丸田 豊明 (マルタ トヨアキ)

MARUTA Toyoaki

写真a

所属

医学部 附属病院 麻酔科

職名

講師

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士 ( 2008年3月   宮崎大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 麻酔科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • The usefulness of plasma levels of mature and total adrenomedullin as biomarkers indicating the magnitude of surgical stress responses: A single-center, prospective, observational study. 国際誌

    Go Otao, Toyoaki Maruta, Tetsu Yonaha, Koji Igarashi, Sayaka Nagata, Kazuo Kitamura, Isao Tsuneyoshi

    Journal of clinical and translational research   7 ( 3 )   302 - 310   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Background and Aim: Adrenomedullin (AM), a vasodilatory peptide, is known for its pleiotropic actions. AM levels are increased under inflammatory conditions such as sepsis and can be useful as a prognostic biomarker. However, there are only a few reports on the physiological actions of AM in the perioperative period. The aim of this single-center, prospective, and observational study was to investigate the changes in the plasma levels of mature AM (mAM) and total AM (tAM) observed during the perioperative period. In addition, we aimed to determine the association between each AM level and immune-inflammatory parameters to explore the usefulness of AM as a biomarker of the magnitude of surgical stress responses. Methods: The levels of both mAM and tAM, in addition to the levels of presepsin, interleukin-6, procalcitonin, white blood cell, and C-reactive protein, were measured in blood samples obtained during the perioperative period. Other laboratory data, including sequential organ failure assessment (SOFA) and acute physiology and chronic health evaluation (APACHE) II scores, were obtained from individual clinical records. Correlations between each AM and clinical parameters were determined using Spearman's rank correlation. P<0.05 were considered statistically significant. Results: One hundred and twenty-three perioperative patients scheduled for three types of surgical procedures, including cardiopulmonary bypass surgery, abdominal surgery, and cervical laminoplasty, were included in this study. There was a moderate to strong correlation between each AM and immune-inflammatory parameters, SOFA score, and APACHE II score, as related to surgical trauma. Specifically, the strongest correlation was observed between each AM and SOFA score. Conclusions: These findings suggest that plasma AM levels may represent the most important inflammatory mediators that are evident in surgical stress responses. Relevance for patients: Since the levels of both tAM and mAM show the same trend, mAM and tAM may be equally used as biomarkers for the evaluation of the physiological status of surgical patients. Trial Registration: This observational study was retrospectively registered with Japanese Clinical Trial Registry "UMIN-CTR" on March 19, 2018, and was given a trial ID number UMIN000031792.

    PubMed

    researchmap

  • Comparison of opioid local anesthetic combination regimens using the number of self-administrated boluses in patient-controlled epidural analgesia after cesarean section: A retrospective single-center study 国際誌

    Otao G., Maruta T., Tsuneyoshi I.

    Medicine   100 ( 17 )   e25560   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Medicine  

    ABSTRACT: The aim of this study was to assess the efficacy of combined opioids by comparing four regimens of patient-controlled epidural analgesia (PCEA) after cesarean section.Parturient patients who underwent elective or emergent cesarean section under combined spinal and epidural anesthesia from April 2013 to March 2016 were retrospectively analyzed. Based on PCEA, they were assigned to one of 4 groups: local anesthetic alone (LA), epidural single morphine administration during surgery followed by local anesthetic alone (M), local anesthetic combined with fentanyl 10 μg/h (F10), or local anesthetic combined with fentanyl 20 μg/h (F20). The primary outcome was the number of PCEA boluses used. Secondary outcomes included the use of rescue analgesia, postoperative nausea and vomiting, and postoperative pruritus.A total of 250 parturients were analyzed. Whereas the number of PCEA boluses in the LA group was significantly higher than in the other combined opioid groups on the day of surgery and postoperative day 1 (LA: 3 [1-6] and 7 [4-9] vs M: 2 [0-4] and 4 [0-7] vs F10: 1 [0-4] and 3 [0-6] vs F20: 1 [0-3] and 2 [0-8], P = .012 and 0.010, respectively), within the combined opioid groups, the number was not significantly different. Significantly fewer patients in the F20 group required rescue analgesia on postoperative day 1 and 2 (25 and 55%) than those in the M (66 and 81%) and F10 (62 and 66%) groups (P < .001 and P = .007, respectively). Postoperative nausea and vomiting and pruritus were significantly higher in the M group (P < .008 and P = .024, respectively).The results of the present study suggest that local anesthetic alone after a single administration of morphine, or local anesthetic combined with fentanyl 10 μg/h would generally be adequate for PCEA, whereas local anesthetic combined with fentanyl 20 μg/h would be suitable for conventional epidural analgesia.

    DOI: 10.1097/MD.0000000000025560

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 全身麻酔前後での握力の回復率は術後残存筋弛緩の予測となりえるか. 査読あり

    興梠聡志,丸田豊明,村社瑞穂,溜渕昌美,君安貴寛,恒吉勇男

    麻酔   69 ( 8 )   851 - 854   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • がん薬物療法が引き起こす末梢神経障害のエビデンス. 査読あり

    丸田豊明,丸田 望,柳田俊彦,恒吉勇男

    臨床麻酔   44 ( 7 )   947 - 954   2020年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Upregulation of ERK phosphorylation in rat dorsal root ganglion neurons contributes to ozaliplatin-induced chronic neuropathic pain. 査読あり

    Toyoaki Maruta, Takayuki Nemoto, Koutaro Hidaka, Tomohiro Koshida, Tetsuro Shirasaka, Toshihiko Yanagita, Ryu Takeya Isao Tsuneyoshi

    PLoS ONE   14 ( 11 )   e0225586   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PLoS ONE  

    © 2019 Maruta et al. This is an open access article distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License, which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author and source are credited. Oxaliplatin is the first-line chemotherapy for metastatic colorectal cancer. Unlike other platinum anticancer agents, oxaliplatin does not result in significant renal impairment and ototoxicity. Oxaliplatin, however, has been associated with acute and chronic peripheral neuropathies. Despite the awareness of these side-effects, the underlying mechanisms are yet to be clearly established. Therefore, in this study, we aimed to understand the factors involved in the generation of chronic neuropathy elicited by oxaliplatin treatment. We established a rat model of oxaliplatin-induced neuropathic pain (4 mg kg-1 intraperitoneally). The paw withdrawal thresholds were assessed at different time-points after the treatment, and a significant decrease was observed 3 and 4 weeks after oxaliplatin treatment as compared to the vehicle treatment (4.4 ± 1.0 vs. 16.0 ± 4.1 g; P < 0.05 and 4.4 ± 0.7 vs. 14.8 ± 3.1 g; P < 0.05, respectively). We further evaluated the role of different mitogen-activated protein kinases (MAPKs) pathways in the pathophysiology of neuropathic pain. Although the levels of total extracellular signal-regulated kinase (ERK) 1/2 in the dorsal root ganglia (DRG) were not different between oxaliplatin and vehicle treatment groups, phosphorylated ERK (pERK) 1/2 was up-regulated up to 4.5-fold in the oxaliplatin group. Administration of ERK inhibitor PD98059 (6 μg day-1 intrathecally) inhibited oxaliplatin-induced ERK phosphorylation and neuropathic pain. Therefore, upregulation of p-ERK by oxaliplatin in rat DRG and inhibition of mechanical allodynia by an ERK inhibitor in the present study may provide a better understanding of intracellular molecular alterations associated with oxaliplatin-induced neuropathic pain and help in the development of potential therapeutics.

    DOI: 10.1371/journal.pone.0225586

    Scopus

    PubMed

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

MISC 【 表示 / 非表示

  • 気管挿管における気管チューブの理想的なカフ圧‐時間曲線の検討

    河野太郎, 指宿昌一郎, 丸田豊明, 矢野武志, 児玉芳史, 石山健次郎, 新福玄二, 森信一郎, 恒吉勇男, 恒吉勇男

    日本集中治療医学会学術集会(Web)   45th ( Suppl. )   ROMBUNNO.P1‐1 (WEB ONLY) - 1]   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 先天性QT延長症候群でフェニレフリンが多源性心室頻拍とS‐ICDの誘発試験に関与した1症例

    河野太郎, 丸田豊明, 児玉芳史, 長嶺佳弘, 内村修二, 溜渕昌美, 金丸容子, 恒吉勇男

    Cardiovascular Anesthesia   21 ( Suppl )   369 - 369   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:(一社)日本心臓血管麻酔学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 小児の皮膚レーザー照射術における術中使用鎮痛薬の後ろ向き調査

    丸田豊明, 興梠聡志, 黒木俊介, 長嶺佳弘, 児玉芳史, 門田瑶子, 恒吉勇男

    日本小児麻酔学会誌   23 ( 1 )   169‐173 - 173   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:日本小児麻酔学会  

    小児では母斑や血管腫に対する皮膚レーザー照射術が全身麻酔下に行われることが多く、術後鎮痛のために術中にさまざまな鎮痛薬が用いられる。当施設でのアセトアミノフェン静注薬導入以前における術中鎮痛薬使用の有無と使用した鎮痛薬の種類や術後の鎮痛薬使用の有無などを後ろ向きに調査した。2013年1月から2014年6月迄に入院治療として全身麻酔下にレーザー照射術を施行された1〜19歳の小児。未成年の患者77症例が対象となった。年齢層は2〜3歳が最も多く、5歳迄が全体の約80%を占めた。術中鎮痛薬はペンタゾシン単独・併用が45%で最も多く、次いでアセトアミノフェン座薬、フルルビプロフェンの単独・併用がそれぞれ33%、31%と多かった。鎮痛薬未使用は12%であった。術後に鎮痛薬を使用したのは、5症例と少なかった。術中鎮痛薬はペンタゾシンが好まれる傾向があったが、ほとんどの症例がセボフルラン麻酔であり、覚醒時興奮を予防・治療するために使用されたと考えられた。(著者抄録)

    J-GLOBAL

    researchmap

  • PICCにより右房内血栓を形成し開心術を行った1症例

    児玉芳史, 君安貴寛, 丸田豊明, 太田尾剛, 白阪哲朗, 恒吉勇男

    日本循環制御医学会総会(Web)   38th   ROMBUNNO.O‐11 (WEB ONLY) - 70   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:日本循環制御医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 当施設における末梢挿入型中心静脈カテーテル留置症例の安全性の検討‐がん患者と非がん患者の後ろ向き比較‐

    丸田望, 丸田豊明, 高橋稔之, 和田徹也

    Palliative Care Research (Web)   12 ( 1 )   169‐174(J‐STAGE) - 174   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:(NPO)日本緩和医療学会  

    【目的】末梢挿入型中心静脈カテーテル(peripherally inserted central venous catheter:PICC)留置症例をがん患者と非がん患者で比較し,安全性の検討を行った.【方法】PICCを留置した患者で留置目的・留置期間・合併症の有無などを後ろ向きに比較した.【結果】がん患者は88例,非がん患者は69例であった(以下,がん患者vs.非がん患者).留置目的は高カロリー輸液投与が45 vs. 51例,末梢静脈路確保困難が40 vs. 12例であった(p=0.0022).留置期間は15(6-39) vs. 21(12-40)日であった(p<0.0001).PICC留置に伴う合併症を認めたのは8 vs. 9例で有意差はなかったが,カテーテル関連血流感染は非がん患者で多かった(0.9 vs. 2.0件/1000カテーテル日,p=0.041).【考察】PICCによる合併症発生率はどちらも低く,PICCの安全性が示された.(著者抄録)

    DOI: 10.2512/jspm.12.169

    J-GLOBAL

    researchmap

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • オプトジェネティクスを用いた末梢神経疼痛モデル動物の開発(優秀演題(基礎編))

    丸田豊明,越田智広,日髙康太郎,黒木未央,白阪哲朗,恒吉勇男

    第42回日本疼痛学会  2020年12月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月4日 - 2020年12月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • ロボット支援腹腔鏡下前立腺摘出術で生じた全身性皮下気腫の一例.

    永田悠紀子,川﨑祐子,押川 隆,加藤彩鳥,丸田豊明,恒吉勇男

    日本臨床麻酔学会第40回大会  2020年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月6日 - 2020年12月14日

    記述言語:日本語  

  • キサリプラチン誘発神経障害性疼痛に関連する細胞内シグナル分子の解析.

    根本隆行,丸田豊明,武谷 立,恒吉勇男,岩本隆宏

    第49回日本心脈管作動物質学会  2020年2月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月7日 - 2020年2月8日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • オキサリプラチン誘発性神経障害性疼痛におけるERKシグナルの関与.

    根本隆行、丸田豊明、岩本隆宏、恒吉勇男

    第72回日本薬理学会西南部会  (沖縄)  第72回日本薬理学会西南部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月16日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:沖縄  

  • 食道癌が左肺に穿破した患者で高頻度ジェット換気を併用した分離肺換気を行った麻酔経験.

    菓子野里奈,澤田 修,佐藤文明,緑川沙樹,丸田豊明,恒吉勇男

    九州麻酔学会第57回大会  (福岡)  九州麻酔学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月14日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡  

全件表示 >>

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • オプトジェネティクスを用いた神経障害性疼痛モデルマウスの作製と疼痛機序の解明

    研究課題/領域番号:21K08925  2021年04月 - 2024年03月

    独立行政法人日本学術振興会  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • オプトジェネティクスを用いた光による痛み制御 ~実験動物の開発と疼痛機序の解明~

    2018年 - 2021年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 小児の皮膚レーザー照射術における術中鎮痛薬の術後鎮痛効果に関する研究

    2015年04月 - 2016年03月

    民間財団等  潤和リハビリテーション診療研究助成費  

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

     小児の母斑や血管腫に対して皮膚レーザー照射術が施行される。レーザー照射は軽いやけどと同じで痛みを伴う。特に、小児のレーザー治療は照射範囲が広く、術後鎮痛が問題となる。近年、アセトアミノフェン静注薬が認可され、添付文書で小児の適応も明文化されたこともあり、当薬剤の使用が増えている。本研究では、まず、アセトアミノフェン静注薬導入以前での術中鎮痛薬使用の有無と使用した鎮痛薬の種類や術後の鎮痛薬使用の有無などを後ろ向きに調査する。さらに、皮膚レーザー照射術におけるアセトアミノフェン静注薬の術後鎮痛効果について前向きに調査を行う。そして、これらの調査の結果をもとに、小児の皮膚レーザー照射術における術中鎮痛薬の標準化を行うのが目的である。

  • 難治性疼痛発生メカニズムの解明 —電位依存性Na+チャネルの関わりを探る—

    2013年04月 - 2014年03月

    民間財団等  潤和リハビリテーション診療研究助成費 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    炎症性疼痛の原因物質であるTNF-αがNaV1.7を増加させるかを調べる。

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 病態解析医学講座麻酔生体管理学分野研究奨学金

    寄附者名称:MSD株式会社 2019年10月

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • BAOJ Medical and Nursing

    2017年03月

     詳細を見る

    査読

  • SDRP Journal Of Anesthesia & Surgery

    2016年12月

     詳細を見る

    査読