鉄村 琢哉 (テツムラ タクヤ)

TETSUMURA Takuya

写真a

職名

教授

研究室住所

宮崎市学園木花台西1丁目1番地宮崎大学農学部

研究分野・キーワード

ライフサイエンス領域

研究室電話

0985-58-7162

研究室FAX

0985-58-7162

ホームページ

http://www.cc.miyazaki-u.ac.jp/pomology/

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1988年03月

    京都大学   農学部   農学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1988年04月
    -
    1990年03月

    京都大学  農学研究科  農学専攻  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都大学 -  博士(農学)

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 園芸科学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 果樹のマイクロプロパゲーション

    経常研究  

    研究期間: 1998年04月  -  継続中

  • 果樹の挿し木繁殖

    経常研究  

    研究期間: 1996年04月  -  継続中

  • カキのわい性台木に関する研究

    経常研究  

    研究期間: 1990年04月  -  継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • Superiority of root-sucker over hedge as stock plant in cutting propagation of persimmon (Diospyros kaki)(共著)

    T. Tetsumura, T. Takita, S. Ishimura, C. Honsho, Y. KIjidani

    Acta Horticulturae   1299   19 - 32   2020年12月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    Last few years, some dwarfing rootstocks for persimmon were registered as cultivars in Japan, and the methods of clonal propagation have been investigated. We showed that the softwood cuttings collected from root-suckers, not from hedges, was one of key success factors. However, we recently found that cuttings from hedge of ‘MKR1’, a dwarfing rootstock, rooted as well as those from root-sucker, although the rooting speed was slower. Hence, the objective of this study was to confirm abilities of cuttings from root-suckers to root and survive, compared with those from hedges. ‘MKR1’, ‘Maekawajiro’, Rootstock-a and Rootstock-c were used in this study. All ‘MKR1’ cuttings from root-suckers rooted, and two thirds of cuttings from ‘MKR1’ hedges rooted. Overwintering survival rates of the rooted cuttings from ‘MKR1’ root-suckers and hedges were 89 and 50%, respectively. As a result, one year after cutting, 89% cuttings from the root-suckers survived, whereas 33% from hedges did. The rooting percentages of Rootstock-a cuttings from root-suckers and hedges were 96 and 82%, respectively. However, overwintering survival rates of the rooted cuttings were 80 and 28%, respectively. Cuttings from hedges of Rootstock-c and ‘Maekawajiro’ did not root at all, although those from root-suckers rooted to some extent. Hence, we recommend to use root-sucker rather than hedge for mother stock of persimmon cuttings, because the rootstocks can be efficiently obtained by using cuttings from root-suckers.

    DOI

  • Effect of the CLE14 polypeptide on GLABRA2 homolog gene expression in rice and tomato roots(共著)

    Naoto Hayashi, Natthanon Rongkavilit, Takuya Tetsumura, Shinichiro Sawa, Takuji Wada, and Rumi Tominaga-Wada

    Plant Biotechnology   36 ( 3 ) 205 - 208   2019年10月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Isolation and characterization of S-RNase-homologous genes expressed in styles in ‘Hyuganatsu’ (Citrus tamurana hort. ex Tanaka)(共著)

    Chitose Honsho, Shingo Umegatani, Dai Furukawa, Shuji Ishimura, Takuya Tetsumura

    The Horticulture Journal   88 ( 3 ) 338 - 346   2019年07月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Effects of chilling accumulation on DORMANCY-ASSOCIATED MADS-box gene expressions in ‘Satonishiki’ sweet cherry(共著)

    K. Masuda, H. Yamane, K. Ikeda, T. Tetsumura, M. Takai, R. Tao

    Acta Horticulturae   1235   421 - 426   2019年02月  [査読有り]

    共著

  • Tree growth, flowering, and fruiting of ‘Taishuu’ Japanese persimmon grafted onto dwarfing rootstocks(共著)

    Takuya Tetsumura, Shuji Ishimura, Takashi Takita, Shogo Funaki, Hiroharu Uchida, Takumi Hidaka, Syo Haranoushiro, Yasuhiro Udatsu, Mitsuhiro Matsuo, Chitose Honsho, Hideaki Asakuma

    The Horticulture Journal   88 ( 1 ) 57 - 66   2019年01月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    The field performance of ‘Taishuu’ Japanese persimmon trees grafted onto clonally propagated rootstocks, ‘MKR1’ and FDR-1, was investigated over 10 years. These results were then compared with the performance of trees grafted onto seedling stocks (S) and own-rooted trees derived from micropropagation (O-R). ‘Taishuu’ scions on ‘MKR1’ and FDR-1 rootstocks grew well initially, but stopped growing taller at seven years after planting. Total shoot length and trunk cross-sectional area (TCSA) increased annually in all trees, while the differences in these parameters between S or O-R trees and ‘MKR1’ or FDR-1 trees continued to increase year after year. The graft union of trees grafted onto ‘MKR1’ swelled, and FDR-1 rootstock overgrew the ‘Taishuu’ scion. Trees grafted onto both ‘MKR1’ and FDR-1 bore female and male flowers soon after planting, and the percentage of shoots with female flowers relative to total shoots in ‘MKR1’- and FDR-1-grafted trees were higher than that in S and O-R trees each year. The numbers of shoots with male flowers varied from year to year in ‘MKR1’- and FDR-1-grafted trees, but did not appear to increase yearly. ‘MKR1’- and FDR-1-grafted trees almost completely inhibited secondary shoot occurrence in mid-June, and the percentages of dropped fruitlets between the middle of May and the end of July were almost always lower for ‘MKR1’- and FDR-1-grafted trees than for S and O-R trees. Cumulative yield efficiencies according to TCSA, canopy area, and canopy volume showed that ‘MKR1’- and FDR-1-grafted trees produced fruit most efficiently, although the total yields per tree were not significantly different between rootstocks. There were no significant differences in fruit quality between the rootstocks, except for the number of seeds. Concentric cracking and stylar-end cracking occurred in fruit of trees grafted onto ‘MKR1’ and FDR-1. However, the differences between the rootstock types were not large. The harvest date of ‘MKR1’ trees was significantly earlier than that of S and O-R trees. In conclusion, ‘MKR1’ and FDR-1 are both satisfactory dwarfing rootstocks for ‘Taishuu’, with high yield efficiency and inhibition of early fruit drop.

    DOI

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Biotechnology of Fruit and Nut Crops, 2nd Edition(共著)

    Qing-Lin Zhang, Takuya Tetsumura, Ryutaro Tao, Zheng-Rong Luo (担当: 分担執筆 , 担当範囲: Part of the chapter )

    CABI International  2020年02月 ISBN: 9781780648279

  • 果樹園芸学 (共著)

    米森敬三 他14名 (担当: 共著 , 担当範囲: 全224ページのうち61-75ページ(繁殖)を執筆 )

    株式会社 朝倉書店  2015年04月 ISBN: 9784254410372

  • 最新農業技術 果樹Vol.6 (共著)

    小池洋男ほか29名 (担当: 共著 , 担当範囲: 37-45ページ「挿し木によるカキわい性台木の繁殖,苗木供給」を執筆 )

    社団法人 農山漁村文化協会  2013年07月 ISBN: 9784540130670

  • 果実の事典 (共著)

    板井章浩 他39名 (担当: 共著 , 担当範囲: 全622ページのうち293-299ページ(スグリ類)を執筆 )

    株式会社 朝倉書店  2008年11月 ISBN: 9784254430950

  • Compendium of transgenic crop plants: Transgenic tropical and subtropical fruits and nuts.(共著)

    Takuya Tetsumura, Edgardo Giordani, Ryutaro Tao (担当: 分担執筆 , 担当範囲: Persimmon (Kaki) の章(全257ページ中の235-257ページ)のほぼ全ての執筆 )

    Blackwell Publishing  2008年10月 ISBN: 1-4051-6924-9

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Which is better for mother stock of leaf-bud cuttings of kaki (Diospyros kaki), root-sucker or hedge?

    T. Tetsumura, S. Ishimura, C. Honsho

    Combined Proceedings International Plant Propagators’ Society ( The International Plant Propagators’ Society )  67   371 - 376   2018年10月

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)   共著

  • カキの挿し木繁殖の改良

    鉄村琢哉

    果樹種苗 ( 一般社団法人 日本果樹種苗協会 )  ( 150 ) 10 - 13   2018年05月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

  • カキわい性台木「MKR1」が地上部の成長におよぼす影響

    鉄村琢哉

    果実日本 ( 日本園芸農業協同組合連合会 )  72 ( 11 ) 76 - 79   2017年11月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

     概要を見る

    カキわい性台木「MKR1」樹(「平核無」、「富有」、「太秋」)の成長について概説した。

  • Hardwood and softwood cutting propagation of MKR1, persimmon dwarfing rootstock.

    Z. Hejazi, S. Ishimura, C. Honsho, T. Tetsumura

    Combined Proceedings International Plant Propagators’ Society ( The International Plant Propagators’ Society )  66   97 - 111   2017年10月

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)   共著

  • Improvement in rooting of cuttings of FDR-1, a dwarfing rootstock for kaki.

    T. Tetsumura, S. Ishimura, C. Honsho, H. Chijiwa

    Combined Proceedings International Plant Propagators’ Society ( The International Plant Propagators’ Society )  65   113 - 115   2016年12月

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)   共著

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • MKR1 (果樹) (Diospyros L.)

    特願 25534  特開 25534  特許 23898

    鉄村琢哉

  • スノキ属植物の育苗方法

    特願 特願2007-061967  特許 特許第5177349号

    國武久登,鉄村琢哉,佐藤真希子

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 宮崎大学ハイステップ研究者

    2019年02月19日   宮崎大学   Auxin-dependent regulation of lateral root positioning in the basal meristem of Arabidopsis.  

    受賞者:  鉄村琢哉

  • 優秀論文賞(宮崎大学農学部論文表彰)

    2018年12月18日   宮崎大学農学部   Improved rooting of softwood cuttings of dwarfing rootstock for persimmon under fog irrigation.  

    受賞者:  鉄村琢哉

  • 園芸学会九州支部賞学術賞

    2014年09月04日   園芸学会九州支部  

    受賞者:  國武久登,本勝千歳,内田飛香,安部秋晴,鉄村琢哉

  • 園芸学会賞奨励賞

    2002年04月03日   園芸学会  

    受賞者:  鉄村琢哉

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • カキわい性台木MKR1に特異的にみられるサイトカイニンを介した成長制御機構の解明

    基盤研究(B)

    研究期間:  2015年04月  -  2019年03月 

     概要を見る

    研究代表者らが開発したわい性台木MKR1は樹をわい化させるだけでなく、早期着花性、果実高生産性、生理的落果防止など実際栽培に有益な形質を穂木品種に与えることがわかり、実用化へ向けた全国規模の連絡栽培試験が進められている。MKR1台木によるわい化の仕組みは、リンゴ等のわい性台木とは異なることを明らかにしたが、主原因は全く不明であり、今後、栽培指針を示し、新規わい性台木を効率的に育種するための指標や分子マーカー等を開発するためには、その主原因を明らかにしなければならない。最近、サイトカイニン含量を高めた形質転換果樹がわい化成長することが示されたが、MKR1台木樹はその形質転換体と非常に似た成長を示している。そこで本研究ではMKR1台木の成長制御機構を、サイトカイニンの分析や組換え体の作出、遺伝子発現等を通じて明らかにする。

  • ペプチドホルモンの実用化を目指した園芸科学的基礎研究

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

     概要を見る

    植物ペプチドホルモンに関する基礎的研究は、近年めざましい発展を遂げているものの、実用化を目指した本格的な実験はほとんど行われておらず、本研究はその実用化を最終目的としているものである。現在、確認されている15 以上の植物ペプチドホルモンの中から、我々がブドウ等の果樹において関連遺伝子の存在と試験管内処理効果を見いだしたCLE ペプチドを用い、園芸作物への分裂組織(メリステム)の形成制御機構を明らかにする。また、ペプチドホルモン研究の第一人者より最新情報を得ながら、気孔数を調節するストマジェンなどの新規ペプチドホルモンの外生処理や遺伝子の発現等の調査も進める。これらの実験の結果、実用化に結びつくようなデータが得られれば、実際に圃場における処理を試み、実用化に向けた展開を図る。

  • メリステム形成制御に関わるペプチドホルモンの園芸的利用の可能性を探る

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2012年04月  -  2015年03月 

     概要を見る

    植物ペプチドホルモンに関する基礎的研究は、近年めざましい発展を遂げているものの、実用化を目指した本格的な実験は行われておらず、本研究はその実用化を最終目的としているものである。発見されている15 以上の植物ペプチドホルモンの中から、分裂組織(メリステム)の形成制御に関わるものをピックアップし、外生処理による効果が安定して現れやすい組織培養系を利用した実験を中心に行う。一方、基礎データを得る目的でゲノム解読の終わっているブドウ培養個体に処理を行い、遺伝子の発現等を調査し、第一人者のアドバイスを受けながら実験を進め、実用化の手がかりを得る。

  • ギニアグラスを用いたアポスポリー性胚嚢始原生殖細胞出現メカニズムの分子的解析

    基盤研究(B)

    研究期間:  2011年04月  -  2015年03月 

     概要を見る

    ギニアグラスを用いたアポスポリー性胚嚢始原生殖細胞出現メカニズムの分子的解析を行う

  • 多着花をもたらすカキわい性台木の花芽制御システムの解明

    基盤研究(B)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月 

     概要を見る

    多着花をもたらすカキわい性台木の花芽制御システムを植物生理学的に解明する

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 家庭用果樹苗生産にも対応したカキわい性台木挿し木苗育成技術の開発

    提供機関:  農林水産省  平成21年度新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業

    研究期間: 2009年06月  -  2012年03月 

     概要を見る

    研究総括者の所有するわい性台木の挿し木繁殖を実用レベルで行う際の最適条件を明らかにする。また、接ぎ木苗育成方法の改善のため、各種台木に接ぎ木した苗を組織学的・生理学的に調査し、わい化の原因を明らかにする。さらに、台木のDNAマーカー判別法を台木部あるいは根からのサンプリングで行えるように開発する。一方、新たなわい性台木の探索やその繁殖方法の試験を行い、樹の大きさの異なる台木を供給できる体制を作る。

  • カキわい性台木のミクロ繁殖および挿し木繁殖に関する研究

    提供機関:  民間財団等  園芸振興松島財団 研究助成金

    研究期間: 2002年04月  -  2003年03月 

     概要を見る

    カキのわい性台木候補である‘伊豆’およびしだれ柿2系統のミクロ繁殖および挿し木繁殖を試み、その手法を確立した。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Estimation of the mode of unreduced gamete formation by fine genotyping of polyploid tissues in Citrus tamurana

    C. Honsho, R. Sakamoto, S. Ishimura, T. Tetsumura

    The 3rd Asian Horticultural Congress  (Miracle Grand Convention Hotel, Bangkok, Thailand)  2020年12月  -  2020年12月    HORTICULTURAL SCIENCE SOCIETY OF THAILAND, INTERNATIONAL SOCIETY FOR HORTICULTURAL SCIENCE, DEPARTMENT OF AGRICULTURE, DEPARTMENT OF AGRICULTURAL EXTENSION, KASETSART UNIVERSITY

  • 宮崎市下北方町を中心に散在する葉隠し柿の果実特性とDNAマーカーを利用した同定

    鉄村琢哉,安部由人,瀧田隆志,久原佳純,大迫祐太朗,石村修司,圖師一文,本勝千歳,永松 敦

    園芸学会九州支部第60回大会  (オンライン(Web)開催)  2020年09月  -  2020年10月    園芸学会九州支部

  • カキわい性台木の挿し木繁殖におけるオーキシンおよび挿し木用土が発根に及ぼす影響

    緒方日名子,石村修司,本勝千歳,田中莉依,松本和紀,鉄村琢哉

    園芸学会九州支部第60回大会  (オンライン(Web)開催)  2020年09月  -  2020年10月    園芸学会九州支部

  • カンキツ属植物における自家不和合性Sハプロタイプと一致した分離を示すT2 RNase 遺伝子

    本勝千歳,安楽美桜,中川華菜,古川 大,石村修司,鉄村琢哉

    園芸学会令和2年度春季大会  (東京農工大学小金井キャンパス)  2020年03月  -  2020年03月    園芸学会

  • カンキツ属植物から得られたT2 RNaseの系統解析と一次構造特徴

    本勝千歳,牛島幸一郎,石村修司,鉄村琢哉

    園芸学会令和元年度秋季大会  (島根大学松江キャンパス)  2019年09月  -  2019年09月    園芸学会

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 果樹種苗の生産に関する研究

 

提供可能な資源 【 表示 / 非表示

  • カキ(わい性台木)

    ‘MKR1’
    (平成27年3月3日 品種登録完了、登録番号 第23898号)