國武 久登 (クニタケ ヒサト)

KUNITAKE Hisato

写真a

所属

農学部 応用生物科学科 生物機能科学講座

職名

教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 学術博士 ( 1991年3月   千葉大学 )

  • 園芸学修士 ( 1988年3月   佐賀大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 環境・農学 / 園芸科学  / Horticulture

  • 環境・農学 / 遺伝育種科学  / Plant Breeding

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Vaccinium virgatum aiton leaves extract suppressed lipid accumulation and uric acid production in 3T3-L1 adipocytes

    Yamasaki M., Kiue Y., Fujii K., Sushida M., Yamasaki Y., Sugamoto K., Suzuki Y., Koga Y., Kunitake H., Kai H., Ogawa K., Nishiyama K., Goto Y., Nakayama T.

    Plants   10 ( 12 )   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Plants  

    Blueberry (Vaccinium virgatum Aiton; Kinisato 35 Gou) leaves have recently attracted in-creasing attention as a useful material for the prevention of lifestyle diseases. Here, we examined the effects of the hot water extract of blueberry leaves (BLEx) on lipogenesis and uric acid production in 3T3-L1 adipocytes. The results showed that BLEx suppressed lipid accumulation and the mRNA expression of differentiation markers in 3T3-L1 adipocytes. A fractionation study showed that the highly polymerized proanthocyanidin-rich fraction was responsible for this effect. Upon maturation to adipocytes, 3T3-L1 cells produced uric acid and tumor necrosis factor-α, and hypoxia stimulated the production of uric acid and xanthine oxidoreductase activity. BLEx suppressed the production of uric acid under these conditions. Although BLEx inhibited the enzymatic activity of xanthine oxidase, this activity was observed in several fractions containing catechin, epicatechin, chlorogenic acid, rutin, and low molecular weight proanthocyanidins. Taken together, these results indicate that BLEx contains various compounds with the ability to suppress lipid accumulation and uric acid production in adipocytes.

    DOI: 10.3390/plants10122638

    Scopus

    PubMed

  • Fruit Qualities of Interspecific Hybrid and First Backcross Generations between Red Raspberry and Rubus parvifolius

    Saki Toshima, Marika Fujii, Momoko Hidaka, Soya Nakagawa, Tomonari Hirano, Hisato Kunitake

    J. Amer. Soc. Hort. Sci.   146 ( 6 )   445 - 451   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.21273/JASHS05111-21

  • Identification of parental genome construction and inherited morphological characteristics in triploid and aneuploid intergeneric hybrids from a diploid−diploid cross between citrus and fortunella 招待あり 査読あり

    Yasuda K., Yahata M., Sato M., Sudo M., Tominaga A., Kunitake H.

    Agronomy   11 ( 10 )   2 - 16   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Agronomy  

    We previously obtained two intergeneric hybrids with different ploidies, i.e., aneuploid (2n = 28) and eutriploid, from diploid−diploid crosses between ‘Kiyomi’ tangor (Citrus unshiu Marcow. × C. sinensis (L.) Osbeck) and Meiwa kumquat (Fortunella crassifolia Swingle) as novel breeding materials for a seedless kumquat. In this study, we attempted to clarify the construction of the parental genomes of these hybrids by SSR genotyping and genomic in situ hybridization (GISH)−chromomycin A3 (CMA) analysis. SSR genotyping in NSX43 (LG5) and CiBE2227 (LG8) loci revealed that both hybrids inherited one allele from ‘Kiyomi’ tangor and two heterozygous alleles from Meiwa kumquat. The GISH analysis failed due to the high genomic homology between Citrus and Fortunella. At the same time, the CMA karyotype compositions of the two intergeneric hybrids (H15-701: 2A + 1B + 3C + 13D + 7E + 1F + 1Dst; H15-702: 3A + 1B + 2C + 15D + 4E +1F + 1Dst) and both parents (‘Kiyomi’ tangor: 1A + 2B + 2C + 6D + 7E; Meiwa kumquat: 2A + 2C + 12D + 1F + 1Dst) were completely revealed. We identified the parental genome construction and polyploidiza-tion processes in both intergeneric hybrids on the basis of these SSR genotypes and CMA karyotype compositions according to the following theory: the SSR genotypes and chromosome compositions were the same as those of the somatic chromosome and two-fold after the first division (even num-ber) in unreduced gametes caused by first-division restitution (FDR) and second-division restitution (SDR), respectively. Consequently, we determined that both intergeneric hybrids may have had two genomes derived from the 2n male unreduced gamete as a result of the FDR of the Meiwa kumquat. In addition, most horticultural traits of the leaves, flowers, and fruits of both hybrids showed intermediate traits of the parents, but the fruit sizes and flowering habits were more like those of the two inherited genomes of Meiwa kumquat.

    DOI: 10.3390/agronomy11101988

    Scopus

  • 宮崎大学医学部附属病院臨床研究支援センター食品臨床試験部門の取り組み 査読あり

    有村保次、永濱清子、黒木光渉、國武久登、片岡寛章(他6名)

    宮崎県医師会医学会誌   45 ( 2 )   222 - 230   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Double mutant analysis with the large flower mutant, ohbana1, to explore the regulatory network controlling the flower and seed sizes in arabidopsis thaliana 査読あり

    Nhat V.Q., Kazama Y., Ishii K., Ohbu S., Kunitake H., Abe T., Hirano T.

    Plants   10 ( 9 )   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Plants  

    Two growth processes, cell proliferation and expansion, determine plant species-specific organ sizes. A large flower mutant in Arabidopsis thaliana, ohbana1 (ohb1), was isolated from a mutant library. In the ohb1 flowers, post-mitotic cell expansion and endoreduplication of nuclear DNA were promoted. The whole-genome resequencing and genetic analysis results showed that the loss of function in MEDIATOR16 (MED16), a mediator complex subunit, was responsible for the large flower phenotypes exhibited by ohb1. A phenotypic analysis of the mutant alleles in MED16 and the double mutants created by crossing ohb1 with representative large flower mutants revealed that MED16 and MED25 share part of the negative petal size regulatory pathways. Furthermore, the double mutant analyses suggested that there were genetically independent pathways leading to cell size restrictions in the floral organs which were not related to the MED complex. Several double mutants also formed larger and heavier seeds than the wild type and single mutant plants, which indicated that MED16 was involved in seed size regulation. This study has revealed part of the size-regulatory network in flowers and seeds through analysis of the ohb1 mutant, and that the size-regulation pathways are partially different between floral organs and seeds.

    DOI: 10.3390/plants10091881

    Scopus

    PubMed

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Flowering and Fruiting Haploid and Doubled Haploid Pummelos

    Masaki Yahata、Hisato Kunitake( 担当: 共著 ,  範囲: 執筆)

    IntechOpen  2019年2月 

     詳細を見る

    総ページ数:80   担当ページ:60-70   記述言語:英語 著書種別:学術書

    Haploid and doubled haploid (DH) plants are of great value for genetic analyses and premeditated breeding. This is especially true for woody species, which are generally characterized by a long reproductive cycle, a high degree of heterozygosity, a large plant size, and self-incompatibility. In Citrus and related genera, some haploid and DH plants have been produced by techniques such as anther culture, interploid hybridization, and the pollination of irradiated pollen. However, there are few reports of the characteristics of haploid and DH plants’ flowers, fruits, or reproductive potential. We selected a haploid progeny among small seed-derived seedlings obtained from ‘Banpeiyu’ pummelo [C. maxima (Burm.) Merr.], and we produced the DH plant of this haploid using colchicine-treated axillary shoot buds. Both this haploid pummelo and the DH pummelo showed normal growth and produced many flowers and fruit. In this chapter, we describe about the morphological characteristics and the reproductive potential of the haploid pummelo and the DH pummelo.

  • NHK趣味の園芸 新版・園芸相談9 「家庭果樹」(単著)

    國武久登( 担当: 単著 ,  範囲: 全て)

    日本放送出版会(NHK出版)  2009年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  • 植物ゲノム科学辞典

    駒嶺 穆 ほか( 担当: 共著 ,  範囲: カンキツ)

    朝倉書店  2009年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

  • 図解 植物バイオテクロロジー

    國武久登、他6名( 担当: 共著 ,  範囲: 組織培養、細胞融合、大量増殖)

    実教出版  2013年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • 図解 植物バイオテクロロジー

    國武 久登

    実教出版  2013年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 季節感のある果実を我が家で味わう 香酸カンキツを植えよう 招待あり

    國武 久登、登島 早紀

    プランツ & ガーデン   188   14 - 18   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:日本園芸協会  

    スダチやカボスの栽培方法について教授した

  • 南国気分になれる トロピカルフルーツを植えよう 招待あり

    國武久登

    プランツ & ガーデン   187   14 - 18   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:日本園芸協会  

    マンゴーなどの熱帯果樹の栽培方法を教授した。

  • やっぱり真っ赤なベリーが好き!ラズベリーを植えよう 招待あり

    國武久登

    プラント & ガーデン   186   14 - 18   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:日本園芸協会  

    ラズベリーの園芸的利用を概説

  • ニッポンを元気に! 情熱人歴伝 招待あり

    國武久登

    健康365   192 ( 8 )   160 - 162   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:株式会社 エイチアンドアイ  

    ブルーベリー葉研究の流れを紹介。
    産業人材育成

  • ナチュラルガーデンの主役 ブルーベリーを植えよう

    國武久登

    プラント&ガーデン   185   7 - 10   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:日本園芸協会  

    この連載では、育てやすく生活に役立つ果樹を紹介します。今回はベリーガーデニングの一番人気のフルーツ‘ブルーベリー’です。果実に含まれるアントシアニンが目によいということで、あっという間に日本の食卓やガーデンの定番になりました。春の可憐な花、夏の甘酸っぱい果実、そして秋の紅葉はどの果樹にも負けません。ぜひ、この機会にベリーガーデニングを楽しみましょう。

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • SSRマーカーを用いた清見タンゴールとニンポウキンカンとの二倍体間交雑から得られた倍数体雑種におけるゲノム構成の解明

    佐藤真衣,八幡昌紀,國武久登,安田喜一

    園芸学会九州支部第 60 回大会  (該当無し(Zoom))  園芸学会九州支部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:該当無し(Zoom)  

    researchmap

  • ラズベリーと在来野生種ナワシロイチゴとの種間雑種の総カロテノイド含量とその抗酸化能

    日髙桃子、登島早紀、藤井麻里花、平野智也、國武久登

    園芸学会九州支部第 60 回大会  (該当無し(Zoom))  園芸学会九州支部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月27日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:該当無し(Zoom)  

    ラズベリー育種

  • 甘藷におけるアントシアニン含量やその組成に及ぼす塊根の発達ステージの影響

    中川颯也・奈良迫洋介・大谷基泰・平野智也・國武久登

    日本作物学会講演会  (農研機構)  日本作物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月27日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:農研機構  

    紫肉色系品種は塊根の肥大初期からアントシアニンの蓄積やアシル化が進んでおり,発達過程でその含量の推移には品種による差異があることが明らかとなった.今後,塊根の発達過程において発現するアントシアニン生合成関連遺伝子について解析して行く予定である.

  • ハイブッシュブルーベリー‘スパルタン’と在来野生種シャシャンボとの節間雑種の評価

    外山由季・堺恵実子・吉岡克則・平野智也・國武久登

    令和2年度園芸学会春季大会  (東京農工大学(新型肺炎のため中止))  園芸学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京農工大学(新型肺炎のため中止)  

    節間雑種のアントシアニン含量やその組成は野生種のシャシャンボと同様の傾向が示され,9月に収穫した成熟果は野生種と同等の含量が確認できた.

  • アジア野生種を利用したブルーベリーの品種改良 国際会議

    國武久登

    Modern Blueberry Breeding Techniques Global Collaboration Training Program  (中国昆明)  中国昆明市ブルーベリー研究所

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月1日 - 2018年12月7日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:中国昆明  

    ブルーベリーの育種に関する最近の情報を発表した。

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第57回宮崎日日新聞賞(科学賞)

    2021年10月   宮崎日日新聞賞  

    ブルーベリー葉茎成分の新型コロナウイルス不活化研究チーム

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞 

  • 園芸学会九州支部賞学術賞

    2014年9月   園芸学会九州支部  

    國武久登、本勝千歳、内田飛香、安部秋晴、鉄村琢哉

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 平成24年度日本学術振興会特別研究員等審査会専門委員表彰

    2013年9月   日本学術振興会  

    國武 久登

     詳細を見る

    受賞国:日本国

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • カンキツにおける偽受精胚珠培養による効率的な半数体作出と単為発生メカニズムの解明

    研究課題/領域番号:20K06020  2020年04月 - 2024年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

     カンキツ(Citrus spp.)は栄養繁殖性作物でありヘテロ性が高いことから、諸形質の遺伝様式の解明が難しく、効率的な育種が困難である。半数体は倍加処理によって容易に純系を得られることや、相同ゲノムを1つしか持たないことから遺伝子解析や計画育種のための重要な育種素材となる。しかしながら、カンキツにおける半数体誘導は葯培養や花粉培養による雄核発生の事例があるが限定的である。申請者らは、花粉への軟X線照射と胚珠培養を組合せることにより半数体を育成した。そこで、本研究では、一般的に軟X線よりも効果の高いγ線を花粉に照射し、ブンタンの主要品種である‘晩白柚’の偽受精胚珠培養により効率的な半数体誘導について検討する。その結果から単為発生関連遺伝子との関連について調査する。本研究によって、高等植物の雌性配偶子からの単為発生メカニズムが明らかになると共に、半数体誘導が困難な植物での獲得技術が確立でき、遺伝子解析が画期的に進展する。

  • カンキツの倍加半数体を利用した雄性側自家不和合性の自己・非自己認識機構の解明

    2016年04月 - 2019年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    高等植物における雄性側自家不和合性は、柱頭や花柱組織内で起こる複合的な生化学現象のため、機序の解明は極めて困難である。我々は、配偶体型の認識機構を有するカンキツにおいて、世界に先駆けて試験管内で和合/不和合の反応を再現できる花粉液体培養モデルシステムを開発した。しかしながら、自家不和合性の原因遺伝子であるS遺伝子座の自己・非自己認識機構は不明のままである。そこで、本研究では、遺伝子座が単純化されている倍加半数体(S1S1)の成熟花粉の液体培養を行い、Sハプロタイプの異なる花柱粗タンパク質を複数添加して、不和合・和合反応を評価し、自家不和合関連遺伝子の発現を含めて自己・非自己認識機構を明らかにする。
     本研究によって、ミカン科植物の自家不和合機構のメカニズムと多様性が明らかになるとともに、自家不和合の打破に繋がる薬剤の開発が期待できる。

  • カンキツにおける単一花粉培養法を利用した自家不和合性関連遺伝子の探索

    2013年04月 - 2015年03月

    科学研究費補助金 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    高等植物における雄性側自家不和合性は、柱頭や花柱組織内で起こる複合的な生化学現象のため、機序の解明は極めて困難である。我々は、カンキツにおいて、世界に先駆けて試験管内で和合/不和合の反応を再現できる花粉液体培養モデルシステムを開発し、反応が生じた花粉管からのプロテオーム解析技術を確立した。しかしながら,多数の花粉粒からの発現解析では詳細な挙動を確認することが不十分である。そこで、本研究では、①単一花粉培養法を利用した自家不和合評価システムの開発、②プロテオーム解析による単一花粉を利用した自家不和合性関連遺伝子の同定、③和合/不和合反応が生じた花粉管における自家不和合性関連遺伝子の発現解析を行い、1個の花粉管内で発現する遺伝子の挙動に挑む。 

  • 落葉樹の紅葉現象の解明

    2011年04月 - 2013年03月

    科学研究費補助金 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    ブルーベリー培養苗システムを利用して、人工気象器内での環境制御により、紅葉現象の発現メカニズムを解明する。

  • カンキツ類におけるアミトーシス細胞の視覚化とその細胞融合雑種の遺伝学的解析

    2008年06月 - 2011年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    本研究では、アミトーシス現象を視覚化し、その発生頻度の高い培養細胞システムを開発する。また、その培養細胞由来プロトプラストと二倍体葉肉プロトプラストとを細胞融合し、雑種の遺伝的解析を行う。さらに、既に育成している三倍体体細胞雑種の染色体構成を明らかにし、果実品質について調査を行い、本技術の有効性について考察する。

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 大学間連携による地域ニーズを捉えたみやざき産業人材の育成

    2015年10月 - 2020年03月

    文部科学省  地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+) 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    宮崎県の5大学・高専(宮崎大学、宮崎県立看護大学、宮崎公立大学、九州保健福祉大学、都城工業高等専門学校)が宮崎県と連携するとともに、経済団体等と協働し、成長企業の経営理念や成長ノウハウを大学の「知」で産業ごとに見える化して「地域ニーズを捉えた産業人材」を養成します。そのために、以下の取組を行います。
    ①7産業ユニットからなる「宮崎産業人材育成教育プラットフォーム」を設置し、COC+参加校が地元企業や団体と連携してウェブサイトを利用した「宮崎授業配信システム」を開発し、規定の単位を修得した学生には「産業ユニット修了証」を授与し、毎年250名のみやざき産業人材を育成します。
    ②COC+推進コーディネーターやサブコーディネーターが地域・企業ニーズと教育プログラム開発や「キャリア意識追跡調査」を実施し、学生の地元就職を支援することで5大学・高専の卒業生の宮崎県内への就職率を5年間で10%アップさせることを目指しています。

  • 数理・データサイエンス教育強化経費

    2019年04月 - 2022年03月

    文部科学省  大学における数理・データサイエンス教育の全国展開 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    数理・データサイエンス教育の全国への普及・展開を強力に加速するため。

  • 豚糞・廃菌床を有効活用して堆肥化、飼料化する循環システムの構築と基礎実験型可能性調査

    2017年01月 - 2019年12月

    宮崎県  平成28年度環境リサイクル技術開発・事業化支援事業 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    産業廃棄物である豚糞と、一般廃棄物である椎茸廃菌床を有効活用して、ブルーベリー用栽培堆肥及び養豚飼料、廃菌床中に残存するチップの菌床へのリサイクル可能性に関する基礎実験を行う。

  • 安心・安全な宮崎県産ブルーベリー葉と有機緑茶による高付加価値ブレンド粉末茶の開発

    2016年09月 - 2017年09月

    地方自治体  平成28年度宮崎県産学官共同研究開発支援事業 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    有機緑茶による高付加価値ブレンド粉末茶の開発するために,葉の安全性を評価し,機能性の高い茶葉や粉茶を開発する.

  • 食と健康を基軸として宮崎地域志向型一貫教育による人材育成事業

    2013年09月 - 2018年03月

    文部科学省  地(知)の拠点整備事業(COC事業) 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    宮崎大学の教・医・工・農の4学部は設置以来、宮崎県の教育・医療・工業・農業における人材育成と関連分野の発展に貢献してきた。今日、県の基幹産業である農業分野の振興においては、「食と健康」を基軸とした人材育成・新技術創出・中山間地域の活性化が地域の緊急課題であり、その対策が宮崎県の重要施策に位置づけられている。そこで、本事業では、「地域の大学」としての宮崎県と問題意識の共有と連携を行い、全学を挙げて先の課題解決に取り組むために、こうした取組が本学の共通教育および専門教育の深化・充実、ならびに学内センター・施設の活動の活性化へと繋がるよう、学内改革を行い、本学独自の「地域志向型一貫教育」の構築を行う。

全件表示 >>

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 川南ラズベリーを活用した新商品開発に関する研究

    2021年04月 - 2022年03月

    川南町 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  受託研究区分:一般受託研究