飛佐 学 (トビサ マナブ)

TOBISA Manabu

写真a

所属

農学部 畜産草地科学科

職名

教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学) ( 1999年3月   九州大学 )

  • 農学修士 ( 1994年3月   九州大学 )

  • 農学士 ( 1992年3月   琉球大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 動物生産科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Effects of sowing methods and seeding rates on growth and yield characteristics of phasey bean (Macroptilium lathyroides) 査読あり

    Manabu Tobisa, Yutaka Nakano

    Grass and Forage Science   74 ( 4 )   696 - 707   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This study was conducted to investigate the effects of sowing methods (broadcast or row sowing) and seeding rate (0.5, 1.0, 2.0 or 3.0 g/m2) on growth, yield characteristics, and forage quality of phasey bean (Macroptilium lathyroides (L.) Urb.) cv.“Murray”). Experiments were carried out in 2002 and 2003. Sowing method affected dry‐matter yield (DMY): broadcast sowing resulted in higher DMY than row sowing in 2002, and during the first harvest in 2003. Dry‐matter digestibility (DMD) and crude protein (CP) concentration were not influenced by the sowing method, except when DMD and CP of the broadcast sowing treatment increased as the plant weight increased. Contrary to expectation, seeding rate did not affect leaf area index, DMY, DMD, CP, digestible dry‐matter yield or CP yield. Even the lowest seeding rate did not influence the yield and forage quality of phasey bean, compared with the recommended higher seeding rate.

    DOI: 10.1111/gfs.12450

  • Yield and quality of forages in a triple cropping system in southern Kyushu, Japan 査読あり

    Li B., Ishii Y., Idota S., Tobisa M., Niimi M., Yang Y., Nishimura K.

    Agronomy   9 ( 6 )   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Agronomy  

    © 2019 by the authors. Licensee MDPI, Basel, Switzerland. A triple cropping system, combining spring maize, pearl millet, and twice-cut blast disease resistant Italian ryegrass, was examined for the 2016–2017 and 2017–2018 growing seasons to achieve quality herbage production in Miyazaki, southern Kyushu, Japan. The growth of the three crops reached to harvest, even though typhoon and heavy rainfall occurred. Annual dry matter (DM) yield of the triple crops was 4098 g m−2 and 4349 g m−2 in the first and second cropping seasons, respectively. The observed total digestible nutrients (TDN) were higher in spring maize (up to 68.2% and 76.8%), pearl millet (up to 60.0% and 67.9%), and Italian ryegrass (up to 71.6% and 68.6%), during the first and second season, respectively, leading to an annual TDN yield of 2357 g m−2 and 2938 g m−2. The results suggest that the present established triple cropping system is feasible for obtaining high yields with more digestible nutrients in the forages.

    DOI: 10.3390/agronomy9060277

    Scopus

  • Feasibility of early sowing of spring maize (Zea mays) in triple forage cropping in southern Kyushu, Japan 査読あり

    Li Bo Kun, Yasuyuki Ishii, Sachiko Idota, Manabu Tobisa, Mitsuhito Niimi, Akira Arakawa, Tomoyuki Takai, Norio Arima, Keiko Nishimura

    Proceedings of the 7th Japan-China-Korea Grassland Conference   202 - 203   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Effect of planting density on growth and yielding characteristics in phasey bean (Macroptilium lathyroides). 査読あり

    Manabu Tobisa, Sachiko Idota, Yasuyuki Ishii

    Proceedings of the 7th Japan-China-Korea Grassland Conference   194 - 195   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Agronomic traits of high-yielding sorghum (Sorghum bicolor Moench ‘Tarzan’) in Miyazaki Prefecture. 査読あり

    Sachiko Idota, Marika Ohara, Riko Kodani, Yasumistu Hongou, Manabu Tobisa, Yasuyuki Ishii, Keiko Nishimura, Norio Arima

    Proceedings of the 7th Japan-China-Korea Grassland Conference   210 - 211   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 作物学

    今井 勝・平沢 正 他41名( 担当: 共著)

    文永堂出版  2013年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 湿地環境と作物−環境と調和した作物生産をめざして−(共著)

    坂上潤一・中園幹生・島村 聡・伊藤 治・石澤公明 編 浅川 晋他39名著( 担当: 共著)

    養賢堂  2010年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • (共著)草地科学実験・調査法

    編集者:日本草地学会共著者:青木真理,青木康浩,明石 良ほか138名( 担当: 共著 ,  範囲: 2.3.4–2.3.6)

    (社)畜産技術協会(東京)全589頁(分担)63?75頁  2004年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

  • (共著)熱帯の草地 -基礎理論と技術-

    川本康博・伊村嘉美・飛佐 学・菊地成純( 担当: 共訳)

    社団法人 畜産技術協会  1999年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

MISC 【 表示 / 非表示

  • 飼料イネと混作できるマメ科牧草ファジービーンの可能性

    飛佐 学

    現代農業   88 ( 7 )   276 - 277   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:社団法人 農山漁村文化協会  

  • (共著)水田転換畑を有効利用した良質粗飼料生産基盤の確立-暖地型マメ科牧草とイネ科飼料作物の混播栽培法の検討-

    共著者:飛佐 学,岡野 香

    財団法人伊藤記念財団,平成15年度食肉に関する助成研究調査成果報告書,22巻,174-179頁   22   174 - 179   2004年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:財団法人伊藤記念財団  

  • (共著)水田転換畑を有効利用した良質粗飼料生産基盤の確立-暖地型マメ科牧草の栽培管理法・飼料価値の検討-

    共著者:飛佐 学,岡野 香

    財団法人伊藤記念財団,平成14年度食肉に関する助成研究調査成果報告書,21巻,175-181頁   21   175 - 181   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:財団法人伊藤記念財団  

  • (共著)水田転換畑を有効利用した良質粗飼料生産基盤の確立

    共著者:飛佐 学,中野 豊,岡野 香,下條雅敬,増田泰久

    財団法人伊藤記念財団,平成13年度食肉に関する助成研究調査成果報告書,20巻,175-180頁   20   175 - 180   2002年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:財団法人伊藤記念財団  

  • (共著)オリゴ糖によるラット盲腸内容物の性状変化

    共著者:岩田英稔,安東竜一,大串 淳,山下智江,飛佐 学,山本幹男,古瀬充宏

    畜産の研究,56巻4号,494-500頁   56 ( 4 )   494 - 500   2002年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:養賢堂  

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本草地学会研究奨励賞

    2002年9月   日本草地学会  

    飛佐 学

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国