北原 豪 (キタハラ ゴウ)

KITAHARA Go

写真a

所属

農学部 獣医学科 産業動物臨床繁殖学研究室

職名

准教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(獣医学) ( 2012年9月   山口大学 )

  • 学士(獣医学) ( 2002年3月   鹿児島大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 獣医学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Impact of summer heat stress on the thermal environment of bovine female genital tract 査読あり

    El-Sheikh Ali H., Tamura Y., Sameshima H., Kitahara G.

    Tropical Animal Health and Production   52 ( 6 )   3449 - 3455   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Tropical Animal Health and Production  

    Summer heat stress (HS) is associated with a reduction in conception rate, increase in services per conception, and early embryonic death. However, the impact of summer HS on the thermal environment of different regions of the bovine female genital tract remains unknown. This study aimed to elucidate the effect of summer HS on the thermal environment of different regions of the genital tract in the cow. Three non-pregnant Japanese Black cows were investigated using a specially designed digital thermometer to record the temperatures of the rectum (RT), vagina (VT), cervix (CT), uterine body (UBT), and uterine horns (UHT) on days 0, 1, 2, 3, and 8 of the estrous cycle (day 0 = heat) in February (winter), May (spring), and August (summer). During the experiment, the temperature humidity index (THI) was recorded. THI during summer was higher (P ˂ 0.001) than in winter and spring (78.45 ± 0.32 vs. 60.26 ± 1.20 and 68.51 ± 0.80, respectively) and was higher than the alert THI indicating HS (i.e., THI > 73). Consequently, the VT, CT, UBT, and UHT were elevated during summer HS (P < 0.05) in comparison to winter and spring. THI was positively correlated (P < 0.01) with RT, VT, CT, UBT, and UHT. Linear regression revealed that VT, CT, UBT, and UHT increased by 0.05 °C per unit of THI. VT was more highly correlated than RT with THI and with the temperature of other regions of genital tract. HS induced increases in the temperatures of different regions of the female genital tract. The relationship between THI and VT could be incorporated into a mathematical model to predict the thermal load of HS on different regions of the female genital tract.

    DOI: 10.1007/s11250-020-02378-4

    Scopus

    PubMed

  • Intrauterine infusion of povidone-iodine: Its effect on the endometrium and subsequent fertility in postpartum dairy cows 査読あり

    Yoshida R., Kitahara G., Osawa T.

    Journal of Veterinary Medical Science   82 ( 7 )   926 - 934   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Veterinary Medical Science  

    This study aimed to describe the duration of inflammation after intrauterine infusion of polyvinylpyrrolidone-iodine (povidone-iodine, PVP-I), determine the effect of PVP-I infusion on the subsequent fertility, and evaluate the histopathology of the endometrium in dairy cows. In Experiment 1, 120 lactating clinically healthy Holstein-Friesian cows at 5 weeks postpartum (W5) were equally divided into three groups: intrauterine infusion of 2% PVP-I (PVP), saline (SAL), and no treatment (NTX). Endometrial cytology was performed daily from D0 (W5) to D7 to determine the percentage of polymorphonuclear cells (PMN%) in 44 of the 120 cows. All cows received timed artificial insemination at D17. In Experiment 2, 25 cows were randomly classified into sacrifice at 24 hr or 48 hr after 2% PVP-I infusion (PVP24 and PVP48), and 24, 48, 72, or 96 hr after SAL infusion (SAL24; SAL48; SAL72; SAL96), or no treatment (NTX). Histopathology was performed on the uterus of each cow. In Experiment 1, PMN% was greater in PVP (P<0.05) than in SAL and NTX, on D1, but decreased to a level similar to that of the other groups by D2. Conception rate was higher (P<0.05) in PVP cows compared to SAL and NTX cows. In Experiment 2, stratified columnar epithelium in the uterus disappeared in PVP24 and SAL24. The epithelium was regenerated in PVP48, SAL72, and SAL96, but not in SAL48. In conclusion, the results of the study suggest that PVP-I induces transient uterine inflammation, promotes regeneration of endometrial epithelial cells and improves fertility.

    DOI: 10.1292/jvms.20-0165

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

  • Bovine milk transcriptome analysis reveals microRNAs and RNU2 involved in mastitis 査読あり

    Lai Y.C., Lai Y.T., Rahman M.M., Chen H.W., Husna A.A., Fujikawa T., Ando T., Kitahara G., Koiwa M., Kubota C., Miura N.

    FEBS Journal   287 ( 9 )   1899 - 1918   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:FEBS Journal  

    Mastitis is a common inflammatory infectious disease in dairy cows. To understand the microRNA (miRNA) expression profile changes during bovine mastitis, we undertook a genome-wide miRNA study of normal milk and milk that tested positive on the California mastitis test for bovine mastitis (CMT+). Twenty-five miRNAs were differentially expressed (23 miRNAs upregulated and two downregulated) during bovine mastitis relative to their expression in normal milk. Upregulated mature miR-1246 probably derived from a U2 small nuclear RNA rather than an miR-1246 precursor. The significantly upregulated miRNA precursors and RNU2 were significantly enriched on bovine chromosome 19, which is homologous to human chromosome 17. A gene ontology analysis of the putative mRNA targets of the significantly upregulated miRNAs showed that these miRNAs were involved in binding target mRNA transcripts and regulating target gene expression, and a Kyoto Encyclopedia of Genes and Genomes pathway analysis showed that the upregulated miRNAs were predominantly related to cancer and immune system pathways. Three novel miRNAs were associated with bovine mastitis and were relatively highly expressed in milk. We confirmed that one of the novel mastitis-related miRNAs was significantly upregulated using a digital PCR system. The differentially expressed miRNAs were involved in human cancers, infections, and immune-related diseases. The genome-wide analysis of miRNA profiles in this study provides insight into bovine mastitis and inflammatory diseases. Databases: The miRNAseq generated for this study can be found in the Sequence Read Archive (SRA) under BioProject Number PRJNA421075 and SRA Study Number SRP126134 (https://www.ncbi.nlm.nih.gov/bioproject/PRJNA421075).

    DOI: 10.1111/febs.15114

    Scopus

    PubMed

  • Severe Degenerative Changes in Cryptorchid Testes in Japanese Black Cattle 査読あり

    Fuke N., Kitahara G., Ito S., Van Diep N., Ping Teh A.P., Izzati U.Z., Myint O., Hirai T., Torisu S., Kaneko Y., Sato H., Hidaka Y., Osawa T., Yamaguchi R.

    Veterinary Pathology   57 ( 3 )   418 - 426   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Veterinary Pathology  

    This is a histopathologic and endocrinologic study of 6 calves diagnosed with cryptorchidism. Cases 1–3 were diagnosed as resembling testicular regression syndrome. In cases 1 and 2, the extracted tissue was a small, firm, gray-white mass, and there was lack of obvious testicular tissue in case 3. Histopathologically, the excised tissue in cases 1–3 was a fibrotic testicular remnant with inflammation, mineralization, hemosiderin-laden macrophages or lipofuscin-laden macrophages, and lack of germ cells and interstitial endocrine cells. These findings were compared with cases 4–6, which were diagnosed as testicular hypoplasia due to cryptorchidism. These cases had small but otherwise grossly unremarkable intra-abdominal testicular tissue and histologically had a few germ cells and sustentacular cells with arrested spermatogenesis and an increase in interstitial endocrine cells. Cases 1–3 had more severe degenerative changes compared with cases 4–6. In case 2, the average diameter of the seminiferous tubules was much smaller than in cases 4–6, and there were few tubule cross sections. Anti-Müllerian hormone (214 pg/ml) was detected in the plasma of case 2. Based on the macroscopic and histopathologic findings as well as endocrinologic profiles, the testicular degeneration in cases 1–3 was considered similar to that of testicular regression syndrome. In this condition, it is thought that a normally developing intra-abdominal testis undergoes degeneration due to heat or a vascular disorder such as torsion.

    DOI: 10.1177/0300985820906891

    Scopus

    PubMed

  • Release of urinary aquaporin-2-bearing extracellular vesicles is decreased in pregnant Japanese Black cattle 査読あり

    Sinlapadeelerdkul T., Sonoda H., Uchida K., Kitahara G., Ikeda M.

    Journal of Veterinary Medical Science   81   1609 - 1615   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.19-0276

    Scopus

    CiNii Article

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 大・中・小動物実験プロトコール

    宮崎大学動物実験プロトコール編集委員会( 担当: 共著)

    宮日文化情報センター  2016年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 畜産ハンドブック 2.6 性の役割と性分化

    北原 豪( 担当: 単著)

    (株)講談社サイエンティフィク  2014年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

  • 子牛の医学 第7章泌尿・生殖器疾患 第4節 生殖器の異常

    北原 豪( 担当: 監修)

    緑書房  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

MISC 【 表示 / 非表示

  • 酪農・養牛 肉用牛の病気

    北原 豪

    ミヤリサン製薬株式会社動物薬事業部研修用テキスト   164 - 176   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • 海外テクニカルニュース:肉用牛の繁殖性に対する栄養,ボディコンディションおよび代謝状況の影響 招待あり

    北原 豪

    臨床獣医   39 ( 3 )   68 - 69   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:緑書房  

  • 海外テクニカルニュース:イタリアにおける牛の難産の発生率,原因,治療および予後 招待あり

    北原 豪

    臨床獣医   39 ( 2 )   74 - 75   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:緑書房  

  • 海外テクニカルニュース:ハンガリーンのホルスタイン-フリージアン酪農場における分娩予測の腟内温度計の評価 招待あり

    北原 豪

    臨床獣医   39 ( 1 )   68 - 69   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:緑書房  

  • 海外テクニカルニュース:ヒートストレス下に卵巣嚢腫に罹患した乳牛に対するヒト絨毛性性腺刺激ホルモンを併用した排卵同期化法の効果 招待あり

    北原 豪

    臨床獣医   38 ( 12 )   74 - 75   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:緑書房  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 低産次で不受胎を繰り返した黒毛和種繁殖雌牛におけるその後の不受胎率の追跡調査

    谷村幹太、上松瑞穂、北原豪、大澤健司、佐々木羊介

    日本畜産学会第128回大会  (Web)  日本畜産学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月27日 - 2021年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Web  

  • 正常産と難産の黒毛和種牛における母牛骨盤と産子サイズ比-難産予測方法確立のために

    前田 崇史、大澤健司、北原豪

    日本畜産学会第128回大会  (Web)  日本畜産学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月27日 - 2021年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Web  

  • ウシ凍結融解精液検査のための携帯型精子解析装置の評価

    加藤 梨帆,北原 豪,小倉 孝宏,陳 昌佑,陳 逸昌,大澤 健司

    第113回日本繁殖生物学会大会  (Web)  日本繁殖生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月23日 - 2020年9月25日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Web  

  • Effect of estradiol benzoate on uterine arteries blood flow and endometrial inflammation in dairy cows with endometritis

    Mohamed Rawy, Ahmed Hassaneen, Go Kitahara, Derar Ibrahim, Gaber Megahed, Takeshi Osawa 

    第113回日本繁殖生物学会大会  (Web)  日本繁殖生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月23日 - 2020年9月25日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Web  

  • 乳牛における悪露中の炎症性サイトカイン発現量とその後の子宮内膜炎罹患との関係

    末永 哲也, 大澤 健司, 南野 知也, 三栗野 陽子, 堀井 洋一郎, 北原 豪

    第163回日本獣医学会学術集会  (Web)  日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月14日 - 2020年9月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • English Presentation Award

    2019年3月   日本畜産学会  

    Wu, X., Naramoto, K., Suenaga, T., Kitahara, G., Osawa, T.

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 平成30年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会学会長賞

    2019年2月   日本産業動物獣医学会  

    鳥巣至道、保坂悠歩、金子泰之、北原豪、日髙勇一、桐野有美、水谷真也、山本集士

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 平成30年度獣医学術九州地区学会産業動物獣医学会地区学会長賞

    2018年10月   日本産業動物獣医学会九州地区学会  

    保坂悠歩、鳥巣至道、金子泰之、北原豪、佐藤裕之、水谷真也、山本集士、Benedict Huai Ern ONG、水谷祐子、桐野有美、日髙勇一、浅沼武敏、永延清和

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 平成29年家畜診療賞

    2018年2月   全国農業共済協会  

    佐藤知広,北原 豪,大澤健司

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  • 平成29年度農学部表彰論文

    2017年12月   宮崎大学農学部  

    El-Sheikh Ali, H., Kitahara, G., Takahashi, T., Mido, S., Sadawy, M., Kobayashi, I., Hemmi, K., Osawa, T.

     詳細を見る

    受賞国:日本国

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ウシ潜在性子宮内膜炎の病態解明と治療・予防ストラテジーの確立

    2016年04月 - 2020年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • GhrelinとNeuromedin U/Sの自律神経様作用の解明と応用への研究

    2016年04月 - 2020年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • バイオマーカーによる家畜の卵巣機能の質および量的評価法の確立

    2016年04月 - 2019年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 抗ミューラー管ホルモンを用いた新しい繁殖管理技術の開発

    2013年04月 - 2016年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    これまで国内外で調べられていない雌ウシの春機発動時期と周産期におけるAMHの動態を明らかにし、初産分娩月齢や分娩後の空胎日数などの繁殖効率の指標となる繁殖成績との関係を解析して、AMHをバイオマーカーとした生時より備わっている繁殖能力や周産期における非生産時の繁殖機能を評価する新しい繁殖管理技術の開発に挑む。

  • 乳房炎の新バイオマーカーとしてのmicroRNAの研究

    2013年04月 - 2015年03月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    乳房炎の新バイオマーカーとしてのmicroRNAの実用性に向けたけた研究

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 黒毛和種牛における妊娠期の栄養状態が産子の繁殖能力に及ぼす影響

    2020年04月 - 2021年03月

    財団法人 伊藤記念財団  財団法人伊藤記念財団令和2年度助成 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 生殖ホルモンの遺伝子多型を利用した肉用繁殖雌ウシの繁殖機能評価の開発

    2019年04月 - 2020年03月

    畜産ニューテック協会  畜産ニューテック協会平成31年度研究調査助成事業 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 畜産業の生産性向上に向けた将来の繁殖性を評価する技術開発

    2018年04月 - 2019年03月

    宮﨑銀行  平成30年度宮崎銀行ふるさと振興助成事業学術研究部門 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 豚における繁殖性の向上に向けたアミノ酸の効果に関する研究

    2018年04月 - 2019年03月

    財団法人 伊藤記念財団  財団法人伊藤記念財団平成30年度助成 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 抗ミューラー管ホルモンを用いた新たな肉用牛群の繁殖性評価法の開発

    2017年06月 - 2018年03月

    旗影会  旗影会2017年度研究助成 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

全件表示 >>