酒井 剛 (サカイ ゴウ)

SAKAI Go

写真a

職名

教授

研究室住所

宮崎市学園木花台西1-1

研究分野・キーワード

ナノ・材料領域

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

0985-58-7312

研究室FAX

0985-58-2876

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1991年03月

    九州大学   工学部   応用化学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1996年03月

    九州大学  総合理工学研究科  材料開発工学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州大学 -  博士(工学)

  • 九州大学 -  工学修士

  • 九州大学 -  工学士

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 機能物性化学

  • 無機工業材料

  • デバイス関連化学

  • 無機化学

  • ナノ材料化学

全件表示 >>

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 貴金属ナノ構造体と酸化スズ高次構造体のヘテロ接合による超高感度ガスセンサの開発

    科学研究費補助金  

    研究期間: 2006年05月  -  2008年03月

論文 【 表示 / 非表示

  • Experimental and theoretical approaches for the investigation of proton conductive characteristics of La1-xBaxYbO3-d

    Yuki Obukuro, Yuji Okuyama, Go Sakai, Shigenori Matsushima

    Journal of Alloys and Compounds   770   294 - 300   2019年  [査読有り]

    共著

  • Proton Conduction and Incorporation into La<sub>1−</sub><i><sub>x</sub></i>Ba<i><sub>x</sub></i>Yb<sub>0.5</sub>In<sub>0.5</sub>O<sub>3−δ</sub>

    Okuyama Yuji, Ymaguchi Takuya, Matsunaga Naoki, Sakai Go

    MATERIALS TRANSACTIONS   59 ( 1 ) 14 - 18   2018年  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    <p>In order to clarify the effect of the dopant concentration and phase transition on the proton conduction and proton concentration, the electrical conductivity and proton concentration were determined for La<sub>1−</sub><i><sub>x</sub></i>Ba<i><sub>x</sub></i>Yb<sub>0.5</sub>In<sub>0.5</sub>O<sub>3−δ</sub> (x = 0.1. 0.3. 0.5, 0.7). The phase transition from the orthorhombic system to the cubic system was over <i>x</i> = 0.3. The proton/deuteron isotope effect on the conductivity was observed for all samples at 673 K. The proton concentration was independent of the barium content above 673 K. The proton concentration increased with the barium content below 673 K, but the concentration ratio of the proton to dopant decreased following an increase in the barium concentration. It was determined that the dopant concentration and phase transition do not have an influence on the conduction and incorporation of protons into the La<sub>1−</sub><i><sub>x</sub></i>Ba<i><sub>x</sub></i>Yb<sub>0.5</sub>In<sub>0.5</sub>O<sub>3−δ</sub>.</p>

    DOI CiNii

  • A direct methane fuel cell with double-layered electrolyte using proton conducting oxide

    Okuyama Y., Kawano S., Sakai G., Matsunaga N., Mizutani Y.

    ECS Transactions   78 ( 1 ) 1953 - 1961   2017年05月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    © The Electrochemical Society. BaCe0.8Y0.2O3-δ(BCY) has high proton conductivity, but is less stable against carbon dioxide. La0.9Sr0.1Yb0.8In0.2O3-δ(LSYbIn) is chemically stable, but not as conductive as BCY. In this study, the performance of a methane fuel cell using BCY and LSYbIn as electrolytes was evaluated. The fuel cell using BCY showed shortterm degradation. On the other hand, the fuel cell using LSYbIn showed high durability using methane. The protonic ceramic fuel cell with a double-layered electrolyte was developed to improve chemical stability toward methane and the fuel cell performance. LSYbIn was used as the fuel side intermediate layer of the fuel cell using BCY for protection from methane. The fuel cell with a double-layered electrolyte suppressed the degradation by methane.

    DOI

  • First-principles study on LaYbO<inf>3</inf> as the localized f electrons containing system with MBJ–LDA + U approach

    Obukuro Y., Ninomiya K., Arai M., Okuyama Y., Sakai G., Matsushima S.

    Computational Materials Science   126   7 - 11   2017年01月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    © 2016 Elsevier B.V. The electronic structure of LaYbO 3 was investigated by the full potential linearized augmented plane wave plus local orbital (FLAPW + lo) method with the modified Becke–Johnson potential combined with the local density approximation correlation plus onsite Coulomb interaction (MBJ–LDA + U) for the sake of localized f electrons. This approach was suitable for evaluating electronic structure of LaYbO 3 system from view point of calculation cost and time. The band gap, the difference in energy between the valence band (VB) and conduction band (CB), was estimated to be 6.0 eV by the present method. The evaluated value was very close to the reported experimental value. In the VB, Yb 4f orbitals and O 2p orbitals were well hybridized each other to state predominantly. The lower potential region in CB was mainly composed of La 4f orbitals, while the upper region in CB was mainly consisted of La 5d orbitals.

    DOI

  • Proton-conducting oxide with redox protonation and its application to a hydrogen sensor with a self standard electrode

    Yuji Okuyama, Shinya Nagamine, Akira Nakajima, Go Sakai, Naoki Matsunaga, Fusako Takahashi, Koji Kimata, Tomoko Oshima, Koji Tsuneyoshi

    RSC Advances   6   34019 - 34026   2016年03月  [査読有り]

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 「金属ナノ・マイクロ粒子の形状・構造制御技術」 液晶鋳型法による白金ナノチューブ・ナノグルーブ・ナノホールの合成と特性

    木島 剛、酒井 剛 (担当: 共著 , 担当範囲: 研究分担者 )

    米沢徹監修、(株)シーエムシー出版、全250頁、(分担)113-126頁(2009)  2009年04月

  • 21世紀版 薄膜作製応用ハンドブック、第4編、第1節ガスセンサ「ガスセンサ」

    監修者:權田 俊一 (担当: 単著 )

    株式会社エヌティーエス全1448頁(分担)1038-1050頁  2003年04月

  • ナノマテリアルの最新技術、第1編ナノ粒子編、第2節ナノ粒子の応用展開「ガスセンサ」

    編集者:小泉光恵、目 義雄、中條 澄、新原皓一 (担当: 共著 )

    シーエムシー出版全331頁(分担)87-90頁  2001年04月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 酸化物半導体ガスセンサの高次構造制御

    共著者:島ノ江憲剛、酒井 剛、山添 昇

    Chemical Sensors, Vol. 21, No. 3 (2005) p.99-105. ( 電気化学会 化学センサ研究会 )  21 ( 3 ) 99 - 105   2005年09月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

  • Improvement of warming-up characteristics of potentiometric CO2 sensor by using solid reference counter electrode

    共著者:Y. Miyachi, G. Sakai, K. Shimanoe, N. Yamazoe

    Technical Digest of the 10th International Meeting on Chemical Sensors, Chemical Sensors, Vol. 20, Supplement B, pp. 412-413     2004年07月

     

  • Gas sensing properties of thin films derived from sols of SnO2 different in grain size

    共著者:D. D. Vuong, G. Sakai, K. Shimanoe, N. Yamazoe

    Technical Digest of the 10th International Meeting on Chemical Sensors, Chemical Sensors, Vol. 20, Supplement B, pp. 22-23     2004年07月

     

  • Co3O4-modified SnO2 prepared by ball-milling method for high sensitivity CO sensor

    共著者:K. Shimanoe, S. Abe, G. Sakai, U-S. Choi, N. Yamazoe

    Technical Digest of the 10th International Meeting on Chemical Sensors, Chemical Sensors, Vol. 20, Supplement B, pp. 26-27     2004年07月

     

  • Simultaneous work function change and conductance measurements on SnO2 prepared from hydrothermally treated sols

    共著者:T. Sahm, A. Gurlo, N. Barsan, A. Oprea, U. Weimar, N. Yamazoe, G. Sakai, K. Shimanoe

    Technical Digest of the 10th International Meeting on Chemical Sensors, Chemical Sensors, Vol. 20, Supplement B, pp. 160-161     2004年07月

     

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • α型水酸化ニッケルおよびその製造方法

    特願 特願2013-181414 

    酒井 剛、松永直樹

  • 燃料電池用白金・チタン酸化物・チタンカーバイド複合触媒及びその製造方法、並びに当該複合触媒を用いた燃料電池用膜・電極接合体

    特願 特願2011-276368  特許 特許第5730751号

    酒井 剛、新井竜哉、谷口拓未

  • 燃料電池用白金・金属酸化物複合触媒、及びその製造方法

    特願 特願2011-241534 

    酒井 剛、新井竜哉、谷口拓未、小川哲也

  • 触媒微粒子の製造方法、及びカーボン担持触媒微粒子の製造方法

    特願 特願2011-118758 

    酒井 剛、新井竜哉、関澤好史、谷口拓未、小川哲也

  • セルロース系物質の分解方法

    特願 特願2010-253129 

    酒井 剛

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 部分還元酸化物に担持した白金の高酸素還元活性発現メカニズムの解明

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

     概要を見る

    TiO2やSnO2などの強酸性・酸化雰囲気でも安定な酸化物をPt 担持用の担体として用い、酸化物に酸素欠陥を導入して低原子価状態の金属イオンを生成させ、そこにPtを隣接させれば、非常に高いカソード特性、すなわち高酸素還元活性を示すPt粒子が得られることを見出し、カソード極の白金(Pt)量を大幅に低減できることを示した。このPt粒子の特異的な高酸素還元活性は、低原子価状態の金属イオンからPtへの電子移動に起因すると考えられるが、そのメカニズムはまだ明らかになっていない。本研究では、部分還元酸化物に担持した白金の高酸素還元活性向上のメカニズムを解明する。

  • ポリ酸共存下でのマイクロ波照射によるセルロース性資源の物質変換とその応用

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2011年05月  -  2014年03月 

     概要を見る

    申請者は、最近、セルロースを水に分散させ、ポリ酸の一種であるケイ酸タングステンを共存させた状態でマイクロ波を照射すれば、わずか数分という短時間でセルロースの結晶性が低下するとともに選択的にグルコースが生成すること、および、条件を変化させればフルフラールやレボグルコサンといった燃料あるいは有価物が得られることを見出した。この反応系は、ポリ酸という機能触媒による効果が大きいと考えられる。本研究では、上記反応系におけるケイ酸タングステンの役割を明らかにするとともに(Ⅰ)電磁気学的手法(マイクロ波)による機能触媒の制御、(Ⅱ)電気化学的手法による機能触媒の制御、および(Ⅲ)光学的手法による機能触媒の制御に関する試みについて、セルロースの分解による有価物の生成を中心に検討を行う。

  • 燃料電池カソード極の高性能化のための逆ミセル法による合金系触媒担持カーボンの合成

    基盤研究(B)

    研究期間:  2008年05月  -  2011年03月 

     概要を見る

    固体高分子型燃料電池(PEFC)は、アノード極の水素の酸化反応(H2 → 2H+ + 2e)およびカソード(空気極)で起こる酸素の4電子還元反応(O2 + 4H+ + 4e → 2H2O)を利用している。このうち、酸素の4電子還元反応に対する活性化過電圧が大きいため、燃料電池の発電特性が大きく低下する。すなわち、民生用として広く燃料電池が普及するには、カソードに用いられる白金量を大幅に低減できる高性能な触媒の開発が必要である。ただし、強酸性条件下で高い酸素還元活性を維持できる元素は白金以外には見出されていない。本研究では、酸素の4電子還元反応を触媒する高活性な電極触媒の開発を目的として、比較的安定な微粒子分散系を調製でき、ナノサイズの超微粒子が得られる逆ミセル法を用いて、Pt-Fe系およびPt-Cu系触媒担持カーボンを合成し、その構造や酸素還元活性を明らかにすることともに、MEAを作製して燃料電池の発電特性を評価する。

  • 貴金属ナノ構造体と酸化スズ高次構造体のヘテロ接合による超高感度ガスセンサの開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2006年05月  -  2008年03月 

     概要を見る

    半導体ガスセンサは、ガスと酸化物半導体の吸着酸素との反応によって酸化物粒子間の粒界ポテンシャルが変化することによる検知素子全体の電気抵抗変化を計測してガスを検知するデバイスである。このセンサは家庭用ガス漏れ警報機の普及に見られるように防災用としては優れている。しかしながら、近年、環境やアメニティの観点から、各種環境汚染ガス、揮発性有機化合物(VOCs)、有機ガス、においなどのセンサ計測の重要性が高まっており、半導体ガスセンサの飛躍的な感度の向上が望まれている。 現在までに明らかにされている半導体ガスセンサの高感度化の指針を全て満たすには、貴金属増感剤のナノ構造制御、酸化物半導体の一次粒子径制御、および半導体酸化物感応体の高次構造制御をそれぞれ最適化する必要がある。すなわち、本研究では、貴金属ナノ構造体/酸化スズナノ粒子/酸化スズマイクロ粒子三相ヘテロ界面の最適化による超高感度半導体ガスセンサの構築を目的とする。

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 高酸素還元活性を発現する固体高分子形燃料電池用複合酸化物担体の開発

    提供機関:  科学技術振興機構  科学技術振興機構 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)探索タイプ(25年度)

    研究期間: 2015年01月  -  2015年12月 

     概要を見る

    本研究では、Ptを担持する担体として、高酸素還元活性を発現するTiO2-SnO2複合酸化物担体を開発し、新規高性能カソード電極触媒を提供することを目的とする。

  • ニッケル系二次電池の高容量化を可能にするチタンおよびスズ置換によるα型水酸化ニッケルの開発

    提供機関:  科学技術振興機構  科学技術振興機構 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)探索タイプ(25年度)

    研究期間: 2013年08月  -  2014年03月 

     概要を見る

    本プロジェクトでは、ニッケル系二次電池の正極材料の高容量化を目的として、スズやチタンといった4価のカチオン置換によるアルファ型水酸化ニッケルの合成と評価に取り組んだ。スズおよびチタンの最適置換量は、スズでは10~20%、チタンでは10%であるとの結果を得た。これらは、アルカリ溶液中での安定性も高いことを明らかにした。スズ置換系は、水熱処理によって100m2/g以上の高比表面積化が可能であることもわかった。正極材料としては、充放電容量がいずれのレートでも市販のβ型よりも大きいことが示唆された。しかしながら、初期充放電特性ではアルファ型の特徴がみられたが、充放電を繰り返すと結晶構造が変化することがわかった。

  • 高速充放電対応型二次電池用ニッケル系正極材料の開発

    提供機関:  科学技術振興機構JST  科学技術振興機構 地域イノベーション創出総合支援事業 平成21年度「シーズ発掘試験」発展型

    研究期間: 2009年08月  -  2010年03月 

     概要を見る

    本研究では、導電性の向上と結晶性の制御を行った高比表面積を有する水酸化ニッケルナノシートおよび高密度ヘキサゴナルプレートを主材料として高速充放電に対応できる二次電池用ニッケル系正極材料の開発を目的とする。  具体的には、平成19年度および20年度のシーズ発掘試験研究で得られた成果、特に2件の出願特許を基に新たに見出した、高速充放電可能な正極材料が得られる可能性を実証する。具体的には、実用レベルで広く用いられている0.2Cレート(5時間100%充電・放電)の15倍の速度である3Cレート(20分100%充電・放電)以上の充放電速度での容量の向上(70%以上)を目標とする。

  • 二次電池用水酸化ニッケルナノシートおよびヘキサゴナルプレートの高機能化

    提供機関:  科学技術振興機構  科学技術振興機構 地域イノベーション創出総合支援事業 平成20年度「シーズ発掘試験」発掘型

    研究期間: 2008年07月  -  2009年03月 

     概要を見る

    最近我々の研究グループでは、比表面積が200 m2/gを超える水酸化ニッケルの合成法を確立し、得られた高比表面積水酸化ニッケルを用いて水熱処理を行うことにより、比表面積は180 m2/g程度に低下するものの、ナノレベルのシート状構造を有する何構造体が得られることを明らかにしている。また、水熱条件を制御することで、比表面積は大きく低下するがβ型水酸化ニッケルの結晶構造の基本単位である六角板状(ヘキサゴナルプレート)構造の結晶が得られることを見出した。本研究では、水酸化コバルトと亜鉛の添加によって、それぞれ導電性の向上と結晶性の制御を行うことにより、高比表面積を有する水酸化ニッケルナノシートおよび高密度ヘキサゴナルプレートを主材料とする実用的な二次電池の正極材料を開発することを目的とする。

  • 高比表面積水酸化ニッケルの新規調製法の開発と二次電池への応用

    提供機関:  科学技術振興機構  科学技術振興機構 地域イノベーション創出総合支援事業 平成19年度「シーズ発掘試験」

    研究期間: 2007年07月  -  2008年03月 

     概要を見る

    高出力二次電池の正極材料には主に水酸化ニッケルが用いられている。二次電池のさらなる高性能化・高エネルギー密度化には、水酸化ニッケルの特性向上が必要であり、そのためには、水酸化ニッケルの高比表面積化、および結晶性の向上等が必要となる。我々は、従来の6~20倍に相当する200 m2/g以上の高比表面積水酸化ニッケルが合成できることを最近見出した。本研究では、高比表面積を有する水酸化ニッケルの製造方法を確立するとともに、水酸化ニッケルの微細構造、細孔容積等を調べ、さらにナノ構造を制御する手法を開発する。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • マンガン含有リン酸塩球状粒子の水熱合成とアルカリ水溶液中での電気化学特性

    松永 直樹、猪狩 裕樹、進藤 寛、奥山 勇治、酒井 剛

    日本セラミックス協会2018年年会  (東北大学)  2018年03月  -  2018年03月    日本セラミックス協会

  • 低価数チタン塩を出発原料とする酸化チタン-酸化スズ複合酸化物担体の合成

    松永 直樹、鶴丸 智博、奥山 勇治、酒井 剛

    平成29年度日本セラミックス協会九州支部秋季合同研究発表会  (北九州国際会議場)  2017年11月  -  2017年11月    日本セラミックス協会九州支部

  • Ln0.9Sr0.1InO3-δ (Ln = La,Nd,Sm,Gd)におけるプロトン·デューテロン同位体効果

    加藤省吾、松永 直樹、酒井 剛、奥山 勇治

    2017年電気化学秋季大会  (長崎大学)  2017年09月  -  2017年09月    電気化学会

  • 燃料電池用電極触媒の担体利用を目指した酸化チタン-酸化スズ複合酸化物の合成と電気化学特性

    松永 直樹、鶴丸 智博、奥山 勇治、酒井 剛

    2017年電気化学秋季大会  (長崎大学)  2017年09月  -  2017年09月    電気化学会

  • 白金担持チタンスズ複合酸化物電極触媒の開発

    酒井 剛  [招待有り]

    日本セラミックス協会第51回基礎科学部会セミナー  (北九州国際会議場)  2017年07月  -  2017年07月    日本セラミックス協会

全件表示 >>