研究者総覧

【 氏名 】李 春鶴
LI Chunhe
リ チユンフ
【 所属 】工学教育研究部
社会環境システム工学科担当
【 職名 】准教授
【 研究分野・領域 】環境領域
ナノ・材料領域
【 連絡方法 】 TEL:
FAX:
(E-MAIL)
メールアドレス
【 ホームページ 】
顔写真

【 出身学校 】
清華大学  工学部  土木工学科 (水利水電建築工程系)

【 出身大学院 】
ソウル大学校(韓国)  工学系研究科  地球環境システム工学部
東京大学  工学系研究科  社会基盤工学

【 学位 】
博士(工学)  コンクリート工学  東京大学  2005年12月16日
修士(工学)  橋梁工学  ソウル大学校  2002年02月
学士(工学)  水工学  清華大学(中国)  1999年07月01日

【 所属学会 】
日本土木学会
日本コンクリート工学会
日本プレストレストコンクリート工学会
日本材料学会
日本建築学会
全件表示

【 専門分野 】
土木材料・施工・建設マネジメント

【 研究内容 】
フライアッシュ、耐久性能評価
 本研究は、フライアッシュを用いたセメント系硬化体の中性化および塩害の劣化因子としての気体・塩化物イオンの移動特性、生成物の変化に伴う移動抵抗性の変化、組成成分の中性化反応抵抗性を統合的に考慮し、そのメカニズムの解明をすることで、フライアッシュ系硬化体の耐久性能を定量的に評価したのを報告する。これにより、指定副産物のフライアッシュの有効利用の促進を図り、フライアッシュを用いたコンクリートの性能向上のほか、セメント代替によるCO2を削減して循環型社会の構築に貢献する。

炭酸化モデル、相組成、細孔構造、物質移動
 本研究では、セメント系無機複合材料の炭酸化反応による相組成・細孔構造・物質移動の相互関係のメカニズムに着目して実験的な検討を行った。その結果、セメント系材料の炭酸化による組成、細孔構造、物質移動抵抗性の変化は、その配合や養生、二酸化炭素濃度により異なる傾向を示し、且つ強い相互作用があることが明らかになった。

鉄筋コンクリート、維持管理
 本研究は、コンクリートの空隙構造と気体の拡散の相関関係の解明に着目して、その耐久性能を評価する研究で、現在までの諸研究とは画期的な違いがあり、世界を先駆する手法であると考えられる。
結果として、炭酸化収縮による微細ひび割れが表層品質に及ぼす影響の解明については、実験室レベルでのご型試験体においては再現が難しいことから、当初の目標には至ってないが、環境条件などの外部要因、セメントおよび膨張材の水和および劣化反応により時時刻刻変化する空隙構造とそれにもたらす気体の拡散のメカニズムを解明し、耐久性能の評価に至っている。また、空隙構造の評価において、空隙量だけではなく、あるしきい空隙径の評価、連続空隙量の影響などを取り入れた評価手法、水和や劣化に伴う気体の拡散を総合的に検討し、また、現存の酸素拡散試験に合わせて、非破壊手法である表層透気係数の相関関係を実構造物レベルまで拡張することで、工学的に有用と考えられるアプローチを提案した。
ポーラス、セメント系材料、性能評価
 本研究は,第一に,セメント改良土やポーラスコンクリートなどの粗大な連結空隙を有するポーラスーなセメント系材料の材料特性を解明しその性能評価手法を提案すること,第二に,ポーラスなセメント系材料を用いて普通コンクリートを含めた広範なセメント系材料の劣化メカニズムの解明と耐久性能の迅連な評価手法を開発することを目的としたものである.

ポーラスなセメント系材料の劣化のうち,溶脱劣化機構の分析を実験手法によって行うとともに,溶脱劣化による力学特性の変化を分析した.高流速の移流溶脱試験によってほぼ均質にカルシウムが溶脱した試験体を用いた評価方法を提案し,劣化後の強度やヤング係数の低下は,Caの減少と相関があることを明らかにした.また,養生に関して,粗大な連結空隙を有するために,材齢初期の乾燥や炭酸化が進行しやすいものの,炭酸化によって溶脱は抑制されること,初期の乾燥によって残存した未水和セメントが水分の供給によって追加的に水和し,強度が増加することなどを明らかにした.これらの現象に関して,地球化学モデルを用いた検討を行い,性能評価手法を検討した。

また,セメント系材料における骨材の影響分析を目的として,再生骨材や反応性骨材,ウッドチップなどを用いた試験体を用い,強度特性,吸水蒸散挙動,膨張挙動,溶脱挙動などを検討した.その結果,再生骨材を用いたポーラスコンクリートの保水性材料としての適用など,配合によっては,骨材の特徴を生かした材料設計が可能となることを示した.


【 論文 】
  1. 複合リサイクル材料を有効利用したモルタルの性能評価  2016年03月31日  セメント・コンクリート論文集 : 69   228 - 234  李 春鶴,亀井健史,長納央樹
  2. 道路橋床板の補修補強材料としてのラテックス改質速硬コンクリート(LMFC)の開発  2015年11月25日  土木学会西部支部技術発表会論文集 : 7 - 12  郭度連、李春鶴、山中俊幸
  3. ラテックス改質速硬コンクリート(LMFC)の基礎物性と耐久性  2015年10月23日  第24回プレストレストコンクリートの発展に関するシンポジウム論文集 : 24   541 - 544  郭度連、森山守、李春鶴、山中俊幸
  4. ラテックス改質速硬コンクリートの基礎物性と耐久性能に関する基礎的検討  2015年07月16日  コンクリート工学年次論文集 : 37 (1) 1939 - 1944  郭度連、森山守、菊池徹、李春鶴
  5. PC鋼材の付着性能が異なるPPC梁の曲げひび割れ性状  2015年06月01日  コンクリート工学 : 53 (6) 542 - 550  辻幸和,李春鶴,橋本親典,栖原健太郎
全件表示

【 著書 】
  1. コンクリート技術シリーズ97,構造物表面のコンクリート品質と耐久性能検証システム研究小委員会(335委員会)第二期成果報告書およびシンポジウム講演概要集  2012年05月  土木学会  李春鶴ほか数人
  2. コンクリート技術シリーズ89,混和材料を使用したコンクリートの物性変化と性能評価研究小委員会(333委員会)成果報告書No.2  2010年05月  土木学会  李春鶴ほか数人
  3. コンクリート技術シリーズ80,構造物表面のコンクリート品質と耐久性能検証システム研究小委員会(335委員会)成果報告書およびシンポジウム講演概要集  2008年05月  土木学会  李春鶴ほか数人

【 総説・解説記事 】
  1. 中国コンクリート・セメント製品協会の生コンクリート分会創立大会および第1回中国生コンクリート技術交流大会についての参加報告  2009年08月  ZENNAMA : 282   18 - 19  辻幸和,李春鶴

【 工業所有権 】

【 作品 】

【 受賞歴 】
土木学会 吉田研究奨励賞  2013年06月14日(土木学会)  李春鶴
協会賞 論文部門  2012年05月16日(プレストレストコンクリート工学会)  李,山口,辻 共同
協会賞 論文部門  2010年05月26日(プレストレストコンクリート技術協会)  李,山口,池田,藤本,辻 共同
プレストレストコンクリートの発展に関するシンポジウム優秀講演賞  2008年11月21日(プレストレストコンクリート技術協会)  李
コンクリート工学講演会年次論文奨励賞  2008年07月11日(日本コンクリート工学協会)  李
全件表示

【 共同研究希望テーマ 】

【 提供可能な資源 】
コンクリート構造・材料関連の実験装置および研究指導
 コンクリート構造実験
コンクリート材料実験

宮崎大学情報管理室 2007.1.15