下田 和哉 (シモダ カズヤ)

SHIMODA Kazuya

写真a

所属

医学部 医学科 内科学講座血液・糖尿病・内分泌内科学分野

職名

教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学) ( 1994年5月   九州大学 )

  • 医学士 ( 1987年3月   九州大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 血液、腫瘍内科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Antitumor effects of chloroquine/ hydroxychloroquine mediated by inhibition of the NF-κB signaling pathway through abrogation of autophagic p47 degradation in adult T-cell leukemia/lymphoma cells

    Fauzi Y.R., Nakahata S., Chilmi S., Ichikawa T., Nueangphuet P., Yamaguchi R., Nakamura T., Shimoda K., Morishita K.

    PLoS ONE   16 ( 8 August )   e0256320   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PLoS ONE  

    Adult T-cell leukemia/lymphoma (ATLL) originates from human T-cell leukemia virus type 1 (HTLV-1) infection due to the activation of the nuclear factor-κB (NF-κB) signaling pathway to maintain proliferation and survival. An important mechanism of the activated NF-κB signaling pathway in ATLL is the activation of the macroautophagy (herafter referred to as autophagy in the remainder of this manuscript)-lysosomal degradation of p47 (NSFL1C), a negative regulator of the NF-κB pathway. Therefore, we considered the use of chloroquine (CQ) or hydroxychloroquine (HCQ) (CQ/HCQ) as an autophagy inhibitor to treat ATLL; these drugs were originally approved by the FDA as antimalarial drugs and have recently been used to treat autoimmune diseases, such as systemic lupus erythematosus (SLE). In this paper, we determined the therapeutic efficacy of CQ/HCQ, as NF-κB inhibitors, in ATLL mediated by blockade of p47 degradation. Administration of CQ/HCQ to ATLL cell lines and primary ATLL cells induced cell growth inhibition in a dose-dependent manner, and the majority of cells underwent apoptosis after CQ administration. As to the molecular mechanism, autophagy was inhibited in CQ-treated ATLL cells, and activation of the NF-κB pathway was suppressed with the restoration of the p47 level. When the antitumor effect of CQ/ HCQ was examined using immunodeficient mice transplanted with ATLL cell lines, CQ/ HCQ significantly suppressed tumor growth and improved the survival rate in the ATLL xenograft mouse model. Importantly, HCQ selectively induced ATLL cell death in the ATLL xenograft mouse model at the dose used to treat SLE. Taken together, our results suggest that the inhibition of autophagy by CQ/HCQ may become a novel and effective strategy for the treatment of ATLL.

    DOI: 10.1371/journal.pone.0256320

    Scopus

    PubMed

  • Frailty Status Predicts New Long-term Care Insurance Certification in Hepatitis C Patients Receiving Antiviral Therapy.

    Nakamura K, Kusumoto K, Ozono Y, Kuroki K, Matsuura Y, Mukuda T, Ochiai T, Tsuchimochi M, Iwakiri H, Hasuike S, Shimoda K, Nagata K

    Anticancer research   41 ( 8 )   4127 - 4131   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.15215

    PubMed

  • Ursodeoxycholic acid markedly promotes the absorption of microemulsion-formulated cyclosporine A: A case report.

    Takeshima H, Yoshikawa N, Akizuki K, Hidaka T, Shimoda K, Ikeda R

    Journal of clinical pharmacy and therapeutics   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jcpt.13496

    PubMed

  • Higher average chemotherapy dose intensity improves prognosis in patients with aggressive adult T-cell leukemia/lymphoma 査読あり

    Sekine M., Kameda T., Shide K., Maeda K., Toyama T., Kawano N., Takeuchi M., Kawano H., Sato S., Ishizaki J., Kukita T., Kamiunten A., Akizuki K., Tahira Y., Shimoda H., Hidaka T., Yamashita K., Matsuoka H., Kitanaka A., Kubuki Y., Shimoda K.

    European Journal of Haematology   106 ( 3 )   398 - 407   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:European Journal of Haematology  

    Objective and Method: Adult T-cell leukemia/lymphoma (ATL) is an aggressive peripheral T-cell lymphoma with poor prognosis. We retrospectively reviewed the medical records of 312 patients with aggressive ATL and analyzed the effect of chemotherapy dose intensity on prognosis in clinical practice. Result: As first-line therapy, 62 patients underwent best supportive care (BSC) or single-agent chemotherapy, and 235 underwent intensive chemotherapy. The median survival time (MST) was 0.58 years in the 312 total patients, and 0.13 years and 0.75 years in the BSC/single-agent chemotherapy group and intensive chemotherapy group, respectively. The median average relative dose intensity (ARDI) of patients who received intensive chemotherapy was 60%. We divided patients into 3 groups according to ARDI. Those in the top tertile of ARDI (ARDI ≥ 75%, n = 82) had better overall survival compared with those in the intermediate tertile (45% ≤ ARDI < 75%, n = 79) (P <.0001), with MSTs of 4.69 and 0.75 years, respectively. The occurrence of organ dysfunction and infectious complications was comparable between the two ARDI groups. Conclusion: Higher ARDI improves prognosis in patients with aggressive ATL in clinical practice.

    DOI: 10.1111/ejh.13565

    Scopus

    PubMed

  • Three cases of late-onset anthracycline-related cardiomyopathy due to chemotherapies for hematological malignancy 査読あり

    Kawano N., Kawano S., Yoshida S., Kuriyama T., Tochigi T., Nakaike T., Shimokawa T., Yamashita K., Ochiai H., Shimoda K., Mashiba K., Kikuchi I.

    Journal of Echocardiography   19 ( 1 )   45 - 52   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Echocardiography  

    Background: Although anthracycline-related cardiomyopathy is a life-threatening complication during intensive treatment for hematological malignancies, clinical features and outcomes of this type of cardiomyopathy have been unclear because of limited reports in the literature. Methods: We analyzed three cases of anthracycline-related cardiomyopathy among 996 patients with either acute myelogenous leukemia (285), acute lymphoblastic leukemia (37), or malignant lymphoma (674) at our hospital during the period from 2006 to 2016. Results: All patients showed accumulation of anthracycline within a proper range (< 500 mg/sqm). Two patients (Hodgkin lymphoma and acute lymphoblastic leukemia) showed acute heart failure (AHF) with ejection fraction (EF) of 30 and 40% after 4.5 and 5 years after diagnosis, respectively. For AHF, diuretics and carperitide were administered to control in–out balance. The remaining patient (follicular lymphoma) showed ventricular fibrillation (VF)/ventricular tachycardia (VT) with EF of 40% at 5 years after diagnosis. In this patient, immediate cardioversion made VF/VT to normal sinus rhythm, and then, amiodarone was given. Furthermore, implantable cardioverter defibrillator was set up for VF/VT. In all patients, β blocker and/or angiotensin-converting enzyme inhibitor (ACE-I) were administrated to prevent recurrence of anthracycline-related cardiomyopathy. Consequently, two of three patients showed mild improvement of cardiac function. Conclusion: Our study indicates that late-onset (4 to 5 years) anthracycline-related cardiomyopathy can develop, though range of anthracycline accumulation is in proper range. Thus, a cautious follow-up by ECG and UCG is required. Furthermore, the early treatment after the onset of anthracycline-related cardiomyopathy should be also needed to improve the poor outcome.

    DOI: 10.1007/s12574-020-00484-8

    Scopus

    PubMed

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • イヤーノート2022 内科・外科編

    下田和哉 他( 担当: 共著 ,  範囲: 血液学総論(造血幹細胞移植~脾摘術)、白血球系の異常(白血球増加症~骨髄異形成症候群、悪性腫瘍リンパ腫以外の成熟B細胞腫瘍~成熟T細胞腫瘍))

    株式会社メディックメディア  2021年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • EBM 血液疾患の治療 2021-2022

    上運天綾子、下田和哉( 担当: 共著 ,  範囲: 原発性骨髄線維症(PMF)の治療)

    中外医学社  2021年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 造血器腫瘍診療ガイドライン2018年版補訂版

    下田和哉、入山規良、川口辰哉、木崎昌弘、桐戸敬太、髙橋直人( 担当: 共著 ,  範囲: 慢性骨髄性白血病・骨髄増殖性腫瘍(CML/MPN))

    金原出版株式会社  2020年5月 

     詳細を見る

    総ページ数:407   担当ページ:32   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • イヤーノート2021 内科・外科編

    下田和哉 他( 担当: 共著 ,  範囲: 造血幹細胞移植~脾摘術、白血球系の異常(白血球増加~骨髄異形成症候群)、悪性腫瘍リンパ腫以外の成熟B細胞腫瘍~成熟T細胞腫瘍)

    株式会社メディックメディア  2020年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 血液専門医テキスト(改訂第3版)

    幣光太郎,下田和哉( 担当: 共著 ,  範囲: 本態性血小板血症)

    株式会社 南江堂  2019年10月 

     詳細を見る

    総ページ数:635   担当ページ:4   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • Corrigendum to “Development of a complete human IgG monoclonal antibody to transferrin receptor 1 targeted for adult T-cell leukemia/lymphomaˮ [Biochem. Biophys. Res. Commun. 485 (1) 2017 144–151] (Biochemical and Biophysical Research Communications (2017) 485(1) (144–151), (S0006291X17303078), (10.1016/j.bbrc.2017.02.039)) 査読あり

    Shimosaki S., Nakahata S., Ichikawa T., Kitanaka A., Kameda T., Hidaka T., Kubuki Y., Kurosawa G., Zhang L., Sudo Y., Shimoda K., Morishita K.

    Biochemical and Biophysical Research Communications   530 ( 2 )   486   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:Biochemical and Biophysical Research Communications  

    The authors regret that the day of antibody injection for NOG mice subcutaneously transplanted with MT-2 or HH must be corrected from “every 3 days” to “every 3–4 days” in the part of “Supplementary materials and methods”. The authors also regret that the day of antibody injection for NOG mice subcutaneously transplanted with MT-2 or Su9T01 must be corrected from “two times per week for 2 weeks” to “on day 1, day 8, day 15, and day 21 post-cell injection” in the part of “Supplementary materials and methods”. These corrections do not change the conclusions of this manuscript. The authors would like to apologise for any inconvenience caused. The correct supplementary materials and methods. In vivo experimental therapy studies. Six-to eight-week-old female NOD/Shi-scid/IL-2Rγnull (NOG) or SCID mice (CLEA Japan) were given a single subcutaneous injection of 2 × 106 MT-2 cells or HH cells suspended in 100 μL PBS-diluted matrigel (BD Biosciences). When the average tumor size reached an approximate volume of 100–150 mm3, the mice were intravenously injected with either PBS, mogamulizumab, or the JST-TFR09 antibody at doses of 10 mg/kg (MT-2) or 20 mg/kg (HH) body weight 4–5 times every 3–4 days. The length and width of each tumor were measured with a caliper twice per week and used to calculate the tumor volume (length × width2/2). For Kaplan-Meier survival analysis of mice, NOG mice were given a single intravenous injection of 1 × 106 MT-2 or Su9T01 cells suspended in 100 μL PBS. At 3 days after inoculation of ATLL cells, the mice were intravenously injected with either PBS or JST-TFR09 on day 1, day 8, day 15, and day 21 post-cell injection. The survival rate of mice was observed for a period of 100 days. The authors would like to apologise for any inconvenience caused.

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2020.05.147

    Scopus

    PubMed

  • JSH Practical Guidelines for Hematological Malignancies, 2018: I. Leukemia-4. Chronic myeloid leukemia (CML)/myeloproliferative neoplasms (MPN) 査読あり

    Shimoda K,Takahashi N, Kirito K, Iriyama N, Kawaguchi T, Kizaki M.

    International Journal of Hematology   112 ( 3 )   268 - 291   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12185-020-02964-0

  • 骨髄増殖性腫瘍の分子病態研究の進歩 ドライバー変異とエピゲノム異常の関わり

    下田和哉

    Hematopaseo   7   20 - 24   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 真性多血症、原発性骨髄線維症の病態と、JAK阻害薬ルキソリチニブの効果

    幣光太郎、下田和哉

    血液内科   81 ( 1 )   8 - 13   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 骨髄増殖性腫瘍の病期進展メカニズム 招待あり

    幣光太郎、下田和哉

    血液内科   79 ( 6 )   697 - 701   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 成人T細胞白血病・リンパ腫(ATL)最適化医療の確立と、ハイリスクキャリアの同定 招待あり

    下田和哉

    HTLV-1 関連疾患研究領域 研究班合同発表会  (東京都)  厚生労働省 新興・再興感染症及び予防接種政策推進研究事業「HTLV-1総合対策」推進におけるキャリア対策の基盤整備と適正な研究開発の推進に資する包括的評価と提言のための研究、AMED

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月15日

    記述言語:日本語  

    開催地:東京都  

  • 成人T細胞白血病・リンパ腫(ATL)最適化医療の確立とハイリスクキャリアの同定にむけて 招待あり

    亀田拓郎、下田和哉、幣光太郎、上運天綾子、小川誠司、片岡圭亮、柴田龍弘、宇都宮輿、日高道弘、北中明

    令和元年度第2回班会議  (東京都)  日本医療研究開発機構研究費 (革新的がん医療実用化研究)

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月14日

    記述言語:日本語  

    開催地:東京都  

  • アダリムマブ投与中に腹腔内膿瘍を合併したクローン病の1例

    野田貴穂,山本章二朗,平田智也,中村佳菜子,米澤瑛美,坂元一樹,鈴木翔,三池忠,安倍弘生,田原良博,河上洋,池田拓人,下田和哉

    第16回日本消化管学会総会学術集会  (姫路市)  製鉄記念広畑病院

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月7日 - 2020年2月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:姫路市  

  • 遺伝子異常の全貌とクローン構造の理解に基づくATL個別化診療の確立 招待あり

    下田和哉

    令和2年度AMEDヒアリング  (東京都)  日本医療研究開発機構研究費 (革新的がん医療実用化研究)AMED

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月5日

    記述言語:日本語  

    開催地:東京都  

  • わが国における原発性骨髄線維症全国調査フォローアップ経過報告 招待あり

    沼田晃彦、赤司浩一、竹中克斗、下田和哉

    令和元年度第2回合同班会議総会  (東京都)  厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月31日

    記述言語:日本語  

    開催地:東京都  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本白血病研究基金 清水賞

    2002年11月   日本白血病研究基金  

    下田和哉

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

  • 日本癌学会奨励賞

    2002年10月   日本がん学会  

    下田和哉

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 1007創薬に向けた、CALR変異とfibrocyteに着目する骨髄増殖性腫瘍研究

    2017年04月 - 2019年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    下田和哉、久冨木庸子、日髙智徳、幣光太郎

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    骨髄増殖性腫瘍(MPN)のドライバー変異であるJAK2,CALR変異が同定されMPNの病態が明らかにされつつあるが、CALR変異がMPNを発症させる機序や、骨髄線維症の本態である骨髄線維化細胞の起源、つまり間質の反応性変化なのか、あるいは腫瘍クローン由来fibrocyteなのかは不明である。本研究では以下の3つの方法により、MPNの新たな治療につながる研究を行う。
    Ⅰ. MPLとの会合やSTAT活性化に必須な変異CALRの領域同定と、その阻害による治療開発
    Ⅱ. 本態性血小板血症から骨髄線維症へ進展する分子イベントの同定
    Ⅲ. 腫瘍クローン由来fibrocyteが骨髄線維化に果たす役割の同定と、骨髄線維化を改善することをすでに見出しているMEK阻害剤がfibrocyteに及ぼす影響の解明

  • TET2変異による造血器腫瘍の発症と進展メカニズムの解明

    2014年04月 - 2017年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    TET2変異による造血器腫瘍の発症と進展メカニズムの解明

  • 骨髄増殖性腫瘍における病型の進展と急性転化メカニズムの解明

    2012年04月 - 2015年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    骨髄増殖性腫瘍における病型の進展と急性転化メカニズムの解明

  • 原発性骨髄線維症におけるHOXB4の機能同定と、USFを標的とする治療法の開発

    2011年04月 - 2014年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    原発性骨髄線維症におけるHOXB4の機能同定と、USFを標的とする治療法の開発

  • AMLの低酸素環境下抗癌剤耐性の機序解明と低酸素選択的薬剤による根治療法の開発

    2010年04月 - 2013年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    AMLの低酸素環境下抗癌剤耐性の機序解明と低酸素選択的薬剤による根治療法の開発

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 成人T細胞白血病・リンパ腫(ATL)最適化医療の確立とハイリスクキャリアの同定

    2017年04月 - 2019年03月

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構  日本医療研究開発機構(革新的がん医療実用化研究事業【17ck0106254h0001】) 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    本研究開発では、① 成人T細胞白血病・リンパ腫(Adult T-cell leukemia/lymphoma, ATL)の約20%を占める、殺細胞薬を中心とした化学療法における予後良好群同定の妥当性検証、② ATLの約80%を占める化学療法による予後不良群に対して、モガムリズマブ、レナリドミドなどの免疫応答に関与する薬剤の臨床的効果を治療前に予測できるATLの遺伝子変異、あるいはバイオマーカーの同定を目指す。これらATL発症例の最適化医療の基盤構築と並んで、③ ヒトT 細胞白血病ウイルスI型(HTLV-1)キャリアの約5%に相当する将来ATLを発症するキャリア(ハイリスクキャリア)の同定を目指す。①②の研究成果によって、ATL患者に殺細胞薬を中心とする多剤併用化学療法、モガムリズマブ、レナリドミド、あるいは造血幹細胞移植(現時点で唯一の治癒的治療法であるが患者の高齢化に伴い適応症例が減少している)の何れの治療法が最も適しているかを治療前に予測し、限られた時間で効果的で最適な医療を提供することが可能となる。薬剤による予後良好群が同定できる場合には、早期の造血幹細胞移植は適応とはならず、造血幹細胞移植で得られる以上の十分な生存期間延長とQOL向上が見込める。③の研究成果によって、より頻回な経過観察によるATL発症の早期診断、早期の治療開始が可能となる。また、発症リスクが高くないキャリアも同時に同定でき、そのようなローリスクキャリアへは安寧の提供が可能となる。

  • 成人T細胞白血病リンパ腫に対する新規テーラーメイド治療

    2015年10月 - 2018年03月

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構  医療分野研究成果展開事業 産学連携医療イノベーション創出プログラム【16im0210102h0202】 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    研究開発課題名(実施内容):ATLLモデルマウスの開発と検証
    ①  研究開発の目的及び内容
      臨床開発候補化合物の薬効をin vivoで評価するための、ATLL病態モデルマウスを樹立する。
    1) 宮崎大学でATLL臨床検体を収集し、超免疫不全マウスNOGマウスに移植して、ヒトATLLモデルの樹立を行う。臨床検体の一部は、京都大学において遺伝子変異の解析を行うため、遺伝子変異の種類が明らかなATLLモデルマウスが作成可能となる。
    2) ATLL患者検体を超免疫不全マウスNOGマウスに移植し作成したヒトA

  • 成人T細胞白血病リンパ腫に対する新規テーラーメイド治療

    2015年10月 - 2016年03月

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構  医療分野研究成果展開事業 産学連携医療イノベーション創出プログラム【15im0210102h0201】 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    研究開発課題名(実施内容):ATLLモデルマウスの開発と検証
    ①  研究開発の目的及び内容
      臨床開発候補化合物の薬効をin vivoで評価するための、ATLL病態モデルマウスを樹立する。
    1) 宮崎大学でATLL臨床検体を収集し、超免疫不全マウスNOGマウスに移植して、ヒトATLLモデルの樹立を行う。臨床検体の一部は、京都大学において遺伝子変異の解析を行うため、遺伝子変異の種類が明らかなATLLモデルマウスが作成可能となる。
    2) ATLL患者検体を超免疫不全マウスNOGマウスに移植し作成したヒトA

  • 全例登録を基盤とした臨床情報と遺伝子情報の融合によるATLL予後予測モデル、発症前診断の開発と、ATLLクローン進化機序の解明

    2015年04月 - 2016年03月

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構  革新的がん医療実用化研究事業【15ck0106014h0002】 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    宮崎県内で発症したATLL症例の全例登録を継続する。同定した症例毎の遺伝子変異情報と集積した臨床情報を統合し、予後予測モデルの作成を試みる。HTLV-1キャリア検体の集積と遺伝子変異解析を行う。

  • 全例登録を基盤とした臨床情報と遺伝子情報の融合によるATLL予後予測モデル、発症前診断の開発と、ATLLクローン進化機序の解明

    2014年05月 - 2015年03月

    厚生労働省  平成26年度厚生労働科学研究委託事業:革新的がん医療実用化研究事業 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    全例登録を基盤とした臨床情報と遺伝子情報の融合によるATLL予後予測モデル、発症前診断の開発と、ATLLクローン進化機序の解明

全件表示 >>

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 骨髄線維症患者を対象としてルキソリチニブへのParsaclisib(PI3Kδ阻害剤)併用を評価する、第3相、ランダム化、二重盲検、プラセボ対照試験

    2021年03月 - 2026年02月

    インサイト・バイオサイエンシズ・ジャパン合同会社 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  受託研究区分:治験薬試験

  • ルキソリチニブ治療効果が至適奏効未満であった骨髄線維症患者を対象として、ルキソリチニブへのParsaclisib(PI3Kδ阻害剤)併用を評価する、ランダム化、二重盲検、プラセボ対照試験

    2021年03月 - 2025年08月

    インサイト・バイオサイエンシズ・ジャパン合同会社 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  受託研究区分:治験薬試験

  • 赤血球輸血を必要とする、JAK2阻害剤を投与中の骨髄増殖性腫瘍関連骨髄線維症患者を対象に、LUSPATERCEPT(ACE-536)の有効性及び安全性をプラセボと比較する、第3相二重盲検ランダム化試験

    2021年01月 - 2028年08月

    セルジーン株式会社 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  受託研究区分:治験薬試験

  • 骨髄線維症患者を対象にNavitoclaxとルキソリチニブの併用投与とルキソリチニブの単剤投与を比較する無作為化二重盲検プラセボ対照第III相試験(TRANSFORM-1)

    2020年10月 - 2030年02月

    アッヴィ合同会社 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  受託研究区分:治験薬試験

  • 再発/難治性骨髄線維症患者を対象にnavitoclaxとルキソリチニブの併用投与の有効性及び安全性を利用可能な最良の治療と比較評価する無作為化非盲検第III相試験(TRANSFORM-2)

    2020年10月 - 2029年06月

    アッヴィ合同会社 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  受託研究区分:治験薬試験

全件表示 >>

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 内科学講座消化器血液学分野研究奨学金

    寄附者名称:大正製薬株式会社 2021年03月

  • 内科学講座消化器血液学分野研究奨学金

    寄附者名称:社会医療法人同心会 2021年03月

  • 内科学講座消化器血液学分野研究奨学金

    寄附者名称:宮崎市郡医師会 2021年01月

  • 内科学講座消化器血液学分野研究奨学金

    寄附者名称:有馬医院 2021年01月

  • 内科学講座消化器血液学分野研究奨学金

    寄附者名称:延岡医師会病院 2021年01月

全件表示 >>