酒井 正博 (サカイ マサヒロ)

SAKAI Masahiro

写真a

所属

農学部 応用生物科学科 食品機能化学講座

職名

教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 農学博士 ( 1992年2月   東京大学 )

  • 農学修士 ( 1983年3月   宮崎大学 )

  • 農学士 ( 1981年3月   宮崎大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 水圏生産科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Deficiency of interleukin-17 receptor A1 induces microbiota disruption in the intestine of Japanese medaka, Oryzias latipes

    Okamura Y., Kinoshita M., Kono T., Sakai M., Hikima J.i.

    Comparative Biochemistry and Physiology - Part D: Genomics and Proteomics   40   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Comparative Biochemistry and Physiology - Part D: Genomics and Proteomics  

    The mutual relationship between the intestinal immune system and the gut microbiota has received a great deal of attention. In mammals, interleukin-17A and F (IL-17A/F) are inflammatory cytokines and key regulators of the gut microbiota. However, in teleosts, the function of IL-17A/F in controlling the gut microbiota is poorly understood. We attempted to elucidate the importance of teleost IL-17 signaling in controlling gut microbiota. We previously established a knockout (KO) of IL-17 receptor A (RA) 1, a receptor for IL-17A/F, in the Japanese medaka (Oryzias latipes) using the CRISPR-Cas9 system and performed 16S rRNA-based metagenomic analyses using the anterior and posterior sections of the intestinal tract. The number of observed OTUs in the anterior intestine was significantly decreased in IL-17RA1 KO medaka compared to that in the wild-type (WT). Furthermore, β-diversity analysis (weighted UniFrac) revealed considerably different bacterial composition in the anterior intestine of IL-17RA1 KO compared to WT, with similar findings in α-diversity. Notably, the pathogen Plesiomonas shigelloides was significantly increased in the posterior intestine of IL-17RA1 KO medaka. These findings indicate that signaling via IL-17RA1 is required to maintain a healthy gut microbiota in teleosts and mammals. The involvement of IL-17RA1 in controlling the gut microbiota has been demonstrated, resulting in microbiome dysbiosis in IL-17RA1 KO medaka.

    DOI: 10.1016/j.cbd.2021.100885

    Scopus

  • Identification of two interleukin 17 receptor C (IL-17RC) genes and their binding activities to three IL-17A/F ligands in the Japanese medaka, Oryzias latipes

    Harada N., Okamura Y., Kono T., Sakai M., Hikima J.i.

    Developmental and Comparative Immunology   124   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Developmental and Comparative Immunology  

    In mammals, interleukin (IL)-17 receptor C (IL-17RC) and IL-17RA mediate IL-17A and IL-17F signaling to produce mucin, antimicrobial peptides, and maintain healthy intestinal flora. However, IL-17RC signaling in fish remains unclear. In this study, three il17rc transcripts (il17rca1, il17rca2, and il17rcb) from the Japanese medaka (Oryzias latipes) were cloned; il17rca1 and il17rca2 mRNAs were alternatively spliced from il17rca pre-mRNA as transcript variants. The il17rca and il17rcb genes were located on chromosomes 7 and 5, respectively. Teleost clades containing medaka il17rca and il17rcb clustered separately from the tetrapod clade. In adult tissues, il17rca1 expression was significantly higher than il17rca2 and il17rcb. Conversely, il17rcb expression was significantly higher in embryos and larvae. These expression patterns changed following infection with Edwardsiella piscicida and Aeromonas hydrophila. Furthermore, an immunoprecipitation assay using recombinant IL-17RCs and rIL-17A/Fs suggested that, in teleosts, three ligands could function in signaling through two IL-17RCs.

    DOI: 10.1016/j.dci.2021.104179

    Scopus

  • A defective interleukin-17 receptor A1 caused weight loss and intestinal metabolism-related gene downregulation in Japanese medaka, Oryzias latipes 査読あり

    Okamura Y., Miyanishi, H., Kinoshita, M., Kono, T., Sakai, M., Hikima, J.

    Scientific reports   11   12099   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Inflammasomes in teleosts: Structures and mechanisms that induce pyroptosis during bacterial infection

    Morimoto N., Kono T., Sakai M., Hikima J.I.

    International Journal of Molecular Sciences   22 ( 9 )   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Molecular Sciences  

    Pattern recognition receptors (PRRs) play a crucial role in inducing inflammatory responses; they recognize pathogen‐associated molecular patterns, damage‐associated molecular patterns, and environmental factors. Nucleotide‐binding oligomerization domain‐leucine‐rich repeat‐containing receptors (NLRs) are part of the PRR family; they form a large multiple‐protein complex called the inflammasome in the cytosol. In mammals, the inflammasome consists of an NLR, used as a sensor molecule, apoptosis‐associated speck‐like protein containing a caspase recruitment domain (ASC) as an adaptor protein, and pro‐caspase1 (Casp1). Inflammasome activation induces Casp1 activation, promoting the maturation of proinflammatory cytokines, such as interleukin (IL)‐1β and IL‐18, and the induction of inflammatory cell death called pyroptosis via gasdermin D cleavage in mammals. Inflammasome activation and pyroptosis in mammals play important roles in protecting the host from pathogen infection. Recently, numerous inflammasome-related genes in teleosts have been identified, and their conservation and/or differentiation between their expression in mammals and teleosts have also been elucidated. In this review, we summarize the current knowledge of the molecular structure and machinery of the inflammasomes and the ASC‐spec to induce pyroptosis; moreover, we explore the protective role of the inflammasome against pathogenic infection in teleosts.

    DOI: 10.3390/ijms22094389

    Scopus

  • Characterization and expression analysis of tandemly-replicated asc genes in the Japanese medaka, Oryzias latipes 査読あり

    Morimoto, N., Okamura, Y., Kono, T., Sakai, M., Hikima, J.

    Developmental and Comparative Immunology,   115   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Fish Diseases

    Yoshimizu, M., Kasai, H., Aoki, T., Ototake, M., Sakai, M., Jung, T-S., Hikima, J-I., Okamoto, N., Nakamoto, T., Ozaki, A., Yozawa, R.( 担当: 共著)

    Eolss Publishers Co.Ltd.  2016年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • 魚介類の微生物感染症の治療と予防

    青木宙、酒井正博他( 担当: 共著)

    恒星社厚生閣  2013年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • Recent Advances in Aquaculture Research

    Sahoo, P.K., Sakai, M.( 担当: 共著)

    Transworld Reserach Network  2010年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • Fish Defenses

    R. Savan, M. Sakai( 担当: 共著 ,  範囲: Immunoglobulin genes of teleosts: Discovery of new immunoglobulin class)

    Science Publishers  2009年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • 新魚病図鑑

    畑井喜司雄、小川和夫監修、酒井正博他67名( 担当: 共著 ,  範囲: サケ科魚類の連鎖球菌症)

    緑書房  2005年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • JABEEから見た農学教育

    酒井正博

    日本農学アカデミー   34   32 - 37   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • サイトカイン遺伝子を用いた魚類免疫賦活剤の効果判定

    酒井正博・高山博章・河野智哉

    養殖   ( 613 )   54 - 57   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:緑書房  

  • クルマエビの最新養殖技術 第1回 クルマエビ養殖を救うDNAワクチンの有効性

    酒井正博

    養殖   ( 588 )   60 - 64   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:緑書房  

  • 養殖魚をストレスから回復させるには

    酒井正博

    アクアネット   14 ( 8 )   18 - 21   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:アクアネット出版  

  • 多糖類

    酒井正博

    養殖   60 - 62   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:緑書房  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • mpeg1遺伝子を標的としたマクロファージ蛍光標識メダカの作出

    中神健太郎、木下政人、河野智也、酒井正博、引間順一

    第21回マリンバイオテクノロジー学会  (オンライン)  マリンバイオテクノロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月15日 - 2021年5月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  • メダカにおけるインターロイキン17受容体A1遺伝子を会した腸内最近豪制御機構の解明

    岡村洋、宮西弘、木下政人、河野智哉、酒井正博、引間順一

    令和3年度日本水産学会  (オンライン)  日本水産学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月26日 - 2021年3月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  • メダカ(Oryzias latipes)における2つのインターロイキン17受容体c遺伝子の同定およびリガントとの結合性解析

    原田7輝、岡村洋、河野智哉、酒井正博、引間順一

    令和3年度日本水産学会  (オンライン)  日本水産学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月26日 - 2021年3月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  • メダカにおける3つのasc遺伝子発現の同定および発現解析

    森本和月、岡村洋、河野智哉、酒井正博、引間順一

    令和3年度日本水産学会  (オンライン)  日本水産学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月26日 - 2021年3月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  • ゲノム編集メダカを用いた魚病細菌に対するカスパーぜ1の役割

    押川周平・森本和月・木下政人・河野智也・酒井正博。引間順一

    日本魚病学会春季大会  (オンライン)  日本魚病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月20日 - 2021年3月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • S.F. Snieszko Distinguished Service Award

    2019年5月   American Fisheries Society   The fish immunostimulants and the genome analyses of fish immune related genes(fish cytokines)

    masahiro sakai

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞  受賞国:アメリカ合衆国

  • 日本魚病学会賞

    2021年3月   日本魚病学会   魚類の自然免疫に関する一連の研究

    酒井正博

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞  受賞国:日本国

  • 日本水産学会賞

    2019年3月   日本水産学会   魚類とエビ類の自然免疫を利用した疾病防除法に関する研究

    酒井正博

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞  受賞国:日本国

  • Outstanding Contribution in Reviewing in Developmental and Comparative Immunology in 2018

    2019年1月   Elsevier Science  

    Masahiro SAKAI

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  • Outstanding Contribution in Reviewing in Fish and Shellfish Immunology in 2018

    2019年1月   Elsevier Science  

    Masahiro SAKAI

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:アメリカ合衆国

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 魚類腸管におけるインターロイキン17を介した抗菌分子産生機構の解明

    2019年04月 - 2021年03月

    科学研究費補助金  特別研究員奨励費

  • エビの細胞を培養する

    2017年04月 - 2021年03月

    科学研究費補助金 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • フグはなぜ病気に強いか?

    2017年04月 - 2020年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • フグのサイトカイン遺伝子の解析

    2014年04月 - 2015年03月

    科学研究費補助金  特別研究員推奨費

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    フグのサイトカイン遺伝子のクローニングと構造解析を行った。

  • 溺死の診断のためのLAMP方を用いた簡易迅速スクリーニング検査法の開発

    2013年04月 - 2015年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    溺死の診断において水由来の微生物を肺からLAMP法で検出する方法を確立する。

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ウイルスフリー・クルマエビ家系の作出に関する技術開発およびその普及

    2013年04月 - 2016年03月

    農林水産省  農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    ウイルスフリーのクルマエビを作製し、それを用いて種苗生産を行う基礎研究を行う。

  • 三陸産水産食品加工廃棄物の再利用促進技術の開発

    2012年11月 - 2013年10月

    文部科学省  JST 復興A-step 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    ホタテガイとアワビの加工廃液を免疫賦活剤として利用する。

  • クルマエビのワクチンのためのアジュバント開発

    2012年11月 - 2013年10月

    文部科学省  JST A-step 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    クルマエビのワクチンのアジュバントを開発する。

  • 最先端クルマエビ養殖技術の構築ー安全・安心・健康なエビを作る

    2010年04月 - 2011年03月

    農林水産省  生物系産業創出のための異分野融合研究支援事業 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    クルマエビを作る。

  • 最先端クルマエビ養殖技術の構築ー安全・安心・健康なエビを作る

    2009年04月 - 2010年03月

    農林水産省  生物系産業創出のための異分野融合研究支援事業 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    クルマエビを作る。

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 「本格焼酎の来た道 アジアの蒸留酒の歴史と文化」の書評

    2007年08月

     詳細を見る

    宮崎日日新聞に「本格焼酎の来た道 アジアの蒸留酒の歴史と文化」の書評を掲載した。

  • 「「地産地消」入門ー21世紀の食は宮崎から」の書評

    2005年02月

     詳細を見る

    宮崎日日新聞に「「地産地消」入門ー21世紀の食は宮崎から」の書評を掲載した。