髙見 恭成 (タカミ ヤスナリ)

TAKAMI Yasunari

写真a

所属

医学部 医学科 機能制御学講座機能生化学分野

職名

准教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士 ( 1991年3月   大阪大学 )

  • 農学修士 ( 1987年3月   大阪府立大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / ゲノム生物学  / 分子生物学

  • ライフサイエンス / 分子生物学  / 分子生物学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Histone H1 quantity determines the efficiency of chromatin condensation in both apoptotic and live cells 査読あり

    Kijima M., Yamagishi H., Hara Y., Kasai M., Takami Y., Takemura H., Miyanari Y., Shinkai Y., Mizuta R.

    Biochemical and Biophysical Research Communications   512 ( 2 )   202 - 207   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Biochemical and Biophysical Research Communications  

    © 2019 Elsevier Inc. Although chromatin condensation is a well-known hallmark of apoptosis, the generation mechanism has not been clarified. Histone H1, a positively-charged abundant nuclear protein, is located in the linker region of chromatin. There are several Histone H1 subtypes that are encoded by variant genes. Using serial histone H1-deletion mutant cells established from the chicken B-cell leukemia line DT40, we found that apoptotic chromatin condensation was decreased in relation to histone H1 protein level and that the chromatin in nuclei prepared from the live null mutant cells had a high accessibility of DNases and transposase. This indicated that linker histone H1 was the general chromatin condensation factor and that the loss of histone H1 generated open chromatin in both apoptotic and live cells.

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2019.03.030

    Scopus

    PubMed

  • Molecular mechanism of ER stress-induced pre-emptive quality control involving association of the translocon, Derlin-1, and HRD1 査読あり

    Kadowaki H., Satrimafitrah P., Takami Y., Nishitoh H.

    Scientific Reports   8 ( 1 )   7317   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    © 2018 The Author(s). The maintenance of endoplasmic reticulum (ER) homeostasis is essential for cell function. ER stress-induced pre-emptive quality control (ERpQC) helps alleviate the burden to a stressed ER by limiting further protein loading. We have previously reported the mechanisms of ERpQC, which includes a rerouting step and a degradation step. Under ER stress conditions, Derlin family proteins (Derlins), which are components of ER-associated degradation, reroute specific ER-targeting proteins to the cytosol. Newly synthesized rerouted polypeptides are degraded via the cytosolic chaperone Bag6 and the AAA-ATPase p97 in the ubiquitin-proteasome system. However, the mechanisms by which ER-targeting proteins are rerouted from the ER translocation pathway to the cytosolic degradation pathway and how the E3 ligase ubiquitinates ERpQC substrates remain unclear. Here, we show that ERpQC substrates are captured by the carboxyl-terminus region of Derlin-1 and ubiquitinated by the HRD1 E3 ubiquitin ligase prior to degradation. Moreover, HRD1 forms a large ERpQC-related complex composed of Sec61α and Derlin-1 during ER stress. These findings indicate that the association of the degradation factor HRD1 with the translocon and the rerouting factor Derlin-1 may be necessary for the smooth and effective clearance of ERpQC substrates.

    DOI: 10.1038/s41598-018-25724-x

    Scopus

    PubMed

  • Acetylation of histone H4 lysine 5 and 12 is required for CENP-A deposition into centromeres. 査読あり

    Wei-Hao Shang, Tetsuya Hori, Frederick G. Westhorpe, Kristina M. Godek, Atsushi Toyoda, Sadahiko Misu, Norikazu Monma, Kazuho Ikeo, Christopher W. Carroll, Yasunari Takami, Asao Fujiyama, Hiroshi Kimura, Aaron F. Straight, Tatsuo Fukagawa

    Nature Communications   7 ( 13465 )   1 - 13   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/ncomms13465

  • RbAp48 is essential for viability of vertebrate cells and plays a role in chromosome stability 査読あり

    Satrimafitrah P., Barman H., Ahmad A., Nishitoh H., Nakayama T., Fukagawa T., Takami Y.

    Chromosome Research   24 ( 2 )   161 - 173   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Chromosome Research  

    © 2015, Springer Science+Business Media Dordrecht. RbAp46/48, histone chaperone, is a family of evolutionarily conserved WD40 repeat-containing proteins, which are involved in various chromatin-metabolizing processes, but their in vivo functional relevance is yet unclear. In order to examine the biological role of pRbAp48 in chicken DT40 cells, we generated a tetracycline-inducible system for conditional RbAp48-knockout cells. Depletion of RbAp48 led to delayed S phase progression associated with slow DNA synthesis and nascent nucleosome formation, followed by accumulation in G2/M phase, finally leading to cell death. Prior to cell death, these cells exhibited aberrant mitosis such as highly condensed and abnormal chromosome alignment on the metaphase plate, leading to chromosome missegregation. Depletion of RbAp48 also caused dissociation of heterochromatin protein 1 (HP1) from pericentromeric heterochromatin. Furthermore, depletion of RbAp48 from cells led to elevated levels of acetylation and slightly decreased levels of methylation, specifically at Lys-9 residue of histone H3. These results suggest that RbAp48 plays an important role in chromosome stability for proper organization of heterochromatin structure through the regulation of epigenetic mark.

    DOI: 10.1007/s10577-015-9510-8

    Scopus

    PubMed

  • Preemptive quality control protects the ER from protein overload via the proximity of ERAD components and SRP 査読あり

    Kadowaki H, Nagai A, Maruyama T, Takami Y, Satrimafitrah P, Kato H, Honda A, Hatta T, Natsume T, Sato T, Kai H, Ichijo H, Nishitoh H

    Cell Reports   13 ( 5 )   944 - 956   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: http://dx.doi.org/10.1016/j.celrep.2015.09.047

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Advances in Genetics Research vol.2. (Studies on epigenetic control of B cell functions using the DT40 cell line)

    Hidehiko Kikuchi, Hirak Kumar Barman, Masami Nakayama, Yasunari Takami, Tatsuo Nakayama( 担当: 共著)

    Urbano (Ed). Nova Science Publishers  2010年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • Reviews and Protocol in DT40 Research

    Kikuchi H., Barman H K., Nakayama M., Takami Y., and Nakayama T.( 担当: 共著 ,  範囲: 部分執筆)

    Springer-Verlag (Verlin)  2006年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

MISC 【 表示 / 非表示

  • クロマチン構築を介したDNA複製制御

    高見恭成

    蛋白質 核酸 酵素   54 ( 4 )   496 - 501   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:共立出版  

  • Participation of histones and histone-modifying enzymes in cell functions through alterations in chromatin structure.

    Nakayama T., and Takami Y.

    Journal of Biochemistry   29   491 - 499   2001年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Biochemistry  

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • RbAp48 is essential for the viability and plays a role for chromosome stability in vertebrate Cells

    Pasjan Satrimafitrah, Hirak Kumar Barman, Ahyar Ahmad , Hideki Nishitoh, Tatsuo Nakayama, Tatsuo Fukagawa, Yasunari Takami

    平成27年度日本生化学会九州支部会  (九州大学箱崎 キャンパス)  日本生化学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月16日 - 2015年5月17日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学箱崎 キャンパス  

  • RbAp48 is essential for the viability and plays a role for chromosome stability in vertebrate Cells 国際会議

    Pasjan Satrimafitrah, Hirak Kumar Barman, Ahyar Ahmad , Hideki Nishitoh, Tatsuo Nakayama, Tatsuo Fukagawa, Yasunari Takami

    平成27年度日本生化学会九州支部会  (九州大学箱崎 キャンパス)  日本生化学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月16日

    記述言語:日本語  

    開催地:九州大学箱崎 キャンパス  

  • Protective role of Naa60, a cellular acetyltransferase, in chemically induced DN A damage

    Pasjan Satrima Fitrah, Hideki Nishitoh, Yasunari Takami

    第37回日本分子生物学会年会  (パシフィコ横浜)  日本分子生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月25日 - 2014年11月27日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:パシフィコ横浜  

  • The biological function of the WD40 repeat-containing protein RbAp48 in DT40 cells

    Yasunari Takami, Pasjan S Fitrah, Tatsuo Nakayama, Hideki Nishitoh

    第36回日本分子生物学会  (兵庫県神戸市神戸ポートピアホテル)  日本分子生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月3日 - 2013年12月6日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:兵庫県神戸市神戸ポートピアホテル  

  • ヒストンシャペロンRbAp48はCAF-1活性と可溶性H3-H4複合体の動態を制御する

    高見恭成, Pasjan Satrima Fitrah, 西頭英起

    第37回 蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム  (長崎県雲仙市)  蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月26日 - 2013年9月28日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:長崎県雲仙市  

全件表示 >>

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ゲノム改変細胞を用いたコアヒストンの生理機能解析

    研究課題/領域番号: 18K06186  2018年04月 - 2021年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • ゲノム損傷応答修復機構におけるヒストン修飾とクロマチン制御因子の役割

    2014年04月 - 2017年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    ゲノム損傷応答修復機構におけるヒストン修飾とクロマチン制御因子の役割

  • DNA複製に共役したクロマチン形成機構と組換えー修復機構の関連

    2009年04月 - 2012年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    DNA複製に共役したクロマチン形成機構と組換えー修復機構の関連

  • 自己免疫とRNA修飾:全身性エリテマトーデス発症の分子機構

    2009年04月 - 2010年03月

    科学研究費補助金  特定領域研究

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    タンパク質に翻訳されないノンコーディングRNA(ncRNA)が、生体内に多数存在する。これらのRNAは種々の修飾を受けているが、その意義は不明である。一方、全身性エリテマトーデス(SLE)患者の血清からリボソームRNAに対する抗体が多数見つかっている。なぜこのような抗体ができるのかは明らかではない。私たちは、RNA修飾の有無が免疫活性化の原因になるのではないかと考えた。これを明らかにするために、修飾欠損モデルを作製し、生体システムにおけるRNA修飾の役割を分子レベルで解析した。

  • ゲノム損傷応答修復機構におけるクロマチン制御因子の役割

    2008年04月 - 2010年03月

    科学研究費補助金  特定領域研究

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    ゲノム損傷応答修復機構におけるクロマチン制御因子の役割

全件表示 >>

 

授業 【 表示 / 非表示

  • 遺伝子工学の基礎と応用

  • 生命科学研究入門

  • 医学実験動物学

  • 遺伝子工学の基礎と応用

     詳細を見る

    科目区分:共通教育科目 

  • 環境と生命

     詳細を見る

    科目区分:共通教育科目