海北 幸一 (カイキタ コウイチ)

KAIKITA Koichi

写真a

所属

医学部 医学科 内科学講座循環器・腎臓内科学分野

職名

教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士 ( 1998年3月   熊本大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 循環器内科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Rivaroxaban Monotherapy in Patients With Atrial Fibrillation and Coronary Stenting at Multiple Vessels or the Left Main Trunk: The AFIRE Trial Subanalysis. 査読あり

    Ishii M, Akao M, Yasuda S, Kaikita K, Ako J, Matoba T, Nakamura M, Miyauchi K, Hagiwara N, Kimura K, Hirayama A, Matsui K, Ogawa H, AFIRE Investigators.

    Journal of the American Heart Association   e027107   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/JAHA.122.027107

    PubMed

  • Optimal Antithrombotic Therapy in Patients Undergoing Percutaneous Coronary Intervention: A Focused Review on High Bleeding Risk. 査読あり

    Matsuura Y, Moribayashi K, Kaikita K

    Journal of atherosclerosis and thrombosis   29 ( 10 )   1409 - 1420   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5551/jat.RV17066

    PubMed

  • Validation of the obesity paradox by body mass index and waist circumference in patients undergoing percutaneous coronary intervention. 査読あり

    Shirahama Y, Tabata N, Sakamoto K, Sato R, Yamanaga K, Fujisue K, Sueta D, Araki S, Takashio S, Arima Y, Hokimoto S, Sato K, Sakamoto T, Nakao K, Shimomura H, Matsumura T, Tayama S, Fujimoto K, Oshima S, Nakamura S, Tsunoda R, Hirose T, Kikuta K, Sakaino N, Yamamoto N, Kajiwara I, Suzuki S, Yamamoto E, Kaikita K, Matsushita K, Tsujita K, Kumamoto Intervention Conference Study (KICS) Investigators.

    International journal of obesity (2005)   46 ( 10 )   1840 - 1848   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41366-022-01163-7

    PubMed

  • Apical flow and wall motion dynamics in left ventricular outflow obstruction: a case report. 査読あり

    Misumi I, Sato K, Nagano M, Haba K, Ohba K, Kaikita K, Tsujita K

    Journal of echocardiography   20 ( 3 )   178 - 179   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12574-020-00506-5

    PubMed

  • 診療科訪問形式による「品質管理講習会」開催の試みについて 査読あり

    森田ひとみ, 柳田俊彦, 板井孝壱郎, 岩江荘介, 海北幸一, 竹島秀雄

    薬理と治療(JPT)日本臨床試験学会雑誌   50 ( suppl. 1 )   s62 - s66   2022年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 冠動脈攣縮性狭心症・異型狭心症・Prinzmetal型狭心症 VI 冠動脈・静脈疾患・走行異常

    海北幸一,辻田賢一( 担当: 共著)

    日本臨牀  2019年 

     詳細を見る

    担当ページ:128-133   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 冠攣縮(Spasm)基礎知識

    石井正将,坂本憲治,海北幸一,辻田賢一( 担当: 共著)

    MEDICAL VIEW  2018年 

     詳細を見る

    担当ページ:70-79   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 冠攣縮(Spasm)実践

    石井正将,坂本憲治,海北幸一,辻田賢一( 担当: 共著)

    MEDICAL VIEW  2018年 

     詳細を見る

    担当ページ:80-91   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 第4章 管理・治療 冠攣縮性狭心症における治療のエビデンス

    海北幸一( 担当: 単著)

    最新医学社  2017年 

     詳細を見る

    担当ページ:164-172   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 循環器疾患の基本的治療方針

    海北幸一,小川久雄( 担当: 共著)

    南山堂  2016年 

     詳細を見る

    担当ページ:63-65   記述言語:日本語 著書種別:学術書

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • eThrombosis: A new risk factor for venous thromboembolism in the pandemic era 査読あり

    Sueta D., Kaikita K., Matsushita K., Tsujita K.

    Research and Practice in Thrombosis and Haemostasis   5 ( 1 )   243 - 244   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:Research and Practice in Thrombosis and Haemostasis  

    DOI: 10.1002/rth2.12447

    Scopus

    PubMed

  • Role of acetylcholine spasm provocation test as a pathophysiological assessment in nonobstructive coronary artery disease 査読あり

    Suzuki S., Kaikita K., Yamamoto E., Jinnouchi H., Tsujita K.

    Cardiovascular Intervention and Therapeutics   36 ( 1 )   39 - 51   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    Coronary angiography (CAG) sometimes shows nonobstructive coronary arteries in patients with suspected angina or acute coronary syndrome (ACS). The high prevalence of nonobstructive coronary artery disease (CAD) in those patients has recently been reported not only in Japan but also in Western countries, and is clinically attracting attention. Coronary spasm is considered to be one of the leading causes of both suspected stable angina and ACS with nonobstructive coronary arteries. Coronary spasm could also be associated with left ventricular dysfunction leading to heart failure, which could be improved following the administration of calcium channel blockers. Because we rarely capture spontaneous attacks of coronary spasm with electrocardiograms or Holter recordings, an invasive diagnostic modality, acetylcholine (ACh) provocation test, can be useful in detecting coronary spasm during CAG. Furthermore, we can use the ACh-provocation test to identify high-risk patients with coronary spasm complicated with organic coronary stenosis, and then treat with intensive care. Nonobstructive CAD includes not only epicardial coronary spasm but also microvascular spasm or dysfunction that can be associated with recurrent anginal attacks and poor quality of life. ACh-provocation test could also be helpful for the assessment of microvascular spasm or dysfunction. We hope that cardiologists will increasingly perform ACh-provocation test to assess the pathophysiology of nonobstructive CAD.

    DOI: 10.1007/s12928-020-00720-z

    Scopus

    PubMed

  • Utility of Kumamoto criteria in diagnosing transthyretin cardiac amyloidosis in real-world practice ― reply ― 査読あり

    Takashio S., Marume K., Nishi M., Kaikita K., Tsujita K.

    Circulation Journal   84 ( 4 )   681 - 682   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:Circulation Journal  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-20-0059

    Scopus

    PubMed

  • Current status and future perspective of structural heart disease intervention 査読あり

    Tabata N., Sinning J.M., Kaikita K., Tsujita K., Nickenig G., Werner N.

    Journal of Cardiology   74 ( 1 )   1 - 12   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    Valvular heart diseases are one of the most frequent causes for heart failure. Degenerative diseases of the aortic and mitral valve as well as a dysfunctional tricuspid valve disease result in a worse clinical outcome if severe. Minimal-invasive, surgical and/or catheter-based structural heart disease (SHD) interventions have recently seen a dramatic increase. Transcatheter aortic valve implantation (TAVI) for severe aortic stenosis (AS) is a disruptive technology, and next generation devices and careful patient selection will minimize limitations of TAVI such as paravalvular leak, conductance disturbances, ischemic stroke, and vascular complications. The indication of TAVI continues to shift toward lower risk patients and patients with complex anatomy such as bicuspid AS or native pure aortic regurgitation. Successful clinical results in TAVI have generated considerable interest in further transcatheter technologies targeting mitral regurgitation (MR) and also toward tricuspid regurgitation (TR). The efficacy and safety of edge-to-edge with or without annuloplasty leaflet repair mimicking surgical repair will have to be confirmed by technical improvement, device development, and further emerging studies. Transcatheter mitral valve implantation might be an alternative strategy in patients with symptomatic severe MR and favorable anatomy. Possible interventional treatment approaches for TR have gained more attention. Improvement and development of SHD interventions have enabled more patients to receive minimally invasive heart valve interventions and these procedures have prolonged life and/or improved quality of life for many patients who were previously considered unsuitable for surgery. Continued technical and device improvements and accumulated evidence will expand its possibility and future of SHD interventions.

    DOI: 10.1016/j.jjcc.2019.02.022

    Scopus

    PubMed

  • 2018 ESC/EACTS : 心筋血行再建ガイドラインの概観 (特集 虚血性心疾患治療の現在と未来)

    辻田 賢一, 坂本 憲治, 山本 英一郎, 海北 幸一

    循環器内科 = Cardioangiology   85 ( 4 )   463 - 467   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 抗凝固療法では腎機能や、抗薬開始からの時間の経過によって出血リスクが変化する

    海北幸一

    プレスリリース  2022年3月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月17日

    記述言語:日本語   会議種別:メディア報道等  

  • 虚血性心疾患の包括的薬物治療戦略 -抗血栓療法から心不全管理まで-

    海北幸一

    第33回日本心血管インターベンション治療学会九州・沖縄地方会  2022年1月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年1月15日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 進化する至適抗血栓療法ーエビデンスから実臨床へー

    海北幸一

    第131回日本循環器学会九州地方会 教育セッション  2021年12月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月4日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 心房細動合併冠動脈疾患の抗血栓マネジメント

    海北幸一

    第31回日本心血管インターベンション治療学会九州・沖縄地方会  2021年10月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月1日 - 2021年10月2日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • Antiplatelet and/or anticoagulant therapy in cardiovascular disease: Individual assessment of bleeding and thrombotic risk. 国際会議

    Koichi Kaikita

    T-TAS Online Seminar 3  2021年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • Circulation Journal Best Reviewers Award 2015

    2016年3月   日本循環器学会  

    海北幸一

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 熊本医学会奨励賞(研究業績関係賞)

    2016年3月   熊本医学会   急性冠症候群の発症メカニズムと治療戦略に関する基礎および臨床的研究

    海北幸一

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • Circulation Journal Best Reviewers Award 2012

    2013年3月   日本循環器学会  

    海北幸一

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 第10回日本心臓財団ファイザー心血管病研究会最優秀賞

    2006年2月   日本心臓財団、ファイザー株式会社   急性冠症候群における分子生物学

    海北 幸一

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 第10回日本心臓財団ファイザー心血管病研究会優秀賞

    2005年2月   日本心臓財団、ファイザー株式会社   急性冠症候群における分子生物学

    海北 幸一

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

全件表示 >>

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 経カテーテル大動脈弁留置周術期の総合的血栓形成能評価法による至適抗血栓療法の確立

    研究課題/領域番号:20K08451  2020年04月 - 2023年04月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 循環器疾患における新規血栓形成能測定システムを用いた至適抗血栓療法の確立

    2015年04月 - 2018年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    冠動脈疾患における侵襲的治療の主体は、冠動脈ステントを用いた経皮的冠動脈インターベンション(PCI)であるが、PCI後の薬物治療に際して、アスピリン、クロピドグレル、プラスグレルを中心とした抗血小板併用療法は、PCI後の血栓性イベント抑制に不可欠な薬物療法となる。一方、非弁膜症性心房細動に対する抗血栓療法としては、従来のワルファリンに加え、最近では直接的トロンビン阻害薬、抗活性化第X(Xa)薬などの直接的経口抗凝固薬(direct oral anticoagulants; DOACs)が用いられるようになった。しかしながら、これら抗血栓薬の有効性、安全性のモニタリングに関しては、共通した測定ツールが無いのが現状である。
     本研究では、血栓形成過程の定量化、可視化が可能で、抗血栓療法の有効性、安全性が評価できる、T-TAS (Total Thrombus-formation Analysis System)を用い、急性、慢性冠動脈疾患におけるPCI施行前後や、非弁膜症性心房細動等の頻脈性不整脈における高周波カテーテルアブレ-ション前後、および静脈血栓塞栓症発症後に経時的に血栓形成能を定量評価する。T-TASは、最近、確立された新規の血栓形成過程の評価システムであり、比較的短時間に血栓形成の定量化、可視化が可能である。AR-Chipは、フィブリン、血小板からなる混合白色血栓の形成を、PL-Chipは主に血小板機能を計時的に評価することが可能である。
     当研究では、T-TASの測定と同時に周術期の血栓性および出血性合併症を検討することにより、イベント発生におけるT-TASパラメータのcut-off値を設定し、至適抗血栓療法を展開することを目的とする。さらに、DOACs投与群に関してはT-TAS値とDOAC薬物血中濃度との相関性を検討する。

  • 急性冠症候群におけるCYP2C19機能喪失遺伝子の迅 速検出と至適薬物治療法の確立

    2012年04月 - 2015年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    急性冠症候群例において経皮的冠動脈インターベンション(PCI)施行時に投与される抗血小板剤(クロピドグレル)の低反応性が、その代謝酵素であるCYP2C19遺伝子多型の存在と関連しており、その後の心血管イベント増加に寄与することが報告されている。特に日本人では欧米人に比べてCYP2C19プアメタボライザーが多いため(日本人 約18~23%、欧米人 約3~4%)、日本人の急性冠症候群患者におけるCYP2C19遺伝子多型と、血小板凝集能,血小板関連マーカーおよび心血管イベントとの関連性を検討することは、今後、急性冠症候群におけるPCI施行症例の抗血小板剤を選択する上で大変重要な研究になるものと考える。
    本研究では、CYP2C19遺伝子多型を簡便に検出できる簡易測定器(Spartan RX CYP2C19 DNA testing system)を用い、急性冠症候群例のPCI施行時に、迅速にCYP2C19遺伝子多型を同定し、抗血小板剤の選択とその投与量を検討することで,その後の心血管イベントリスクを軽減する有効な抗血小板療法を確立する。

  • 冠動脈形成術前後における血小板マーカーの変動と抗血小板療法の有効性に関する検討

    2009年04月 - 2012年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

     今回の研究では、クロピドグレルを内服している安定労作狭心症例における待機的PCI施行前後に血小板機能(凝集能、粘着能)、VWF、ADAMTS13、soluble P-selectin、soluble CD40 ligand、VASPをはじめとする血小板関連マーカーの血中濃度の推移を測定し、PCI前後に有意に変動するマーカーを同定する。血小板凝集能の測定に関しては、従来の透過光測定法、レーザー散乱光測定法に加え、最近導入されたVerifyNow Systemを用いる。本測定方法は、全血で即座に血小板凝集能を測定することができ、従来の血小板凝集能の測定方法に比べ簡便な方法であり、新たな血小板凝集能測定法確立の一助となるものと考える。
     次に、クロピドグレルの低反応性に関与すると考えられる、CYP2C19遺伝子多型を解析し、クロピドグレル低反応性が、上述した血小板関連マーカーにどのような影響を及ぼすかについて検討する。さらに、これらの患者のPCI時の血栓性合併症や、PCI後の心機能や予後に与える影響についても検討を加える予定である。

  • 心筋虚血時における炎症細胞由来マーカーの遺伝子発現に関する基礎および臨床的研究

    2005年04月 - 2007年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 循環器疾患に随伴する後天性フォンウィルブランド症候群の診断 基準・重症度分類の確立

    2016年04月 - 2019年03月

    厚生労働省  科学技術振興調整費 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    ファロー四徴症や肥大型心筋症、肺動脈性肺高血圧症、慢性肺血栓塞栓性肺高血圧症等の循環器難病や動脈弁狭窄症、人工心臓等の機械的補助循環のような体内で過度の高ずり応力が生じる疾患では、止血必須因子であるフォンウィルブランド因子(VWF)の分解が亢進し、出血性疾患である後天性 (acquired)フォンウィルブランド症候群(aVWS)を招来する。我々の研究結果(J Atheroscler Thromb, 2015)より、我が国では少なくとも数万人aVWSを合併していると推測されるが、今日の我が国の診療現場では本合併病態はほとんど認識されておらず、さらに、疾患毎にAVWSおよびAVWSが原因となる出血頻度も不明である。そのためしばしば不適切な治療が施行されることとなっている。そこで、本研究では上記循環器疾患に随伴するaVWSの実態解明を目的として、計約2,500例を登録して、標準化したAVWS解析法(VWF多量体解析)を用いてaVWSを定量評価し、前向きに2年間観察し、横断的及び縦断的解析によって、上記循環器疾患におけるaVWSの頻度、大出血をきたす状況・頻度、出血予知のためのVWFマルチマー指標等を解明する。平成28年度中にVWF多量体解析の標準化・定量化を確立し、平成29-30年度は測定を行う。本研究は、すでに倫理委員会の承認を受け、また、UMIN登録も済ませ、症例登録を開始しているが、平成28-29年度は引き続き症例登録を継続し、平成30年8月まで経過を追跡する。この疾患を対象とした多施設共同前向き臨床研究はこれまでにない。また、VWF多量体解析は煩雑かつ高度の技術を要するため施行可能な研究室は限られ、それぞれの研究室で独自の方法で行われてきているが、本研究ではその方法を標準化し、さらに定量指標を構築して症例の評価にあたる。このような試みも世界的に例がない。肺高血圧では抗凝固療法がしばしば施行されるが、AVWS例には施行しない法が良い場合もあろう。閉塞性肥大型心筋症では心筋切除・焼却術の適応基準となる可能性等がある。拡張型心筋症の末期に施行される可能性のある植込型補助人工心臓等の機械的補助循環でaVWS発症を来す設定を機種毎に明らかにできれば重症心不全治療の向上につながり、また新規の機器開発時には有用なデータとなろう。本研究は各施設の倫理委員会の承認後、全参加患者に口頭及び文書で説明し、文書による同意書をいただき、ヘルシンキ宣言に則り施行する。

  • 生体内投与至適条件下におけるインテリジェントナノDDSおよび超音波照射の安全性の確認

    2010年04月 - 2011年03月

    独立行政法人医薬基盤研究所  平成22年度医薬基盤研究 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 生体内投与至適条件下におけるインテリジェントナノDDSおよび超音波照射の安全性の確認

    2009年04月 - 2010年03月

    独立行政法人医薬基盤研究所  平成21年度医薬基盤研究 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • ヒスタミンと心不全の関連についての検討?H2レセプターブロッカーは心不全を改善するか

    2008年04月 - 2009年03月

    厚生労働省  科学技術振興調整費 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • インテリジェントナノDDSの生体内投与至適条件の確立および超音波の生体に対する安全性の確認

    2008年04月 - 2009年03月

    独立行政法人医薬基盤研究所  平成20年度医薬基盤研究 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

全件表示 >>

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 冠動脈疾患既往脂質異常症患者におけるペマフィブラートの血栓形成能に与える影響の検討

    2022年02月 - 2024年12月

    WDB臨床研究株式会社、国立大学法人熊本大学  一般受託研究 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  受託研究区分:一般受託研究