國武 久登 (クニタケ ヒサト)

KUNITAKE Hisato

写真a

所属

農学部 応用生物科学科 生物機能科学講座

職名

教授

連絡先

連絡先

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 学術博士 ( 1991年3月   千葉大学 )

  • 園芸学修士 ( 1988年3月   佐賀大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 環境・農学 / 園芸科学  / Horticulture

  • 環境・農学 / 遺伝育種科学  / Plant Breeding

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Effects of In vitro Colchicine Treatment on Tetraploid Induction in Seeds of Polyembryonic Cultivars of the Genera Citrus, Fortunella, and Poncirus 招待あり 査読あり

    YASUDA Kiichi, NUKAYA Tsunaki, SUDO Miki, YAHATA Masaki, TOMINAGA Akiyoshi, MUKAI Hiroo, KUNITAKE Hisato

    熱帯農業   66 ( 2 )   51 - 58   2022年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本熱帯農業学会  

    <p>To produce tetraploid plants effectively, we examined the effects of colchicine treatment on tetraploid induction from seeds of five polyembryonic genotypes in <i>Citrus</i>, <i>Fortunella</i>, and <i>Poncirus</i>. In the ‘Valencia’ sweet orange (<i>C. sinensis</i>), the germination rate decreased with increasing colchicine-treatment concentration and/or duration. The Meiwa kumquat (<i>F. classifolia</i>) and Hongkong kumquat (<i>F. hindsii</i>) showed high germination rates (>90%) in all treatments for 24–72 h, regardless of the colchicine concentration, although their germination rate decreased with any 96 h colchicine treatment. There was no regularity in the germination rates of the trifoliate orange variation ‘Flying-dragon’ trifoliate orange (<i>P. trifoliata</i>) or the ‘Swingle’ citrumelo [grapefruit (<i>C. paradis</i>) x trifoliate orange]. The effects of the treatment concentration and duration on the germination rate and the number of total seedlings differed among genera. Although the seedlings obtained after colchicine-treatment showed various ploidy levels such as tetraploids, octaploids, and chimeras (2x + 4x, 4x + 8x), the tetraploid induction rate varied greatly with the plant materials. The tetraploid induction rate per seed in ‘Valencia’ was highest (53.3%) with the 24 h treatment with 0.1% colchicine. The tetraploid induction rates in the Meiwa (50.0%) and Hongkong (30.0%) kumquats were greatest with 72 h treatment with 0.2%. The ‘Flying-dragon’ trifoliate orange and ‘Swingle’ showed the highest tetraploid induction rates with treatment of 0.1% for 24 h (10.0%) and 0.2% for 24 h (7.3%), respectively. Compared to <i>Citrus</i> and <i>Fortunella</i>, the tetraploid induction rate in <i>Poncirus</i> and its hybrid was low, and no regularity was observed among all of the conditions.</p>

    DOI: 10.11248/jsta.66.51

    CiNii Research

  • Highly polymerized proanthocyanidins (PAC) components from blueberry leaf and stem significantly inhibit SARS-CoV-2 infection via inhibition of ACE2 and viral 3CLpro enzymes 査読あり

    Sugamoto K., Tanaka Y.L., Saito A., Goto Y., Nakayama T., Okabayashi T., Kunitake H., Morishita K.

    Biochemical and Biophysical Research Communications   615   56 - 62   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Biochemical and Biophysical Research Communications  

    With the current worldwide pandemic of COVID-19, there is an urgent need to develop effective treatment and prevention methods against SARS-CoV-2 infection. We have previously reported that the proanthocyanidin (PAC) fraction in blueberry (BB) leaves has strong antiviral activity against hepatitis C virus (HCV) and human T-lymphocytic leukemia virus type 1 (HTLV-1). In this study, we used Kunisato 35 Gou (K35) derived from the rabbit eye blueberry (Vaccinium virgatum Aiton), which has a high PAC content in the leaves and stems. The mean of polymerization (mDP) of PAC in K35 was the highest of 7.88 in Fraction 8 (Fr8) from the stems and 12.28 of Fraction 7 (Fr7) in the leaves. The composition of BB-PAC in K35 is that most are B-type bonds with a small number of A-type bonds and cinchonain I as extension units. A strong antiviral effect was observed in Fr7, with a high polymerized PAC content in both the leaves and stems. Furthermore, when we examined the difference in the action of BB-PAC before and after SARS-CoV-2 infection, we found a stronger inhibitory effect in the pre-infection period. Moreover, BB-PAC Fr7 inhibited the activity of angiotensin II converting enzyme (ACE2), although no effect was observed in a neutralization test of pseudotyped SARS-CoV-2. The viral chymotrypsin-like cysteine protease (3CLpro) of SARS-CoV-2 was also inhibited by BB-PAC Fr7 in leaves and stems. These results indicate that BB-PAC has at least two different inhibitory effects, and that it is effective in suppressing SARS-CoV-2 infection regardless of the time of infection.

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2022.04.072

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Effects of cross combination on the total content and its composition of anthocyanins in sweetpotato (Ipomoea batatas L.) 査読あり

    Nakagawa S., Setoguchi Y., Ohmura R., Toshima S., Park H., Narasako Y., Hirano T., Otani M., Kunitake H.

    Scientia Horticulturae   299   2022年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientia Horticulturae  

    Anthocyanins in sweetpotato (Ipomoea batatas L.) have attracted much attention in light of their multiple health benefits and excellent properties as processed foods. Although crossbreeding is an effective way to breed new cultivars of sweetpotato, there are few reports on how anthocyanin content and composition are passed on to F1 hybrid generations by crossbreeding because of a complex genome and self-incompatibility reactions. In this study, three purple-fleshed sweetpotao cultivars, ‘Akemurasaki’, ‘Kyushu No.137’, ‘Purple Sweet Lord’, and one yellow-fleshed cultivars, ‘HE306’ (Silk Sweet®) selected for their anthocyanin contents and compositions were crossed in six combinations. Flowering was induced by using a sweetpotato grafting technique to obtain a total of 143 F1 hybrid lines. Anthocyanin content, the percentage of acylated anthocyanins, and the peonidin/cyanidin ratio in each of these F1 hybrid lines were investigated. In the F1 hybrid generations derived from these six cross combinations, many lines tended to have anthocyanin contents similar to those of the parent cultivars. In particular, among the 36 hybrid lines derived from crosses between ‘Akemurasaki’ and ‘HE306’ (Silk Sweet®), 13 lines with high anthocyanin contents (≧200 mg·100 g FW−1) and 20 lines without anthocyanins were identified. The F1 hybrid lines of this combination had anthocyanin contents similar to those of the parent cultivars, with anthocyanin-free lines appearing more frequently than anthocyanin-containing lines. Interestingly, we also identified a line with an extremely low percentage of acylated anthocyanins (49.7%) from the F1 hybrid lines derived from a cross between ‘Purple Sweet Lord’ (seed parent) and ‘Kyushu No. 137’ (pollen parent). Moreover, the F1 hybrid lines derived from crosses between ‘Purple Sweet Lord’ and ‘Kyushu No.137’ tended to have high peonidin/cyanidin ratios. This study provides an example of the inheritance of anthocyanin content and its composition in sweetpotato, which supplies valuable information for selection of parents to breed purple-fleshed cultivars.

    DOI: 10.1016/j.scienta.2022.110999

    Scopus

  • Prediction of the Adult T-Cell Leukemia Inhibitory Activity of Blueberry Leaves/Stems Using Direct-Injection Electron Ionization-Mass Spectrometry Metabolomics 招待あり 査読あり 国際誌

    Kai H., Okada Y., Goto Y., Nakayama T., Sugamoto K., Ogawa K., Yamasaki M., Morishita K., Matsuno K., Kunitake H.

    Plants   11 ( 10 )   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Plants  

    Although Vaccinium virgatum Aiton leaves and stems inhibit adult T-cell leukemia (ATL) cells, leaves and stems can differ between individual plants and by time and location. In this study, leaf and stem components were profiled in the same individual plant using direct-injection electron ionization-mass spectrometry (DI-EI-MS) metabolomics, with the aims of analyzing the anti-ATL activity, and quantifying proanthocyanidins (PACs). Leaves, stems, and leaf/stem mixtures showed distinct and characteristic spectra. Anti-ATL activity was stronger in stems than leaves, and the PAC content was higher in stems than leaves. These data were subjected to bivariate analysis to identify the factor (m/z) responsible for the inhibitory effect of ATL based on the highest coefficient of determination (R2 ). The results of this DI-EI-MS metabolomics analysis suggest that among PACs contained in V. virgatum stems and leaves, the fragment ion at m/z 149 contributes significantly to anti-ATL activity.

    DOI: 10.3390/plants11101343

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • キンカン属 (Fortunella) 植物の形態的特徴と果実特性 査読あり

    安田喜一・八幡昌紀・國武久登

    東海大学紀要 農学部   41   17 - 27   2022年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • ラズベリー ブラックベリー

    國武久登( 担当: 単著 ,  範囲: 統括)

    NHK出版  2022年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  • Flowering and Fruiting Haploid and Doubled Haploid Pummelos

    Masaki Yahata、Hisato Kunitake( 担当: 共著 ,  範囲: 執筆)

    IntechOpen  2019年2月 

     詳細を見る

    総ページ数:80   担当ページ:60-70   記述言語:英語 著書種別:学術書

    Haploid and doubled haploid (DH) plants are of great value for genetic analyses and premeditated breeding. This is especially true for woody species, which are generally characterized by a long reproductive cycle, a high degree of heterozygosity, a large plant size, and self-incompatibility. In Citrus and related genera, some haploid and DH plants have been produced by techniques such as anther culture, interploid hybridization, and the pollination of irradiated pollen. However, there are few reports of the characteristics of haploid and DH plants’ flowers, fruits, or reproductive potential. We selected a haploid progeny among small seed-derived seedlings obtained from ‘Banpeiyu’ pummelo [C. maxima (Burm.) Merr.], and we produced the DH plant of this haploid using colchicine-treated axillary shoot buds. Both this haploid pummelo and the DH pummelo showed normal growth and produced many flowers and fruit. In this chapter, we describe about the morphological characteristics and the reproductive potential of the haploid pummelo and the DH pummelo.

  • NHK趣味の園芸 新版・園芸相談9 「家庭果樹」(単著)

    國武久登( 担当: 単著 ,  範囲: 全て)

    日本放送出版会(NHK出版)  2009年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  • 植物ゲノム科学辞典

    駒嶺 穆 ほか( 担当: 共著 ,  範囲: カンキツ)

    朝倉書店  2009年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

  • 図解 植物バイオテクロロジー

    國武久登、他6名( 担当: 共著 ,  範囲: 組織培養、細胞融合、大量増殖)

    実教出版  2013年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • クワの実はふるさとの味 マルベリーを植えよう 招待あり

    國武久登・瀬戸口優乃

    プランツ & ガーデン   194   14 - 18   2022年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  • 里山のスーパーフルーツ サルナシを植えよう 招待あり

    國武久登・登島早紀

    プランツ & ガーデン   193   9 - 13   2022年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  • 初夏を彩る赤い宝石 サクランボを植えよう 招待あり

    國武 久登、登島 早紀

    プランツ & ガーデン   192   14 - 18   2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:日本園芸協会  

    スダチやカボスの栽培方法について教授した

  • ブルーベリーとシャシャンボなどの日本産スノキ属植物との交雑育種 招待あり

    國武久登

    農耕と園芸   76 ( 4 )   23 - 27   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  • ブルーベリーの茎・葉の機能性評価と「くにさと35号」の育成 招待あり

    國武久登

    農耕と園芸   76 ( 4 )   18 - 22   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 自己免疫疾患シェーグレン症候群の涙液分泌機能に及ぼすブルーベリー葉エキスの作用

    田頭明音1、浦田果林1、小河原康貴1、大野雄太2、佐藤慶太郎3、鈴木耀介4、菅本和寛4、山﨑正夫1、古賀靖子1、國武久登1、西山和夫1、後藤陽5、中山貴之5、小川健二郎6

    日本栄養食糧学会  2022年6月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月10日 - 2022年6月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • ブルーベリー葉熱水抽出物(BLEx)が3T3-L1脂肪細胞機能に与える影響

    須子田萌1、藤井健斗1、木上佑晟1、山﨑有美2、鈴木耀介3、菅本和寛3、古賀靖子1、 國武久登1、甲斐久博4、小川健二郎5、西山和夫1、後藤陽6、中山貴之6、山﨑正夫1

    第76回日本栄養・食糧学会大会  2022年6月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月10日 - 2022年6月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • DI-EI-MSメタボロミクスによるブルーベリー葉・茎の機能性評価

    ○甲斐 久博1、荒木 理佐1、後藤 陽2、中山 貴之2、菅本 和寛3、森下 和広4、國武 久登5

    日本農芸化学会  2022年3月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月15日 - 2022年3月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 健常成人を対象にした紫甘藷汁飲料による 食後血糖上昇抑制効果の検討 -ランダム化二重盲検プラセボ対照並行群間比較試験-

    〇黒木光歩1、有村保次1、長友奈央1、永濵清子2、榊原陽一2,3、國武久登2,3、海北幸一1

    第26回 日本フードファクター学会 学術集会  2021年11月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月20日 - 2021年11月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • スノキ属在来野生種ナガボナツハゼにおける花芽由来シュートを用いた挿し木技術の開発

    ○勝見 樹1・山本哲平2・中澤広貴2・周藤美希2・富永晃好1,2・向井啓雄1,2・ 安田喜一3・國武久登4・八幡昌紀1,2

    園芸学会秋季大会(岐阜大学)  2021年9月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月11日 - 2021年9月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第57回宮崎日日新聞賞(科学賞)

    2021年10月   宮崎日日新聞賞  

    ブルーベリー葉茎成分の新型コロナウイルス不活化研究チーム

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞 

    researchmap

  • 園芸学会九州支部賞学術賞

    2014年9月   園芸学会九州支部  

    國武久登、本勝千歳、内田飛香、安部秋晴、鉄村琢哉

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 平成24年度日本学術振興会特別研究員等審査会専門委員表彰

    2013年9月   日本学術振興会  

    國武 久登

     詳細を見る

    受賞国:日本国

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • カンキツにおける偽受精胚珠培養による効率的な半数体作出と単為発生メカニズムの解明

    研究課題/領域番号:20K06020  2021年04月 - 2022年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

     カンキツ(Citrus spp.)は栄養繁殖性作物でありヘテロ性が高いことから、諸形質の遺伝様式の解明が難しく、効率的な育種が困難である。半数体は倍加処理によって容易に純系を得られることや、相同ゲノムを1つしか持たないことから遺伝子解析や計画育種のための重要な育種素材となる。しかしながら、カンキツにおける半数体誘導は葯培養や花粉培養による雄核発生の事例があるが限定的である。申請者らは、花粉への軟X線照射と胚珠培養を組合せることにより半数体を育成した。そこで、本研究では、一般的に軟X線よりも効果の高いγ線を花粉に照射し、ブンタンの主要品種である‘晩白柚’の偽受精胚珠培養により効率的な半数体誘導について検討する。その結果から単為発生関連遺伝子との関連について調査する。本研究によって、高等植物の雌性配偶子からの単為発生メカニズムが明らかになると共に、半数体誘導が困難な植物での獲得技術が確立でき、遺伝子解析が画期的に進展する。

  • カンキツの倍加半数体を利用した雄性側自家不和合性の自己・非自己認識機構の解明

    2016年04月 - 2019年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    高等植物における雄性側自家不和合性は、柱頭や花柱組織内で起こる複合的な生化学現象のため、機序の解明は極めて困難である。我々は、配偶体型の認識機構を有するカンキツにおいて、世界に先駆けて試験管内で和合/不和合の反応を再現できる花粉液体培養モデルシステムを開発した。しかしながら、自家不和合性の原因遺伝子であるS遺伝子座の自己・非自己認識機構は不明のままである。そこで、本研究では、遺伝子座が単純化されている倍加半数体(S1S1)の成熟花粉の液体培養を行い、Sハプロタイプの異なる花柱粗タンパク質を複数添加して、不和合・和合反応を評価し、自家不和合関連遺伝子の発現を含めて自己・非自己認識機構を明らかにする。
     本研究によって、ミカン科植物の自家不和合機構のメカニズムと多様性が明らかになるとともに、自家不和合の打破に繋がる薬剤の開発が期待できる。

  • カンキツにおける単一花粉培養法を利用した自家不和合性関連遺伝子の探索

    2013年04月 - 2015年03月

    科学研究費補助金 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    高等植物における雄性側自家不和合性は、柱頭や花柱組織内で起こる複合的な生化学現象のため、機序の解明は極めて困難である。我々は、カンキツにおいて、世界に先駆けて試験管内で和合/不和合の反応を再現できる花粉液体培養モデルシステムを開発し、反応が生じた花粉管からのプロテオーム解析技術を確立した。しかしながら,多数の花粉粒からの発現解析では詳細な挙動を確認することが不十分である。そこで、本研究では、①単一花粉培養法を利用した自家不和合評価システムの開発、②プロテオーム解析による単一花粉を利用した自家不和合性関連遺伝子の同定、③和合/不和合反応が生じた花粉管における自家不和合性関連遺伝子の発現解析を行い、1個の花粉管内で発現する遺伝子の挙動に挑む。 

  • 落葉樹の紅葉現象の解明

    2011年04月 - 2013年03月

    科学研究費補助金 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    ブルーベリー培養苗システムを利用して、人工気象器内での環境制御により、紅葉現象の発現メカニズムを解明する。

  • カンキツ類におけるアミトーシス細胞の視覚化とその細胞融合雑種の遺伝学的解析

    2008年06月 - 2011年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    本研究では、アミトーシス現象を視覚化し、その発生頻度の高い培養細胞システムを開発する。また、その培養細胞由来プロトプラストと二倍体葉肉プロトプラストとを細胞融合し、雑種の遺伝的解析を行う。さらに、既に育成している三倍体体細胞雑種の染色体構成を明らかにし、果実品質について調査を行い、本技術の有効性について考察する。

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 数理・データサイエンス教育強化経費

    2019年04月 - 2022年03月

    文部科学省  大学における数理・データサイエンス教育の全国展開 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    数理・データサイエンス教育の全国への普及・展開を強力に加速するため。

  • 豚糞・廃菌床を有効活用して堆肥化、飼料化する循環システムの構築と基礎実験型可能性調査

    2017年01月 - 2019年12月

    宮崎県  平成28年度環境リサイクル技術開発・事業化支援事業 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    産業廃棄物である豚糞と、一般廃棄物である椎茸廃菌床を有効活用して、ブルーベリー用栽培堆肥及び養豚飼料、廃菌床中に残存するチップの菌床へのリサイクル可能性に関する基礎実験を行う。

  • 安心・安全な宮崎県産ブルーベリー葉と有機緑茶による高付加価値ブレンド粉末茶の開発

    2016年09月 - 2017年09月

    地方自治体  平成28年度宮崎県産学官共同研究開発支援事業 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    有機緑茶による高付加価値ブレンド粉末茶の開発するために,葉の安全性を評価し,機能性の高い茶葉や粉茶を開発する.

  • 大学間連携による地域ニーズを捉えたみやざき産業人材の育成

    2015年10月 - 2020年03月

    文部科学省  地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+) 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    宮崎県の5大学・高専(宮崎大学、宮崎県立看護大学、宮崎公立大学、九州保健福祉大学、都城工業高等専門学校)が宮崎県と連携するとともに、経済団体等と協働し、成長企業の経営理念や成長ノウハウを大学の「知」で産業ごとに見える化して「地域ニーズを捉えた産業人材」を養成します。そのために、以下の取組を行います。
    ①7産業ユニットからなる「宮崎産業人材育成教育プラットフォーム」を設置し、COC+参加校が地元企業や団体と連携してウェブサイトを利用した「宮崎授業配信システム」を開発し、規定の単位を修得した学生には「産業ユニット修了証」を授与し、毎年250名のみやざき産業人材を育成します。
    ②COC+推進コーディネーターやサブコーディネーターが地域・企業ニーズと教育プログラム開発や「キャリア意識追跡調査」を実施し、学生の地元就職を支援することで5大学・高専の卒業生の宮崎県内への就職率を5年間で10%アップさせることを目指しています。

  • 食と健康を基軸として宮崎地域志向型一貫教育による人材育成事業

    2013年09月 - 2018年03月

    文部科学省  地(知)の拠点整備事業(COC事業) 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    宮崎大学の教・医・工・農の4学部は設置以来、宮崎県の教育・医療・工業・農業における人材育成と関連分野の発展に貢献してきた。今日、県の基幹産業である農業分野の振興においては、「食と健康」を基軸とした人材育成・新技術創出・中山間地域の活性化が地域の緊急課題であり、その対策が宮崎県の重要施策に位置づけられている。そこで、本事業では、「地域の大学」としての宮崎県と問題意識の共有と連携を行い、全学を挙げて先の課題解決に取り組むために、こうした取組が本学の共通教育および専門教育の深化・充実、ならびに学内センター・施設の活動の活性化へと繋がるよう、学内改革を行い、本学独自の「地域志向型一貫教育」の構築を行う。

全件表示 >>

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 門川町の生物多様性に関する調査並びに魅力の情報発信に関する研究

    2021年07月 - 2022年03月

    門川町 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  受託研究区分:一般受託研究

  • 綾生物圏保存地域の生態系の保全と持続可能な利活用の調和に関する研究

    2021年06月 - 2022年03月

    綾町  一般受託研究 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  受託研究区分:一般受託研究

  • 川南ラズベリーを活用した新商品開発に関する研究

    2021年04月 - 2023年03月

    川南町  一般受託研究 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  受託研究区分:一般受託研究

  • 都農町の地域活性化に関する研究

    2021年04月 - 2022年03月

    一般財団法人つの未来まちづくり推進機構  一般受託研究 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  受託研究区分:一般受託研究

  • 川南ラズベリーを活用した新商品開発に関する研究

    2021年04月 - 2022年03月

    地方自  一般受託研究 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  受託研究区分:一般受託研究

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • エアープルーニングコンテナ ルートプラスポットの有効性試験

    2022年04月 - 2023年03月

    南榮工業株式会社  国内共同研究 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  共同研究区分:学内共同研究

  • ブルーベリー雑種系統の特性評価およびマーケティングに関する共同研究

    2020年04月 - 2023年03月

    公益財団法人東京都農林水産振興財団  国内共同研究 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  共同研究区分:国内共同研究

  • スノキ属野生種を含むブルーベリーの育種に関する研究

    2020年02月 - 2023年03月

    国立大学法人静岡大学、学校法人東海大学  国内共同研究 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • ブルーベリー茎及び葉の含有成分の評価法と分取法に関する研究

    2019年04月 - 2022年03月

    株式会社ビオラボ、株式会社なな葉コーポレーション  学内共同研究 

    國武久登、山﨑正夫

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  共同研究区分:学内共同研究

    ブルーベリー葉および茎の機能性評価