末吉 益雄 (スエヨシ マスオ)

SUEYOSHI Masuo

写真a

職名

教授

研究室住所

宮崎市学園木花台西1-1

研究分野・キーワード

ライフサイエンス領域

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

0985-58-7282

研究室FAX

0985-58-7282

ホームページ

https://www.cc.miyazaki-u.ac.jp/msuei/index.htm#eisei

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1981年03月

    宮崎大学   農学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1983年03月

    宮崎大学  農学研究科  獣医学専攻  修士課程  修了

  •  
    -
    1992年09月

    北海道大学  獣医学研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学 -  学位(獣医学) 

  • 宮崎大学 -  農学修士

  • 宮崎大学 -  農学学士

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 動物生産科学

  • 獣医学

  • 獣医学

  • 消化器内科学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 国家公務員採用Ⅰ種試験

  • 獣医師

  • 普通自動車免許(一種)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 家畜衛生学

    その他の研究制度  

    研究期間: 1998年04月  -  継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • Assessment of abortion risk of sows on Japanese commercial farms infected with porcine epidemic diarrhea virus

    Furutani A., Sekiguchi S., Sueyoshi M. Sasaki Y.

    Animal Science Journa   91   1 - 4   2020年04月  [査読有り]

    共著

  • CSF(豚コレラ)2018の既知と未知

    末吉益雄

    日本豚病研究会会報   75   1 - 2   2020年02月  [査読有り]

    単著

  • IncI1 Plasmid Associated with blaCTX-M-2 Transmission in ESBL-Producing Escherichia coli Isolated from Healthy Thoroughbred Racehorse, Japan

    Sukmawinata E., Uemura R., Sato W., Mitoma S., Kanda T. and Sueyoshi M.

    Antibiotics 2020, 9, 70; doi:10.3390/antibiotics9020070   7 ( 9 )   2020年02月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    In our previous study, extended spectrum β-lactamase (ESBL)-producing Escherichia coli (ESBLEC) were isolated from healthy Thoroughbred racehorse feces samples in Japan. Some ESBL genes were predicted to be located on the conjugative plasmid. PCR-based replicon typing (PBRT) is a useful method to monitor and detect the association of replicons with specific plasmid-borne resistant genes. This study aimed to evaluate the plasmid replicon associated with ESBLEC isolated from healthy Thoroughbred racehorses at Japan Racing Association Training Centers in Japan. A total of 24 ESBLECs isolated from 23 (10.8%) individual Thoroughbred racehorse feces samples were used in this study. ESBL gene transfer was performed using a conjugation assay. Then, replicon types of ESBLEC isolates and their transconjugants were determined using PBRT. Pulsed-field gel electrophoresis (PFGE) was performed to look at the clonality of the ESBLECs isolates. ESBLECs were detected from 10.8% of healthy Thoroughbred racehorses. The blaCTX-M-2 was identified as the dominant type of ESBL gene, followed by blaCTX-M-1 and blaTEM-116. In this study, only the blaCTX-M-2 and the IncI1 plasmid were transferred to transconjugants. The PFGE results showed that ESBL genes were distributed in diversity of ESBLECs. This finding suggested that the IncI1 plasmid was associated with the dissemination of blaCTX-M-2 in Thoroughbred racehorses in Japan.

  • Multidrug‐Resistant ESBL/AmpC‐Producing Klebsiella pneumoniae Isolated from Healthy Thoroughbred Racehorses in Japan

    Sukmawinata E., Uemura R., Sato W., Htun M.T. and Sueyoshi M.

    Animals 2020, 10, 369; doi:10.3390/ani10030369.   25 ( 13 )   2020年02月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    Extended-spectrum β-lactamase (ESBL)- and AmpC β-lactamase (AmpC)-producing Klebsiella spp. have become a major health problem, leading to treatment failure in humans and animals. This study aimed to evaluate the presence of ESBL/AmpC-producing Klebsiella spp. isolated from racehorses in Japan. Feces samples from 212 healthy Thoroughbred racehorses were collected from the Japan Racing Association Training Centers between March 2017 and August 2018. ESBL/AmpC-producing Klebsiella spp. were isolated using selective medium containing 1 µg/mL cefotaxime. All isolates were subjected to bacterial species identification (MALDI-TOF MS), antimicrobial susceptibility test (disk diffusion test), characterization of resistance genes (PCR), conjugation assay, and genetic relatedness (multilocus sequence typing/MLST). Twelve ESBL/AmpC-producing Klebsiella pneumoniae (ESBL/AmpC-KP) were isolated from 3.3% of horse samples. Antimicrobial resistance profiling for 17 antimicrobials showed all ESBL/AmpC-KP were multidrug-resistant (MDR). Only 1 isolate was confirmed as an ESBL producer (blaCTX-M-2-positive), whereas the other 11 isolates were plasmid-mediated AmpC (pAmpC) producers (blaCMY positive). On the basis of MLST analysis, the ESBL-KP isolate was identified as sequence type (ST)-133 and four different STs among AmpC-KP isolates, ST-145, ST-4830, ST-4831, and ST-4832, were found to share six of the seven loci constituting a single-locus variant. This is the first study to show K. pneumoniae carrying MDR pAmpC isolated from a racehorse.

  • 豚コレラ発生で見えてくる防疫の課題と備え

    末吉益雄

    養豚界   54 ( 11 ) 25 - 29   2019年10月  [招待有り]

    単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 動物の衛生 第2版

    末吉益雄他 (担当: 編者 )

    文永堂  2020年03月 ISBN: 9784830041396

    Amazon

  • 養豚用語事典

    末吉益雄他 (担当: 共著 )

    日本養豚学会編 創文  2019年03月 ISBN: 9784916174208

     概要を見る

    養豚関連の衛生と疾病に関する専門用語について概説した。

  • 動物感染症学 第4版

    末吉益雄他 (担当: 共著 )

    近代出版  2019年03月 ISBN: 9784874022504

     概要を見る

    動物の感染症の腸腺腫症候群、豚赤痢、豚のサルモネラ症、豚の大腸菌症、鶏の大腸菌症、子牛の大腸菌性下痢について概説した。

  • 動物衛生学

    末吉益雄他 (担当: 共著 )

    文永堂  2018年04月 ISBN: 978480032691

  • 動物病理カラーアトラス第2版

    末吉益雄他 (担当: 共著 )

    文永堂  2018年01月 ISBN: 9784830032684

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 豚熱(CSF)・アフリカ豚熱(ASF) と野生イノシシ対策

    末吉益雄

    ピッグジャーナル ( アニマル・メディア社 )  23 ( 5 ) 14 - 20   2020年05月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • ASF(アフリカ豚熱)の発生と日本の課題

    末吉益雄

    クリンネス ( 環境文化創造研究所 )  413   2 - 7   2020年04月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

  • 養豚におけるプロバイオティクスの有効活用

    末吉益雄

    養豚の友 ( 日本畜産振興会 )  612 ( 3 ) 24 - 27   2020年03月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

  • ローソニア研究の変遷と最新知見 ~第1回ゴードン・ローソン記念シンポジウム~

    末吉益雄

    養豚界 ( 緑書房 )  55 ( 1 ) 78 - 81   2020年01月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

  • 知っておきたい支援事業~家畜疾病・自然災害緊急支援体制確保事業~

    末吉益雄

    養豚界 ( 緑書房 )  55 ( 1 ) 41 - 43   2020年01月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 牛A群ロタウイルスおよび牛コロナウイルスの迅速同時検出方法

    特願 5835683  特許 5835683

    芳賀 猛、朱 偉、董 健宝、末吉益雄、後藤義孝

  • 下痢便からの牛ロタウイルスおよび牛コロナウイルスA群の迅速同時検出法の開発

    特願 2010-281863  特許 2010-281863

    芳賀 猛、朱 偉、董 健宝、末吉益雄、後藤義孝

  • 卵の鮮度識別法

    特願 1936989号  特開 4326060  特許 特許第1936989号

    安藤義路、末吉益雄、藤沢敏夫

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 家畜疾病の病性鑑定

    フィールドワーク 

    2000年04月
    -
    継続中
     

     概要を見る

    南九州地域を中心とした牛および豚の農場における不明疾病等について、農場主、管理獣医師から病性鑑定の依頼があった場合、その原因究明、疾病診断、治療あるいは予防について対応している。

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第162回日本獣医学会学術集会第10回若手奨励賞

    2019年09月12日   日本獣医学会学術集会   Mycoplasma bovis感作に対する牛肺胞マクロファージのサイトカイン発現応答  

    受賞者:  甲斐慎二他

  • 日本家畜臨床学会長賞受賞

    2017年11月16日   日本家畜臨床学会   2010年に宮崎で発生した口蹄疫の防疫措置終了後に農場内に留置された家畜排泄物のウイルス残存性調査  

    受賞者:  川嶌健司他

  • 第8回日本ブラキスピラ学会賞受賞

    2016年07月22日   日本ブラキスピラ学会  

    受賞者:  末吉益雄

  • 平成27年度日本産業動物獣医学会(九州)奨励賞

    2015年10月16日   日本産業動物獣医学会  

    受賞者:  高橋美達翔、グェン・バン・ディップ、乗峰潤三、末吉益雄、グエン・ティ・ラン、平井卓哉、山口良二

  • 第103回日本養豚学会大会優秀発表賞

    2015年10月08日   第103回日本養豚学会大会  

    受賞者:  佐々木羊介、関口 敏、末吉益雄

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • クリーン模範養豚場の作出

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2012年04月  -  2015年03月  代表者:  末吉益雄

     概要を見る

    安全な豚肉を食卓に届けるために。生産の場である養豚場環境の清浄化を模索する。消毒方法の見直し、豚舎器材の抗菌化について検討する。

  • 韓国に生息するキバノロの生体および生理機構の網羅的解明と潜在的感染症の疫学的調査

    基盤研究(B)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月 

     概要を見る

    韓国に生息している原始的な反芻動物であるキバノロの生体及び生理機構を網羅的に解明し、系統発生学的に比較解析するとともに、人獣共通感染症や海外悪性伝染病の疫学調査を行い、その潜在的病態を把握する。

  • 分娩後早期の牛の発情同期化と、交配後非妊娠牛に対する適切な再同期化処置法の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2007年04月  -  2009年03月 

     概要を見る

    分娩後のVWP自発的繁殖待ち期間に牛の生殖器の修復や卵巣機能回復を検査し、個々の牛に応じた卵巣賦活や発情同期化処置を行う。分娩後早期の卵巣賦活による定時人工授精後、なるべく早期に妊娠診断を行い、非妊娠牛に対して、その時点での卵巣所見に適応した再同期化処置を行う。乳牛での分娩後85日、黒毛和種での80日までに2回の人工授精により75%の牛群妊娠率を目指す繁殖管理技術の開発を目指す。

  • 難培養性細菌トレポネーマを中心とした混合感染症のゲノム解析とその応用

    特定領域研究

    研究期間:  2005年04月  -  2007年03月 

     概要を見る

    伝染性の強い牛趾乳頭腫症の原因菌は未だ不明のままである。それらの病変部から種々の微生物が形態学的あるいは遺伝子学的に検出されているが、有意な病原体の分離はいまだにない。本課題では、病理形態遺伝子学的に病変部における局在を検索する。

  • 病原性大腸菌健康保菌動物摘発法の開発研究

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2003年04月  -  2005年03月  代表者:  末吉益雄

     概要を見る

    ヒトの腸管出血性大腸菌感染症の感染源は牛などの家畜がその一つとされている。しかし、ヒトに病原性のあるO157大腸菌などは牛に感染しても無症状であるため発見されにくい。そこで、それらの健康保菌動物を摘発する方法を開発する。

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 宮崎県産杉材に由来する炭化物の消毒資材としての効果に関する研究

    提供機関:  民間財団等  企業等との共同研究

    研究期間: 2018年04月  -  2018年06月  代表者:  末吉益雄

     概要を見る

    杉材炭化物の畜産生産現場での消毒資材的活用に関する研究

  • 畜舎消毒効果の検証

    提供機関:  地方自治体  自治体等からの受託研究

    研究期間: 2017年08月  -  2018年03月  代表者:  末吉益雄

     概要を見る

    小林市の農家巡回型消毒サービス事業が実施している畜舎消毒の効果の検証

  • 畜産衛生獣医師を対象とした中核人材教育

    提供機関:  文部科学省  専修学校による地域産業中核人材養成事業

    研究期間: 2017年06月  -  2018年03月 

     概要を見る

    畜産衛生獣医師を対象とした中核人材教育カリキュラムの教育内容、方法、学習量(時間数)、履修証明、達成度評価について企画・検討する。

  • 畜産衛生獣医師を対象とした中核人材教育

    提供機関:  文部科学省  成長分野等における中核的専門人材養成の戦略的推進事業

    研究期間: 2016年08月  -  2017年03月 

     概要を見る

    畜産衛生獣医師を対象とした中核人材教育カリキュラムの教育内容、方法、学習量(時間数)、履修証明、達成度評価について企画・検討する。

  • 畜産衛生獣医師を対象とした中核人材教育

    提供機関:  文部科学省  成長分野等における中核的専門人材養成の戦略的推進事業

    研究期間: 2015年08月  -  2016年03月 

     概要を見る

    畜産衛生獣医師を対象とした中核人材教育カリキュラムの教育内容、方法、学習量(時間数)、履修証明、達成度評価について企画・検討する。

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ブロイラー種鶏に認められたヒストモナス症

    佐藤航, 上村涼子, 末吉益雄

    平成30年度日本産業動物獣医学会  (佐賀市)  2019年10月  -  2019年10月    日本産業動物獣医学会

  • 肥育豚に対する投薬治療を伴う異常事態を早期に予測するための指標の探査

    佐々木羊介,松尾崚平,末吉益雄

    日本畜産学会第125回大会  (盛岡市)  2019年09月  -  2019年09月    日本畜産学会

  • Mycoplasma bovis感作に対する牛肺胞マクロファージのサイトカイン発現応答

    甲斐慎二、上村涼子、石川真悟、帆保誠二、小林郁雄、保田昌宏、末吉益雄

    第162 回日本獣医学会学術集会  (つくば市)  2019年09月  -  2019年09月    日本獣医学会学術集会

  • 国内現役サラブレッド競走馬の糞便由来大腸菌の薬剤感受性およびその特徴.

    佐藤 航、上村涼子、Eddy Sukmawinata、草野寛一、上林義範、佐藤 岳、石川裕博、末吉益雄

    第162 回日本獣医学会学術集会  (つくば市)  2019年09月  -  2019年09月    日本獣医学会学術集会

  • Swine production and health status in Japan

    Yamagami T., Miyama T., Toyomaki H., Sekiguchi S., Sasaki Y., Sueyoshi M. and Makita K.

    Asian Pig Veterinary Society Congress 2019  (Seoul, Korea)  2019年08月  -  2019年08月    Asian Pig Veterinary Society Congress 2019

     概要を見る

    The swine industry in Japan showed a continuous reduction in number of swine farms, but the number of pigs per farm continued to rise. The swine industry in Japan has become an important agricultural industry. However, swine diseases are a major factor reducing swine productivity in Japan. Common diseases include PRRS, PCVAD, edema disease, and pleuropneumonia etc. Although cattle and pigs had a FMD outbreak in 2010, they are now free of FMD without vaccination. Recently, CSF, a viral disease, was positive in pigs and wild boars.

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 家畜の疾病制御に関する開発研究

 

おすすめURL 【 表示 / 非表示

  • 動物衛生研究所

    http://niah.naro.affrc.go.jp/index-j.html

    国内及び海外での家畜衛生情報を網羅している。

    農林水産

  • 畜産情報ネットワーク

    http://www.lin.go.jp/index.shtml

    国内畜産事情について幅広い領域を紹介している。

    農林水産