田中 弘之 (タナカ ヒロユキ)

TANAKA Hiroyuki

写真a

所属

医学部 附属病院 病理診断科

職名

助教

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士 ( 2006年3月   宮崎大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 人体病理学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • TP53 and PTEN mutations were shared in concurrent germ cell tumor and acute megakaryoblastic leukemia 査読あり

    Akizuki, K., Sekine, M., Kogure, Y., Kameda, T., Shide, K., Koya, J., Kamiunten, A., Kubuki, Y., Tahira, Y., Hidaka, T., Kiwaki, T., Tanaka, H., Sato, Y., Kataoka, H., Kataoka, K, Shimoda, K.

    BMC Cancer   20 ( 1 )   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12885-019-6497-0

  • Extranodal Rosai-Dorfman disease of the kidney: A case report 査読あり

    Tanaka H., Mukai S., Kamoto T., Kataoka H.

    Human Pathology: Case Reports   17   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Human Pathology: Case Reports  

    © 2019 Extranodal Rosai-Dorfman disease (RDD) of the kidney is rare, with unknown etiology. We present a case of extranodal RDD of the kidney. Imaging revealed a nodular lesion in the right renal pelvis, with accompanying pelvic dilation and parenchymal atrophy, reminiscent of immunoglobulin G4 (IgG4)-related disease. With the clinical diagnosis of suspected renal pelvic cancer, laparoscopic right nephrectomy was performed. Macroscopic findings showed a mass with a white-tan cut surface. Histological examination revealed histiocytes with emperipolesis and patchy infiltration of plasma cells, lymphocytes and foamy macrophages in a fibrocollagenous stroma. Immunohistochemically, the histiocytes were positive for S100, CD68 and CD163, but negative for CD1a, p80/ALK and phospho-p44/42 MARK (Thr202/Tyr204). IgG4-positive plasma cells were not evident. These findings indicated that the lesion represented extranodal RDD of the kidney. No mutations of the K- and N-RAS genes could be identified in this case. Although rare, extranodal RDD should be included in the differential diagnosis of a renal pelvic mass.

    DOI: 10.1016/j.hpcr.2019.200306

    Scopus

  • A rare case of rectal cancer with perianal metastasis: A case report 査読あり

    Ikeda T., Nanashima A., Ichihara A., Kitamura E., Nagatomo K., Tanaka H.

    World Journal of Surgical Oncology   17 ( 1 )   149   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:World Journal of Surgical Oncology  

    © 2019 The Author(s). Background: Cancer metastasis from colon cancer to an anal fistula is very rare. We herein reported a rare case in which local excision was performed for metastatic anal fistula cancer originating from rectal cancer. Case presentation: A 68-year-old man was referred to our institution with a diagnosis of rectal cancer. He had complained of anal fistula for 5 years. Based on a recent history of cerebral infarction, Hartmann's operation was performed to treat the rectal cancer after the administration of preoperative chemotherapy for 3 months. However, 1 month after Hartmann's operation, the anal fistula was found to have worsened. Pelvic magnetic resonance imaging (MRI) revealed tumor formation at the perianal lesion. Metastatic anal fistula cancer originating from the rectal cancer was diagnosed based on the examination of the biopsied tissue. We selected local excision because the anal tumor had not invaded the surrounding tissue. There has been no recurrence in the 31 months after the curative operation. Conclusion: Metastatic cancer should be ruled out when treating left-sided colon cancer with anal fistula. Local excision is one possible treatment for metastatic anal fistula cancer.

    DOI: 10.1186/s12957-019-1692-7

    Scopus

    PubMed

  • A Case of Acute Liver Failure due to Severe Hepatic Metastasis of Small-cell Lung Cancer Producing Adrenocorticotropic Hormone Complicating Ectopic Cushing Syndrome. 査読あり

    Sonoko Kamijo, Satoru Hasuike, Kenichi Nakamura, Yuuka Takaishi, Yuri Yamada, Yoshinori Ozono, Mai Tsuchimochi, Mitsue Sueta, Kazunori Kusumoto, Hisayoshi Iwakiri, Mayumi Akaki, Hiroyuki Tanaka, Hiroaki Kataoka, Kazuya Shimoda, Kenji Nagata:

    International journal of hematology   58 ( 20 )   2977 - 2982   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本内科学会  

    <p>A 72-year-old man was admitted to a general hospital with progressive liver dysfunction, hypokalemia, hyperglycemia, and nodules in the lung and liver and then transferred to our institution on the seventh hospital day. Plasma levels of adrenocorticotropic hormone (ACTH), cortisol, and neuron-specific enolase concentrations were extremely high. He developed acute liver failure, his consciousness and general condition deteriorated rapidly, and he died on Day 11. At the postmortem examination, he was found to have extensive metastases from small-cell lung cancer, including advanced hepatic metastases. This is the first reported case of acute liver failure caused by metastases derived from an ACTH-producing pulmonary small-cell carcinoma. </p>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.1976-18

    PubMed

  • 病理所見より検討した非定型大腿骨骨折の骨癒合遷延の要因. 査読あり

    小牧亘、深野木快士、濱田浩朗、帖佐悦男、田中弘之、片岡寛章

    骨折   41 ( 1 )   267 - 272   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • Primary pulmonary angiosarcoma: A case report.

    Tanaka H1, Yorita K1, Takahashi N2, Usuma Y3, Nakamura K4, Kataoka H1.

    Pathology International   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

  • プロテアーゼによるがん間質モジュレーション

    片岡寛章、川口真紀子、田中弘之、福島剛

    病理と臨床   32 ( 1 )   31 - 36   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:文光堂  

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 腎臓に発生したRosai-Dorfman病の一例

    田中弘之、秋山裕、賀本敏行、能登原憲司、片岡寛章

    第106回日本病理学会総会  (東京)  日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月27日 - 2017年4月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • 扁平上皮への分化を伴った悪性胸膜中皮腫の1剖検例

    田中弘之、赤木真由美、梅北佳子、福島剛、秋山裕、片岡寛章

    第105回日本病理学会総会  (仙台)  日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月12日 - 2016年5月14日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台  

  • 349-08 膵尾部腫瘍

    原藤優佳、田中弘之

    第349回九州・沖縄スライドコンファレンス  (北九州市)  日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年1月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北九州市  

  • 346-04b 右肺腫瘍

    田中弘之

    第346回九州・沖縄スライドコンファレンス  (北九州市)  日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北九州市  

  • 高い増殖能を示す下垂体腺腫の検討

    福島剛、上原久夫、梅北佳子、賴田顕辞、秋山裕、赤木真由美、田中弘之、片岡寛章

    第104回日本病理学会総会  (名古屋市 名古屋国際会議場)  日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月30日 - 2015年5月2日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋市 名古屋国際会議場  

全件表示 >>

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 肺癌における膜型セリンプロテアーゼとそのインヒビターの機能解析

    研究課題/領域番号:21K06905  2021年04月 - 2024年03月

    独立行政法人日本学術振興会  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 肺癌の浸潤・転移機構における膜型セリンプロテアーゼインヒビターの機能解析

    2017年04月 - 2019年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 肺癌の浸潤・転移に膜型セリンプロテアーゼインヒビターはどのように関与しているか?

    2012年04月 - 2015年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    申請者らは肝細胞増殖因子 (HGF)系およびその制御の要である膜型セリンプロテアーゼインヒビターであるHGF activator inhibitor type-1 (HAI-1)の悪性腫瘍における浸潤・転移機構を解析してきた。今回、申請者らは、HAI-1研究過程で見出されHAI-1類似の新規膜型蛋白質であるLRP11およびHAI-1の肺癌での浸潤・転移機構における役割について解析を進めて行く予定である。

  • 肺癌とHAI-1およびLRP11の発現に関する研究

    2009年04月 - 2012年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    (1)HAI-1とLRP11(HAI-1-like protein)の正常組織における発現部位、パターンを比較する。
    (2)肺癌におけるHAI-1とLRP11(HAI-1-like protein)の発現と病期および予後との関連を明らかにする。
    (3)LRP11(HAI-1-like protein)の機能を解析する。特に、matriptaseの分子シャペロンとして機能する可能性について検証する。