柿崎 英二 (カキザキ エイジ)

KAKIZAKI Eiji

写真a

所属

医学部 医学科 社会医学講座法医学分野

職名

准教授

連絡先

連絡先

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学) ( 2009年5月   宮崎大学 )

  • 修士(農学) ( 1996年3月   宮崎大学 )

  • 学士(農学) ( 1994年3月   香川大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 法医学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Conventional diatom testing using strong acid: notable false-positive results caused by an underestimated contamination source (blind spot) 査読あり 国際誌

    Kakizaki E*, Shinkawa N, Sonoda A, Yukawa N*

    Forensic Science International   330   111131   2022年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.forsciint.2021.111131

  • A new enzymatic method for extracting diatoms from organs of suspected drowning cases using papain: Optimal digestion and first practical application 査読あり 国際誌

    Kakizaki E*, Sonoda A, Shinkawa N, Yukawa N*

    Forensic Science International   297   204 - 216   2019年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.forsciint.2019.02.008

  • Simple detection of bacterioplankton using a loop-mediated isothermal amplification (LAMP) assay: First practical approach to 72 cases of suspected drowning 査読あり 国際誌

    Kakizaki, E.*, Sonoda, A., Sakai, M., Yukawa, N*.

    Forensic Science International   289   289 - 303   2018年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.forsciint.2018.05.035

    Scopus

  • Simple protocol for extracting diatoms from lung tissues of suspected drowning cases within 3 h: First practical application 査読あり 国際誌

    Kakizaki E* and Yukawa N.

    Forensic Science International   251   179 - 185   2015年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.forsciint.2015.03.025

  • A new molecular approach to help conclude drowning as a cause of death: simultaneous detection of eight bacterioplankton species using real-time PCR assays with TaqMan probes 査読あり 国際誌

    Uchiyama T, Kakizaki E, Kozawa S, Nishida S, Imamura N, Yukawa N*

    Forensic Science International   222 ( 1-3 )   11 - 26   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.forsciint.2012.04.029

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Essentials of Autopsy Practice: Innovations, Updates and Advances in Practice 国際共著

    Yukawa N*, Kakizaki E, Kozawa S( 担当: 共著)

    Springer  2012年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

MISC 【 表示 / 非表示

  • 特集 次世代シーケンサーが可能にした感染学の新しい展開,4. 臨床への応用(Clinical Sequencing),4)法医学への応用 招待あり

    柿崎英二*,湯川修弘

    化学療法の領域   33 ( 7 )   143 - 151   2017年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:医薬ジャーナル社  

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 壊機法によるプランクトン検査:腎臓や肝臓から検出される珪藻について(第2報)

    柿崎英二,新川慶明,園田 愛,柳井章江,湯川修弘

    第105次日本法医学会学術全国集会  (福岡市,オンデマンド配信)  九州大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月4日 - 2021年10月31日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡市,オンデマンド配信  

  • 壊機法によるプランクトン検査:偽陽性を生じる要因の一つについて

    柿崎英二,園田 愛,柳井章江,新川慶明,湯川修弘

    第104次日本法医学会学術全国集会  (京都市)  京都大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月24日 - 2020年9月25日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都市  

  • 水棲微生物を指標とした溺死の補助診断法:最も少ない労力で検査を行うためのプロトコールの最適化

    園田 愛,柿崎英二,新川慶明,湯川修弘

    第103次 日本法医学会学術全国集会  (仙台市)  東北大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月12日 - 2019年6月14日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:仙台市  

  • A new enzymatic method for extracting diatoms from lung, kidney and liver tissues of suspected drowning cases using papain digestion: First practical application 国際会議

    Kakizaki E, Sonoda A, Shinkawa N, Yukawa N

    24th Congress of the International Academy of Legal Medicine [IALM]  (Fukuoka)  Kyushu University

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月5日 - 2018年6月8日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Fukuoka  

  • 水中死体の肺及び血中に存在する水棲微生物の網羅的解析(第2報):法医解剖32例のメタ16S解析

    柿崎英二,小椋 義俊,林 哲也,湯川修弘

    第101次日本法医学会学術全国集会  (岐阜市)  岐阜大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月7日 - 2017年6月9日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岐阜市  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 7th International Symposium Advances in Legal Medicine (ISALM) Poster Presentation Award

    2008年9月   7th International Symposium Advances in Legal Medicine (Poster Presentation Award Committee)  

    Kakizaki E,Kozawa S, Tashiro N, Sakai M, Yukawa N

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 最も少ない労力で行える溺死の補助診断検査:法医実務に合わせた最も効果的な活用法

    研究課題/領域番号:21H03215  2021年04月 - 2024年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究 (B)

    湯川修弘,柿崎英二,新川慶明,園田 愛

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 水死体の鑑別診断に簡便・迅速に対応するための新規スクリーニング検査法の開発

    研究課題/領域番号:18K19687  2018年07月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  挑戦的研究(萌芽)

    園田 愛,柿崎英二,新川慶明,湯川修弘

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 簡便かつ安価で安全に行えるPapainを用いた新しいプランクトン検査法

    研究課題/領域番号:18K10132  2018年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究 (C)

    柿崎英二,園田 愛,新川慶明,湯川修弘

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 溺死診断のためのTaqMan PCRを用いた水棲微生物の迅速な多検体同時検出法

    研究課題/領域番号:17K09268  2017年04月 - 2020年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究 (C)

    湯川修弘,柿崎英二,園田 愛

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 溺死の診断のためのLAMP法を用いた簡易迅速スクリーニング検査法の開発

    研究課題/領域番号:25460871  2013年04月 - 2016年03月

    科学研究費補助金  基盤研究 (C)

    柿崎英二,湯川修弘,酒井正博,小澤周二

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    溺死の診断のためのLAMP法を用いた簡易迅速スクリーニング検査法の開発

全件表示 >>