松本 仁 (マツモト ジン)

MATSUMOTO Jin

写真a

所属

工学教育研究部 工学科応用物質化学プログラム担当

職名

准教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学) ( 2001年6月   北海道大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノテク・材料 / 機能物性化学

  • ナノテク・材料 / 高分子化学

  • ナノテク・材料 / 生体化学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Synthesis of Germacyclic Compounds by Cyclization and Annulation Reactions Utilizing In Situ Generated Germyl Cations 査読あり

    H. Arii, Y. Iwanami, D. Nakane, H. Masuda, J. Matsumoto, T. Shiragami, K. Mochida, T. Kawashima

    Organometallics 2021, 40, 1363−1370   40 ( 9 )   1363 - 1370   2021年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.organomet.1c00141

  • Photodynamic Therapy Using a Novel Phosphorus Tetraphenylporphyrin Induces an Anticancer Effect via Bax/Bcl-xL-related Mitochondrial Apoptosis in Biliary Cancer Cells 査読あり

    N. N. H. Mai, Y. Yamaguchi, N. Choijookhuu, J. Matsumoto, A. Nanashima, H. Takagi, K. Sato, L. Q. Tuan, Y. Hishikawa

    Acta Histochemica et Cytochemica   53 ( 4 )   61 - 72   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Photodynamic therapy (PDT) uses photosensitizer activation by light of a specific wavelength, and is a promising treatment for various cancers; however, the detailed mechanism of PDT remains unclear. Therefore, we investigated the anticancer effect of PDT using a novel phosphorus tetraphenylporphyrin (Ptpp) in combination with light emitting diodes (Ptpp-PDT) in the NOZ human biliary cancer cell line. Cell viability and apoptosis were examined by MTT assay, flow cytometry and TUNEL assay for 24 hr after Ptpp-PDT. MitoTracker and JC-1 were used as markers of mitochondrial localization and membrane potential. The levels of mitochondrial oxidative phosphorylation (OXPHOS) complexes, Bcl-2 family proteins, cytochrome c and cleaved caspase-3 were examined by western blotting and immunohistochemistry. The results revealed that Ptpp localized to mitochondria, and that Ptpp-PDT efficiently decreased cell viability in a dose- and time-dependent manner. JC-1 and OXPHOS complexes decreased, but apoptotic cells increased from 6 to 24 hr after Ptpp-PDT. A decrease in Bcl-xL and increases in Bax, cytochrome c and cleaved caspase-3 were also found from 6 to 24 hr after Ptpp-PDT. Based on these results, we conclude that Ptpp-PDT induces anticancer effects via the mitochondrial apoptotic pathway by altering the Bax/Bcl-xL ratio, and could be an effective treatment for human biliary cancer.

    DOI: 10.1267/ahc.20-00002

  • Synthesis and spectroscopic analysis of benzylidene imidazolone linked to P-porphyrins through axial ligand 査読あり

    Jin Matsumoto, Kyosuke Takemori, Jun Ishikawa, Yu Nabetani, Mamoru Fujitsuka, Tetsuro Majima, Masahide Yasuda

    Medicinal Chemistry Research   27 ( 11-12 )   2530 - 2537   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Tetraphenylporphyrinatophosphorus(V) complexes (1) comprising two axially linked benzylidene imidazolone (Biz) moieties, which are chromophores of the green fluorescent protein, were prepared. In medical applications such as photodynamic therapy, the P-porphyrin part (Ptp) is expected to sensitize to generate singlet oxygen, whereas the Biz units act as fluorescent probes. The fluorescence spectra of 1 were analyzed under the excitations of Biz at 370 nm. Fluorescence stemming from the excited states of Biz and Ptp was observed at 460 and 610 nm, respectively. The intramolecular quenching of Biz in the excited singlet state by Ptp occurred, resulting in weak fluorescence from Biz. The introduction of a cyano group in the Biz units of 1 enhanced their fluorescence quantum yield up to 7.7 × 10−4. The fluorescence spectra of 1 under the excitations of Ptp at 550 nm were extremely similar to that of a reference compound of P-porphyrin without the Biz chromophore, dimethoxy(tetraphenylporphyrinato)phosphorus chloride. The physicochemical parameters of Ptp remained unaltered following the introduction of Biz on the axial positions of P-porphyrin.

    DOI: 10.1007/s00044-018-2255-0

  • Optimal axial alkylpyridinium-bonded tricationic P-porphyrin in photodynamic inactivation of Escherichia coli 査読あり

    Jin Matsumoto, Masahide Yasuda

    Medicinal Chemistry Research   27 ( 5 )   1478 - 1484   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00044-018-2166-0

  • Preparation and characterization of poly-N-isopropylacrylamide cryogels containing liposomes and their adsorption properties of tryptophan

    Hiramure Y., Suga K., Umakoshi H., Matsumoto J., Shiomori K.

    Solvent Extraction Research and Development   25 ( 1 )   37 - 46   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Solvent Extraction Research and Development  

    © 2018 Japan Association of Solvent Extraction. All rights reserved. Poly-N-isopropylacrylamide (PNIPA) cryogels containing liposomes were prepared by polymerization under freezing conditions at sub-zero temperature. The cryogel had a highly porous structure with 20–30 μm pore size. The wall thickness of the cryogel containing liposomes was larger than that without liposomes. The structural change and aggregation of the liposomes in the cryogel were observed. The immobilization of the phospholipid and the dynamic property of the lipid membrane in the cryogel were confirmed. The cryogel containing liposomes showed chiral recognition ability toward L-Trp. The selective adsorption of L-Trp was achieved with the PNIPA cryogel containing liposome.

    DOI: 10.15261/serdj.25.37

    Scopus

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 理工系の大学基礎化学

    相樂隆正, 海野雅司, 長田聰史, 小野寺玄, 鷹野優, 坪田敏樹, 藤澤知績, 松本仁, 山田泰教( 担当: 分担執筆)

    培風館  2019年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • The Universe of Escherichia coli

    Jin Matsumoto, Tomoko Matsumoto, Kazuya Yasuda, Masahide Yasuda( 担当: 共著 ,  範囲: Photodynamic Inactivation of Escherichia coli with Cationic Porphyrin Sensitizers)

    IntechOpen  2018年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

    The activity of singlet-oxygen sensitizers for photodynamic inactivation (PDI) of microorganisms and photodynamic therapy of tumor cells has been evaluated using Escherichia coli, Saccharomyces cerevisiae, and human cancer cell lines. In this chapter, drug resistance of E. coli was examined based on the PDI activity of a variety of RPy-P-porphyrin sensitizers with different number of ionic valence and different hydrophobic characters. The PDI activities toward E. coli were evaluated using the minimum effective concentrations ([P]) of the porphyrin sensitizers. It was found that the [P] value for E. coli was larger than that for S. cerevisiae. E. coli has drug-resistance toward hydrophobic and mono-cationic porphyrins. However, E. coli has weak drug-resistance toward the porphyrins with both polycationic character and hydrophobicity. Since the outer membrane mainly consists of lipopolysaccharides and phospholipids that are negatively charged, cationic porphyrins are able to adsorb to the outer leaflet. Then the cationic porphyrins with hydrophobic character can interact with not only the outer leaflet but also inner leaflet of the outer membrane and the plasma membrane. Thus, porphyrins may be incorporated inside E. coli cells via the self-promoted uptake pathway. Moreover, polycationic porphyrins can interact with DNA and proteins by strong binding affinities.

  • Visible-Light Photocatalysis of Carbon-Based Materials

    Masahide Yasuda, Jin Matsumoto( 担当: 共著 ,  範囲: Silica Gel–Supported P-, Ge-, and Sb-Porphyrins for Visible Light Inactivation of Bacteria)

    IntechOpen  2018年4月 

     詳細を見る

    担当ページ:29-46   記述言語:英語 著書種別:学術書

    This chapter describes the photocatalysis action of (dihydroxo)tetraphenyl¬porphyrinato complexes of high valent P (V), Ge (IV), and Sb (V) (P(tpp), Ge(tpp), and Sb(tpp)). These chromophores were fixed onto silica gel (SiO2) through Coulombic forces and hydrogen bonding between axial hydroxo ligands and silanol groups to produce M(tpp)/SiO2 (M = P, Ge, and Sb) composites. M(tpp)/SiO2 were applied to the photo-inactivation of Escherichia coli and Legionella pneumophila. Moreover, M(tpp)/SiO2 was subjected to practical experiments for the photoinactivation of L. pneumophila naturally occurring in a cooling tower and a public fountain. It is noteworthy that 80 g of Sb(tpp)/SiO2 catalyst, containing 40 mg of Sb(tpp) maintained a concentration of Legionella species below 100 CFU/100 mL for 120 days in 13 m3 of water in a fountain under sunlight exposure. The photoinactivation proceeded through the liberation of M(tpp) from SiO2, adsorption of M(tpp) inside bacteria, and generation of reactive oxygen species, such as singlet oxygen, under visible light irradiation, thus resulting in bacteria apoptosis. Based on these results, we developed water-soluble porphyrins by modification of P and Sb porphyrin axial ligands to alkyloxo, alkylethylenedioxy, and alkylpyridinium groups. These water-soluble porphyrins were applied to the photodynamic inactivation of E. coli and Saccharomyces cerevisiae.

  • Organic Photochemistry and Photophysics Vol. 14

    M. Yasuda, T. Shiragami, J. Matsumoto, K. Shima, and T. Yamashita( 担当: 共著)

    CRC Press  2005年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

MISC 【 表示 / 非表示

  • 会合しないポルフィリン:高機能PDT増感剤開発の指針 査読あり

    松本 仁, 保田 昌秀

    有機合成化学協会誌   76 ( 6 )   566 - 574   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.5059/yukigoseikyokaishi.76.566

  • Water-Solubilization of P(V) and Sb(V) Porphyrin and Their Photobiological Application

    J. Matsumoto, T. Shiragami, K. Hirakawa, M. Yasuda

    International Journal of Photoenergy   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:Hindawi Publishing Corporation  

    DOI: 10.1155/2015/148964

  • ポルフィリン錯体の水溶化

    松本 仁, 白上 努, 保田昌秀

    光化学   45 ( 3 )   142 - 145   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:光化学協会  

  • 環境調和材料としての光機能性シリカゲルビーズ

    保田昌秀, 松本 仁, 白上 努

    有機合成化学協会誌   68 ( 3 )   38 - 46   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:有機合成化学協会  

  • 環状DNAを用いた人工光合成アンテナ系構築に向けて

    居城邦治, 松本 仁, 西田 仁, 森末光彦, 下村政嗣

    化学工業   53 ( 7 )   17 - 21   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:化学工業社  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 最新光感受性物質「軸配位子にグルコースを導入したリンポルフィリン錯体のPDT活性」

    松本 仁・茶木優吏・牧平広大・菱川善隆・今村直哉・甲斐健吾・七島篤志

    LASER WEEK IN TOKYO II(第31回日本光線力学学会学術講演会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月22日 - 2021年10月23日

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • グルコース連結法の最適化によるリンポルフィリン光増感剤の開発とPDT 活性

    茶木優吏・松本 仁・菱川善隆・今村直哉・甲斐健吾・七島篤志

    2021年光化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月14日 - 2021年9月16日

    会議種別:ポスター発表  

  • アミノ軸配位子を有するP-ポルフィリン錯体の酵母菌を用いた光線力学活性評価

    永野乃暉・茶木優吏・松本 仁・白上努

    2021年光化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月14日 - 2021年9月16日

    会議種別:ポスター発表  

  • pH 応答性を有するリンポルフィリン錯体による酵母菌の光不活性化

    松本 仁・茶木優吏・永野乃暉・白上 努

    第43回日本光医学・光生物学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月2日 - 2021年7月3日

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 新規ポルフィリン錯体化合物とLEDを用いた新たな光線力学的療法の胆管癌細胞株に対する有効性の検討

    今村直哉, 七島篤志, 甲斐健吾, 松本仁, 山口優也, 菱川善隆

    第107回日本消化器病学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月16日

    会議種別:口頭発表(一般)  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成29年度日本光医学・光生物学会奨励賞

    2017年7月   日本光医学・光生物学会  

    松本 仁

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 南九州化学工学懇話会技術賞

    2017年7月   南九州化学工学懇話会  

    笛田佳之, 保田昌秀, 松本 仁, 松本朋子

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • BCSJ Award

    2013年11月   日本化学会  

    J. Matsumoto, T. Kubo, T. Shinbara, N. Matsuda, T. Shiragami, M. Fujitsuka, T. Majima, M. Yasuda

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 菌体蓄積性を考慮した高原子価金属ポルフィリン類の合成と光殺菌作用の解明

    2016年04月 - 2019年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

     本研究の目的は、高原子価金属ポルフィリン錯体の軸配位子を修飾して両親媒性光増感剤(PS)を合成し、軸配位子の構造と菌体に対する集積性との関係を明らかにすることであり、菌体に対する光線力学療法(PDT)の活性の向上をはかるものである。
     まず、錯体の軸配位子の誘導化を行い、酵母菌あるいは大腸菌への取り込み特性を有するPSを合成する。また、生体組織と干渉しない可視光域に吸収を有する、水素化ポルフィリン錯体の合成方法を確立する。次に、合成したPSの菌体に対するPDT活性を調べる。さらに、合成したPSの、リポソームなどの菌体を単純化したモデル系との親和性を定量的に解析する方法を確立し、PDT活性との関連性を調べる。

  • ベシクルを一重項酸素発生場とする酸素化反応システムの構築

    2012年04月 - 2014年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    本研究の目的は、光増感剤である両親媒性ポルフィリン錯体(Pam)を吸着させたベシクル(ベシクル固定型増感剤)を、一重項酸素発生剤として位置づけ、光照射によって得られた一重項酸素による有機化合物の酸素化
    反応系を構築することである。
     まず、ベシクルとの相互作用が大きなPamとして、二つのアルキル基を有する錯体を新規に合成する。次に、ベシクル固定型増感剤の調製条件を明らかにし、Pamをベシクルへ吸着させた場合の一重項酸素の発生効率を調べる。また、生成した一重項酸素を効率よく利用する反応系を構築する。さらに、ベシクル固定型増感剤を用いた各種有機基質の酸素化反応を行うことで、本反応系の特徴を探る。

  • 胆管癌の局所制御増強と光線過敏軽減による普及を目指した次世代光線力学的療法の開発

    研究課題/領域番号:19K09178  2019年04月 - 2022年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 高原子価金属ポルフィリンおよび芳香族カルボン酸修飾金属酸化物触媒による物質変換

    2005年04月 - 2007年03月

    科学研究費補助金  特別推進研究

     詳細を見る

    高原子価金属ポルフィリンおよびそのカルボン酸誘導体からなる光触媒を用いた、物質変化に関する研究であった。