雉子谷 佳男 (キジダニ ヨシオ)

KIJIDANI Yoshio

写真a

職名

教授

研究室電話番号

0985-58-7180

研究室FAX番号

0985-58-7180

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学) ( 1997年3月   九州大学 )

  • 修士(農学) ( 1992年3月   九州大学 )

  • 学士(農学) ( 1990年3月   九州大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 木質科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Seasonal variations of auxin and gibberellin A4 levels in cambial-region tissues of three conifers (Pinus elliottii, Chamaecyparis obtusa, and Cryptomeria japonica) with inherently different wood densities 査読あり

    Yoshio Kijidani, Taku Tsuyama, Katsuhiko Takata

    Journal of wood science   67 ( 46 )   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Partial compression strength of sugi (Japanese cedar, Cryptomeria japonica) wood near the pith perpendicular to the grain 査読あり

    Yoshio Kijidani; Hideki Morita; Shiro Aratake; Taku Tsuyama; Takanori Arima

    Journal of Wood Science   65 ( 15 )   1 - 9   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1186/s10086-019-1796-2

  • Lignification in developing culms of bamboo Sinobambusa tootsik

    Tsuyama T., Shimada N., Motoda T., Matsushita Y., Kijidani Y., Fukushima K., Kamei I.

    Journal of Wood Science   63 ( 6 )   551 - 559   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Wood Science  

    © 2017, The Japan Wood Research Society. Bamboos are among the largest woody grasses and grow very rapidly. Although lignin is a crucial factor for the utilization of bamboo biomass, the lignification mechanism of bamboo shoots is poorly understood. We studied lignification in the bamboo Sinobambusa tootsik during culm development. Elongation growth began in May and ended in late-June, when the lignin content was approximately half that in mature culms. Thioacidolysis analysis indicated that p-hydroxyphenyl units in lignin formed even at late stages of lignification. The syringyl/guaiacyl ratio varied during culm development. Various lignin precursors were detected in developing culms by liquid chromatography–mass spectrometry. The ferulic acid content decreased from May to June, indicating that ferulic acid was utilized in early stages of cell wall formation. Monolignol glucosides were detected at early stages of lignification, whereas the contents of monolignols, coniferaldehyde, sinapaldehyde, p-coumaric acid, and ferulic acid peaked at later stages of lignification. Therefore, lignin precursors may be supplied differentially during the lignification process. In August, the rate of lignification decreased, although the contents of various lignin precursors peaked, implying that the rate-limiting step in the cessation of lignification in bamboo is transport or polymerization of lignin precursors, rather than their biosynthesis.

    DOI: 10.1007/s10086-017-1651-2

    Scopus

  • Seasonal variations of tracheid formation and amount of auxin (IAA) and gibberellin A4 (GA4) in cambial-region tissues of mature sugi (Cryptomeria japonica) cultivar grown in a Nelder plot with different tree densities

    Kijidani Y., Nagai T., Suwashita T., Tsuyama T.

    Journal of Wood Science   63 ( 4 )   315 - 321   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Wood Science  

    © 2017, The Japan Wood Research Society. The role of phytohormones in tracheid formation remains unclear in conifers. In this study, to obtain information on the role of auxin (IAA) and gibberellin A4 (GA4), we examined seasonal variation in the amount of phytohormones in cambial-region tissues and tracheid formation of sugi cultivar planted in a Nelder plot with different tree densities. We demonstrated that the amount of IAA was positively correlated with the number of tracheids formed in early and mid-season, but not in late season, and had no relation to tracheid differentiation. Crown length and height at the crown base had a positive and negative effect, respectively, on IAA amounts in early and mid-season, but not in late season. Height-to-diameter ratio was negatively correlated with IAA amounts in early and mid-season, but not in late season. Sugi trees with wider spacing continued tracheid formation in late season with smaller amounts of IAA, although the trees with narrower spacing ceased tracheid formation with larger amounts of IAA. Cambial growth cessation in late season might be controlled not by IAA amount, but by short-day-induced insensitivity to IAA. GA4 had no relation with the indexes of growth traits or tracheid formation.

    DOI: 10.1007/s10086-017-1626-3

    Scopus

  • 水耕栽培によるスギ挿し穂のカルス形成と発根誘導

    平田 令子, 黒木 皇成, 中村 凌, 雉子谷 佳男, 伊藤 哲

    日本森林学会大会発表データベース   128 ( 0 )   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本森林学会  

    <p>水耕栽培によるスギ挿し木苗の育成は、カルス形成から発根までの過程を観察することができるため、通常の挿し床による育苗と違い、移植の時期の判断が容易になるメリットがある。また、環境のコントロールが可能になることから、スギ苗木の周年生産の可能性も期待できる。そこで本研究では、スギ挿し穂の水耕栽培を試み、カルス形成と発根過程を記録した。さらに、カルス形成と発根を促進するためにハードニング処理(低温順化処理)を行い、その効果を検討した。実験は、宮崎大学構内の実験室内の水槽で行った。2015年11月および2016年4月に穂木を水槽に挿し、カルス形成と発根過程を観察した。また、2016年8月に採穂した穂木を5℃のインキュベータ内で冷蔵し、ハードニング処理を行った。冷蔵期間は3週間および6週間とした。11月に水槽に挿した穂木のうち、生残した個体は翌年2月までカルス形成および発根がみられなかった。4月に挿した穂木では実験開始後1~2か月でカルスが形成され始め、その後発根がみられた。8月に挿した穂木では、ハードニング処理期間が長いほどカルス形成速度が速くなる傾向が見られたが、穂木の枯死率も高くなった。</p>

    DOI: 10.11519/jfsc.128.0_520

    CiNii Article

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 第26回日本木材学会九州支部大会(宮崎)を振り返って 招待あり

    雉子谷佳男

    木科学情報   27 ( 1 )   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 飫肥林業を遺伝要因(生まれ)と環境要因(育ち)から考える 招待あり

    雉子谷佳男

    山林   1629   22 - 28   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 第26回日本木材学会九州支部大会報告 招待あり

    雉子谷佳男

    ウッディエンス   52   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 欧州の林業と木材利用についてーチェコ・メンデル大学の林業・木材学部の戦略ー 招待あり

    雉子谷佳男

    木科学情報   25 ( 2 )   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 第58回日本木材学会賞を受賞してー九州の研究者であることー 招待あり

    雉子谷佳男

    木科学情報   25 ( 2 )   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • モウソウチク細胞壁形成過程におけるヘミセルロースの堆積

    宗像典哲,津山濯,亀井一郎,雉子谷佳男,高部圭司

    第71回日本木材学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月19日 - 2021年3月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 黒心材をもつスギ品種の樹体内におけるカリウム分布

    呂紫秋,古賀信也,阪上宏樹,松村順司,雉子谷佳男

    第71回日本木材学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月19日 - 2021年3月21日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • ポプラ分化中木部におけるコニフェリン輸送体候補遺伝子の解析

    矢野陽花,大塚環,宗像典哲,島田菜津美,雉子谷佳男,榊原陽一,亀井一郎,矢崎一史,高部圭司,津山濯

    第71回日本木材学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月19日 - 2021年3月21日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 屈曲処理したスダジイ樹幹のTW側およびOW側におけるオーキシン極性輸送について-投与および内生IAAの分布解析-

    富家梓,雉子谷佳男,津山濯

    第71回日本木材学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月19日 - 2021年3月21日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • モウソウチク横断面画像からの維管束抽出モデルを用いたタケ維管束分布の解析

    浜井堅成,津山濯,雉子谷佳男,杉山淳司

    第71回日本木材学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月19日 - 2021年3月21日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第58回日本木材学会賞

    2018年3月   日本木材学会   スギ、ヒノキの材質変動メカニズムへの植物ホルモンの影響に関する研究

    雉子谷佳男

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • イチョウの材形成及び木材組織構造の網羅的 析から る木本植物の進化と環境適応性

    2021年04月 - 2024年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • エチレン前駆物質ACC量の組織ごとの分布解析による広葉樹あて材形成誘導の解明

    2019年04月 - 2021年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 基質万能性ペルオキシダーゼは植物ホルモン代謝を介して形態制御に関与する

    2019年04月 - 2020年03月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 地球温暖化広域モニタリングに向けたイチョウの年輪形成の気候応答性の解明

    2017年04月 - 2020年03月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 針葉樹仮道管分化におけるサイトカイニンの役割の解明

    2016年04月 - 2019年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    晩材形成中のスギに投与したサイトカイニンは早材形成を誘導し、この働きはオーキシンによって阻害された。スギ形成層でゼアチンリボシドが6月下旬に激減することを見いだした。多くの針葉樹で水不足が仮道管分化に影響し、シロイヌナズナの根でのサイトカイニン合成は土壌中無機栄養と密接な関係がある。サイトカイニンは根からシュートへの情報伝達物質であ
    り、針葉樹での早材形成促進物質であると考えた。しかし、針葉樹樹体内に含まれる内生サイトカイニンの研究は少ない。この研究では、早材形成でのサイトカイニンの働きを解明するため、土壌水分状態の異なるスギについて、木部形成と内生サイトカイニン・オーキシン量の樹体内分布を探る。早材形成機構の解明は木材密度の制御に貢献し、より効率的な木材利用に寄与する。

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 植物ホルモンによる木材性質の制御

    2001年04月 - 2002年03月

    日本学術振興会  特定国派遣研究者 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    針葉樹の木部形成のなかでも,とくに木材の力学的性質と密接な関係にある晩材形成について植物ホルモンとの関係を明らかにする。