長田 尚一郎 (ナガタ シヨウイチロウ)

NAGATA Shoichiro

写真a

職名

助教

研究分野・キーワード

磁気工学

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1985年03月

    大分大学   工学部   電子工学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1987年03月

    大分大学  工学研究科  電気工学専攻  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学 -  博士(工学)

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 衛生管理者(第1種)

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Eddy Current Non-Destructive Evaluation for Healthiness of Radiator Structure

    S. Nagata, M. Numachi

    IEEE Transactions on Magnetics   53 ( 11 )   2017年11月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Quantitative defect detection insid metal specimens by means of MFES

    S. Nagata, T. Sakamoto, M. Enokizono

    Materials Science Forum   792   104 - 109   2014年08月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • 「第22回 MAGDA コンファレンス」特集号によせて

    長田 尚一郎

    日本AEM学会誌   22 ( 2 )   2014年

    単著

    DOI CiNii

  • Development of Transducer for Measuring Two-dimensional Local Vector Magnetic Properties

    S. Nagata, K. Hirukawa, and M. Enokizono

    日本磁気学会論文誌   37   242 - 245   2013年05月  [査読有り]

    共著

  • Development of miniature transducer-type magnetic property measurement for motor stator core

    S. Nagata, Y. Kido, M. Enokizono

    Materials Science Forum   721   127 - 131   2012年06月  [査読有り]

    共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 功労賞

    2013年12月02日   日本 AEM 学会  

    受賞者:  長田尚一郎

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 電動機製造支援システムのためのベクトル磁気特性プローブ

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

     概要を見る

    変圧器や電動機など電気機器の鉄心材料であるケイ素鋼板の部分的な二次元ベクトル磁気特性を 計測する「ベクトル磁気特性測定プローブ」を開発する。電気機器の鉄損を低減させるには製造工程でモータのケイ素鋼板に加わる磁気特性劣化を回復/改善させる製造支援システムの導入が有意義である。そのためには内部応力により部分的に生じる磁気特性の劣化を正確に測定できる計測方法が必要である

  • 回転磁束型磁気センサーによる金属の劣化診断法の開発

    奨励研究A

    研究期間:  1994年04月  -  1995年03月 

     概要を見る

    回転磁束型磁気センサーによる金属の劣化診断法の開発

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Thinning Defect Evaluation and an Application for Thickness Measurement by Eddy Current Testing

    Shoichiro Nagata, Masaaki Numachi

    InterMag 2018  (Marina Bay Sands, Singapore)  2018年04月  -  2018年04月    IEEE

     概要を見る

    This paper presents an eddy current non-destructive evaluation system that can detect the thinning defect on metal specimen. We studied on an ECT for radiator structures, and concluded that in case of such structures, it is comparably easy for detecting thinning defect[1]. We clarified that the frequency characteristics of signal of single fin showed valid dependencies on the radiator thicknesses. Finally, we determined a thinning detection method using an additional metal bar, instead of single fin. A small piece of metal bar, namely called marker, is mounted opposite side of specimen, then ECT evaluations are performed. Multi-Frequency Excitation and Spectrogram Method (MFES) is used.

  • 渦電流非破壊検査の減肉診断と厚み計測への応用

    長田 尚一郎、沼地 真明

    第29回 「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム (SEAD29)  (倉敷アイビースクエア、岡山県倉敷市)  2017年05月  -  2017年05月    日本 AEM 学会

  • Eddy Current Non-destructive Evaluation for Healthiness of Radiator Structure

    S. Nagata, M. Numachi

    Intermag 2017 Dublin  (Dublin, Ireland)  2017年04月  -  2017年04月    The IEEE Magnetics Society

  • 減肉試料の渦電流非破壊検査の開発

    沼地真明, 長田尚一郎

    MAGDA コンファレンス in 桐生  (群馬県桐生市 桐生市市民文化会館)  2016年11月  -  2016年11月    日本 AEM 学会

  • 放熱フィン構造の健全性評価のための渦電流非破壊検査

    長田尚一郎, 沼地真明

    「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム  (東京都 慶應義塾大学 日吉キャンパス)  2016年05月  -  2016年05月    日本機械学会

全件表示 >>