鉄村 琢哉 (テツムラ タクヤ)

TETSUMURA Takuya

写真a

所属

農学部 植物生産環境科学科

職名

教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学) ( 2001年1月   京都大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 環境・農学 / 園芸科学

 

論文 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • The Persimmon Genome(共著) 国際共著

    Maria L. Badenes, Francisco Gil-Muñoz, Takuya Tetsumura( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Part of the chapter)

    Springer  2022年9月  ( ISBN:978-3-031-05584-3

     詳細を見る

    総ページ数:176   担当ページ:47- 63   記述言語:英語 著書種別:学術書

  • Biotechnology of Fruit and Nut Crops, 2nd Edition(共著) 国際共著

    Qing-Lin Zhang, Takuya Tetsumura, Ryutaro Tao, Zheng-Rong Luo( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Part of the chapter)

    CABI International  2020年2月  ( ISBN:978-1-78064-828-6

     詳細を見る

    総ページ数:688   担当ページ:p.164 - 190)   記述言語:英語 著書種別:学術書

  • 果樹園芸学 (共著)

    米森敬三 他14名( 担当: 共著 ,  範囲: 全224ページのうち61-75ページ(繁殖)を執筆)

    株式会社 朝倉書店  2015年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • 最新農業技術 果樹Vol.6 (共著)

    小池洋男ほか29名( 担当: 共著 ,  範囲: 37-45ページ「挿し木によるカキわい性台木の繁殖,苗木供給」を執筆)

    社団法人 農山漁村文化協会  2013年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  • 果実の事典 (共著)

    板井章浩 他39名( 担当: 共著 ,  範囲: 全622ページのうち293-299ページ(スグリ類)を執筆)

    株式会社 朝倉書店  2008年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • Which is better for mother stock of leaf-bud cuttings of kaki (Diospyros kaki), root-sucker or hedge?

    T. Tetsumura, S. Ishimura, C. Honsho

    Combined Proceedings International Plant Propagators’ Society   67   371 - 376   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:The International Plant Propagators’ Society  

  • カキの挿し木繁殖の改良 招待あり

    鉄村琢哉

    果樹種苗   ( 150 )   10 - 13   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:一般社団法人 日本果樹種苗協会  

  • カキわい性台木「MKR1」が地上部の成長におよぼす影響 招待あり

    鉄村琢哉

    果実日本   72 ( 11 )   76 - 79   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:日本園芸農業協同組合連合会  

    カキわい性台木「MKR1」樹(「平核無」、「富有」、「太秋」)の成長について概説した。

  • Hardwood and softwood cutting propagation of MKR1, persimmon dwarfing rootstock.

    Z. Hejazi, S. Ishimura, C. Honsho, T. Tetsumura

    Combined Proceedings International Plant Propagators’ Society   66   97 - 111   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:The International Plant Propagators’ Society  

  • Improvement in rooting of cuttings of FDR-1, a dwarfing rootstock for kaki.

    T. Tetsumura, S. Ishimura, C. Honsho, H. Chijiwa

    Combined Proceedings International Plant Propagators’ Society   65   113 - 115   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:The International Plant Propagators’ Society  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 自家和合性カンキツのクレメンティンにおけるS遺伝子座に存在する遺伝子の特徴

    河村奈歩、石村修司、鉄村琢哉、本勝千歳

    園芸学会令和4年度秋季大会  (山形大学・オンライン開催)  2022年9月10日  一般社団法人園芸学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月7日 - 2022年9月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山形大学・オンライン開催  

  • カキ台木は穂木の果実品質に影響を与える

    鉄村琢哉、石村修司、瀧田隆志、船木昭吾、久原佳純、眞邉虎太郞、眞鍋和己、宇田津康弘、松尾光弘、本勝千歳

    園芸学会令和4年度春季大会  (オンライン開催)  2022年3月21日  一般社団法人園芸学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月17日 - 2022年3月23日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン開催  

  • Survey of candidate genes for citrus S-RNase from genomic and transcriptomic data 国際会議

    Chitose Honsho, Koichiro Ushijima, Shuji Ishimura, Takuya Tetsumura

    1st International Symposium on Reproductive Biology of Fruit Tree Species  (Virtual)  2021年11月10日  International Society for Horticultural Science

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月8日 - 2021年11月10日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Virtual  

  • Effects of ambient, cultivar and wrapping materials on grafting success of persimmons (Diospyros kaki Thunb.) 国際共著 国際会議

    Z. Hejazi, M. I. Sadat, A. Hamid, A. S. Dawlatzai, T. Tetsumura

    7th International Symposium on Persimmon  (Virtual)  2021年9月23日  International Society for Horticultural Science

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月22日 - 2021年9月26日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Virtual  

  • Rooting treatment with 1-Naphthaleneacetic acid to softwood cuttings of dwarfing rootstock for persimmon 国際会議

    T. Tetsumura, Y. Sei, H. Ogata, S. Ishimura, C. Honsho, R. Tanaka, K. Matsumoto

    7th International Symposium on Persimmon  (Virtual)  2021年9月25日  International Society for Horticultural Science

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月22日 - 2021年9月26日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Virtual  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 宮崎大学ハイステップ研究者

    2019年2月   宮崎大学   Auxin-dependent regulation of lateral root positioning in the basal meristem of Arabidopsis.

    鉄村琢哉

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 優秀論文賞(宮崎大学農学部論文表彰)

    2018年12月   宮崎大学農学部   Improved rooting of softwood cuttings of dwarfing rootstock for persimmon under fog irrigation.

    鉄村琢哉

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 園芸学会九州支部賞学術賞

    2014年9月   園芸学会九州支部  

    國武久登,本勝千歳,内田飛香,安部秋晴,鉄村琢哉

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 園芸学会賞奨励賞

    2002年4月   園芸学会  

    鉄村琢哉

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • カキわい性台木MKR1に特異的にみられるサイトカイニンを介した成長制御機構の解明

    2015年04月 - 2019年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    研究代表者らが開発したわい性台木MKR1は樹をわい化させるだけでなく、早期着花性、果実高生産性、生理的落果防止など実際栽培に有益な形質を穂木品種に与えることがわかり、実用化へ向けた全国規模の連絡栽培試験が進められている。MKR1台木によるわい化の仕組みは、リンゴ等のわい性台木とは異なることを明らかにしたが、主原因は全く不明であり、今後、栽培指針を示し、新規わい性台木を効率的に育種するための指標や分子マーカー等を開発するためには、その主原因を明らかにしなければならない。最近、サイトカイニン含量を高めた形質転換果樹がわい化成長することが示されたが、MKR1台木樹はその形質転換体と非常に似た成長を示している。そこで本研究ではMKR1台木の成長制御機構を、サイトカイニンの分析や組換え体の作出、遺伝子発現等を通じて明らかにする。

  • ペプチドホルモンの実用化を目指した園芸科学的基礎研究

    2015年04月 - 2018年03月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    植物ペプチドホルモンに関する基礎的研究は、近年めざましい発展を遂げているものの、実用化を目指した本格的な実験はほとんど行われておらず、本研究はその実用化を最終目的としているものである。現在、確認されている15 以上の植物ペプチドホルモンの中から、我々がブドウ等の果樹において関連遺伝子の存在と試験管内処理効果を見いだしたCLE ペプチドを用い、園芸作物への分裂組織(メリステム)の形成制御機構を明らかにする。また、ペプチドホルモン研究の第一人者より最新情報を得ながら、気孔数を調節するストマジェンなどの新規ペプチドホルモンの外生処理や遺伝子の発現等の調査も進める。これらの実験の結果、実用化に結びつくようなデータが得られれば、実際に圃場における処理を試み、実用化に向けた展開を図る。

  • メリステム形成制御に関わるペプチドホルモンの園芸的利用の可能性を探る

    2012年04月 - 2015年03月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    植物ペプチドホルモンに関する基礎的研究は、近年めざましい発展を遂げているものの、実用化を目指した本格的な実験は行われておらず、本研究はその実用化を最終目的としているものである。発見されている15 以上の植物ペプチドホルモンの中から、分裂組織(メリステム)の形成制御に関わるものをピックアップし、外生処理による効果が安定して現れやすい組織培養系を利用した実験を中心に行う。一方、基礎データを得る目的でゲノム解読の終わっているブドウ培養個体に処理を行い、遺伝子の発現等を調査し、第一人者のアドバイスを受けながら実験を進め、実用化の手がかりを得る。

  • ギニアグラスを用いたアポスポリー性胚嚢始原生殖細胞出現メカニズムの分子的解析

    2011年04月 - 2015年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    ギニアグラスを用いたアポスポリー性胚嚢始原生殖細胞出現メカニズムの分子的解析を行う

  • 多着花をもたらすカキわい性台木の花芽制御システムの解明

    2011年04月 - 2014年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    多着花をもたらすカキわい性台木の花芽制御システムを植物生理学的に解明する

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 家庭用果樹苗生産にも対応したカキわい性台木挿し木苗育成技術の開発

    2009年06月 - 2012年03月

    農林水産省  平成21年度新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    研究総括者の所有するわい性台木の挿し木繁殖を実用レベルで行う際の最適条件を明らかにする。また、接ぎ木苗育成方法の改善のため、各種台木に接ぎ木した苗を組織学的・生理学的に調査し、わい化の原因を明らかにする。さらに、台木のDNAマーカー判別法を台木部あるいは根からのサンプリングで行えるように開発する。一方、新たなわい性台木の探索やその繁殖方法の試験を行い、樹の大きさの異なる台木を供給できる体制を作る。

  • カキわい性台木のミクロ繁殖および挿し木繁殖に関する研究

    2002年04月 - 2003年03月

    民間財団等  園芸振興松島財団 研究助成金 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    カキのわい性台木候補である‘伊豆’およびしだれ柿2系統のミクロ繁殖および挿し木繁殖を試み、その手法を確立した。