片岡 寛章 (カタオカ ヒロアキ)

KATAOKA Hiroaki

写真a

所属

理事

職名

理事・副学長

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士 ( 1988年9月   宮崎医科大学 )

  • 医学士 ( 1982年3月   宮崎医科大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 実験病理学

  • ライフサイエンス / 人体病理学

  • ライフサイエンス / 分子生物学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Decreased prostasin expression is associated with aggressiveness of oral squamous cell carcinoma. 査読あり

    Yamamoto K, Yamashita F, Kawaguchi M, Izumi A, Kiwaki T, Kataoka H, Kaneuji T, Yamashita Y, Fukushima T

    Human Cell   2021年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s13577-021-00575-3

  • Excessive intake of high-fructose corn syrup drinks induces impaired glucose tolerance. 査読あり

    Hattori H, Hanai Y, Oshima Y, Kataoka H, Eto N

    Biomedicine   2021年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/biomedicines9050541

  • The physiological TMPRSS2 inhibitor HAI-2 alleviates SARS-CoV-2 infection. Journal of Virology 査読あり

    Tomita Y, Matsuyama S, Fukuhara H, Maenaka K, Kataoka H, Hashiguchi T, Takeda M

    Journal of Virology   95 ( 12 )   e00434-21   2021年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/JVI.00434-21

  • Fhod3 controls the dendritic spine morphology of specific subpopulations of pyramidal neurons in the mouse cerebral cortex. 査読あり

    170. Sulistomo HW, Nemoto T, Kage Y, Fujii H, Uchida T, Takamiya K, Sumimoto H, Kataoka H, Bito H, Takeya R

    Cerebral Cortex   31 ( 4 )   2205 - 2219   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/cercor/bhaa355

  • Proteolytic cleavage of podocin by matriptase exacerbates podocyte injury. 査読あり

    Ozawa S, Matsubayashi M, Nanaura H, Yanagita M, Mori K, Asanuma K, Kajiwara N, Hayashi H, Ohashi H, Kasahara M, Yokoi H, Kataoka H, Mori E, Nakagawa T

    Journal of Biological Chemistry   295 ( 47 )   16002 - 16012   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/JBC.RA120.013721

    その他リンク: https://doi.org/10.1074/JBC.RA120.013721

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Extracellular targeting of cell signaling in cancer.

    Kataoka H, Shimomura T( 担当: 分担執筆)

    Wiley  2018年7月 

     詳細を見る

    総ページ数:462   担当ページ:69-90   記述言語:英語 著書種別:学術書

  • Regulation of Signal Transduction in Human Cell Research

    Kataoka H, Fukushima T( 担当: 分担執筆)

    Springer Nature  2018年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:218   担当ページ:183-197   記述言語:英語 著書種別:学術書

  • Glutathione

    Ishida Y, Yukizaki C, Okayama A, Kataoka H( 担当: 共著)

    Nova Science Publishers  2015年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:215   担当ページ:127-144   記述言語:英語 著書種別:学術書

  • Handbook of Proteolytic Enzymes (Third Edition)

    Kataoka H( 担当: 共著 ,  範囲: Chapter 660: Hepatocyte Growth Factor Activator)

    Academic Press (Elsevier)  2013年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • Molecular Targets of CNS Tumors

    Fukushima T, Kataoka H( 担当: 共著)

    InTech  2011年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 腸上皮の正常性維持に不可欠な細胞膜結合セリンプロテアーゼ制御機構 招待あり

    山本晃士、川口真紀子、片岡寛章

    メディカル・サイエンス・ダイジェスト   45 ( 10 )   622 - 625   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:ニューサイエンス社  

  • Glypican 3-targeted therapy in hepatocellular carcinoma. 査読あり

    Nishida T, Kataoka H

    Cancers   11   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:Multidisciplinary Digital Publishing Institute  

    DOI: 10.3390/cancers11091339

  • Hepatocyte growth factor activator: a proteinase linking tissue injury with repair. 招待あり 査読あり

    Fukushima T, Uchiyama S, Tanaka T, Kataoka H

    International Journal of Molecular Sciences   19 ( 11 )   3435   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijms19113435

  • Hepatocyte growth factor activator inhibitors (HAI-1 and HAI-2): emerging key players in epithelial integrity and cancer. 招待あり 査読あり

    Kataoka H, Kawaguchi M, Fukushima T, Shimomura T

    Pathology International   68 ( 3 )   145 - 158   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    The growth, survival, and metabolic activities of multicellular organisms at the cellular level are regulated by intracellular signaling, systemic homeostasis and the pericellular microenvironment. Pericellular proteolysis has a crucial role in processing bioactive molecules in the microenvironment and thereby has profound effects
    on cellular functions. Hepatocyte growth factor activator inhibitor type 1 (HAI-1) and HAI-2 are type I transmembrane serine protease inhibitors expressed by most epithelial cells. They regulate the pericellular activities of circulating hepatocyte growth factor activator and cellular type II transmembrane serine proteases (TTSPs), proteases required for the activation of hepatocyte growth factor (HGF)/scatter factor (SF). Activated HGF/SF transduces pleiotropic signals through its receptor tyrosine kinase, MET (coded by the protooncogene
    MET), which are necessary for cellular migration,
    survival, growth and triggering stem cells for
    accelerated healing. HAI-1 and HAI-2 are also required for normal epithelial functions through regulation of TTSP-mediated activation of other proteases and protease-activated receptor 2, and also through suppressing excess degradation of epithelial junctional proteins. This review summarizes current knowledge regarding the mechanism of pericellular HGF/SF activation and highlights emerging roles of HAIs in epithelial development
    and integrity, as well as tumorigenesis and progression of transformed epithelial cells.

    DOI: 10.1111/pin.12647

  • 新たな上皮完全性維持機構 - 細胞膜結合型セリンプロテアーゼとインヒビター. 招待あり

    片岡 寛章

    実験医学   36 ( 3 )   438 - 444   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:羊土社  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • HAI-2/SPINT2 maintains epithelial architecture in digestive tracts 招待あり 国際会議

    Kataoka H, Yamamoto K, Kawaguchi M

    ASBMB Special Symposia Series; Serine Proteases in Pericellular Proteolysis and Signaling 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月12日 - 2019年9月15日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • プロテアーゼと腫瘍間質 招待あり

    片岡 寛章

    第107回 日本病理学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月21日 - 2018年6月23日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • Hai-2 is essential for the maintenance of intestinal epithelium in mice. 国際会議

    Kataoka H, Kawaguchi M, Yamamoto K, Seto A, Fukushima T, Shimomura T, Takeda N

    ASBMB Special Symposia Series; Membrane-Anchored Serine Proteases  (Potomac, MD, USA)  American Society for Biochemistry and Molecular Biology

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月14日 - 2017年9月17日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Potomac, MD, USA  

  • Accelerated tumor formation induced by Hai-1 deficiency in the ApcMin/+ model is prevented by concomitant deficiency of Par-2. 国際会議

    Kawaguchi M, Yamamoto K, Fukushima T, Camerer E, Kataoka H

    ASBMB Special Symposia Series; Membrane-Anchored Serine Proteases  (Potomac, MD, USA)  American Society for Biochemistry and Molecular Biology

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月14日 - 2017年9月17日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Potomac, MD, USA  

  • 細胞周囲微小環境におけるプロテアーゼ活性制御とその破綻がもたらす上皮組織の病態(病理学会宿題報告). 招待あり

    片岡 寛章

    第106回日本病理学会総会  (東京都)  日本病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月27日 - 2017年4月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京都  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本病理学賞

    2017年4月   日本病理学会   細胞周囲微小環境におけるプロテアーゼ活性制御とその破綻がもたらす上皮組織の病態

    片岡寛章

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 日本病理学会学術研究賞(A演説)

    2000年11月   日本病理学会  

    片岡寛章

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 日本ヒト細胞学会学術賞

    2000年8月   日本ヒト細胞学会  

    片岡寛章

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 細胞膜結合型セリンプロテアーゼインヒビターによる上皮完全性維持と癌抑制機構

    2016年04月 - 2020年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 上皮組織における細胞膜上プロテアーゼ制御機構の破綻が引き起こす病態の解析

    2012年04月 - 2016年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    上皮組織における細胞膜上プロテアーゼ制御機構の破綻が引き起こす病態の解析

  • 上皮細胞膜上におけるプロテアーゼ活性調節とその異常による病態の解析

    2008年04月 - 2012年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    上皮細胞膜上におけるプロテアーゼ活性調節とその異常による病態の解析

  • 胃腸管粘膜上皮組織の修復と再生における分子機構

    2005年04月 - 2008年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    胃腸管の粘膜再生修復のプロセスには様々な因子が複雑に関わっているが、なかでも増殖因子産生とその活性化、細胞周囲微小環境におけるプロテアーゼ活性調節、そして上皮細胞の分化誘導因子が重要な役割を果たすと考えられる。我々はこれまでに、強力な胃腸管粘膜再生因子である肝細胞増殖因子(HGF)の活性化機構について精力的に研究を行い、その分子機構を明らかにしてきた。その結果、HGF活性化酵素の一つである HGF activator 遺伝子を破壊したマウスでは、傷害腸管粘膜上皮の初期再生が顕著に遅延することを明らかにした。更に細胞周囲におけるHGF activator の至適活性は、粘膜上皮細胞の細胞膜上に存在する膜結合クニッツ型インヒビター “HGF activator inhibitor type 1 (HAI-1)”により調節されることも明らかにした。そこで、HAI-1遺伝子破壊マウスを作成したところ、ホモマウスは胎生致死であり、HAI-1が代償の効かない重要な生体内機能を有することが明らかとなった。類似の膜型インヒビターであるHAI-2とamyloid β protein precursor (APP)も粘膜上皮に発現し増殖に関与することも示した。更に、胃腸管上皮の分化に伴い核に移行するが、傷害粘膜修復初期には細胞質にとどまる新規ペプチドH2RSP (HAI-2-related small peptide) を見出した。
    上記のこれまでの研究成果をもとに、本研究では傷害粘膜上皮の修復・再生におけるこれらHGF活性化関連蛋白と膜結合型インヒビター、そしてH2RSPの機能を主にin vivoで解明し、傷害粘膜の修復・再生、特に初期修復における分子機構を解明することを目的としている。具体的には;(1) HGF activator ノックアウトマウスを用いた傷害粘膜初期修復遅延モデルを用い、再生上皮の遺伝子発現の網羅的解析を対照マウスと比較して行い、上皮の初期再生に重要なシグナルの流れを解析する。(2) HAI-1 ノックアウトマウスの表現形を解析すると共に、培養上皮細胞を用いてHAI-1 発現のノックダウンと、HAI-1 に結合している細胞内蛋白の同定を行い、HAI-1の機能を解明する。(3) 培養細胞を用いてH2RSP発現のノックダウンを行い、H2RSPの機能の一端を明らかにする。(4) これらの蛋白の消化管粘膜疾患における臨床病理学的意義を検討し、また、これらを利用した粘膜再生治療のための基礎実験を行う。

  • 胃腸管粘膜の再生修復における分子機構の解明

    2002年04月 - 2005年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

     細胞膜表面においては、種々の増殖因子前駆体や細胞外基質分解酵素前駆体の活性化とその制御が活発に行なわれ、細胞の増殖や分化、遊走・浸潤に重要な意義を持っている。研究代表者はプロテアーゼと細胞膜結合型プロテアーゼインヒビターによるこれらの活性化反応とその制御機構、そしてこれらの反応がさまざまな病態において持つ意義について研究を行なってきた。
     本研究では、これらのプロテアーゼと膜型インヒビターによる生理活性物質活性化調節機構の胃腸管粘膜上皮の再生修復における意義を、多機能増殖因子として胃腸管粘膜再生においても重要な役割を有することが分っている肝細胞増殖因子 (HGF) の活性化機構に焦点をあて、研究を行なった。その結果、胃腸管粘膜上皮初期再生における HGF 活性化機構の重要性を証明することが出来た。また、HGF活性化酵素 (HGF activator) のインヒビターである、細胞膜結合型プロテアーゼインヒビター“HAI-1”が、予想外の、しかし極めて重要な生体内機能を有していることも明らかとなった。本研究の過程で作成した HGF activator のノックアウトマウスと、HAI-1 のノックアウトマウスは、今後、当該分野における必要不可欠なツールとなると思われる。
     本研究では、更に、胃腸管上皮細胞に発現している新規の核移行蛋白である H2RSP についても検討を行なった。その結果、H2RSP が上皮細胞の増殖停止と分化に伴って核に移行することを見出した。
     なお、本研究の遂行にあたっては研究分担者の伊藤浩史助教授をはじめ、宮崎大学医学部病理学第二講座の教室員と大学院生の諸君(秋山裕、瀬口智子、長沼誠二、宮田史朗、内之倉俊朗、内山周一郎、田中弘之、長池幸樹、福島剛、長井美由紀、小濱和代)の多大な協力があった。

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 癌医療におけるグレリンの包括的QOL改善療法の開発研究

    2013年04月 - 2014年03月

    厚生労働省  科学技術振興調整費 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    癌医療におけるグレリンの包括的QOL改善療法の開発研究の分担研究者として、高発がん環境における発がんに対するグレリンの影響を in vivoマウスモデルで検証する。

  • :第3次対がん総合戦略研究事業:癌医療におけるグレリンの包括的QOL改善療法の開発研究

    2012年04月 - 2013年03月

    厚生労働省  科学技術振興調整費 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    癌医療におけるグレリンの包括的QOL改善療法の開発研究の分担研究者として、高発がん環境における発がんに対するグレリンの影響を in vivoマウスモデルで検証する。

  • 第3次対がん総合戦略研究事業:癌医療におけるグレリンの包括的QOL改善療法の開発研究

    2011年04月 - 2012年03月

    厚生労働省  科学技術振興調整費 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    癌医療におけるグレリンの包括的QOL改善療法の開発研究の分担研究者として、高発がん環境における発がんに対するグレリンの影響を in vivoマウスモデルで検証する。

  • 脂肪肝の新しい診断と治療法の開発

    2011年04月 - 2012年01月

    地方自治体  宮崎県戦略的地域科学技術振興事業 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    脂肪肝の進展度診断のためのバイオマーカー探索。
    脂肪肝患者に対するのブルーベリー葉の有効性についての検証。

  • 脂肪肝の新しい診断と治療法の開発

    2010年04月 - 2011年03月

    財団法人 宮崎県産業支援財団  宮崎県戦略的地域科学技術振興事業 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    脂肪肝の新しい診断と治療法の開発

全件表示 >>

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 食を通じた健康システムの確立による健康寿命の延伸への貢献

    2020年04月 - 2021年03月

    国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  受託研究区分:一般受託研究

  • 食を通じた健康システムの確立による健康寿命の延伸への貢献

    2019年04月 - 2020年03月

    一般受託研究 

     詳細を見る

    受託研究区分:一般受託研究

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 病理学講座腫瘍・再生病態学研究奨学金

    寄附者名称:宮崎市郡医師会 2021年01月

  • 病理学講座腫瘍・再生病態学研究奨学金

    寄附者名称:小牧病院 2020年05月

  • 医学部長研究奨学金

    寄附者名称:一般財団法人清仁会 2020年03月

  • 病理学講座腫瘍・再生病態学研究奨学金

    寄附者名称:宮崎市郡医師会 2019年12月

  • 病理学講座腫瘍・再生病態学研究奨学金

    寄附者名称:小牧病院 2019年06月

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • Human Cell 編集長

    2013年04月 - 現在