中原 桂子 (ナカハラ ケイコ)

NAKAHARA Keiko

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

ライフサイエンス領域

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

0985-58-7581

研究室FAX

0985-58-7265

ホームページ

http://www.agr.miyazaki-u.ac.jp/~vet/vet_phy/index.htm

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1997年03月

    宮崎大学   農学部   獣医学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1999年03月

    宮崎大学  連合獣医学研究科  博士課程  中退

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 -  農学博士

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 獣医学

  • 神経生理学・神経科学一般

  • 生理学一般

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 衛生管理者(第1種)

  • 獣医師

  • 臨床検査技師

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 肥満発症機構について

    ライフサイエンス基礎科学研究  

    研究期間: 2005年04月  -  継続中

  • 神経ペプチドの生理作用の探索

    ライフサイエンス基礎科学研究  

    研究期間: 2001年04月  -  継続中

  • 摂食機構の解析

    ライフサイエンス基礎科学研究  

    研究期間: 2001年04月  -  継続中

  • 鳥類および哺乳類の生体時計機構の解析

    ライフサイエンス基礎科学研究  

    研究期間: 1997年04月  -  継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • Comparison of glucose tolerance between wild-type mice and mice with double knockout of neuromedin U and neuromedin S.

    Ensho T, Maruyama K, Qattali AW, Yasuda M, Uemura R, Murakami N, Nakahara K

    The Journal of veterinary medical science     2019年07月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    <p>Recently, it has been proposed that neuromedin U (NMU) is "decretin", which suppresses insulin secretion from the pancreas <i>in vitro</i>. Here we examined the possible involvement of NMU in insulin secretion <i>in vivo</i> by comparing the plasma glucose and insulin levels of wild-type mice with those of double knockout (D-KO) of the NMU and neuromedin S (NMS) genes, as NMS binds to the neuromedin U receptor. If NMU is, in fact, "decretin", which inhibits insulin secretion from the pancreas, then NMU-deficient mice might result in higher plasma insulin levels than is the case in wild-type mice, or injection of NMU lead to suppression of plasma insulin level. In this study, we found that the fasting plasma level of insulin was not increased in D-KO mice. Glucose tolerance tests revealed no significant difference in plasma insulin levels between wild-type mice and D-KO mice under non-fasting conditions. After peripheral injection of NMU, plasma glucose and insulin levels did not show any significant changes in either wild-type or D-KO mice. Glucose tolerance testing after 3 weeks of high fat feeding revealed no significant difference in plasma insulin levels during 60 min after glucose injection between wild-type and D-KO mice. These results suggest that even if NMU is a decretin candidate, its physiological involvement in suppression of insulin secretion may be very minor <i>in vivo</i>.</p>

    DOI PubMed CiNii

  • Immunostimulatory effect of kumquat (: Fortunella crassifolia) and its constituents, β-cryptoxanthin and R -limonene

    Terao R., Murata A., Sugamoto K., Watanabe T., Nagahama K., Nakahara K., Kondo T., Murakami N., Fukui K., Hattori H., Eto N.

    Food and Function   10 ( 1 ) 38 - 48   2019年01月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    © 2019 The Royal Society of Chemistry. Natural killer (NK) cells play an important role in the innate immune system by eliminating cancer cells and virally infected cells. Aging and stress attenuate the activity of NK cells, thereby increasing the risk of various diseases. In this study, we demonstrated that the consumption of a small number of kumquats in an in vivo model could suppress elevated plasma corticosterone levels and reverse the decline in splenocyte cytotoxicity caused by restraint stress. Our results identified β-cryptoxanthin (BCX) as an active kumquat component with a NK cell-activating effect, and R-limonene as an active component that mediates not only the anti-stress effect but also NK cell activation by oral administration. In addition, BCX, R-limonene, and R-limonene metabolites were found to enhance IFN-γ production in KHYG-1 cells, a human NK cell line. Collectively, our findings suggest that the ingestion of a few kumquats on a daily basis can help to combat stress and enhance NK cell activity.

    DOI PubMed

  • Purification and identification of native forms of goldfish neuromedin U from brain and gut

    Maruyama K., Kaiya H., Miyazato M., Murakami N., Nakahara K., Matsuda K.

    Biochemical and Biophysical Research Communications     2019年  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    © 2019 Neuromedin U (NMU) plays important roles in energy homeostasis in rodents and birds. Previously, our group has isolated four cDNAs encoding precursor proteins of NMU from the goldfish brain and gut, and it was assumed that these transcripts are produced by alternative splicing. We have also demonstrated that intracerebroventricular (ICV) injection of putative goldfish NMU inhibits food intake. However, as native goldfish NMU has not yet been identified, we attempted to purify it from goldfish brain and gut extracts. To assess NMU activity in fractions at each purification step, we measured changes in the intracellular concentrations of Ca2+ using HEK293 cells expressing goldfish NMU-R1 or -R2. We isolated a 25-amino-acid peptide (NMU-25) from the brain and gut and found that its primary structure is similar to that of mammalian NMU. Another 21-amino-acid peptide (NMU-21) was purified from the brain, but not from the gut. Furthermore, a 9-amino-acid peptide (NMU-9) identical to the C-terminus of NMU-21 and -25 was also isolated from the brain and gut. Treatment with synthetic NMU-9, -21 and -25 dose-dependently increased the intracellular Ca2+ concentration in mammalian cells expressing goldfish NMU-R1 and -R2. We also examined the effect of ICV-administered synthetic goldfish NMUs on goldfish food intake. NMU-25 inhibited food intake to the same degree as NMU-21. However, the inhibitory effect of NMU-9 was slightly weaker than those of NMU-21 and -25. These results indicate that several molecular forms of NMU exist in the goldfish brain and gut, and that all of them play physiological roles via NMU-R1 and NMU-R2.

    DOI PubMed

  • Identification of neuromedin U precursor-related peptide and its possible role in the regulation of prolactin release

    Mori K., Ida T., Fudetani M., Mori M., Kaiya H., Hino J., Nakahara K., Murakami N., Miyazato M., Kangawa K.

    Scientific Reports   7 ( 1 ) 10468   2017年12月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    © 2017 The Author(s). The discovery of neuropeptides provides insights into the regulation of physiological processes. The precursor for the neuropeptide neuromedin U contains multiple consensus sequences for proteolytic processing, suggesting that this precursor might generate additional peptides. We performed immunoaffinity chromatography of rat brain extracts and consequently identified such a product, which we designated neuromedin U precursor-related peptide (NURP). In rat brain, NURP was present as two mature peptides of 33 and 36 residues. Radioimmunoassays revealed NURP immunoreactivity in the pituitary, small intestine, and brain of rats, with the most intense reactivity in the pituitary. Intracerebroventricular administration of NURP to both male and female rats robustly increased plasma concentrations of prolactin but not of other anterior pituitary hormones. In contrast, NURP failed to stimulate prolactin release from dispersed anterior pituitary cells. Pretreatment of rats with bromocriptine, a dopamine receptor agonist, blocked the prolactin-releasing activity of NURP. In rats pretreated with the antagonist sulpiride, intracerebroventricular administration of NURP did not increase plasma prolactin concentrations more than administration of saline. These data suggest that NURP induces prolactin release by acting indirectly on the pituitary; dopamine from the hypothalamus, which inhibits prolactin release, may be involved in this activity of NURP.

    DOI PubMed

  • Neuromedin U precursor-related peptide (NURP) exerts neuromedin U-like sympathetic nerve action in the rat

    Ensho T., Maruyama K., Mori K., Miyazato M., Kangawa K., Nakahara K., Murakami N.

    Biochemical and Biophysical Research Communications   492 ( 3 ) 412 - 418   2017年10月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    © 2017 It has been suggested that novel peptide that is produced from the neuromedin U (NMU) precursor may exist, as this precursor contains multiple consensus sequences for proteolytic processing. Recently, we identified two mature novel peptides comprising 33 and 36 residues in the rat brain, which were designated neuromedin U precursor-related peptide (NURP) 33 and 36. In the present study, we compared the roles of NURP33 and 36 with that of NMU, as neither activates the NMU receptors. Immunoreactivity for NMU and NURPs was widely present in the central nervous system and showed a similar distribution. Intracerebroventricular (icv) injection of NURP33 in rats increased locomotor activity, energy expenditure, heart rate and back surface temperature (BS-T), similarly to NMU or NURP36. NMU treatment reduced food intake, but NURP33 did not. Pretreatment with the β3 blocker, SR59230A, and the cyclooxygenase blocker, indomethacin, inhibited the NURP33- or NMU-induced increase of BS-T. In addition, icv injection of NURP33 or NMU increased the expression of mRNA for cyclooxygenase 2 in the hypothalamus and for uncoupling protein 1 in the brown adipose tissue. These results suggest that although NURP33 and 36 do not activate the NMU receptors, they might exert NMU-like sympathetic nerve action in the brain.

    DOI PubMed

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 大・中・小動物実験プロトコール

    村上昇、中原桂子 (担当: 単著 , 担当範囲: 4-5体表体温の測定、4-6マウスラットの脳室内投与法 )

    宮崎南印刷  2016年03月

  • Functions of Dietary Valine, as Revealed by Dietary Valine-Deficiency

    Kenji Nagao, Makoto Bannai, Keiko Nakahara, Noboru Murakami (担当: 共著 )

    Nova Science Publishers, Inc. NY  2012年04月

  • 食餌誘導性肥満モデル(Diet Induced Obesity Model)

    村上 昇、中原桂子、寒川賢治 (担当: 共著 )

    日本臨床社  2010年03月

  • 生理学実習マニュアル

    中原桂子 (担当: 共著 )

    学窓社  2009年10月

  • キーワード精神 第4版

    村上 昇, 中原桂子 (担当: 共著 )

    先端医学社  2007年08月

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 泌乳期における摂食調節機構に関する研究

    鈴木喜博、中原桂子、延生卓也、大亀吏江子、東 善行、黒瀬陽平、村上昇

    栄養生理研究会報 ( 栄養生理研究会 )  59 ( 1 )   2015年11月

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)   共著

  • 泌乳期における摂食調節機構に関する研究

    鈴木喜博、中原桂子、延生卓也、大亀吏江子、東善行

    栄養生理研究会報 ( 栄養生理研究会 )  52 ( 8 )   2014年04月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • グレリンとニューロメジンUの生理作用の探索と臨床応用への可能性について

    中原桂子、村上 昇, 寒川賢治

    獣医生化学雑誌 ( 獣医生化学会 )  41   31 - 50   2005年02月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 単一松果体細胞の培養法

    村上 昇、中原桂子

    生体の科学 ( 医学書院 )    1999年08月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 加療中動物の回復促進治療剤

    特願 PCT/JP2011/050579  特開 WO2011087102 A1 

    村上 昇、中原桂子、寒川賢治、林友二郎

  • 高体温治療剤

    特願 特願2011-47025 

    村上 昇、中原桂子、寒川賢治、林友二郎

  • 加療中動物の回復促進治療剤

    特願 特願2010-6557 

    村上 昇、中原桂子、寒川賢治、林友二郎

  • Mouse developing visceral fat type obesity and diabetes

    特願 11/889:593  特開 US 7,847,147B2  特許 US 7,847,147B2

    村上 昇、中原桂子

  • デスアシルグレリン及びその誘導体を有効成分とする脊髄神経修復促進治療剤

    特願 PCT/JP2007/065769 

    村上 昇、中原桂子、佐藤美穂、寒川賢治、林友二郎

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 2014年アスビオファーム共同研究報告書

    その他 

    2014年03月
    -
    2015年03月
     

     概要を見る

    2014年アスビオファーム共同研究報告書を作成した

  • 2014年味の素株式会社共同研究成果報告書

    その他 

    2013年12月
    -
    2014年12月
     

     概要を見る

    企業との共同研究の成果の報告書を作成した

  • 2013年味の素株式会社共同研究成果報告書

    その他 

    2013年12月
     
     
     

     概要を見る

    企業との共同研究の成果の報告書を作成した

  • 2013年アスビオファーム共同研究報告書

    その他 

    2013年04月
    -
    2014年03月
     

     概要を見る

    2013年アスビオファーム共同研究報告書を作成した

  • 平成25年度循環器病研究開発事業報告

    その他 

    2013年04月
    -
    2014年03月
     

     概要を見る

    遺伝子改変動物による循環器病の分子機序解明を目指した基礎研究(分担者)の報告書を作成した

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第150日本獣医学会生理生化学分科会奨励賞

    2010年09月30日   日本獣医学会生理生化学分科会  

    受賞者:  髙田志織、中原桂子、長尾健児、坂内 慎、高橋迪雄、村上 昇

  • 宮崎大学女性研究者奨励賞

    2010年03月25日   宮崎大学  

    受賞者:  中原桂子

  • 第147回日本獣医学会ベストポスター賞 

    2009年04月02日   日本獣医学会  

    受賞者:  飯村 真、中原桂子、村上 昇

  • 第146回日本獣医学会生理生化学分科会奨励賞

    2008年09月30日   日本獣医学会生理生化学分科会  

    受賞者:  坂本拓己、中原桂子、村上 昇

  • 第144回日本獣医学会生理生化学分科会奨励賞

    2007年10月01日   日本獣医学会生理生化学分科会  

    受賞者:  福元 香、中原桂子、村上 昇

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • GhrelinとNeuromedinU/Sの自律神経様作用の解明と応用への研究

    基盤研究(B)

    研究期間:  2016年04月  -  2020年03月 

     概要を見る

    GhrelinとNeuromedinU/Sの自律神経様作用の解明と応用への研究

  • 哺乳動物の中枢・末梢クロストークによる摂食と走行運動調節機構の分子生物学的研究

    基盤研究(B)

    研究期間:  2014年04月  -  2018年03月 

     概要を見る

    哺乳動物の中枢・末梢クロストークによる摂食と走行運動調節機構の分子生物学的研究

  • 新たに発見したデスアシルグレリンの体温低下作用に寄る家畜の熱中症防止の検証

    研究期間:  2014年04月  -  2016年03月 

     概要を見る

    新規に確立した遺伝的内臓脂肪蓄積型肥満マウスの特徴と原因遺伝子の解析

  • 新たに発見したNU1およびNU2ペプチドの生理機能の探索

    研究期間:  2012年04月  -  2014年03月 

     概要を見る

    新規に確立した遺伝的内臓脂肪蓄積型肥満マウスの特徴と原因遺伝子の解析

  • グレリン、ニューロメジンU/Sによる自律神経様作用の生理・生化学的解析

    基盤研究(B)

    研究期間:  2011年04月  -  2015年03月 

     概要を見る

    グレリン、ニューロメジンU/Sによる自律神経様作用の生理・生化学的解析

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 動物の摂食・代謝・運動に関わる恒常性調節機構と調節物質

    提供機関:  農林水産省  農林水産省競争的資金(イノベーション創出基礎的研究推進事業)

    研究期間: 2008年04月  -  2013年03月 

     概要を見る

    動物の摂食・代謝・運動に関わる恒常性調節機構と調節物質

  • 新規ペプチドの基礎的研究および家畜や伴侶動物への応用的研究

    提供機関:  地方自治体  宮崎県戦略的地域科学技術振興事業

    研究期間: 2005年04月  -  2008年03月 

     概要を見る

    新規ペプチドの基礎的研究および家畜や伴侶動物への応用的研究

  • 新規摂食調節物質グレリンとニューロメジンUの基礎的、応用的研究

    提供機関:  農林水産省  農林水産省競争的資金(農業生物系特定産業技術研究推進機構NARO)

    研究期間: 2003年10月  -  2008年03月 

     概要を見る

    新規摂食調節物質グレリンとニューロメジンUの基礎的、応用的研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • プロラクチン分泌調節の謎

    村上 昇、中原桂子  [招待有り]

    平成30年度 日本獣医師会獣医学術会年次大会  (神奈川)  2019年02月  -  2019年02月    日本獣医師会

  • ニューロメジンU(NMU)、ニューロメジンS(NMS)とそれらの前駆体関連ペプチドのプロラクチン分泌への影響について

    村上 昇、森 健二、宮里幹也、中原桂子、大谷 瞳、筆谷麻未、井田隆徳、丸山圭介  [招待有り]

    第91回日本内分泌学会  (宮崎)  2018年10月  -  2018年10月    日本内分泌学会

  • 金柑とその活性成分によるNK細胞賦活効果

    寺尾薪菜、村田彬、菅本和寛、渡辺明子、永濱清子、中原桂子、近藤知巳、村上 昇、福井敬一、服部秀美、江藤 望  [招待有り]

    平成30年度日本栄養・食糧学会九州沖縄支部大会  (宮崎)  2018年10月  -  2018年10月    日本栄養・食糧学会九州沖縄支部

  • 走行運動と摂食機構の相反的制御機構について

    村上 昇、中原桂子  [招待有り]

    平成30年度日本栄養・食糧学会九州沖縄支部大会  (宮崎)  2018年10月  -  2018年10月    日本栄養・食糧学会九州沖縄支部大会(

  • ニューロメジンU前駆体中の新規ペプチド(NURP)のプロラクチン分泌促進作用機序

    筆谷麻未、中原桂子、森 健二、宮里幹也、寒川賢治、村上 昇

    第160回日本獣医学会  (鹿児島)  2017年09月  -  2017年09月    日本獣医学会

全件表示 >>

 

提供可能な資源 【 表示 / 非表示

  • 自然発症肥満マウス

    肥満と糖尿病を発症するマウス