山田 健太郎 (ヤマダ ケンタロウ)

YAMADA Kentaro

写真a

所属

農学部 獣医学科

職名

准教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(獣医学) ( 2006年3月   岐阜大学 )

  • 獣医学士 ( 2002年3月   岐阜大学 )

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Development of an oncolytic mammalian orthoreovirus expressing the near-infrared fluorescent protein iRFP720 査読あり 国際誌

    Ogawa K., Yamada K., Etoh T., Kitagawa M., Shirasaka Y., Noguchi K., Kobayashi T., Nishizono A., Inomata M.

    Journal of Virological Methods   308   114574 - 114574   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Virological Methods  

    Fluorescence-guided surgery (FGS) is a useful method for removing invasive tumor tissues. For this, near-infrared (NIR) fluorescence probes are suitable for visualizing cancer cells due to their low autofluorescence, and an oncolytic mammalian orthoreovirus (MRV) expressing an NIR fluorescent protein is expected to be a novel tool for FGS. In this study, we identified the optimal insertion site of the NIR fluorescent protein gene iRFP720 (915 nt) in the MRV genome. We constructed genome plasmids for the L1, M1, and S2 segments, where a gene cassette comprising iRFP720 and T2A self-cleaving peptide was inserted in the 5′ or 3′ region of each segment. Through virus recovery, the recombinant MRV with the gene cassette at the M1 segment's 3′ end, T3D-L(M1/3′iRFP720), was capable of replication and passaging with bright NIR fluorescence. However, the replication of T3D-L(M1/3′iRFP720) was approximately 1,000-fold lower than that of the wild-type virus. T3D-L(M1/3′iRFP720) production improved due to the transfection of a fusion-associated small transmembrane protein gene of fusogenic reovirus. Further, fluorescence signals were detected in T3D-L(M1/3′iRFP720)-infected human gastric and pancreatic cancer cells. Thus, the M1 segment's 3′ end tolerates the expression of the long iRFP720 gene, which may propel the development of recombinant MRV vectors for FGS.

    DOI: 10.1016/j.jviromet.2022.114574

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • The Amino Acid at Position 95 in the Matrix Protein of Rabies Virus Is Involved in Antiviral Stress Granule Formation in Infected Cells.

    Kojima I, Onomoto K, Zuo W, Ozawa M, Okuya K, Naitou K, Izumi F, Okajima M, Fujiwara T, Ito N, Yoneyama M, Yamada K, Nishizono A, Sugiyama M, Fujita T, Masatani T

    Journal of virology   96 ( 18 )   e0081022   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/jvi.00810-22

    PubMed

  • Distribution of Severe Fever with Thrombocytopenia Syndrome Virus and Antiviral Antibodies in Wild and Domestic Animals in Oita Prefecture, Japan. 査読あり 国際誌

    Hashimoto T, Yahiro T, Yamada K, Kimitsuki K, Okuyama MW, Honda A, Kato M, Narimatsu H, Hiramatsu K, Nishizono A

    The American journal of tropical medicine and hygiene   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Severe fever with thrombocytopenia syndrome (SFTS) is an emerging life-threatening infectious disease caused by the tickborne SFTS virus (SFTSV), first identified in China in 2009 and then in Japan in 2013. Human SFTS cases were reported to be concentrated in western Japan, but the epidemiological conditions of SFTSV infection in a specific region are still obscure. We performed an epidemiological study of SFTSV in Oita Prefecture on the island of Kyushu, located in western Japan. For our research, we collected sera from wild and domestic animals (deer, wild boars, raccoons, cats, and dogs) and ticks from January 2010 to November 2020 in Oita. The anti-SFTSV antibody positivity rate of deer in 2014 was significantly higher than that in 2011 (65% versus 27%, P < 0.001). The anti-SFTSV antibody positivity rates of deer, wild boars, raccoons, wild dogs, domestic dogs, and domestic cats were 55%, 12%, 27%, 1.8%, 0.53%, and 1.4%, respectively. Moreover, RT-PCR could not detect SFTSV in any tick sample. Of the six areas of Oita Prefecture, only the Eastern area showed no incidence or possibility of SFTSV infection among wild and domestic animals, ticks, and human beings. Further investigation is required to assess whether local seroepidemiology in animals will help assess the risk of SFTSV infections in inhabitants.

    DOI: 10.4269/ajtmh.21-1130

    PubMed

    researchmap

  • The capsid (Orf2) protein of hepatitis e virus in feces is c-terminally truncated 査読あり 国際誌

    Nishiyama T., Umezawa K., Yamada K., Takahashi M., Kunita S., Mulyanto , Kii I., Okamoto H.

    Pathogens   11 ( 1 )   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Pathogens  

    The hepatitis E virus (HEV) is a causative agent of hepatitis E. HEV virions in circulating blood and culture media are quasi-enveloped, while those in feces are nonenveloped. The capsid (ORF2) protein associated with an enveloped HEV virion is reported to comprise the translation product of leucine 14/methionine 16 to 660 (C-terminal end). However, the nature of the ORF2 protein associated with fecal HEV remains unclear. In the present study, we compared the molecular size of the ORF2 protein among fecal HEV, cell-culture-generated HEV (HEVcc), and detergent-treated protease-digested HEVcc. The ORF2 proteins associated with fecal HEV were C-terminally truncated and showed the same size as those of the detergent-treated protease-digested HEVcc virions (60 kDa), in contrast to those of the HEVcc (68 kDa). The structure prediction of the ORF2 protein (in line with previous studies) demonstrated that the C-terminal region (54 amino acids) of an ORF2 protein is in flux, suggesting that proteases target this region. The nonenveloped nondigested HEV structure prediction indicates that the C-terminal region of the ORF2 protein moves to the surface of the virion and is unnecessary for HEV infection. Our findings clarify the maturation of nonenveloped HEV and will be useful for studies on the HEV lifecycle.

    DOI: 10.3390/pathogens11010024

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Comprehensive exploration of chemical space using trisubstituted carboranes. 査読あり 国際誌

    Asawa Y, Hatsuzawa S, Yoshimori A, Yamada K, Katoh A, Kouji H, Nakamura H

    Scientific reports   11 ( 1 )   24101 - 24101   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A total of 42 trisubstituted carboranes categorised into five scaffolds were systematically designed and synthesized by exploiting the different reactivities of the twelve vertices of o-, m-, and p-carboranes to cover all directions in chemical space. Significant inhibitors of hypoxia inducible factor transcriptional activitay were mainly observed among scaffold V compounds (e.g., Vi-m, and Vo), whereas anti-rabies virus activity was observed among scaffold V (Va-h), scaffold II (IIb-g), and scaffold IV (IVb) compounds. The pharmacophore model predicted from compounds with scaffold V, which exhibited significant anti-rabies virus activity, agreed well with compounds IIb-g with scaffold II and compound IVb with scaffold IV. Normalized principal moment of inertia analysis indicated that carboranes with scaffolds I-V cover all regions in the chemical space. Furthermore, the first compounds shown to stimulate the proliferation of the rabies virus were found among scaffold V carboranes.

    DOI: 10.1038/s41598-021-03459-6

    PubMed

    researchmap

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • In Vivo Bioluminescent Imaging of Rabies Virus Infection and Evaluation of Antiviral Drug

    Yamada K., Nishizono A.( 担当: 単著)

    Methods in Molecular Biology  2022年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    In vivo bioluminescence imaging (BLI) methods enable the longitudinal and semi-quantitative monitoring of viral replication dynamics in small animal models and, thus, are useful for examining viral pathogenesis and the effect of antiviral drugs. Here, we describe an in vivo BLI method to evaluate the efficacy of antiviral drugs against rabies virus (RABV) infection in mice. We exemplify mice inoculated with recombinant RABV expressing red firefly luciferase and administered orally with the antiviral drug, favipiravir. For the imaging, mice are intraperitoneally administered with D-luciferin and placed in the dark chamber of an imaging system. The BL images are captured using a highly sensitive charge-coupled device camera. Image data are processed and analyzed using image analysis software.

    DOI: 10.1007/978-1-0716-2453-1_28

    Scopus

    PubMed

    researchmap

MISC 【 表示 / 非表示

  • 【高病原性病原体による感染症対策-BSL-4施設により変わる研究-】基礎病態 狂犬病の未解決課題に挑む

    山田 健太郎, 西園 晃

    最新医学   74 ( 4 )   504 - 509   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:(株)最新医学社  

    researchmap

  • Reply to Virojanapirom et al

    Yamada K., Nishizono A.

    Journal of Infectious Diseases   214 ( 3 )   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:Journal of Infectious Diseases  

    DOI: 10.1093/infdis/jiw175

    Scopus

  • 忘れてはいけない熱帯感染症・輸入感染症 狂犬病

    西園 晃, 山田 健太郎

    感染症   44 ( 3 )   113,109 - 119,109   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:アステラス製薬(株)  

    狂犬病は狂犬病ウイルスによって引き起こされる致死性脳炎で、ヒトを含めた全ての哺乳類が感染発症しうる代表的な人獣共通感染症の一つである。狂犬病は日本を含むごく一部の清浄国を除き、全世界で流行しており、今もなお公衆衛生上の問題となっている。ヒトへの感染経路は主に感染動物からの咬傷を介してであるが、臓器移植により感染した例も報告されている。発症後の治療法については未だ確立されたものはないが、ワクチンによる予防が可能であり、ワクチン未接種で曝露した場合でも発症前であればワクチンの連続投与による曝露後発病予防治療が有効である。狂犬病の診断は、特徴的な臨床症状および海外渡航歴等をもって本症を疑い、各種実験室内検査によって確定診断を行う。発症前診断法は確立されていない。狂犬病は「感染症法」において四類感染症に指定されており、診断した医師は保健所に届け出を行う必要がある。狂犬病対策の中心は媒介動物のコントロールであり、わが国では「狂犬病予防法」に沿って、放浪犬の捕獲、飼育犬の登録・ワクチン接種および輸入検疫等が実施されている。また、日本と同様に50年以上清浄地域であった台湾では、2013年に狂犬病がイタチアナグマで流行していることが判明している。(著者抄録)

    researchmap

  • 【Negative Strand RNA Virusのウイルス学】 ラブドウイルス

    西園 晃, 山田 健太郎

    ウイルス   62 ( 2 )   183 - 196   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:日本ウイルス学会  

    ラブドウイルス科のウイルス粒子形態は特徴的な砲弾型もしくは桿菌型を呈し、そのゲノムは非分節一本鎖マイナス鎖のRNAで、その全長は約11〜16kbである。ラブドウイルスはRNAウイルスの中でもその種類および多様性に富むウイルスで、哺乳類から植物に至るまで実に幅広い宿主から分離されている。ラブドウイルスのゲノムには共通して3&#039;端より順番に5つの構造蛋白質遺伝子(N、P、M、GおよびL蛋白質遺伝子)がコードされており、加えてウイルス種によってはアクセサリー遺伝子が認められる。ラブドウイルス科のウイルスに関するウイルス学的知見のほとんどは、この科を代表する2つのウイルス、vesicular stomatitis virus(VSV:水疱口炎ウイルス)とrabies virus(RABV:狂犬病ウイルス)に関する研究から得られたものである。なかでもRABVを含むリッサウイルス属のウイルスは、病獣動物からの咬傷を介して哺乳動物や翼手目類に致死的脳炎である狂犬病を発症させる原因ウイルスである。この総説では、これら2つのウイルスに関する最新知見を含めたウイルス学的特徴について述べる。(著者抄録)

    DOI: 10.2222/jsv.62.183

    researchmap

  • 【ウイルス感染症検査診断の新しい展開】 イムノクロマト法による狂犬病とデング熱の迅速検査法

    山田 健太郎, 西園 晃

    臨床と微生物   39 ( 6 )   713 - 719   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:(株)近代出版  

    狂犬病およびデング熱は現在では国内感染は認められていないが、海外では通年で流行が認められる。狂犬病は2006年に2例の輸入症例が確認され、デング熱についても輸入症例が年々増加傾向にある。しかし、流行国ではない我が国において、これらの感染症の検査体制は整備されているとはいいがたい。これらの疾患のイムノクロマトキットによる診断システムは迅速・簡便・安価であるため、今後、現場への積極的な導入が期待される。現場での即時検査と診断は、アウトブレイク時の早期発見・制圧や適切な治療を可能にする。しかし、確定診断については他の検査法も併用して行う必要がある。さらに、イムノクロマト法を応用した抗狂犬病ウイルス中和抗体検出法も渡航ワクチン外来や検疫の現場での使用において有用である。(著者抄録)

    researchmap

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 街上毒狂犬病ウイルス(1088株)を右後肢筋肉内に接種したヌードマウスの肉球に関する病理学的研究

    伊東 紗希, 志和 希, 君付 和範, 山田 健太郎, 井上 智, 朴 天鎬

    第163回日本獣医学会学術集会  (山口大学 吉田キャンパス)  岩田 祐之

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月8日 - 2020年9月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山口大学 吉田キャンパス  

  • 街上毒狂犬病ウイルスの脳内侵入経路に関する実験病理学的研究

    河合 せりな, 志和 希, 君付 和範, 山田 健太郎, 井上 謙一, 井上 智, 朴 天鎬

    第163回日本獣医学会学術集会  (山口大学 吉田キャンパス)  岩田 祐之

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月8日 - 2020年9月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山口大学 吉田キャンパス  

  • 由来の異なる狂犬病ウイルス野外株の病原性の比較

    高橋 龍樹, 犬飼 真秀, Supasiri Jarusombuti, 藤井 祐至, 西山 祥子, 山田 健太郎, 酒井 洋樹, 西園 晃, 杉山 誠, 伊藤 直人

    第163回日本獣医学会学術集会  (山口大学 吉田キャンパス)  岩田 祐之

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月8日 - 2020年9月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山口大学 吉田キャンパス  

  • ウシ趾皮膚炎病変部から分離されたProphyromonas levii から検出された Treponema phagedenis の増殖促進因子の検出

    Khemgaew Rathanon, 三澤 尚明, 谷口 喬子, 佐々木 賢美, 山田 健太郎

    第163回日本獣医学会学術集会  (山口大学 吉田キャンパス)  岩田 祐之

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月8日 - 2020年9月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山口大学 吉田キャンパス  

  • フィリピン中部ルソン島における犬狂犬病の発症状況と迅速診断キットを用いた評価

    君付 和範, 齊藤 信夫, 山田 健太郎, Daria L. Manalo, Milagros R. Manangitt, 朴 天鎬, 井上 智, Beatriz P. Quiambao, 西園 晃

    第163回日本獣医学会学術集会  (山口大学 吉田キャンパス)  岩田 祐之

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月8日 - 2020年9月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山口大学 吉田キャンパス  

全件表示 >>

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ゲノムワイドスクリーニングに基づくSFTS発症小動物モデルの樹立と治療開発展開

    研究課題/領域番号:21H02361  2021年04月 - 2026年03月

    文部科学省  科学研究費補助金   基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 最先端イメージング技術を活用した狂犬病ウイルス野外株の末梢感染機序の解明

    研究課題/領域番号:18KK0192  2018年10月 - 2022年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 東南アジアのイヌ肉食習慣における狂犬病感染のリスク調査と対策

    研究課題/領域番号:16H05833  2016年04月 - 2019年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 慢性疼痛の遺伝子治療を目指した知覚神経指向性ウイルスベクターの開発

    研究課題/領域番号:15K15572  2015年04月 - 2017年03月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    山田 健太郎、山田健太郎

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • G蛋白質N型糖鎖が規定する狂犬病ウイルス増殖亢進機構・弱毒化機構の解明と治療応用

    研究課題/領域番号:26712024  2014年04月 - 2018年03月

    科学研究費補助金  若手研究(A)

    山田 健太郎

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

全件表示 >>

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • ウイルスの薬剤感受性試験

    2022年04月 - 2022年12月

    認定NPO法人バイオメディカルサイエンス研究会  一般受託研究 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  受託研究区分:一般受託研究

  • 次亜塩素酸ナトリウム(製品名:SteriNa)によるSARS-CoV-2不活化試験

    2020年12月 - 2021年06月

    SSP株式会社  一般受託研究 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  受託研究区分:一般受託研究

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • グリストラップの改良・応用及び廃棄物再利用に関する研究開発

    2021年08月 - 2023年03月

    株式会社ASPiA  国内共同研究 

    山田 健太郎、上村 涼子、井戸田 幸子

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  共同研究区分:国内共同研究

  • 銀イオン水の抗ウイルス効果の検証

    2020年12月 - 2021年11月

    株式会社笹原商事  国内共同研究 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  共同研究区分:国内共同研究