下田 和哉 (シモダ カズヤ)

SHIMODA Kazuya

写真a

所属

医学部 医学科 内科学講座血液・糖尿病・内分泌内科学分野

職名

教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学) ( 1994年5月   九州大学 )

  • 医学士 ( 1987年3月   九州大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 血液、腫瘍内科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Nationwide prospective survey of secondary myelofibrosis in Japan: superiority of DIPSS-plus to MYSEC-PM as a survival risk model.

    Shide K, Takenaka K, Kitanaka A, Numata A, Kameda T, Yamauchi T, Inagaki A, Mizuno S, Takami A, Ito S, Hagihara M, Usuki K, Maekawa T, Sunami K, Ueda Y, Tsutsui M, Ando M, Komatsu N, Ozawa K, Kurokawa M, Arai S, Mitani K, Akashi K, Shimoda K

    Blood cancer journal   13 ( 1 )   110   2023年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41408-023-00869-9

    PubMed

  • Clinical outcomes of patients with myelofibrosis after immediate transition to momelotinib from ruxolitinib.

    Mesa R, Verstovsek S, Platzbecker U, Gupta V, Lavie D, Giraldo P, Recher C, Kiladjian JJ, Oh ST, Gerds AT, Devos T, Passamonti F, Vannucchi AM, Egyed M, Lech-Maranda E, Pluta A, Nilsson L, Shimoda K, McLornan D, Kawashima J, Klencke B, Huang M, Strouse B, Harrison C

    Haematologica   2023年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3324/haematol.2023.283106

    PubMed

  • Association between personality traits and glycemic control after inpatient diabetes education.

    Uchida T, Ueno H, Konagata A, Nakamura T, Taniguchi N, Nabekura H, Kogo F, Nagatomo Y, Tanaka Y, Shimizu K, Shiiya T, Yamaguchi H, Shimoda K

    Metabolism open   18   100244   2023年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.metop.2023.100244

    PubMed

  • Iliopsoas muscle to visceral fat ratio on CT predicts Cushing's syndrome in elderly females with adrenal tumors.

    Uchida T, Yamaguchi H, Arimura Y, Nagayama A, Moritaka K, Inoguchi Y, Ashida K, Nomura M, Nakazato M, Shimoda K

    Endocrine journal   advpub ( 0 )   2023年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本内分泌学会  

    There is no computed tomography (CT)-based numerical index for predicting Cushing’s syndrome (CS) in patients with adrenal incidentalomas. We tested the hypothesis that the iliopsoas muscle (Ip-M) to visceral fat (V-fat) ratio (IVR) on CT may predict CS in elderly female patients with adrenal tumors. We examined the V-fat area, subcutaneous fat (S-fat) area, Ip-M area, V-fat/S-fat ratio, and IVR at the third lumbar vertebra (L3) level using abdominal CT in female patients aged ≥50 years with cortisol-producing adrenal tumor diagnosed with CS or non-functioning adrenal tumor (NFT) in the derivation cohort. We performed receiver operating characteristic (ROC) analysis to evaluate the diagnostic value of the V-fat/S-fat ratio and IVR for predicting CS. We assessed the usefulness of the IVR in a separate validation cohort. In the derivation cohort, the IVR was significantly lower in the 9 patients with CS than in the 15 patients with NFT (<i>p</i> < 0.001). In ROC analysis with a cut-off value of 0.067, the IVR showed a sensitivity of 100%, specificity of 80.0%, positive likelihood ratio (PLR) of 5.000, and negative likelihood ratio (NLR) of 0.000. The area under the curve was significantly higher for the IVR than for the V-fat/S-fat ratio (0.933 <i>vs.</i> 0.704, respectively, <i>p</i> = 0.036). In 23 patients in the validation cohort, the IVR demonstrated a PLR of 5.714 and an NLR of 0.327. The novel IVR index, based on single-slice CT at the L3 level, predicted CS in elderly female patients with adrenal tumors.

    DOI: 10.1507/endocrj.EJ23-0053

    PubMed

    CiNii Research

  • Improving the Effects of Imeglimin on Endothelial Function: A Prospective, Single-Center, Observational Study. 査読あり

    Uchida T, Ueno H, Konagata A, Taniguchi N, Kogo F, Nagatomo Y, Shimizu K, Yamaguchi H, Shimoda K

    Diabetes therapy : research, treatment and education of diabetes and related disorders   14 ( 3 )   569 - 579   2023年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Diabetes Therapy  

    Introduction: Endothelial dysfunction is a risk factor for cardiovascular disease in patients with diabetes. We hypothesized that imeglimin, a novel oral hypoglycemic agent, would improve endothelial function. Methods: In this study, imeglimin was administered to patients with type 2 diabetes and HbA1c ≥ 6.5% who were not receiving insulin therapy. A meal tolerance test (592 kcal, glucose 75.0 g, fat 28.5 g) was performed before and 3 months after administration, and endothelial function, blood glucose, insulin, glucagon, and triglycerides were evaluated. Endothelial function was assessed by flow-mediated dilation (FMD). Results: Twelve patients (50% male) with a median age of 55.5 years old (interquartile range [IQR] 51.3–66.0) were enrolled. Fasting FMD did not differ before or 3 months after imeglimin administration (from 6.1 [3.9–8.5] to 6.6 [3.9–9.0], p = 0.092), but 2 h postprandial FMD was significantly improved 3 months after imeglimin administration (from 2.3 [1.9–3.4] to 2.9 [2.4–4.7], p = 0.013). In terms of the glucose profile, imeglimin administration significantly improved HbA1c (from 7.2 ± 0.6% to 6.9 ± 0.6%, p = 0.007), fasting glucose (from 138 ± 19 mg/dL to 128 ± 20 mg/dL, p = 0.020), and 2 h postprandial glucose (from 251 ± 47 mg/dL to 215 ± 68 mg/dL, p = 0.035). The change in 2 h postprandial FMD between before and 3 months after imeglimin administration (Δ2 h postprandial FMD) was negatively correlated with Δ2 h postprandial glucose (r = − 0.653, p = 0.021) in a univariate correlation coefficient analysis. Both patients with and without decreased postprandial glucose 3 months after imeglimin administration had improved postprandial FMD. Conclusion: In this small study, imeglimin administration improved 2 h postprandial FMD. Both glycemic control-dependent and -independent mechanisms might contribute to improved endothelial function. Trial Registration: This research was registered in the University Hospital Medical Information Network (UMIN, UMIN000046311).

    DOI: 10.1007/s13300-023-01370-z

    Scopus

    PubMed

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 造血器腫瘍診療ガイドライン2023年版

    下田和哉、入山規良、川口辰哉、木村晋也、桐戸敬太、髙橋直人、竹中克斗( 担当: 共著 ,  範囲: 慢性骨髄性白血病/骨髄増殖性腫瘍(chronic myeloid leukemia/myeloproliferative neoplasms:CML/MPN))

    金原出版  2023年7月  ( ISBN:978-4-307-10224-7

     詳細を見る

    総ページ数:484   担当ページ:50   著書種別:学術書

  • イヤーノート2024 内科・外科編

    下田和哉 他( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 血液学総論(造血幹細胞移植~脾摘術)、白血球系の異常(白血球増加症~骨髄異形成症候群、悪性腫瘍リンパ腫以外の成熟B細胞腫瘍~成熟T細胞腫瘍))

    株式会社メディックメディア  2023年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 今日の治療指針 2023年版(Volume 65)

    下田和哉 他( 担当: 共著 ,  範囲: 血液疾患 原発性骨髄線維症)

    株式会社医学書院  2023年1月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書

  • 専門医のための血液病学

    田平優貴、下田和哉 他( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 白血球系疾患 原発性骨髄線維症)

    株式会社医学書院  2022年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 内科学 第12版

    下田和哉 他( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 原発性骨髄線維症)

    株式会社朝倉書店  2022年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 【実診療において治療に難渋する造血器腫瘍の病態と新たな治療戦略】二次性骨髄線維症の治療 新規治療薬開発の動向も踏まえて 査読あり

    秋月渓一、下田和哉

    血液内科   87 ( 2 )   193 - 198   2023年8月

     詳細を見る

    掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  • A Response to Letter to the Editor: Can Imeglimin Improve the Systolic Time Intervals in Diabetes Mellitus?

    Uchida T., Ueno H., Konagata A., Taniguchi N., Kogo F., Nagatomo Y., Shimizu K., Yamaguchi H., Shimoda K.

    Diabetes Therapy   14 ( 6 )   1075 - 1076   2023年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:Diabetes Therapy  

    DOI: 10.1007/s13300-023-01409-1

    Scopus

    PubMed

  • 骨髄増殖性腫瘍に対するインターフェロンα療法

    日高智徳、下田和哉:

    血液内科   85 ( 6 )   840 - 845   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Correction to: Efficacy and safety of ropeginterferon alfa-2b in Japanese patients with polycythemia vera: an open-label, single-arm, phase 2 study (International Journal of Hematology, (2022), 116, 2, (215-227), 10.1007/s12185-022-03341-9)

    Edahiro Y., Ohishi K., Gotoh A., Takenaka K., Shibayama H., Shimizu T., Usuki K., Shimoda K., Ito M., VanWart S.A., Zagrijtschuk O., Qin A., Kawase H., Miyachi N., Sato T., Komatsu N., Kirito K.

    International Journal of Hematology   116 ( 4 )   642 - 643   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Hematology  

    In the original publication of the article, in Table 3 [Summary of adverse events (safety population)], the number of patients who developed suicidal ideation related to study drug (n = 1) was erroneously described, and the correct number is 0 (zero). Therefore, the number of patients who developed psychiatric disorders has also been revised from 2 (6.9) to 1 (3.4). The correct Table 3 is given in this correction.

    DOI: 10.1007/s12185-022-03440-7

    Scopus

    PubMed

  • 治療法の再整理とアップデートのために 専門家による私の治療 真性多血症(真性赤血球増加症)

    下田和哉:

    日本医事新報   ( 5140 )   41 - 42   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Impact of polycythemia vera on patients' quality of life: a cross-sectional survey in Japan

    Yoko Edahiro ,Keita Kirito ,Akihiko Gotoh ,Katsuto Takenaka ,Yuka Sugimoto ,Norio Komatsu , Kazuya Shimoda

    第85回日本血液学会学術集会  2023年10月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年10月13日 - 2023年10月15日

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Safety and efficacy of ropeginterferon alfa-2b in Japanese patients with low-risk polycythemia vera

    Kazuya Shimoda,Yoko Edahiro ,Kohshi Ohishi ,Akihiko Gotoh,Katsuto Takenaka ,Hirohiko Shibayama ,Takayuki Shimizu,Kensuke Usuki ,Masafumi Ito,Scott A. VanWart ,Oleh Zagrijtschuk,Albert Qin,Hiroaki Kawase ,Narihisa Miyachi ,Toshiaki Sato,Norio Komatsu ,Keita Kirito

    第85回日本血液学会学術集会  2023年10月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年10月13日 - 2023年10月15日

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Relevance of the treatment and thrombotic/bleeding events in PV and ET; subanalysis of JSH-MPN-R18

    Eiko Ohya ,Keiki Nagaharu ,Yuka Sugimoto ,Kohshi Ohishi ,Isao Tawara ,Tomoki Ito ,Akihiko Gotoh ,Mika Nakamae ,Fumihiko Kimura ,Michiaki Koike ,Keita Kirito ,Hideho Wada ,Kensuke Usuki ,Takayuki Tanaka ,Takehiko Mori ,Satoshi Wakita ,Toshiki Saito I. ,Akiko Kada ,Akiko Saito M. ,Kazuya Shimoda ,Toshiro Kurokawa ,Akihiro Tomita ,Yoko Edahiro ,Yoshinori Hashimoto ,Hitoshi Kiyoi ,Koichi Akashi ,Itaru Matsumura ,Katsuto Takenaka ,Norio Komatsu

    第85回日本血液学会学術集会  2023年10月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年10月13日 - 2023年10月15日

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • The identification of predictive parameters for thrombotic events in MPN; sub-analysis of MPN-R18

    Keiki Nagaharu ,Eiko Ohya ,Yuka Sugimoto ,Kohishi Ohishi ,Isao Tawara ,Tomoki Ito ,Akihiko Gotoh ,Mika Nakamae ,Fumihiko Kimura ,Michiaki Koike ,Keita Kirito ,Hideho Wada ,Kensuke Usuki ,Takayuki Tanaka ,Takehiko Mori ,Satoshi Wakita ,Toshiki Saito I. ,Akiko Kada ,Akiko Saito M. ,Kazuya Shimoda ,Toshiro Kurokawa ,Akihiro Tomita ,Yoko Edahiro ,Yoshinori Hashimoto ,Hitoshi Kiyoi ,Koichi Akashi ,Itaru Matsumura ,Katsuto Takenaka ,Norio Komatsu

    第85回日本血液学会学術集会  2023年10月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年10月13日 - 2023年10月15日

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Clinical features in AYA PV and ET in Japan; secondary data analysis of JSH-MPN-R18

    Yuka Sugimoto ,Keiki Nagaharu ,Eiko Ohya ,Kohshi Ohishi ,Isao Tawara ,Tomoki Ito ,Akihiko Gotoh ,Mika Nakamae ,Fumihiko Kimura ,Michiaki Koike ,Keita Kirito ,Hideho Wada ,Kensuke Usuki ,Takayuki Tanaka ,Takehiko Mori ,Satoshi Wakita ,Toshiki Saito I. ,Akiko Kada ,Akiko Saito M. ,Kazuya Shimoda ,Toshiro Kurokawa ,Akihiro Tomita ,Yoko Edahiro ,Yoshinori Hashimoto ,Hitoshi Kiyoi ,Koichi Akashi ,Itaru Matsumura ,Katsuto Takenaka ,Norio Komatsu

    第85回日本血液学会学術集会  2023年10月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年10月13日 - 2023年10月15日

    会議種別:口頭発表(一般)  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本白血病研究基金 清水賞

    2002年11月   日本白血病研究基金  

    下田和哉

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

  • 日本癌学会奨励賞

    2002年10月   日本がん学会  

    下田和哉

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 新規病態:HTLV-1陽性HRS細胞を伴う成人T細胞白血病/リンパ腫の統合的解析

    研究課題/領域番号:23H02693  2023年04月 - 2027年03月

    独立行政法人日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 腫瘍性fibrocyteの本態解明と、骨髄線維症診断・治療への展開

    研究課題/領域番号:23H02938  2023年04月 - 2026年03月

    独立行政法人日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 1007創薬に向けた、CALR変異とfibrocyteに着目する骨髄増殖性腫瘍研究

    2017年04月 - 2019年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    下田和哉、久冨木庸子、日髙智徳、幣光太郎

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    骨髄増殖性腫瘍(MPN)のドライバー変異であるJAK2,CALR変異が同定されMPNの病態が明らかにされつつあるが、CALR変異がMPNを発症させる機序や、骨髄線維症の本態である骨髄線維化細胞の起源、つまり間質の反応性変化なのか、あるいは腫瘍クローン由来fibrocyteなのかは不明である。本研究では以下の3つの方法により、MPNの新たな治療につながる研究を行う。
    Ⅰ. MPLとの会合やSTAT活性化に必須な変異CALRの領域同定と、その阻害による治療開発
    Ⅱ. 本態性血小板血症から骨髄線維症へ進展する分子イベントの同定
    Ⅲ. 腫瘍クローン由来fibrocyteが骨髄線維化に果たす役割の同定と、骨髄線維化を改善することをすでに見出しているMEK阻害剤がfibrocyteに及ぼす影響の解明

  • TET2変異による造血器腫瘍の発症と進展メカニズムの解明

    2014年04月 - 2017年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    TET2変異による造血器腫瘍の発症と進展メカニズムの解明

  • 骨髄増殖性腫瘍における病型の進展と急性転化メカニズムの解明

    2012年04月 - 2015年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    骨髄増殖性腫瘍における病型の進展と急性転化メカニズムの解明

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 成人T細胞白血病・リンパ腫(ATL)最適化医療の確立とハイリスクキャリアの同定

    2017年04月 - 2019年03月

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構  日本医療研究開発機構(革新的がん医療実用化研究事業【17ck0106254h0001】) 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    本研究開発では、① 成人T細胞白血病・リンパ腫(Adult T-cell leukemia/lymphoma, ATL)の約20%を占める、殺細胞薬を中心とした化学療法における予後良好群同定の妥当性検証、② ATLの約80%を占める化学療法による予後不良群に対して、モガムリズマブ、レナリドミドなどの免疫応答に関与する薬剤の臨床的効果を治療前に予測できるATLの遺伝子変異、あるいはバイオマーカーの同定を目指す。これらATL発症例の最適化医療の基盤構築と並んで、③ ヒトT 細胞白血病ウイルスI型(HTLV-1)キャリアの約5%に相当する将来ATLを発症するキャリア(ハイリスクキャリア)の同定を目指す。①②の研究成果によって、ATL患者に殺細胞薬を中心とする多剤併用化学療法、モガムリズマブ、レナリドミド、あるいは造血幹細胞移植(現時点で唯一の治癒的治療法であるが患者の高齢化に伴い適応症例が減少している)の何れの治療法が最も適しているかを治療前に予測し、限られた時間で効果的で最適な医療を提供することが可能となる。薬剤による予後良好群が同定できる場合には、早期の造血幹細胞移植は適応とはならず、造血幹細胞移植で得られる以上の十分な生存期間延長とQOL向上が見込める。③の研究成果によって、より頻回な経過観察によるATL発症の早期診断、早期の治療開始が可能となる。また、発症リスクが高くないキャリアも同時に同定でき、そのようなローリスクキャリアへは安寧の提供が可能となる。

  • 成人T細胞白血病リンパ腫に対する新規テーラーメイド治療

    2015年10月 - 2018年03月

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構  医療分野研究成果展開事業 産学連携医療イノベーション創出プログラム【16im0210102h0202】 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    研究開発課題名(実施内容):ATLLモデルマウスの開発と検証
    ①  研究開発の目的及び内容
      臨床開発候補化合物の薬効をin vivoで評価するための、ATLL病態モデルマウスを樹立する。
    1) 宮崎大学でATLL臨床検体を収集し、超免疫不全マウスNOGマウスに移植して、ヒトATLLモデルの樹立を行う。臨床検体の一部は、京都大学において遺伝子変異の解析を行うため、遺伝子変異の種類が明らかなATLLモデルマウスが作成可能となる。
    2) ATLL患者検体を超免疫不全マウスNOGマウスに移植し作成したヒトA

  • 成人T細胞白血病リンパ腫に対する新規テーラーメイド治療

    2015年10月 - 2016年03月

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構  医療分野研究成果展開事業 産学連携医療イノベーション創出プログラム【15im0210102h0201】 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    研究開発課題名(実施内容):ATLLモデルマウスの開発と検証
    ①  研究開発の目的及び内容
      臨床開発候補化合物の薬効をin vivoで評価するための、ATLL病態モデルマウスを樹立する。
    1) 宮崎大学でATLL臨床検体を収集し、超免疫不全マウスNOGマウスに移植して、ヒトATLLモデルの樹立を行う。臨床検体の一部は、京都大学において遺伝子変異の解析を行うため、遺伝子変異の種類が明らかなATLLモデルマウスが作成可能となる。
    2) ATLL患者検体を超免疫不全マウスNOGマウスに移植し作成したヒトA

  • 全例登録を基盤とした臨床情報と遺伝子情報の融合によるATLL予後予測モデル、発症前診断の開発と、ATLLクローン進化機序の解明

    2015年04月 - 2016年03月

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構  革新的がん医療実用化研究事業【15ck0106014h0002】 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    宮崎県内で発症したATLL症例の全例登録を継続する。同定した症例毎の遺伝子変異情報と集積した臨床情報を統合し、予後予測モデルの作成を試みる。HTLV-1キャリア検体の集積と遺伝子変異解析を行う。

  • 全例登録を基盤とした臨床情報と遺伝子情報の融合によるATLL予後予測モデル、発症前診断の開発と、ATLLクローン進化機序の解明

    2014年05月 - 2015年03月

    厚生労働省  平成26年度厚生労働科学研究委託事業:革新的がん医療実用化研究事業 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    全例登録を基盤とした臨床情報と遺伝子情報の融合によるATLL予後予測モデル、発症前診断の開発と、ATLLクローン進化機序の解明

全件表示 >>

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 骨髄線維症患者を対象としてルキソリチニブへのParsaclisib(PI3Kδ阻害剤)併用を評価する、第3相、ランダム化、二重盲検、プラセボ対照試験

    2021年03月 - 2026年02月

    インサイト・バイオサイエンシズ・ジャパン合同会社 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  受託研究区分:治験薬試験

  • ルキソリチニブ治療効果が至適奏効未満であった骨髄線維症患者を対象として、ルキソリチニブへのParsaclisib(PI3Kδ阻害剤)併用を評価する、ランダム化、二重盲検、プラセボ対照試験

    2021年03月 - 2025年08月

    インサイト・バイオサイエンシズ・ジャパン合同会社 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  受託研究区分:治験薬試験

  • 赤血球輸血を必要とする、JAK2阻害剤を投与中の骨髄増殖性腫瘍関連骨髄線維症患者を対象に、LUSPATERCEPT(ACE-536)の有効性及び安全性をプラセボと比較する、第3相二重盲検ランダム化試験

    2021年01月 - 2028年08月

    セルジーン株式会社 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  受託研究区分:治験薬試験

  • 骨髄線維症患者を対象にNavitoclaxとルキソリチニブの併用投与とルキソリチニブの単剤投与を比較する無作為化二重盲検プラセボ対照第III相試験(TRANSFORM-1)

    2020年10月 - 2030年02月

    アッヴィ合同会社 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  受託研究区分:治験薬試験

  • 再発/難治性骨髄線維症患者を対象にnavitoclaxとルキソリチニブの併用投与の有効性及び安全性を利用可能な最良の治療と比較評価する無作為化非盲検第III相試験(TRANSFORM-2)

    2020年10月 - 2029年06月

    アッヴィ合同会社 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  受託研究区分:治験薬試験

全件表示 >>

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 内科学講座血液・糖尿病・内分泌内科学分野研究奨学金

    寄附者名称:社会医療法人同心会 2023年02月

  • 内科学講座血液・糖尿病・内分泌内科学分野研究奨学金

    寄附者名称:持田製薬株式会社 2023年02月

  • 内科学講座血液・糖尿病・内分泌内科学分野研究奨学金

    寄附者名称:延岡市医師会 2023年02月

  • 内科学講座血液・糖尿病・内分泌内科学分野研究奨学金

    寄附者名称:宮崎市郡医師会 2023年01月

  • 内科学講座血液・糖尿病・内分泌内科学分野研究奨学金

    寄附者名称:田辺三菱製薬株式会社 2022年12月

全件表示 >>

研究・技術シーズ 【 表示 / 非表示