大平 明夫 (オオヒラ アキオ)

OHIRA Akio

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

自然地理学,第四紀学

ホームページ

http://www.cc.miyazaki-u.ac.jp/geogr/

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1989年03月

    新潟大学   教育学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1994年03月

    名古屋大学  文学研究科  史学地理学専攻  博士課程  単位取得満期退学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 名古屋大学 -  博士(地理学)

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 地理学

  • 地域研究

  • 自然災害科学・防災学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 沖積平野の発達史の解明に関する研究

    科学研究費補助金  

    研究期間: 1997年04月  -  継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • Holocene sea-level changes and evolution of the lower Tokachi River Plain, Hokkaido, Japan

    Akio OHIRA

    Supplimenti di Geographia Fisica e Dinamica Quaternaria   ( 6 ) 71 - 84   2003年12月  [査読有り]

    単著

  • Sediment and carbon storages in the Yahagi River Delta during the Holocene, central Japan

    Kiyoshi Fujimoto, Kumiko Kawase, Shigehiro Ishizuka,Koji Shichi, Akio Ohira, Hiroshi Adachi

    Quaternary Science Reviews   28 ( 15-16 ) 1472 - 1480   2009年07月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Late Holocene mangrove habitat and evolution of coastal lowlands in southern Thailand

    Umitsu, M., Pramojanee, P., Ohira, A.,Kawase, K.

    TROPICS   8 ( 3 ) 317 - 328   1999年05月  [査読有り]

    共著

  • 鹿児島湾北岸,国分平野における過去15,000年間の海面変化と古環境変化

    森脇広, 松島義章, 杉原重夫, 大平明夫, 大木公彦, 増淵和夫, 弦巻賢介

    第四紀研究   54 ( 4 ) 149 - 171   2015年08月  [査読有り]

    共著

  • 宮崎県における自然災害に関連する石碑の特徴と防災上の意義-GISを利用した防災教材の一例:自然災害石碑マップ-

    大平明夫

    宮崎大学教育学部紀要   ( 92 ) 58 - 78   2019年03月

    単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 西都市史通史編上巻

    西都市史編さん委員会・西都市史編集委員会編 分担執筆者:大平明夫他 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 第1章 自然 3-17p.(全648p.) )

    発行:西都市 印刷:(株)ぎょうせい  2016年03月

  • 全世界の河川事典

    高橋祐,寶馨,野々村邦夫,春山成子 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 宮崎県の湖沼:大幡池・日向椎葉湖・御池・六観音御池 )

    丸善  2013年07月

  • 帝国書院地理シリーズ 日本のすがた 1 九州地方

    大平明夫, 大呂興平, 宮内久光, 宮町良広 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 火山が多い九州地方, 火山ととともに生きる鹿児島, 普賢岳の噴火とその後の復興, 干潟やリアス式海岸に特徴がある海岸と離島, 温暖な九州地方の気候 )

    帝国書院  2013年03月 ISBN: 9784807160884

     概要を見る

    第15回学校図書館出版賞受賞

  • 日本の地誌 10 九州・沖縄

    野澤秀樹・堂前亮平・手塚章 (担当: 編者 , 担当範囲: 宮崎県 県の特性 自然環境、宮崎平野の自然」「宮崎県の観光、都城盆地の自然と農業、霧島火山とその周辺の自然・観光・土地利用 )

    朝倉書店  2012年11月

  • 新修名古屋市史第8巻自然編

    新修名古屋市史編集委員会編共著者:海津正倫,大平明夫,岡田篤正,竹村恵二,鈴木康弘,森勇一ほか10名 (担当: 共著 , 担当範囲: 第1章第1節名古屋の地形環境第2章第1節自然環境を知る手がかり第4章第2節戦後の自然環境第4章第4節大気と水と地盤の変化 全414頁(分担)20~30頁104~113頁252~258頁316~321頁 )

    発行:名古屋市印刷 製本:(株)ぎょうせい  1997年03月

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Holocene sea-level change and evolution of the lower Tokachi River plain

    大平 明夫

    Fifth International Conference on Geomorphology ICG Tokyo 2001 (Chuo University) Abstracts of conference papers     174 - 174   2001年08月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • Holocene palaeo- environmetal changes and fluvial activity in the Sarobetsu lowland, Hokkaido, northern Japan

    大平 明夫

    Third International Meeting on Global Continental Palaeo-hydrology GLOCOPH '98(Rissho University)Abstracts of conferencepapers     65 - 65   1998年09月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • Landforms and mangrove habitat in the Satun Lowland, southern Thailand

    海津正倫,Pramojanee, P., 大平明夫,川瀬久美子,方晶

    名古屋大学加速器質量分析計業績報告書(Ⅸ)   ( 9 ) 155 - 159   1998年03月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • Environmental change in Tai-Hu and the surrounding area, China -special relation to the giant buried valley

    Endo, K., Taba, Y., Katase, T., Xu, S.,Yu,L., Zheng, X., Umitsu, M., Ohira, A.,Hamada, S., Tsuboi, T., Kondo, M.,Watanuki, T., Murata, T., Mitsugi, F.

    Nihon University International Symposium: LIFE AND THE EARTH IN THE 21ST CENTURY, 『Global Environment and Human Livings』 ( 日本大学 )    1996年03月

    総説・解説(その他)   共著

  • 1:50,000土地分類基本調査図(土地履歴調査)宮崎 人工地形及び自然地形分類

    国土交通省国土政策局,熊木 洋太,大平 明夫

    国土交通省国土政策局土地分類基本調査(土地履歴調査) ( 国土交通省国土政策局 )    2017年03月

    総説・解説(その他)   共著

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 地理情報システム(GIS)を使用した防災教材の作成

    その他 

    2017年04月
    -
    継続中
     

  • 沖積層中の津波堆積物に関する研究

    書評 

    2003年04月
    -
    継続中
     

     概要を見る

    日向灘沿岸低地における沖積層に含まれる津波堆積物に関する研究

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 南九州における過去3万年間のテフラ編年と古環境編年の高精度化に関する研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2012年04月  -  2015年03月  代表者:  森脇広

  • テフラと古環境の編年に基づく巨大カルデラの第四紀地殻変動の解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2009年04月  -  2012年03月  代表者:  森脇広

  • 九州東部太平洋岸における先史・歴史時代の津波の復元とその応用

    若手研究(B)

    研究期間:  2004年04月  -  2007年03月  代表者:  大平明夫

     概要を見る

    九州東部太平洋岸における先史・歴史時代の津波を堆積物の記録から検討した。

  • 沖積平野の形成過程における土砂貯留機能および炭素蓄積機能の評価

    基盤研究(A)

    研究期間:  2001年04月  -  2004年03月  代表者:  藤本潔

  • 日向灘沿岸地域における完新世の海岸環境の変遷に関する研究

    奨励研究

    研究期間:  2000年04月  -  2002年03月  代表者:  大平明夫

     概要を見る

    宮崎県北部における完新世の海岸環境の変遷について検討した。

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 北海道北部の海岸低地における完新世後半の古環境変化に関する研究

    提供機関:  東京地学協会  東京地学協会助成研究

    研究期間: 1995年04月  -  1996年03月 

     概要を見る

    北海道北部の海岸低地における完新世後半の古環境変化について検討した。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Holocene uplift of Aira caldera, southern Japan

    MORIWAKI, H., OKUNO, M., NAGASAKO, T., OHIRA, A., MATSUSHIMA, Y.

    International Association of Volcanology and Chemistry of the Earth's Interior 2013 Kagoshima  (Kagoshima)  2013年07月  -  2013年07月    International Association of Volcanology and Chemistry of the Earth's Interior

  • 鹿児島湾沿岸における最終融氷期以降の海面変化と海岸環境変化

    森脇広・杉原重夫・松島義章・増淵和夫・弦巻賢介・大平明夫

    日本地理学会春季学術大会  (首都大学東京)  2012年03月  -  2012年03月    日本地理学会

  • 鹿児島湾奥沿岸における完新世海成段丘と地殻変動

    森脇 広・奥野 充・大平明夫・松島義章

    日本地理学会秋季学術大会  (大分大学)  2011年09月  -  2011年09月    (財)日本地理学会

  • Sea-level and palaeoenvironmental changes on the northern coast of Kagoshima Bay, south Japan in the past 15,000 years

    MORIWAKI, H., MATSUSHIMA, Y., SUGIHARA, S, OHIRA, A.

    XVIII. INQUA Congress  (Bern)  2011年07月  -  2011年07月    INQUA

  • 鹿児島湾北岸,国分平野における過去1万5000年間の海面変化と古環境変化

    森脇広・杉原重夫・松島義章・増淵和夫・弦巻賢介・大平明夫

    日本地理学会春季学術大会  (明治大学)  2011年03月  -  2011年03月    (社)日本地理学会

全件表示 >>