日吉 健二 (ヒヨシ ケンジ)

HIYOSHI Kenji

写真a

所属

農学部 植物生産環境科学科

職名

助教

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学) ( 1998年3月   鹿児島大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 環境・農学 / 農業環境工学、農業情報工学

  • 環境・農学 / 農業環境工学、農業情報工学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 高機動畦畔草刈機の開発 査読あり

    栗原英治、山下晃平、西川純、林和信、戸田勉、田村宏樹、小林太一、日吉健二

    農業食料工学会誌   82 ( 4 )   400 - 411   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 圧力脈動下における塩ビ管のクラック進展則による寿命予測 査読あり

    稲垣 仁根, 日吉 健二

    Journal of rainwater catchment systems = 雨水資源化システム学会誌   26 ( 1 )   25 - 32   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 甘藷用スレッディング式ひげ根処理機構の開発 査読あり

    日吉健二,前田実沙紀,小林太一,槐島芳徳

    農業食料工学会誌   81 ( 3 )   177 - 182   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    青果用甘藷は,表皮が軟らかく傷付きやすいため,出荷前の調製作業において機械洗浄で除去できない表面のひげ根を手作業で処理している。そこで,本研究は表皮に傷を付けずにひげ根を除去するため,甘藷のひげ根処理機構として,糸を縒った部分がひげ根を絡め取るスレッディング式機構を開発した。糸には凧糸を使用した。ひげ根の引き抜き抵抗を測定した結果,平均2.68 N,最大9.94 Nであることが明らかとなり,ひげ根処理には10 N以上の引き抜き力が要求された。模擬ひげ根を用いて引き抜き力を測定したところ,最大で約40 Nとなった。引き抜き力は,糸の太さが大きく影響することがわかった。

  • 甘藷用スレッディング式ひげ根処理機構の開発

    日吉 健二, 前田 実沙紀, 小林 太一, 槐島 芳徳

    農業食料工学会誌   81 ( 3 )   177 - 182   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:農業食料工学会  

    <p>青果用甘藷は,表皮が軟らかく傷付きやすいため,出荷前の調製作業において機械洗浄で除去できない表面のひげ根を手作業で処理している。そこで,本研究は表皮に傷を付けずにひげ根を除去するため,甘藷のひげ根処理機構として,糸を縒った部分がひげ根を絡め取るスレッディング式機構を開発した。糸には凧糸を使用した。ひげ根の引き抜き抵抗を測定した結果,平均2.68 N,最大9.94 Nであることが明らかとなり,ひげ根処理には10 N以上の引き抜き力が要求された。模擬ひげ根を用いて引き抜き力を測定したところ,最大で約40 Nとなった。引き抜き力は,糸の太さが大きく影響することがわかった。</p>

    DOI: 10.11357/jsamfe.81.3_177

    CiNii Article

  • エアアシスト静電散布機の実用性向上に関する研究 査読あり

    吉永慶太,中山夏希,グェン テイ タン ロアン,林茂彦,窪田陽介,日吉健二 他

    農業食料工学会誌   79 ( 2 )   169 - 178   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 農業水利施設における未利用小規模水力に関する研究成果の活用の手引き

    後藤眞宏他( 担当: 共著 ,  範囲: 3章2節3項)

    (独)農業・食品産業技術総合研究機構 農村工学研究所  2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

MISC 【 表示 / 非表示

  • 主要機種最近の開発改良動向

    日吉健二

    機械化農業 ’99農業機械カタログ集   176 - 177   1999年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:新農林社  

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 超小型水力発電装置の開発とその利用について 国際会議

    日吉健二

    日本生物環境工学会・日本農業気象学会九州支部合同佐賀大会  (佐賀大学)  日本生物環境工学会・日本農業気象学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月23日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:佐賀大学  

  • Study on the Micro Propeller Hydroturbine Using Simplified Runners for the Fish Farms 国際会議

    Numata Kazuhiro

    International Workshop on Agricultural and Bio-systems Engineering  (Hanoi, Vietnam )  Ministry of Science and Technology, Vietnam

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月8日 - 2009年12月9日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hanoi, Vietnam  

  • 小水力エネルギー回収装置の開発研究-低コストランナの出力性能-

    ○日吉健二,沼田一大,小林太一,槐島芳徳,平 栄蔵,宮城弘守,秋吉康弘

    第64回農業機械学会九州支部例会  (佐賀市)  農業機械学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月20日 - 2009年8月21日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:佐賀市  

  • 小水力エネルギーを利用したばっき装置の開発研究

    ○日吉健二,平 栄蔵,宮城弘守,秋吉康弘,永田雅輝

    第63回農業機械学会九州支部例会  (熊本市)  農業機械学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月20日 - 2008年8月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本市  

  • 試験用送帯式殺青機の試作

    ○槐島芳徳,日吉健二,藤田 進,松尾啓史

    第63回農業機械学会九州支部例会  (熊本市)  農業機械学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月20日 - 2008年8月21日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:熊本市  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 農業機械学会研究奨励賞

    2005年4月   農業機械学会  

    積 栄,日吉健二

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 中国新石器時代崧沢文化期における稲作農耕の実態研究

    2013年04月 - 2017年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    中国大陸の長江下流域・太湖周辺においておよそ前四千年紀に「崧澤文化」が展開されたが、その崧澤文化の稲作農耕の実態を解明することを大きな研究目的とする。

  • 小規模低落差水力エネルギー回収装置と空気吸込渦除去装置の基礎研究

    2009年04月 - 2011年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    小規模低落差水力エネルギー回収装置と空気吸込渦除去装置の基礎研究を行う

  • 軽石を利用した排出ガスの浮遊粒子状物質除去フィルタ

    2006年04月 - 2008年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    軽石を利用して,農用トラクタエンジンの排出ガス中に含まれる浮遊粒子状物質を除去するフィルタ(軽石DPF)を開発する。

  • 直装式作業機のトラクタへの曲線追従制御

    2004年04月 - 2006年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    曲線作業時でも直装式作業機がトラクタの運動奇跡に追従するための自動制御システム

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 超マイクロ小水力発電の開発

    2014年04月 - 2015年03月

    文部科学省  特色ある大学教育支援プログラム 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    移動可能な超マイクロ小水力発電の開発を行い,昼間は田畑で夜間は電柵など容易に持ち運びが可能な装置の開発を行う。

  • 超小型水力エネルギー回収装置を用いた農業及び水産施設等の省エネルギー化現場実証実験

    2010年04月 - 2012年03月

    農林水産省  新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    業・水産業の現場には,小規模ではあるが水の落差による未利用エネルギーがある。この小水力エネルギーを回収して,動力や電力に変換・消費し,農業施設における省エネルギー化,生産コストの削減を図る。100W~1kWの小規模な動力の回収又は発電できる超小型水力エネルギー回収装置を開発する。本装置は小型,軽量,かつ導入価格も安価であるため,農業及び水産業の経営者の支援に活用できる。

  • 電機搭載型水力エネルギー回収装置

    2009年04月 - 2010年03月

    国立大学法人宮崎大学  戦略重点経費(国立大学法人宮崎大学) 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    発電機搭載型水力エネルギー回収装置を構築し、ラボレベルにおける発電効率等の本装置の有用性を確認した。

  • 小規模低落差水力エネルギーを用いたエアレーション装置の開発

    2007年04月 - 2008年03月

    (財)宮崎県産業支援財団  平成19年度新産業・新事業創出研究開発推進事業 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    養殖場から排出される小規模低落差水力エネルギーを軸流水車で回収し,水槽へ酸素を供給するエアレーション装置の開発

  • 無農薬除草のための除草ロボットの開発

    2006年09月 - 2007年03月

    (独)科学技術振興機構  (独)科学技術振興機構 シーズ発掘試験 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    無農薬除草のための除草ロボットを開発する