NAKAYAMA Hayashi

写真a

Affiliation

Graduate School of Education Major in Development of the teaching Proffession

Title

Professor

External Link

Degree 【 display / non-display

  • PhD ( 1998.11   Hiroshima University )

  • 教育学修士 ( 1982.3   広島大学 )

Research Areas 【 display / non-display

  • Humanities & Social Sciences / Science education

  • Humanities & Social Sciences / Education on school subjects and primary/secondary education

  • Humanities & Social Sciences / Educational technology

 

Papers 【 display / non-display

  • プログラミング体験を組み込んだ小学校理科学習に関する一考察―防災の視点を取り入れた文脈的問題解決の実践を通して―

    小牧 啓介, 中山 迅

    日本科学教育学会研究会研究報告   36 ( 3 )   73 - 76   2022.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)  

    DOI: https://doi.org/10.14935/jsser.36.3_73

  • アーギュメントを利用したオーセンティックな学びにつながる理科授業

    永友周作・河内埜雄也・瀬戸口和昭・柚木和浩・兼重幸弘・中嶋康尋・弓削聖一・矢野義人・野添 生・中山 迅

    宮崎大学教育文化学部附属教育協働開発センター研究紀要   ( 30 )   39 - 46   2022.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  • 学生による模擬授業における教師役・児童役・参観者役としての学び

    中山 迅,山本智一

    日本理科教育学会全国大会発表論文集   19   186 - 186   2021.9

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)  

  • TIMSS2011において女子中学生が高い能力を発揮する理科課題

    中山 迅,鸙野 彩花

    日本理科教育学会九州支部大会 発表論文集   47   30 - 31   2021.5

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)  

  • Characteristics of Japanese Children's Biological Concepts in Written Answers to TIMSS Science Item: From the analysis of the answers to the TIMSS2007 / 2011/2015 "Tree and Lion" task

    NAKAYAMA Hayashi, MATSUMOTO Kiyona, SARUTA Yuji

    Proceedings of the Annual Meeting of Japan Society for Science Education   45 ( 0 )   567 - 570   2021

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)   Publisher:Japan Society for Science Education  

    DOI: 10.14935/jssep.45.0_567

    CiNii Research

display all >>

Books 【 display / non-display

  • 思考と表現を一体化させる理科授業—自らの言葉で問いを設定して結論を導く子どもを育てる—

    猿田祐嗣,中山 迅( Role: Joint editor ,  編集及び第1部第2賞)

    東洋館出版社  2011.11 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • 小中一貫・連携教育—義務教育の創造を求めて—

    河原国男・中山 迅・助川晃洋(編著),( Role: Joint editor)

    東洋館出版社  2014.3 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • 子どもの学びを探る-知の表現を基底にした 教室をめざして-

    中山迅・稲垣成哲監訳共訳者:稲垣成哲・片平克弘・森藤義孝・松原道男・溝辺和成・小倉康・隅田学( Role: Joint translator ,  全239頁(分担) pp. 3-5「監訳者まえがき」, p. 10「謝辞」, pp.. 11-13「序文」, pp. 11-31第1章「理解の本質」, pp. 174-192第9章「単語連想法」)

    東洋館出版社(東京)  1995.2 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • 理科授業で使う思考と表現の道具-概念地図法と描画法入門

    中山迅・稲垣成哲編著共著者:稲垣成哲・山口悦司他17名( Role: Joint editor ,  全160頁(分担) 全体の編集及び pp.15-24)

    明治図書(東京)  1998.7 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • インターネットがひらく総合的学習

    中山迅、奥村高明、根井誠編著共著者:奥村高明、根井誠、他35名( Role: Joint editor ,  全167頁(分担) 編集及びpp. 3-4「はじめに」, pp. 14-24「第1章「インターネットなんて学校教育に使えない?」」, pp. 91-99「座談会・・・全国発芽マップの成果と課題」)

    明治図書(東京)  1999.3 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

display all >>

MISC 【 display / non-display

  • 理科授業における文脈設定と科学的な問題解決・探究との両立

    中山 迅

    理科の教育   71 ( 834 )   9 - 11   2021.12

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • 「理科教育の課題:「科学とは」授業で欠落

    中山 迅

    日本経済新聞   2021.10

     More details

    Authorship:Lead author   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • 理科におけるパフォーマンス評価

    中山 迅

    指導と評価   65 ( 9 )   18 - 21   2019.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)   Publisher:図書文化  

  • [キーワードから振り返る「平成」の理科教育<教員養成の変化,入試,センター試験>教員養成の変化・入試・センター試験について Invited

    中山 迅

    理科の教育   ( 2019年5月 )   38 - 39   2019.5

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)   Publisher:東洋館出版社  

  • 理科学習における「問い」〜編集委員から〜 Invited

    中山 迅

    小学校理科通信 Copa   ( 2019年春号 )   5   2019.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)   Publisher:教育出版  

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • プログラミング体験を組み込んだ小学校理科学習に関する一考察―防災の視点を取り入れた文脈的問題解決の実践を通して―

    小牧 啓介, 中山 迅

    2021年度 第3回日本科学教育学会研究会  2022.3.6 

     More details

    Event date: 2022.3.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • TIMSS2015及びTIMSS2019の正答率において男子が女子の正答率を上回る問題の特徴- 女子が男子の正答率を上回る問題と比較して-

    鸙野彩花,中山 迅

    令和3(2021)年度第2回日本科学教育学会研究会  2021.12.19 

     More details

    Event date: 2021.12.19

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

  • 教育データの利活用の動向と社会への展開 Invited

    中山 迅

    日本学術会議 公開シンポジウム「教育データの利活用の動向と社会への展開」  2021.10.17 

     More details

    Event date: 2021.10.17

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 学生による模擬授業における教師役・児童役・参観者役としての学び

    中山 迅,山本智一

    日本理科教育学会第71回全国大会  2021.9.20 

     More details

    Event date: 2021.9.19 - 2021.9.20

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • TIMSS2015及びTIMSS2019の正答率において女子が男子の正答率を上回る問題の特徴

    鸙野彩花,中山 迅

    日本科学教育学会第45回年会  2021.8.22 

     More details

    Event date: 2021.8.20 - 2021.8.22

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

display all >>

Awards 【 display / non-display

  • 日本科学教育学会 大塚賞

    2021.8   一般社団法人日本科学教育学会  

    中山 迅

     More details

    Award type:International academic award (Japan or overseas) 

  • 日本理科教育学会 学会賞

    2016.8   一般社団法人日本理科教育学会  

    中山 迅

     More details

    Award type:Award from Japanese society, conference, symposium, etc.  Country:Japan

  • 日本科学教育学会論文賞

    2007.8   日本科学教育学会  

    中山 迅,山口悦司,里岡亜紀

     More details

    Award type:Award from Japanese society, conference, symposium, etc.  Country:Japan

  • 日本教育心理学会 優秀論文賞

    2011.7   日本教育心理学会  

    坂本美紀,山口悦司,稲垣成哲,大島純,大島律子,村山功,中山迅,竹中真希子,山本智一,藤本雅司,橘早苗

     More details

    Award type:Honored in official journal of a scientific society, scientific journal  Country:Japan

  • 日本科学教育学会年会発表賞

    2007.8   日本科学教育学会  

    小倉康,松原静朗,猿田祐嗣,鳩貝太郎, 三宅征夫, 吉田淳, 熊野善介,人見久城,隅田学,中山迅,益子典文

     More details

    Award type:Award from Japanese society, conference, symposium, etc.  Country:Japan

display all >>

Grant-in-Aid for Scientific Research 【 display / non-display

  • 個人・地域・地球及びSTEAM文脈の問いが駆動する課題解決型授業モデルのデザイン

    Grant number:20H01747  2020.04 - 2023.03

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    主体的かつ協働的に生きる人間の育成のため,協働的問題解決能力や,認識論的知識に基づく科学的探究能力の育成が急務とされるが,大規模調査の結果は,日本の児童・生徒にはそれらの力が十分ではないことを示している。これに対応して,科学教育カリキュラムを従来の内容ベースから,次世代型の文脈を埋め込んだ内容構成に組み替えるため,従来の文脈にSTEAMを加えた文脈的な「問い」の系列による教育内容の再構成と,それに基づく授業実践モデルを開発する。これにより,科学的内容が具体的な文脈に埋め込まれ,エンジニアリングの観点を取り入れた授業が実現され,科学的知識を具体的場面で有効に活用して行動する人間の育成につながる。

  • 中山間地域の持続的発展を実現する「風景をつくるごはん」概念による教育の可能性探索

    Grant number:18K18659  2018 - 2021.03

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  • ジェンダー・地域格差に配慮したSTEAM才能教育カリキュラムに関する学術的研究

    2017.04 - 2021.03

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    すべての子どもたちの能力を伸ばし,可能性を開花させるための科学教育の質的・システム的転換を目指し,特にジェンダーや地域格差に配慮した科学才能教育カリキュラムを提案することを目指す。

  • コンテキストベースの問いが駆動する21世紀型科学教育実践モデルのデザイン

    2016.04 - 2021.03

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    コンテキストベースの問いが駆動する21世紀型科学教育実践モデルを開発する。

  • ミュージアム展示を科学的思考力育成の場に変える発問群による教育実践モデルの開発

    2013.04 - 2016.03

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    科学技術基本計画におけるサイエンスコミュニケーション推進の方向性の中で,近年では科学系博物館の充実の重要性の認識も高まっている。ところが,それを学校の理科授業と連動させる方法論が我が国では確立されていない。本計画は,生涯学習施設としての科学系博物館と学校教育施設としての学校教育に共通する目的を与え,協働によって両者の一層の充実させるモデルの提示を目指す。具体的には,英国のテート美術館の「鑑賞教育」理論を取り入れて,科学系博物館の展示と学校理科の教育課程をつなぐ「発問の系列」を創出して実験的に運用する。
    科学系博物館の学芸スタッフと学校の理科教師が協働する学校理科における科学系博物館利用の教育実践モデルは,多くの市民が科学を共有する社会と学校のためのカリキュラムモデルとなる。

display all >>