肇,佐藤礼一郎,塚本健司

    第93回日本家畜衛生学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 牛伝染性リンパ腫ウイルス感染牛におけるウイルスの局在に関連したB-1a細胞選択的増殖の解析

    服部七星,相原尚之,風間啓,村上裕信,佐藤礼一郎,上家潤一

    第164回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 牛伝染性リンパ腫ウイルス変異株における伝播性解析

    国師澪,二階堂紗恵,黒川翔平,佐藤礼一郎,塚本健司,村上裕信

    第93回日本家畜衛生学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 毛和種繁殖未経産雌牛における第Ⅺ因子活性低下を示したリピートブリーダー

    近藤弘章,佐藤礼一郎

    宮崎県診療獣医師研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年

    会議種別:口頭発表(一般)  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • Good Reviewer Award

    2021年9月   日本獣医学会  

    佐藤 礼一郎

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰 

  • 若手優秀講演賞

    2019年7月   日本アイソトープ協会   血管造影X線撮影およびCT撮影による子牛肝臓血管走行の解析

    森下 雅士,山田 一孝,佐藤 礼一郎

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 動物を用いた実験実習教育映像教材の開発とその評価方法の検討

    2021年04月 - 2025年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

  • 非妊娠豚からの初乳作出技術の確立

    2018年04月 - 2020年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • ウシ乳腺組織で産生される副甲状腺ホルモン関連タンパク質と低カルシウム血症の関

    2013年04月 - 2015年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 牛伝染性リンパ腫リスク検査法開発事業

    2021年04月 - 2024年03月

    民間財団等  JRA畜産振興事業  

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 肉用牛における安定的な子牛生産のための妊娠牛健診開発事業

    2021年04月 - 2024年03月

    民間財団等  JRA畜産振興事業  

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 天然化合物による牛白血病ウイルス感染制御を目指した基礎的研究

    2019年04月 - 2020年03月

    民間財団等  公益財団法人 伊藤記念財団 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 下痢症子牛の細菌叢解析からみた糞便pHによる病態評価法の確立

    2018年04月 - 2019年03月

    民間財団等  一般財団法人 畜産ニューテック協会 研究調査助成 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • エネルギー浪費タンパク質Ucp1の遺伝子を軸とした動物の生産性向上と保健

    2017年04月 - 2018年03月

    文部科学省  私立大学研究ブランディング​事業 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 牛伝染性リンパ腫リスク法検査法開発事業

    2021年06月 - 2023年03月

    学校法人麻布獣医学園  国内共同研究 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  共同研究区分:国内共同研究

  • 牛の手術室開発について

    2021年05月 - 2022年07月

    株式会社ワン・ステップ  国内共同研究 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  共同研究区分:国内共同研究