末吉 益雄 (スエヨシ マスオ)

SUEYOSHI Masuo

写真a

所属

農学部 獣医学科

職名

教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 学位(獣医学)  ( 1992年9月   北海道大学 )

  • 農学修士 ( 1983年3月   宮崎大学 )

  • 農学学士 ( 1981年3月   宮崎大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 動物生産科学

  • ライフサイエンス / 獣医学

  • ライフサイエンス / 消化器内科学

  • ライフサイエンス / 獣医学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Prevalence of equine proliferative enteropathy in Hidaka district, Hokkaido, over five seasons 査読あり

    Hidekazu NIWA, Toru HIGUCHI, Seiichi FUJII, Yuta KINOSHITA, Eri UCHIDA-FUJII, Masuo SUEYOSHI, Toshio NUKADA, Takanori UENO

    Journal of Equine Science   33 ( 4 )   71 - 74   2023年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Equine proliferative enteropathy (EPE) is an equine infectious disease that can lead to severe weight loss and hyperplasia of the intestinal mucosa due to infection with Lawsonia intracellularis. In this study, we investigated the prevalence of EPE in a major Thoroughbred breeding area: Hidaka district, Hokkaido, Japan. Of the 252 symptomatic horses that we tested, 192 EPE cases (76.2%), including 8 fatal cases, were confirmed from April 2015 to March 2020 by etiological and/or serological investigation. Most of the EPE cases were observed in foals (88.5%), with fewer cases in yearlings (7.3%) and adults (4.2%). Asymptomatic infection was observed in 62.9% of the horses kept with affected horses. These results suggest that EPE is an enzootic disease in Hidaka district.

    DOI: https://doi.org/10.1294/jes.33.71

    DOI: https://doi.org/10.1294/jes.33.71

  • 農場バイオセキュリティ~消毒~牛編~ 招待あり 査読あり

    末吉益雄

    家畜感染症学会誌   12 ( 1 )   1 - 9   2023年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:家畜感染症学会誌編集委員会  

    農場バイオセキュリティの基本は、①病原体を農場に持ち込まない、②病原体を農場内で拡げない、③病原体を農場から持ち出さない、である。そのためには、農場外部から出入りする家畜、車両、人あるいは畜産資材などを進入・搬入制限することや徹底した消毒が重要となる。その中の「徹底した消毒」が曖昧であり、効果的な「消毒」が必要である。「with コロナ」となった現在、「消毒」の用語や設備は日常生活において、いたる所で見かけられるようになった。しかし、中には、「消毒」するよりも「水洗・洗浄」による「除菌」した方が効果的な場面にも遭遇する。それは、畜産業界でも同じである。ここでは、有効な「消毒」方法について、消毒剤の種類、希釈倍率、気温の変化あるいは有機物の有無などについてではなく、その前段階について概説する。

  • The presence of adhesion factors NOX, α-enolase, TrmFO, P27, and VpmaX in Mycoplasma bovis wild isolates in Japan 査読あり

    Shitamori F., Uemura R., Kanda T., Sueyoshi M.

    Open Veterinary Journal   12 ( 6 )   782 - 786   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Background: Mycoplasma bovis causes various diseases such as bronchopneumonia, otitis media, arthritis, and mastitis in cattle. Mycoplasma bovis is often isolated from the deep pharynges of healthy cattle and is generally considered not to cause clinical symptoms while in the upper respiratory tract. In mycoplasma infections, adhesion to the host cells is a crucial step. In recent years, five new adhesins, NOX, α-enolase, TrmFO, P27, and VpmaX, have been reported in M. bovis strains from pneumonia cases. However, the presence of these adhesins in wild isolates has not been established.
    Aim: This study aimed to investigate the presence of these adhesin genes in wild isolates isolated from cattle nasal cavities and lesion sites (pneumonia, otitis media, arthritis, and mastitis) in various regions in Japan and clarify the relationship between adhesion and the symptoms caused by M. bovis infection.
    Methods: A total of 141 M. bovis wild isolates isolated from nasal cavities (healthy or sick cattle), lungs with pneumonia, ears with otitis media, joint fluids of arthritic animals, and milk of mastitic animals. Mycoplasma bovis type strain PG45 was also used. Specific polymerase chain reaction reactions were performed to detect nox, α-enolase, trmFO, P27, and vpmaX, which are adhesins of M. bovis.
    Results: This study reports 139 M. bovis wild isolates were positive for nox, α-enolase, trmFO, P27, and vpmaX, while two isolates each lacked α-enolase or P27 genes. Mycoplasma bovis PG45 also had all five adherens genes.
    Conclusion: Almost all M. bovis wild isolates possessed all nox, α-enolase, trmFO, P27, and vpmaX genes regardless of the lesion site or region of origin. This means no relationship was found between the presence of the five adhesins and lesion sites in M. bovis and M. bovis isolated from the nasal cavities of asymptomatic cattle have the same numbers and types of adhesins as isolates from symptomatic lesion sites (pneumonia, otitis media, arthritis, and mastitis). This suggests that not only M. bovis isolates from pulmonary lesions, but also M. bovis existing in the nasal cavity has the potential to causes symptoms in the host.

    DOI: 10.5455/OVJ.2022.v12.i6.1

  • Histopathological findings of the nasopharynx-associated lymphoid tissue of pigs with porcine circovirus 2 and porcine reproductive and respiratory syndrome virus coinfection 査読あり

    Toyama K., Hirai T., Sueyoshi M., Zhou Z., Niazii A. M., Kawaguchi N., Fuke N., Yamaguchi Y.

    J. Vet. Med. Sci.   84 ( 11 )   1536 - 1542   2022年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPANESE SOCIETY OF VETERINARY SCIENCE  

    Porcine circovirus 2 (PCV2) causes porcine circovirus-associated disease, and coinfection
    with porcine reproductive and respiratory syndrome virus (PRRSV) severely affects the
    pig breeding industry. Both viruses target the macrophages in lymphoid tissues. Various porcine
    pathogens enter via the nasal cavity, and the nasopharynx-associated lymphoid tissue (NALT) acts
    as the mucosal immune system. However, the pathological analysis has not progressed. This study
    aimed to histologically examine the NALT of pigs with suspected PCV2 and PRRSV infections. Six pigs
    were subjected to necropsy, and their NALT, tonsils, and mesenteric lymph nodes were collected.
    Macrophages, lymphocytic depletion, multinucleated giant cells, intracytoplasmic inclusion bodies,
    and neutrophil infiltration increased in the NALT. In situ hybridization revealed positive signals for
    PCV2 in the NALT of all pigs and PRRSV in the NALT of three pigs. PCV2-positive macrophages were
    mainly identified in the follicles, whereas PRRSV-positive tissues were found primarily around the
    crypt and directly below the epithelium. Quantitative PCR revealed 108–1010 copies of PCV2 DNA/μL
    and 102–104 copies of PRRSV DNA/μL in the NALT. Therefore, both PCV2 and PRRSV were detected in
    the NALT of pigs. In conclusion, the infection and replication of both viruses in the NALT and tonsils
    may suppress host immunity and promote co-infection with other pathogens.

    DOI: 10.1292/ jvms.22-0231

    その他リンク: https://jsvetsci.jp/jvms/

  • Effects of probiotics on growth and immunity of the piglets 査読あり

    Azizi A. F. N., Uemura R., Omori M., Sueyoshi M., Yasuda M.

    Animals   12 ( 14 )   1 - 8   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Growth promoting antibiotics are used in modern animal husbandry to promote growth and avoid infections. Negative effects of these antibiotics on human health are a big concern and they need to be replaced. Probiotics are expected to be a good replacement for growth promoting antibiotics. In this study, we evaluated effects of probiotics on growth and immune status of liver and secondary lymphoid organs of piglets. Body weights of probiotic-fed piglets were heavier than those of control piglets (p < 0.05) at days 30 and 45 of the experiment. Relative populations of CD4+ and IgM+ cells isolated from the liver were significantly increased (p < 0.05 and p < 0.01, respectively) in probiotic-fed piglets compared to control piglets. CD4+CD8+ T cells were significantly decreased (p < 0.05) in jejunal Peyer's patches of treated piglets. Phagocytosis of MHC class II+ cells isolated from the liver of probiotic-fed piglets was significantly higher (p < 0.05) than that of control piglets. Phagocytosis of granulocytes isolated from the liver and peripheral blood of probiotic-fed piglets were also higher than those of control piglets. These results indicate excellent effects on growth and immune status of piglets. In conclusion, probiotics have beneficial effects on the growth and health of piglets and could be good replacement for growth promoting antibiotics.

    DOI: 10.3390/ani12141786

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 動物病理学各論第3版

    末吉益雄他( 担当: 共著)

    文永堂  2021年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • 家禽疾病学. 第2版

    末吉益雄他( 担当: 共著)

    鶏病研究会  2021年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:292   担当ページ:60-63   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • 動物の衛生 第2版

    末吉益雄他( 担当: 編集)

    文永堂  2020年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:295   担当ページ:1-2, 2-6, 6-11, 35-36, 86-105,135-145, 165-171, 218-221.   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

    その他リンク: https://www.amazon.co.jp/%E5%8B%95%E7%89%A9%E3%81%AE%E8%A1%9B%E7%94%9F-%E7%AC%AC2%E7%89%88-%E6%9C%AB%E5%90%89-%E7%9B%8A%E9%9B%84/dp/4830041390/ref=sr_1_2?hvadid=275524130572&hvdev=c&jp-ad-ap=0&keywords=%E5%8B%95%E7%89%A9%E3%81%AE%E8%A1%9B%E7%94%9F&qid=1583653958&sr=8-2

  • 養豚用語事典

    末吉益雄他( 担当: 共著)

    日本養豚学会編 創文  2019年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

    養豚関連の衛生と疾病に関する専門用語について概説した。

  • 動物感染症学 第4版

    末吉益雄他( 担当: 共著)

    近代出版  2019年3月 

     詳細を見る

    担当ページ:p.184-186, p.179-180, p.178-179, p.177-178, p.118-119, p.211   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

    動物の感染症の腸腺腫症候群、豚赤痢、豚のサルモネラ症、豚の大腸菌症、鶏の大腸菌症、子牛の大腸菌性下痢について概説した。

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 口蹄疫発生現場の実態と繰り返さないためには. 招待あり

    末吉益雄

    JASV会報   32 ( 1 )   2 - 5   2023年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:緑書房  

  • 腸管の仕組みと大腸菌症の基礎 招待あり

    末吉益雄

    養豚界   57 ( 1 )   28 - 34   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:緑書房  

  • 豚熱防疫~ゴールの見えない多事多難な道のり③ 招待あり

    末吉益雄

    養豚の友   630 ( 11 )   42 - 45   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:日本畜産振興会  

  • 豚熱防疫~ゴールの見えない多事多難な道のり② 招待あり

    末吉益雄

    養豚の友   630 ( 10 )   36 - 39   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:日本畜産振興会  

  • 豚熱防疫~ゴールの見えない多事多難な道のり① 招待あり

    末吉益雄

    養豚の友   630 ( 9 )   18 - 22   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:日本畜産振興会  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Methicillin-resistant Staphylococcus aureus selective media is unsuitable for methicillin-resistant S. pseudintermedius detection. 国際会議

    Sakaguchi K., Uemura R. Sueyoshi M.

    The 21st Federation of Asian Veterinary Associations (FAVA) Congress  (Fukuoka, Japan)  2022年11月11日  Federation of Asian Veterinary Associations (FAVA) Congress

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月10日 - 2022年11月13日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Fukuoka, Japan   国名:日本国  

  • メチシリン耐性黄色ブドウ球菌用選択培地はメチシリン耐性Staphylococcus pseudintermedius分離に不適である

    坂口海飛, 上村涼子, 末吉益雄.

    令和4年度日本産業動物獣医学会  (大分市(オンライン))  2022年9月20日  日本産業動物獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月20日 - 2022年10月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大分市(オンライン)  

  • 培養基中の植物性蛋白質は豚の浮腫病由来志賀毒素産生性大腸菌の志賀毒素産生を増加させる

    永田 舜, 上村涼子, 末吉益雄.

    令和4年度日本産業動物獣医学会  (大分市(オンライン))  2022年9月20日  日本産業動物獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月20日 - 2022年10月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大分市(オンライン)  

  • 豚の浮腫病由来志賀毒素産生性大腸菌の増殖および毒素放出に与える生菌製剤各構成菌の影響

    永田 郁, 上村涼子, 末吉益雄

    令和4年度日本産業動物獣医学会  (大分市(オンライン))  2022年9月20日  日本産業動物獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月20日 - 2022年10月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大分市(オンライン)  

  • The effect of Hypochlorous acid water on biofilm bacteria

    Lin Cherry San, 上村凉子, 末吉益雄.

    第94回日本家畜衛生学会  (佐賀市)  2021年12月3日  日本産業動物獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:佐賀市  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 九獣連会長賞

    2022年9月   令和4年度日本産業動物獣医学会(九州地区)   培養基中の植物性蛋白質は豚の浮腫病由来志賀毒素産生性大腸菌の志賀毒素産生を増加させる

    永田 舜. 上村涼子, 末吉益雄.

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • JASV2020学生アワード受賞

    2021年1月   日本養豚開業獣医師協会年次学会   豚由来マクロファージ内侵入サルモネラに対するフルオロキノロン系抗菌薬の殺菌効果

    黒田翔太、上村涼子、末吉益雄.

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 第163回日本獣医学会学術集会若手奨励賞

    2020年9月   日本獣医学会学術集会   牛好中球へのMycoplasma bovis感作の影響

    上村悠祐、上村涼子、小林郁雄、末吉益雄.

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 第162回日本獣医学会学術集会第10回若手奨励賞

    2019年9月   日本獣医学会学術集会   Mycoplasma bovis感作に対する牛肺胞マクロファージのサイトカイン発現応答

    甲斐慎二他

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 日本家畜臨床学会長賞受賞

    2017年11月   日本家畜臨床学会   2010年に宮崎で発生した口蹄疫の防疫措置終了後に農場内に留置された家畜排泄物のウイルス残存性調査

    川嶌健司他

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

全件表示 >>

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • クリーン模範養豚場の作出

    2012年04月 - 2015年03月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    安全な豚肉を食卓に届けるために。生産の場である養豚場環境の清浄化を模索する。消毒方法の見直し、豚舎器材の抗菌化について検討する。

  • 韓国に生息するキバノロの生体および生理機構の網羅的解明と潜在的感染症の疫学的調査

    2011年04月 - 2014年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    韓国に生息している原始的な反芻動物であるキバノロの生体及び生理機構を網羅的に解明し、系統発生学的に比較解析するとともに、人獣共通感染症や海外悪性伝染病の疫学調査を行い、その潜在的病態を把握する。

  • 分娩後早期の牛の発情同期化と、交配後非妊娠牛に対する適切な再同期化処置法の開発

    2007年04月 - 2009年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    分娩後のVWP自発的繁殖待ち期間に牛の生殖器の修復や卵巣機能回復を検査し、個々の牛に応じた卵巣賦活や発情同期化処置を行う。分娩後早期の卵巣賦活による定時人工授精後、なるべく早期に妊娠診断を行い、非妊娠牛に対して、その時点での卵巣所見に適応した再同期化処置を行う。乳牛での分娩後85日、黒毛和種での80日までに2回の人工授精により75%の牛群妊娠率を目指す繁殖管理技術の開発を目指す。

  • 難培養性細菌トレポネーマを中心とした混合感染症のゲノム解析とその応用

    2005年04月 - 2007年03月

    科学研究費補助金  特定領域研究

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    伝染性の強い牛趾乳頭腫症の原因菌は未だ不明のままである。それらの病変部から種々の微生物が形態学的あるいは遺伝子学的に検出されているが、有意な病原体の分離はいまだにない。本課題では、病理形態遺伝子学的に病変部における局在を検索する。

  • 病原性大腸菌健康保菌動物摘発法の開発研究

    2003年04月 - 2005年03月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    ヒトの腸管出血性大腸菌感染症の感染源は牛などの家畜がその一つとされている。しかし、ヒトに病原性のあるO157大腸菌などは牛に感染しても無症状であるため発見されにくい。そこで、それらの健康保菌動物を摘発する方法を開発する。

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 宮崎県産杉材に由来する炭化物の消毒資材としての効果に関する研究

    2018年04月 - 2018年06月

    民間財団等  企業等との共同研究 

    末吉益雄、上村涼子

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    杉材炭化物の畜産生産現場での消毒資材的活用に関する研究

  • 畜舎消毒効果の検証

    2017年08月 - 2018年03月

    地方自治体  自治体等からの受託研究 

    末吉益雄、上村涼子

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    小林市の農家巡回型消毒サービス事業が実施している畜舎消毒の効果の検証

  • 畜産衛生獣医師を対象とした中核人材教育

    2017年06月 - 2018年03月

    文部科学省  専修学校による地域産業中核人材養成事業 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    畜産衛生獣医師を対象とした中核人材教育カリキュラムの教育内容、方法、学習量(時間数)、履修証明、達成度評価について企画・検討する。

  • 畜産衛生獣医師を対象とした中核人材教育

    2016年08月 - 2017年03月

    文部科学省  成長分野等における中核的専門人材養成の戦略的推進事業 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    畜産衛生獣医師を対象とした中核人材教育カリキュラムの教育内容、方法、学習量(時間数)、履修証明、達成度評価について企画・検討する。

  • 畜産衛生獣医師を対象とした中核人材教育

    2015年08月 - 2016年03月

    文部科学省  成長分野等における中核的専門人材養成の戦略的推進事業 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    畜産衛生獣医師を対象とした中核人材教育カリキュラムの教育内容、方法、学習量(時間数)、履修証明、達成度評価について企画・検討する。

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 浮腫病対策

    2019年11月 - 2022年03月

    宮崎県経済農業協同組合連合会  国内共同研究 

    新森雄吾、斎藤周平

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  共同研究区分:国内共同研究

    養豚場における子豚の浮腫病対策

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 家畜疾病の病性鑑定

    2000年04月 - 現在

     詳細を見る

    南九州地域を中心とした牛および豚の農場における不明疾病等について、農場主、管理獣医師から病性鑑定の依頼があった場合、その原因究明、疾病診断、治療あるいは予防について対応している。