吉田 彩子 (ヨシダ アヤコ)

YOSHIDA Ayako

写真a

所属

産業動物防疫リサーチセンター

職名

教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士 ( 1999年3月   名古屋市立大学 )

  • 農学士 ( 1995年3月   岩手大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 寄生虫学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Molecular identification of sparganum of Spirometra mansoni isolated from the abdominal cavity of a domestic cat in Vietnam. 査読あり 国際共著

    Nguyen, Y.T.H., Nguyen, L.A.T., Dong, H.V., Duong, H.D., Yoshida, A.

    J Vet Med Sci   86 ( 1 )   96 - 100   2024年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本獣医学会  

    Cats normally play a role of the definitive host in which the plerocercoid (sparganum), the second larval form of <i>Spirometra</i> spp., develops into an adult in the intestines. However, some cases of cats with visceral or subcutaneous sparganosis were sporadically reported worldwide. We herein documented the discovery of a sparganum in abdominal cavity of a domestic cat during a surgery of dystocia. The larva was molecularly identified as <i>Spirometra mansoni</i>, belonging to Type I, that was recently misidentified to be <i>S. erinaceieuropaei</i> in several Asian countries. This is the first report for sparganum of <i>S. mansoni</i> in the cat. The future study is necessary to provide further insights into the species of <i>Spirometra</i> causing sparganosis and spirometrosis in humans and other animals.

    DOI: 10.1292/jvms.23-0236

    PubMed

    CiNii Research

  • Migratory pattern of zoonotic Toxocara cati and T. canis in experimentally infected pigs. 査読あり 国際共著

    Poulsen, C.S., Yoshida, A., Wellbrant, T.T., Leifsson, P.S., Skallerup, P., Thamsborg, S.M., Nejsum, P.

    Eur J Clin Microbiol Infect Dis   43 ( 3 )   587 - 596   2024年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10096-024-04753-7

    PubMed

  • Serial changes in B-cell subsets and immunoglobulin G4 levels in paragonimiasis 査読あり

    Taku, K., Ogata, M., Hoshina, T., Maruyama, H., Yoshida, A., Kusuhara, K.

    Pediatr Int   66 ( 1 )   2024年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本獣医学会  

    Cats normally play a role of the definitive host in which the plerocercoid (sparganum), the second larval form of <i>Spirometra</i> spp., develops into an adult in the intestines. However, some cases of cats with visceral or subcutaneous sparganosis were sporadically reported worldwide. We herein documented the discovery of a sparganum in abdominal cavity of a domestic cat during a surgery of dystocia. The larva was molecularly identified as <i>Spirometra mansoni</i>, belonging to Type I, that was recently misidentified to be <i>S. erinaceieuropaei</i> in several Asian countries. This is the first report for sparganum of <i>S. mansoni</i> in the cat. The future study is necessary to provide further insights into the species of <i>Spirometra</i> causing sparganosis and spirometrosis in humans and other animals.

    DOI: 10.1111/ped.15727

  • Distinctly different gut microbiota in Japanese badgers and Japanese raccoon dogs despite sharing similar food habits and environments. 査読あり

    Kaneko, C., Shinohara, A., Kikuchi, T., Tokuda, A., Irie, T., Yamada, K., Misawa, N., Yoshida, A.

    Mamm Biol   103   363 - 373   2023年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s42991-023-00362-7

  • Population genetics study of Strongyloides fuelleborni and phylogenetic considerations on primate-infecting species of Strongyloides based on their mitochondrial genome sequences 査読あり 国際共著

    Ko, P.P., Hashiguci, M., Hara, T., Duong, D.H., Ito, A., Tanaka, R., Tanaka, M., Suzumura, T., Ueda, M., Yoshida, A., Maruyama, H., Nagayasu, E.

    Parasitol Int   92   102663   2023年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.parint.2022.102663

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 獣医公衆衛生学

    獣医公衆衛生学教育研修協議会( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第4章寄生虫性・原虫性食中毒 回虫・鞭虫)

    文永堂出版  2024年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:274   担当ページ:182-185   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • Helminth Infections and their Impact on Global Public Health 2nd Edition 国際共著

    Yoshida, A., Hamilton, C.M., Pinelli, E., Holland, C.V.( 担当: 共著 ,  範囲: 569-605)

    Springer-Verlag Wien  2022年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • 寄生虫のはなし

    永宗 喜三郎、脇 司、常盤 俊大他( 担当: 分担執筆)

    朝倉書店  2020年10月 

     詳細を見る

    総ページ数:157   担当ページ:44-48   記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  • 獣医学教育モデル・コア・カリキュラム準拠 寄生虫病学 第3版

    浅川 満彦、筏井 宏実他( 担当: 分担執筆)

    緑書房  2020年9月 

     詳細を見る

    総ページ数:274   担当ページ:182-185   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • Helminth Infections and their Impact on Global Public Health

    Hamilton CM, Yoshida A, Pinelli E, Holland CV( 担当: 共著 ,  範囲: 425-460)

    Springer-Verlag Wien  2014年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

MISC 【 表示 / 非表示

  • Paragonimus and paragonimiasis in Asia: An update. 招待あり 査読あり

    Yoshida, A., Doanh, P.N., Maruyama, H.

    Acta Torop.   199   105074   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.actatropica.2019.105074

  • 肝蛭症にご注意を~野生動物で流行のみられる人獣共通寄生虫症~ 招待あり

    吉田彩子

    兵庫県猟だより   ( 41 )   9 - 11   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • ジビエを安全に楽しむために 招待あり

    吉田彩子

    兵庫県猟だより   ( 39 )   15 - 16   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • 肺吸虫症 招待あり

    吉田彩子

    医学と薬学   74 ( 11 )   1 - 6   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 古くて新しい肺吸虫症 招待あり

    吉田彩子

    兵庫県猟だより   ( 39 )   12 - 14   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Down-regulation of colon mucin production induced by Eimeria pragensis infection in mice 国際共著

    Setia, Y. D., Tanaka, M., Tanaka, R., Nagayasu, E., Parnian, A., Irie, T., Yoshida, A., Maruyama, H.

    第93回日本寄生虫学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月9日 - 2024年3月10日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 九州地域の野生獣肉における住肉胞子虫の保有状況

    渡部峻也、入江隆夫、和田啓、中村鉄平、市居修、山﨑朗子、吉田彩子

    第93回日本寄生虫学会大会  2024年3月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月9日 - 2024年3月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Seroprevalence of Toxoplasma gondii and Paragonimus westermani antibodies in wild boar in Miyazaki, Japan 国際共著

    Le, L.A.T., Sakamoto, N., Irie, T., Yoshida, A.

    第93回日本寄生虫学会大会  2024年3月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月9日 - 2024年3月10日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 食肉由来寄生虫症~鶏肉を介した寄生虫感染リスク~ 招待あり

    吉田彩子

    第25回グローカル感染症研究セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年2月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Analysis for the determinants of larval migration routes in Strongyloides ratti

    Ishida, M., Irie, T., Tanaka, R., Maruyama, H., Yoshida, A.

    第14回蠕虫研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月8日 - 2023年12月9日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

全件表示 >>

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 磁性ナノ粒子を用いた蠕虫のin vivoイメージングによる体内移行動態の解析

    研究課題/領域番号:21K06995  2021年04月 - 2024年03月

    独立行政法人日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • ヒトとイヌに感染する糞線虫の種の歴史:進化的起源・分化・拡散に関する研究

    2017年04月 - 2020年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 肺吸虫の新規待機宿主ニホンジカにおける感染状況調査と感染成立要因の検討

    2017年04月 - 2020年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 宮崎県における野生動物の家畜伝染病・人獣共通感染症ウイルス感染状況調査

    2022年04月 - 2023年03月

    宮崎大学  宮崎大学戦略重点経費 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 医獣連携体制を活かした新興・再興感染症の研究促進に資する病原体レポジトリの構築

    2021年04月 - 2022年03月

    宮崎大学  宮崎大学戦略重点経費 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 磁性ナノ粒子標識による寄生性蠕虫のin vivoトラッキングモデルの開発

    2020年04月 - 2021年03月

    宮崎大学  宮崎大学戦略重点経費 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 鶏を対象としたトキソプラズマ症の抗体検査法の開発

    2019年04月 - 2020年03月

    民間財団等  伊藤記念財団研究助成 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 新規豚トキソプラズマ症抗体検査法のフィールド評価

    2019年04月 - 2020年03月

    宮崎大学農学部  宮崎大学農学部学部長裁量経費 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

全件表示 >>

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • フルオロキノロン系薬剤に対する牛及び豚由来の有効菌種及び公衆衛生関連菌種の薬剤感受性に関する野外調査

    2022年03月 - 2023年12月

    Meiji Seika ファルマ株式会社  一般受託研究 

    吉田 彩子、吉村 学、有村 保次、中村 周作、藤掛 一郎、竹下 伸一、櫻井 倫、西脇 亜也、西 和盛、松岡 崇暢、鈴木 良幸

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  受託研究区分:一般受託研究

  • 次亜塩素酸ナトリウム(製品名:SteriNa)によるSARS-CoV-2不活化試験

    2020年12月 - 2021年06月

    SSP株式会社  一般受託研究 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  受託研究区分:一般受託研究

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 中国青海省

    2018年09月

     詳細を見る

    宮崎大学と青海大学との共同研究として、中国青海省におけるエキノコックスの流行状況を調査し、青海大学での交流セミナーで研究成果を発表した。

  • ベトナム、ハノイ市

    2017年08月 - 2017年09月

     詳細を見る

    ベトナム国立農業大学を訪問し、共同研究の打ち合わせと寄生虫標本の採取を行った。

  • ベトナム、ハノイ市

    2017年04月

     詳細を見る

    ベトナム国立農業大学を訪問し、共同研究の打ち合わせとセミナーを行った。

  • 中国青海省

    2016年09月

     詳細を見る

    宮崎大学と青海大学との共同研究として、中国青海省におけるエキノコックスの流行状況を調査し、青海大学医学部付属病院でのエキノコックス症に関するセミナーに参加した。

  • ベトナム、ハノイ市

    2015年08月 - 2015年09月

     詳細を見る

    ベトナム国立農業大学を訪問し、共同研究の打ち合わせと寄生虫標本の採取を行った。

全件表示 >>