森下 和広 (モリシタ カズヒロ)

MORISHITA Kazuhiro

写真a

所属

フロンティア科学総合研究センター

職名

特別教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士 ( 1986年9月   東京大学 )

  • 学士 ( 1980年3月   筑波大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 血液、腫瘍内科学

  • ライフサイエンス / 病態医化学

  • ライフサイエンス / 医化学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • TAS-116 (pimitespib), a heat shock protein 90 inhibitor, shows efficacy in preclinical models of adult T-cell leukemia.

    Ikebe E, Shimosaki S, Hasegawa H, Iha H, Tsukamoto Y, Wang Y, Sasaki D, Imaizumi Y, Miyazaki Y, Yanagihara K, Hamaguchi I, Morishita K

    Cancer science   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.15204

    PubMed

  • ASKA technology-based pull-down method reveals a suppressive effect of ASK1 on the inflammatory NOD-RIPK2 pathway in brown adipocytes.

    Takayanagi S, Watanabe K, Maruyama T, Ogawa M, Morishita K, Soga M, Hatta T, Natsume T, Hirano T, Kagechika H, Hattori K, Naguro I, Ichijo H

    Scientific reports   11 ( 1 )   22009   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-01123-7

    PubMed

  • Expression of cell adhesion molecule 1 in human and murine endometrial glandular cells and its increase during the proliferative phase by estrogen and cell density.

    Kimura R, Otani T, Shiraishi N, Hagiyama M, Yoneshige A, Wada A, Kajiyama H, Takeuchi F, Mizuguchi N, Morishita K, Ito A

    Life sciences   283   119854   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lfs.2021.119854

    PubMed

  • Cells recognize osmotic stress through liquid-liquid phase separation lubricated with poly(ADP-ribose).

    Watanabe K, Morishita K, Zhou X, Shiizaki S, Uchiyama Y, Koike M, Naguro I, Ichijo H

    Nature communications   12 ( 1 )   1353   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41467-021-21614-5

    PubMed

  • The role of CD28 in adult T-cell leukaemia/lymphoma.

    Nakahata S, Morishita K

    British journal of haematology   192 ( 2 )   235 - 236   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/bjh.17214

    PubMed

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

MISC 【 表示 / 非表示

  • ウイルス感染、ゲノム異常と白血病発症機構

    森下 和広

    宮崎医学会誌   29 ( 1 )   1 - 7   2005年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • The role of CD28 in adult T-cell leukaemia/lymphoma

    Nakahata S., Morishita K.

    British Journal of Haematology   192 ( 2 )   235 - 236   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:British Journal of Haematology  

    DOI: 10.1111/bjh.17214

    Scopus

    PubMed

  • Corrigendum to “Development of a complete human IgG monoclonal antibody to transferrin receptor 1 targeted for adult T-cell leukemia/lymphomaˮ [Biochem. Biophys. Res. Commun. 485 (1) 2017 144–151] (Biochemical and Biophysical Research Communications (2017) 485(1) (144–151), (S0006291X17303078), (10.1016/j.bbrc.2017.02.039))

    Shimosaki S., Nakahata S., Ichikawa T., Kitanaka A., Kameda T., Hidaka T., Kubuki Y., Kurosawa G., Zhang L., Sudo Y., Shimoda K., Morishita K.

    Biochemical and Biophysical Research Communications   530 ( 2 )   486   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:Biochemical and Biophysical Research Communications  

    The authors regret that the day of antibody injection for NOG mice subcutaneously transplanted with MT-2 or HH must be corrected from “every 3 days” to “every 3–4 days” in the part of “Supplementary materials and methods”. The authors also regret that the day of antibody injection for NOG mice subcutaneously transplanted with MT-2 or Su9T01 must be corrected from “two times per week for 2 weeks” to “on day 1, day 8, day 15, and day 21 post-cell injection” in the part of “Supplementary materials and methods”. These corrections do not change the conclusions of this manuscript. The authors would like to apologise for any inconvenience caused. The correct supplementary materials and methods. In vivo experimental therapy studies. Six-to eight-week-old female NOD/Shi-scid/IL-2Rγnull (NOG) or SCID mice (CLEA Japan) were given a single subcutaneous injection of 2 × 106 MT-2 cells or HH cells suspended in 100 μL PBS-diluted matrigel (BD Biosciences). When the average tumor size reached an approximate volume of 100–150 mm3, the mice were intravenously injected with either PBS, mogamulizumab, or the JST-TFR09 antibody at doses of 10 mg/kg (MT-2) or 20 mg/kg (HH) body weight 4–5 times every 3–4 days. The length and width of each tumor were measured with a caliper twice per week and used to calculate the tumor volume (length × width2/2). For Kaplan-Meier survival analysis of mice, NOG mice were given a single intravenous injection of 1 × 106 MT-2 or Su9T01 cells suspended in 100 μL PBS. At 3 days after inoculation of ATLL cells, the mice were intravenously injected with either PBS or JST-TFR09 on day 1, day 8, day 15, and day 21 post-cell injection. The survival rate of mice was observed for a period of 100 days. The authors would like to apologise for any inconvenience caused.

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2020.05.147

    Scopus

    PubMed

  • Erratum: Downregulation of ZEB1 and overexpression of Smad7 contribute to resistance to TGF-β1-mediated growth suppression in adult T-cell leukemia/lymphoma (Oncogene (2010) 29 (4157-4169) (DOI:10.1038/onc.2010.172))

    Nakahata S., Yamazaki S., Nakauchi H., Morishita K.

    Oncogene   30 ( 25 )   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:Oncogene  

    DOI: 10.1038/onc.2011.158

    Scopus

  • TCF8遺伝子発現抑制による成人T細胞白血病・リンパ腫発症機構.

    中畑新吾, 森下和広

    血液フロンティア   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:中外医学社  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Short-form of BCL11B contributes to tumorigenesis of adult T-cell leukemia/lymphoma 国際会議

    Happy Kurnia Permatasari, Shingo Nakahata, Tomonaga Ichikawa, Yusuke Saito, Tomohiko Taki, Masafumi Taniwaki, Kazuhiro Morishita

    18th International Conference on Human Retrovirology HTLV and Related Viruses  

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月7日 - 2017年3月10日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Targeting PRMT5 inhibits HSP90A function with induction of tumor-specific apoptosis in NDRG2low ATL and other cancers 国際会議

    Tomonaga Ichikawa, Obeid Shanab, Shingo Nakahata, Hidekatsu Iha, Masaya Ono, Ayako Nakatake, Kuniyo Sakamoto, Kazuhiro Morishita

    18th International Conference on Human Retrovirology HTLV and Related Viruses  

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月7日 - 2017年3月10日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Development of complete human IgG antibody against human TFR1 for novel therapy of ATLL 国際会議

    Shingo Nakahata, Tomonaga Ichikawa, Shunsuke Shimosaki, Gene Kurosawa, Lilin Zhang, Yukio Sudo, Kazuya Shimoda, Kazuhiro Morishita

    18th International Conference on Human Retrovirology HTLV and Related Viruses  

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月7日 - 2017年3月10日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Short-form of BCL11B contributes to leukemogenesis of adult T-cell leukemia/lymphoma

    Happy Kurnia Permatasari, Shingo Nakahata, Tomonaga Ichikawa, Yusuke Saito, Tomohiko Taki, Masafumi Taniwaki, Kazuhiro Morishita

    第21回造血器腫瘍研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月17日 - 2017年2月18日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • アルギニンメチル化転移酵素PRMT5によるHSP90A活性調節機構

    市川朝永、Obeid Shanab、中畑新吾、伊波英克、尾野雅哉、中武彩子、阪本訓代、森下和広

    第21回造血器腫瘍研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月17日 - 2017年2月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第50回宮崎日日新聞賞・科学賞

    2014年10月   宮日新聞  

    森下和広

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

  • 日本白血病基金セゾン賞

    2006年4月   日本白血病基金  

    森下和広

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ペルーにおけるHTLV-1重複感染による高頻度ATL発症の比較ゲノム解析

    2017年 - 2020年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 癌化につながるNDRG2欠損に依存した新規ストレス情報伝達制御異常

    2017年 - 2020年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 腸内細菌叢異常に伴うHTLV-1キャリアからATL発症過程解析

    2015年04月 - 2017年03月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    腸内細菌叢異常に伴うHTLV-1キャリアからATL発症過程解析

  • HTLV-1感染防御機構破綻に伴うATL発症機構の解明

    2013年04月 - 2016年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    HTLV-1感染防御機構破綻に伴うATL発症機構の解明

  • HTLV-1感染防御機構破綻に伴うATL発症機構の解明

    2013年04月 - 2016年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    成人T細胞白血病(ATL)はHTLV-1 母子感染から長期の感染期を経て、約5%が発症する予後不良の
    悪性疾患である。我々はこれまで急性型ATL のゲノム解析を通じて、ATL 発症因子群を複数同定、各種
    遺伝子改変マウスを作製しATL 発症機構の解明を行ってきた。その結果、HTLV-1 感染リンパ球内での
    慢性炎症に伴う生体防御機構の破綻、ストレス応答破綻がゲノム・エピゲノム異常蓄積に重要な因子
    の一つであり、その結果としてPI3K/AKT、NF-KB 等複数の情報伝達系恒常的活性化を引きおこし、ATL
    発症に繋がる結果を得ている。そこでこの研究ではHTLV-1 感染に伴うATL という日本特有な白血病の
    段階的発症機構の解明を行い、この研究を基礎にしてウイルス感染に依存したがんの段階的発症機構
    の解明につなげ、さらにはATL 発症前診断法の開発、ATL 発症予防法開発の基礎研究とする。

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 抗トランスフェリン抗体を用いたATLの新規治療法の開発

    2015年04月 - 2021年03月

    厚生労働省  AMED 創薬 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    高トランスフェリン抗体を用いたATLの新規治療法の開発

  • 皮膚病変を伴うATLの発症機構並びに予後判定マーカーの探索

    2015年04月 - 2016年03月

    国立研究開発法人国立がん研究センター  革新的がん医療実用化研究事業 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    インドレントATLに対する標準治療法を確立するに際して、その治療反応性と予後に関するバイオマーカーの同定を試みるために、バンキングした患者の末梢血検体と皮膚検体を用いて附随研究を行う。

  • 臨床試験、発症ハイリスクコホート、ゲノム解析を統合したアプローチによるATL標準治療法の開発

    2014年08月 - 2015年03月

    独立行政法人国立がん研究センター  平成26年度厚生労働科学研究委託事業:革新的がん医療実用化研究事業 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    臨床試験、発症ハイリスクコホート、ゲノム解析を統合したアプローチによるATL標準治療法の開発

  • 抗トランスフェリンレセプター抗体を用いた、成人T細胞白血病(ATL)に対する抗体治療薬の開発

    2012年10月 - 2014年03月

    文部科学省  JST A-STEP 創薬 ハイリスク挑戦タイプ 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    抗トランスフェリンレセプター抗体を用いた、成人T細胞白血病(ATL)に対する抗体治療薬の臨床に向けた基礎開発を行う。

  • ヒトATL及びHBZトランスジェニックATL発症マウスを用いた比較ゲノム解析によるATL発症機構の解析

    2011年10月 - 2014年03月

    厚生労働省  科学技術振興調整費 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    ATLゲノム解析とHTLV-1HBZTGマウスでのTリンパ腫とのゲノム異常を比較することで、ATLの段階的発症機構を明らかにする。

全件表示 >>

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • タンパク質不規則領域を標的としたPRMT5/MEP50結合阻害剤の開発

    2020年04月 - 2021年03月

    国立大学法人九州大学 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  受託研究区分:一般受託研究

  • 高機能性ヒト抗体開発シーズ

    2017年10月

    一般受託研究 

    森下和広、黒澤仁

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  受託研究区分:一般受託研究

  • 白血病に対する抗体を用いた医薬品の開発に関する研究

    2017年04月 - 2018年03月

    一般受託研究 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  受託研究区分:一般受託研究

  • 地域と拠点を結び世界へ展開する新規医療技術の研究・開発シーズA99  細胞接着因子抗体を用いた難治性白血病の新規治療法開発

    2017年04月 - 2018年03月

    一般受託研究 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  受託研究区分:一般受託研究

  • 成人T細胞白血病(ATL)患者由来検体におけるTFR/IgSF4/CCR4の発現確認

    2016年11月 - 2017年03月

    一般受託研究 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  受託研究区分:一般受託研究

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 血液がんの診断と治療に関する研究

    2020年04月 - 2021年03月

    株式会社ペルセウスプロテオミクス 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  共同研究区分:国内共同研究

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 腫瘍生化学分野研究奨学金(令和2年度高松宮妃癌研究基金研究助成金)

    寄附者名称:(公財)高松宮妃癌研究基金 2021年01月

  • 機能制御学講座腫瘍生化学分野研究奨学金(ふくおかフィナンシャルグループ企業育成財団)

     2019年01月

  • 機能制御学講座腫瘍生化学分野研究奨学金(九州・大学発ベンチャー振興シーズ育成資金)

     2018年12月

 

授業 【 表示 / 非表示

  • 環境と生命

     詳細を見る

    科目区分:共通教育科目