向井 尚一郎 (ムカイ ショウイチロウ)

MUKAI Shoichiro

写真a

所属

医学部 医学科 発達泌尿生殖医学講座泌尿器科学分野

職名

准教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学) ( 2008年3月   宮崎大学 )

 

論文 【 表示 / 非表示

  • En bloc removal of a large leiomyosarcoma arising from the inferior vena cava using retroperitoneal laparoscopic dissection of posterior vessels followed by cavectomy in a thoracoabdominal approach. 査読あり

    Kida K, Terada N, Nakamura E, Mukai S, Nanashima A, Kamoto T

    Urology Case Reports   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.eucr.2019.100984

    Scopus

  • Feasibility of laparoscopic adrenalectomy for metastatic adrenal tumors in selected patients: a retrospective multicenter study of Japanese populations. 査読あり

    Goto T, Inoue T, Kobayashi T, Yamasaki T, Ishitoya S, Segawa T, Ito N, Shichiri Y, Okumura K, Okuno H, Kawakita M, Kanaoka T, Terada N, Mukai S, Sugi M, Kinoshita H, Kamoto T, Matsuda T, Ogawa O.

    Intetnational Journal of Clinical Oncology   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Expression of protease activating receptor-2 (PAR-2) is positively correlated with the recurrence of non-muscle invasive bladder cancer: an immunohistochemical analysis. 査読あり

    Nakahara K, Yamasaki K, Nagai T, Fujii M, Akioka T, Takamori H, Terada N, Mukai S, Sato Y, Kamoto T.

    Res Rep Urol.   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The efficacy and toxicity of cabazitaxel for treatment of docetaxel-resistant prostate cancer correlating with the initial doses in Japanese patients 査読あり

    Terada N., Kamoto T., Tsukino H., Mukai S., Akamatsu S., Inoue T., Ogawa O., Narita S., Habuchi T., Yamashita S., Mitsuzuka K., Arai Y., Kandori S., Kojima T., Nishiyama H., Kawamura Y., Shimizu Y., Terachi T., Sugi M., Kinoshita H., Matsuda T., Yamada Y., Yamamoto S., Hirama H., Sugimoto M., Kakehi Y., Sakurai T., Tsuchiya N.

    BMC cancer   19 ( 1 )   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BMC cancer  

    BACKGROUND: We analyzed the efficacy and toxicity of cabazitaxel (CBZ) at high and low initial doses in Japanese patients with docetaxel-resistant castration-resistant prostate cancer (CRPC). METHODS: We retrospectively evaluated 118 patients who received CBZ for docetaxel-resistant CRPC in 10 university hospitals in Japan between 2014 and 2016. The rate of decrease of prostate-specific antigen (PSA), adverse events, progression-free survival (PFS), and overall survival (OS) were compared between patients receiving initially high (≥22.5 mg/m2, n = 36) and low (≤20 mg/m2, n = 80) CBZ doses. Factors associated with survival and grade 4 neutropenia were evaluated. RESULTS: PSA values decreased by > 50% in 22 patients (19%), with a higher frequency in the high-dose group than in the low-dose group (29 and 14%, P = 0.073). The median PFS time for the all-patient, high- and low-dose groups was 2.8 months (95% confidence interval [CI] 1.9-4.4), 2.1 months (1.2-5.5), and 3.0 months (2.0-4.4), respectively (P = 0.904). The median OS times were 16.3 months (95% CI 9.7-30.9), 30.9 months (11.8-47.4), and 10.2 months (8.6-20), respectively (P = 0.020). In multivariate analyses, PFS was significantly associated with existing bone metastasis at diagnosis (P = 0.005) and OS with PSA > 100 ng/ml (P = 0.007), hemoglobin < 12 g/dl (P = 0.030), and low initial CBZ dose (P = 0.030). Grade 4 neutropenia occurred in 53 patients (45%) and was associated with a low CBZ dose (hazard ratio 0.21, 95% CI 0.08-0.59, P = 0.002). CONCLUSIONS: CBZ at a higher initial dose may have similar response rate and response duration, but longer survival duration after treatment with higher toxicity than a lower initial dose for docetaxel-resistant CRPC in Japanese patients.

    DOI: 10.1186/s12885-019-5342-9

    Scopus

  • Matriptase-induced phosphorylation of met is significantly associated with poor prognosis in invasive bladder cancer; an immunohistochemical analysis 査読あり

    Yamasaki K., Mukai S., Nagai T., Nakahara K., Fujii M., Terada N., Ohno A., Sato Y., Toda Y., Kataoka H., Kamoto T.

    International Journal of Molecular Sciences   19 ( 12 )   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Molecular Sciences  

    © 2018 by the authors. Licensee MDPI, Basel, Switzerland. Hepatocyte growth factor (HGF) plays an important role in cancer progression via phosphorylation of MET (c-met proto-oncogene product, receptor of HGF). HGF-zymogen (pro-HGF) must be processed for activation by HGF activators including matriptase, which is a type II transmembrane serine protease and the most efficient activator. The enzymatic activity is tightly regulated by HGF activator inhibitors (HAIs). Dysregulated pro-HGF activation (with upregulated MET phosphorylation) is reported to promote cancer progression in various cancers. We retrospectively analyzed the expression of matriptase, phosphorylated-MET (phospho-MET) and HAI-1 in tumor specimens obtained from patients with invasive bladder cancer by immunohistochemistry. High expression of phospho-MET and increased expression of matriptase were significantly associated with poor prognosis, and high matriptase/low HAI-1 expression showed poorer prognosis. Furthermore, high expression of matriptase tended to correlate with phosphorylation of MET. Increased expression of matriptase may induce the ligand-dependent activation of MET, which leads to poor prognosis in patients with invasive bladder cancer.

    DOI: 10.3390/ijms19123708

    Scopus

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 術式の選択基準と周術期アセスメント1.副腎腫瘍 泌尿器Care & Cure Uro-Lo

    向井尚一郎( 担当: 単著)

    メディカ出版  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • Urologic Surgery Next1腹腔鏡手術 Ⅳ前立腺・膀胱の手術「腹腔鏡下前立腺全摘除術」

    向井尚一郎,髙森大樹,賀本敏行( 担当: 共著)

    メジカルビュー社  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • Urologic Surgery Next1腹腔鏡手術 Ⅳ前立腺・膀胱の手術「腹腔鏡下前立腺全摘除術」

    向井尚一郎,髙森大樹,賀本敏行( 担当: 共著)

    メジカルビュー社  2018年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • 精巣癌の治療 3. (2) 救済化学療法 日本臨床

    向井尚一郎( 担当: 単著)

    日本臨床社  2017年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • 精巣癌の治療 3. (2) 救済化学療法 日本臨床

    向井尚一郎( 担当: 単著)

    日本臨床社  2017年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 前立腺がんの放射線療法(外照射、内照射)ってどんな治療法?

    向井尚一郎

    泌尿器care&cure Uro-Lo   21 ( 1 )   41 - 44   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:メディカ出版  

  • がん微小環境におけるtype Ⅱ transmembrane serine protease (TTSP) の働きについて (肝細胞増殖因子の活性化酵素とその制御機構を中心に)

    向井尚一郎、月野浩昌

    西日本泌尿器科   77 ( 10 )   365 - 373   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:西日本泌尿器科  

  • Laparoscopic anterior pelvic exenteration for locoregionally advanced rectal cancer directly invading the urinary bladder: A case report of low anterior resection with en bloc cystectomy for sphincter preservation.

    石崎秀信、向井尚一郎他

    Asian J Endosc Surg   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley Online Library  

  • RCCにおける分子標的治療の総括

    向井尚一郎、賀本敏行

    西日本泌尿器科   77 ( 4 )   115 - 123   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:西日本泌尿器科  

  • 下大静脈塞栓を伴う腎細胞癌に対する手術戦略(症例検討会)

    北悠希、向井尚一郎、賀本敏行

    宮崎県医師会医学雑誌   38 ( 1 )   49 - 52   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:宮崎県医師会  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 大きな褐色細胞腫, 後腹膜腫瘍へのアプローチ~腹腔鏡の利用について

    向井尚一郎

    第32回日本泌尿器内視鏡学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月27日 - 2018年11月29日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • ロボット時代の若手教育 標準術式の習得について

    向井尚一郎

    第106回日本泌尿器科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月19日 - 2018年4月22日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 骨盤内蔵全摘における泌尿器科の関わりについて

    向井尚一郎,武田将司,賀本敏行,西田卓弘,河野文彰,池田拓人,七島篤志,石崎秀信,魏峻洸

    第30回日本内視鏡外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月7日 - 2017年12月9日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 超高齢時代のCRPC患者に対する骨マネジメントについて

    向井尚一郎,藤井将人,月野浩昌,賀本敏行

    第69回西日本泌尿器科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月9日 - 2017年11月12日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • HAI-2 regulates the growth of RCC cells in bone metastasis through suppression of matripatese 国際会議

    Mukai S

    The 34th Korea –Japan Urological Congress 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月23日

    記述言語:日本語  

全件表示 >>

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 腎癌骨転移における膜結合型タンパクの機能解析と新規治療法の確立

    2015年04月 - 2018年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    腎癌骨転移における膜結合型タンパクの機能解析と新規治療法の確立