田村 俊介 (タムラ シュンスケ)

TAMURA Shunsuke

写真a

所属

医学部 医学科 臨床神経科学講座精神医学分野

職名

助教

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 学術 ( 2020年3月   九州大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 情報通信 / 知覚情報処理

  • ライフサイエンス / 精神神経科学

  • 人文・社会 / 認知科学

  • ライフサイエンス / 認知脳科学

  • 人文・社会 / 実験心理学

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 宮崎大学   医学部   医学科   臨床神経科学講座精神医学分野   助教

    2023年04月 - 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 九州大学大学院   医学研究院 精神病態医学   共同研究員

    2023年4月 - 現在

  • 九州大学大学院   医学研究院 精神病態医学   特任助教

    2020年6月 - 2023年3月

  • 九州大学   医学研究院精神病態医学   学術研究員

    2020年4月 - 2020年5月

  • 日本学術振興会   特別研究員 DC2

    2018年4月 - 2020年3月

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本精神神経学会

    2022年1月 - 現在

  • 日本生物学的精神医学会

    2020年4月 - 現在

  • 日本音響学会

    2016年2月 - 現在

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Abnormal phase entrainment of low-and high-gamma-band auditory steady-state responses in schizophrenia 査読あり

    Shoichiro Nakanishi, Shunsuke Tamura, Shogo Hirano, Junichi Takahashi, Kazutoshi Kitajima, Yoshifumi Takai, Takako Mitsudo, Osamu Togao, Tomohiro Nakao, Toshiaki Onitsuka, Yoji Hirano

    Frontiers in Neuroscience   17 ( 1277733 )   2023年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers Media SA  

    Introduction

    Gamma-band oscillatory deficits have attracted considerable attention as promising biomarkers of schizophrenia (SZ). Notably, a reduced auditory steady-state response (ASSR) in the low gamma band (40 Hz) is widely recognized as a robust finding among SZ patients. However, a comprehensive investigation into the potential utility of the high-gamma-band ASSR in detecting altered neural oscillations in SZ has not yet been conducted.

    Methods

    The present study aimed to assess the ASSR using magnetoencephalography (MEG) data obtained during steady-state stimuli at frequencies of 20, 30, 40, and 80 Hz from 23 SZ patients and 21 healthy controls (HCs). To evaluate the ASSR, we examined the evoked power and phase-locking factor (PLF) in the time-frequency domain for both the primary and secondary auditory cortices. Furthermore, we calculated the phase-locking angle (PLA) to examine oscillatory phase lead or delay in SZ patients. Taking advantage of the high spatial resolution of MEG, we also focused on the hemispheric laterality of low- and high-gamma-band ASSR deficits in SZ.

    Results

    We found abnormal phase delay in the 40 Hz ASSR within the bilateral auditory cortex of SZ patients. Regarding the 80 Hz ASSR, our investigation identified an aberrant phase lead in the left secondary auditory cortex in SZ, accompanied by reduced evoked power in both auditory cortices.

    Discussion

    Given that abnormal phase lead on 80 Hz ASSR exhibited the highest discriminative power between HC and SZ, we propose that the examination of PLA in the 80 Hz ASSR holds significant promise as a robust candidate for identifying neurophysiological endophenotypes associated with SZ. Furthermore, the left-hemisphere phase lead observed in the deficits of 80 Hz PLA aligns with numerous prior studies, which have consistently proposed that SZ is characterized by left-lateralized brain dysfunctions.

    DOI: 10.3389/fnins.2023.1277733

  • Abnormal connectivity and activation during audiovisual speech perception in schizophrenia 査読あり

    Yoji Hirano, Itta Nakamura, Shunsuke Tamura

    European Journal of Neuroscience   (in press)   2023年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Contributions of Temporal Envelope and Temporal Fine Structure to Segregation of Lombard Speech from Background Noise 査読あり

    Shunsuke Tamura, Mitsunori Mizumachi

    Acoustical Science and Technology   (in press)   2023年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Decrease in Gamma-band Auditory Steady-State Response in Patients with Treatment-resistant Schizophrenia: Schizophrenia Research 査読あり 国際誌

    Kamiyu Ogyu, Karin Matsushita, Shiori Honda, Masataka Wada, Shunsuke Tamura, Kazumasa Takenouchi, Yui Tobari, Keisuke Kusudo, Hideo Kato, Teruki Koizumi, Naohiro Arai, Akihiro Koreki, Mie Matsui, Hiroyuki Uchida, Shinya Fujii, Mitsumoto Onaya, Yoji Hirano, Masaru Mimura, Shinichiro Nakajima, Yoshihiro Noda

    Schizophrenia Research   252   129 - 137   2023年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND: Thirty percent of patients with schizophrenia do not respond to non-clozapine antipsychotics and are termed treatment-resistant schizophrenia (TRS). The 40-Hz auditory steady-state response (ASSR) is a well-known to be reduced in patients with schizophrenia compared to healthy controls (HCs), suggesting impaired gamma oscillation in schizophrenia. Given no ASSR study on TRS, we aimed to examine the neurophysiological basis of TRS employing 40-Hz ASSR paradigm. METHOD: We compared ASSR measures among HCs, patients with non-TRS, and patients with TRS. TRS criteria were defined by a score of 4 or higher on two items of the Positive and Negative Syndrome Scale (PANSS) positive symptoms despite standard antipsychotic treatment. Participants were examined for ASSR with 40-Hz click-train stimulus, and then time-frequency analysis was performed to calculate evoked power and phase-locking factor (PLF) of 40-Hz ASSR. RESULTS: A total of 79 participants were included: 27 patients with TRS (PANSS = 92.6 ± 15.8); 27 patients with non-TRS (PANSS = 63.3 ± 14.7); and 25 HCs. Evoked power in 40-Hz ASSR was lower in the TRS group than in the HC group (F2,79 = 8.37, p = 0.015; TRS vs. HCs: p = 0.012, d = 1.1) while no differences in PLF were found between the groups. CONCLUSION: These results suggest that glutamatergic and GABAergic neurophysiological dysfunctions are involved in the pathophysiology of TRS. Our findings warrant more comprehensive and longitudinal studies for deep phenotyping of TRS.

    DOI: 10.1016/j.schres.2023.01.011

    PubMed

  • Cortical representation of speech temporal information through high gamma-band activity 査読あり

    Shunsuke Tamura, Yoji Hirano

    Cerebral Cortex   (in press) ( 1 )   8773 - 8772   2023年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oxford University Press (OUP)  

    Abstract

    Numerous studies have investigated low-frequency (theta-band) and high-frequency (gamma-band) neural activities that are phase-locked to temporal structures, including the temporal envelope and fine structure (TFS) of speech signals. Nonetheless, the neural mechanisms underlying the interaction between envelope and TFS processing remain elusive. Here we examined high gamma-band activities and their low-frequency amplitude modulations while listening to monotone speech (MS) with a fundamental frequency (F0) of 80 Hz and non-speech sounds with similar temporal characteristics to MS, namely an amplitude-modulated click train (AMC). Additionally, we utilized noise-vocoded speech (NVS) to evaluate the impact of eliminating the TFS from MS on the high gamma-band activity. We observed discernible high gamma-band activity at the same frequency as F0 of MS and the train frequency of AMC (80 Hz). Furthermore, source localization analysis revealed that the high gamma-band activities exhibited left hemisphere dominance in both MS and AMC conditions. Finally, high gamma-band activities exhibited amplitude-modulation at the same rate as the stimulus envelope of MS and AMC (5 Hz), though such modulation was not observed in NVS. Our findings indicate that the high gamma-band activity in the left hemisphere is pivotal in the interaction of envelope and TFS information processing, regardless of the nature of the stimulus being speech or non-speech.

    DOI: 10.1093/cercor/bhad158

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 精神医学領域の論文を読みこなすキーワード100!

    田村俊介( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 66.周波数/時間周波数解析; 72. マルチモーダル脳計測)

    新興医学出版社  2022年12月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書

受賞 【 表示 / 非表示

  • 若手生物学的精神医学研究奨励賞

    2023年11月   日本生物学的精神医学会  

    田村俊介

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞 

  • PCN review awards 2021

    2022年4月   日本精神神経学会  

    田村俊介

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞 

  • 学生表彰

    2017年3月   九州大学  

    田村 俊介

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞 

  • 学生優秀発表賞

    2016年5月   日本音響学会  

    田村 俊介

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞 

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 統合失調症者の言語性幻聴緩和のためのニューロフィードバック支援法の開発

    研究課題/領域番号:23K06794  2023年04月 - 2026年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    光藤崇子, 平野羊嗣, 田村俊介

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 統合失調症者の聴覚情報処理における大脳半球機能差の異常メカニズムに関する検討

    研究課題/領域番号:21K13753  2021年04月 - 2024年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  若手研究

    田村俊介

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 言語性幻聴の生起メカニズム:既存モデルの認知神経科学的検討と新規モデルの提案

    研究課題/領域番号:20K22286  2020年10月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  研究活動スタート支援

    田村俊介

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 音声と音楽に対する神経振動帯域間相互作用の解明とその障害

    研究課題/領域番号:20K12572  2020年04月 - 2023年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    光藤 崇子, 平野羊嗣, 田村俊介

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • ヒトの音韻知覚メカニズム:「聴覚説」と「音声知覚の運動理論」の統合とその具体化

    研究課題/領域番号:18J10654  2018年04月 - 2020年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  特別研究員奨励費

    田村俊介

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • AMPA受容体標識プローブと脳磁図を用いた 統合失調症のマルチモーダル研究

    2023年12月 - 2024年11月

    先進医薬研究振興財団  精神薬療分野 一般研究助成金  

    平野羊嗣, 高橋琢哉, 内田裕之, 平野昭吾, 田村俊介

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 統合失調症のガンマ帯域神経振動異常における AMPA 型グルタミン酸受容体の役割

    2022年04月 - 2023年03月

    公益財団法人 渡邉財団  第28回磁気健康科学研究助成 

    田村俊介, 平野羊嗣, 三苫良

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 「ことばの鎖」に基づく音声明瞭度評価手法の確立

    2022年04月 - 2023年03月

    公益財団法人 電気通信普及財団  2021年度研究調査助成 

    田村俊介, 水町光徳

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 聴覚定常状態反応によるてんかん原性の検索-個別化医療へ向けて-

    2021年04月 - 2024年03月

    公益財団法人 てんかん治療研究振興財団   2021年度研究助成 

    鬼塚俊明, 平野羊嗣, 田村俊介, 酒田あゆみ, 高橋潤一, 北島和俊, 高井善史, 三苫良

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 連続音声の時間情報処理に係る聴覚機能の客観的評価法に関する検討

    2021年04月 - 2022年03月

    一般財団法人 カワイサウンド技術・音楽新興財団   2021年度研究助成  

    田村俊介

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

全件表示 >>

 

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • 統合失調症の社会機能障害に関わる脳内ネットワークの異常が明らかに! -視聴覚統合に関わる機能的結合が統合失調症者で低下していることを発見- インターネットメディア

    宮崎大学  https://www.miyazaki-u.ac.jp/newsrelease/edu-info/post-1089.html  2023年11月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

  • 脳内における新たな音声信号の処理方法が明らかに! インターネットメディア

    宮崎大学  https://www.miyazaki-u.ac.jp/newsrelease/edu-info/post-992.html  2023年5月