北原 豪 (キタハラ ゴウ)

KITAHARA Go

写真a

所属

農学部 獣医学科 産業動物臨床繁殖学研究室

職名

准教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(獣医学) ( 2012年9月   山口大学 )

  • 学士(獣医学) ( 2002年3月   鹿児島大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 獣医学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Immunohistochemical and Morphological Features of Bovine Granulosa Cell Tumours in Relation to Growth Pattern and Folliculogenesis 査読あり

    Teh A.P.P., Kitahara G., Izzati U.Z., Mori K., Fuke N., Hirai T., Yamaguchi R.

    Journal of Comparative Pathology   187   40 - 51   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Comparative Pathology  

    Granulosa cell tumours (GCTs) are the most common type of bovine ovarian neoplasm. We describe the morphological and immunohistochemical features of GCTs (n = 26) and a thecoma (n = 1) using antibodies to cytokeratin AE1/AE3, vimentin, desmin, nectin-4, anti-Müllerian hormone (AMH), inhibin α, c-erbB-2 oncoprotein and proliferating cell nuclear antigen. The results indicate that, based on the expression similarity of AE1/AE3 and inhibin α, the macrofollicular growth pattern of GCTs derives from highly differentiated granulosa cells (GCs), the Graafian follicle or early atretic follicle. The trabecular growth pattern of GCTs is inferred to be derived from GCs of the atretic follicle in mature animals. AMH is a useful marker for diagnosing bovine sex cord-stromal tumours because it was expressed in all GCT cases and in the single case of thecoma.

    DOI: 10.1016/j.jcpa.2021.06.008

    Scopus

    PubMed

  • Association of intrauterine presence of Lactobacillus spp. with inflammation and pathogenic bacteria in the uterus in postpartum dairy cows 査読あり

    Wu X., Kitahara G., Suenaga T., Naramoto K., Sekiguchi S., Goto Y., Osawa T.

    Journal of Reproduction and Development   67 ( 6 )   340 - 344   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Reproduction and Development  

    The aim of this study was to clarify the influence of Lactobacillus spp. on the degree of endometrial inflammation in the postpartum period and the relationship between Lactobacillus spp. and pathogenic bacteria in the endometrium of postpartum dairy cows. Endometrial samples were collected from 41 Holstein-Friesian cows at 4 and 8 weeks postpartum using cytobrushes for polymorphonuclear neutrophil (PMN) count and bacterial culture to isolate Lactobacillus spp., Escherichia coli, and Trueperella pyogenes. The 4-week samples were divided into four groups (E+L+), (E+L−), (E−L+), (E−L−) according to whether endometritis was diagnosed (E+) and Lactobacillus spp. was isolated (L+). The diagnostic criterion for cytological endometritis was > 18% PMN. The average PMN% in the E+L+ group was lower than that in the E+L-group (P < 0.05) at 8 weeks postpartum. There were no significant correlations between the number of colonies of Lactobacillus spp. and E. coli or between that of Lactobacillus spp. and T. pyogenes. Lactobacillus spp. could reduce PMN% in dairy cows with endometritis during the puerperal period. In conclusion, the intrauterine presence of Lactobacillus spp. may have a positive effect on uterine involution in postpartum dairy cows.

    DOI: 10.1262/JRD.2021-023

    Scopus

    PubMed

    CiNii Research

  • 黒毛和種牛の正常産と難産における母牛骨盤と産子サイズ比の比較

    前田 崇史, 北原 豪, 大澤 健司

    畜産技術   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Impact of summer heat stress on the thermal environment of bovine female genital tract 査読あり

    El-Sheikh Ali H., Tamura Y., Sameshima H., Kitahara G.

    Tropical Animal Health and Production   52 ( 6 )   3449 - 3455   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Tropical Animal Health and Production  

    Summer heat stress (HS) is associated with a reduction in conception rate, increase in services per conception, and early embryonic death. However, the impact of summer HS on the thermal environment of different regions of the bovine female genital tract remains unknown. This study aimed to elucidate the effect of summer HS on the thermal environment of different regions of the genital tract in the cow. Three non-pregnant Japanese Black cows were investigated using a specially designed digital thermometer to record the temperatures of the rectum (RT), vagina (VT), cervix (CT), uterine body (UBT), and uterine horns (UHT) on days 0, 1, 2, 3, and 8 of the estrous cycle (day 0 = heat) in February (winter), May (spring), and August (summer). During the experiment, the temperature humidity index (THI) was recorded. THI during summer was higher (P ˂ 0.001) than in winter and spring (78.45 ± 0.32 vs. 60.26 ± 1.20 and 68.51 ± 0.80, respectively) and was higher than the alert THI indicating HS (i.e., THI > 73). Consequently, the VT, CT, UBT, and UHT were elevated during summer HS (P < 0.05) in comparison to winter and spring. THI was positively correlated (P < 0.01) with RT, VT, CT, UBT, and UHT. Linear regression revealed that VT, CT, UBT, and UHT increased by 0.05 °C per unit of THI. VT was more highly correlated than RT with THI and with the temperature of other regions of genital tract. HS induced increases in the temperatures of different regions of the female genital tract. The relationship between THI and VT could be incorporated into a mathematical model to predict the thermal load of HS on different regions of the female genital tract.

    DOI: 10.1007/s11250-020-02378-4

    Scopus

    PubMed

  • Intrauterine infusion of povidone-iodine: Its effect on the endometrium and subsequent fertility in postpartum dairy cows 査読あり

    Yoshida R., Kitahara G., Osawa T.

    Journal of Veterinary Medical Science   82 ( 7 )   926 - 934   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Veterinary Medical Science  

    This study aimed to describe the duration of inflammation after intrauterine infusion of polyvinylpyrrolidone-iodine (povidone-iodine, PVP-I), determine the effect of PVP-I infusion on the subsequent fertility, and evaluate the histopathology of the endometrium in dairy cows. In Experiment 1, 120 lactating clinically healthy Holstein-Friesian cows at 5 weeks postpartum (W5) were equally divided into three groups: intrauterine infusion of 2% PVP-I (PVP), saline (SAL), and no treatment (NTX). Endometrial cytology was performed daily from D0 (W5) to D7 to determine the percentage of polymorphonuclear cells (PMN%) in 44 of the 120 cows. All cows received timed artificial insemination at D17. In Experiment 2, 25 cows were randomly classified into sacrifice at 24 hr or 48 hr after 2% PVP-I infusion (PVP24 and PVP48), and 24, 48, 72, or 96 hr after SAL infusion (SAL24; SAL48; SAL72; SAL96), or no treatment (NTX). Histopathology was performed on the uterus of each cow. In Experiment 1, PMN% was greater in PVP (P<0.05) than in SAL and NTX, on D1, but decreased to a level similar to that of the other groups by D2. Conception rate was higher (P<0.05) in PVP cows compared to SAL and NTX cows. In Experiment 2, stratified columnar epithelium in the uterus disappeared in PVP24 and SAL24. The epithelium was regenerated in PVP48, SAL72, and SAL96, but not in SAL48. In conclusion, the results of the study suggest that PVP-I induces transient uterine inflammation, promotes regeneration of endometrial epithelial cells and improves fertility.

    DOI: 10.1292/jvms.20-0165

    Scopus

    PubMed

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 大・中・小動物実験プロトコール

    宮崎大学動物実験プロトコール編集委員会( 担当: 共著)

    宮日文化情報センター  2016年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 畜産ハンドブック 2.6 性の役割と性分化

    北原 豪( 担当: 単著)

    (株)講談社サイエンティフィク  2014年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

  • 子牛の医学 第7章泌尿・生殖器疾患 第4節 生殖器の異常

    北原 豪( 担当: 監修)

    緑書房  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

MISC 【 表示 / 非表示

  • 海外テクニカルニュース:乳牛における受胎性や発情発現における人工授精時の性腺刺激ホルモン放出ホルモンの投与効果 招待あり

    北原 豪

    臨床獣医   40 ( 3 )   62 - 63   2022年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:緑書房  

  • 海外テクニカルニュース:乳牛における妊娠期の高温多湿環境や泌乳状況で産子の卵巣予備能が影響を受ける 招待あり

    北原 豪

    臨床獣医   40 ( 2 )   68 - 69   2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:緑書房  

  • 海外テクニカルニュース:肉牛における繁殖と長命を強化するための未経産牛に対するマネジメントの影響 招待あり

    北原 豪

    臨床獣医   40 ( 1 )   64 - 65   2022年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:緑書房  

  • 海外テクニカルニュース:牛における胚移植時と胚移植後のフルニキシンメグルミン投与による妊娠率への影響 招待あり

    北原 豪

    臨床獣医   39 ( 12 )   64 - 65   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:緑書房  

  • 海外テクニカルニュース:Trueperella pyogenesによる臨床型子宮内膜炎に罹患した乳牛では,繁殖性や乳量が低下する 招待あり

    北原 豪

    臨床獣医   39 ( 11 )   82 - 83   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:緑書房  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Effect of 5-aminolevulinic acid on developmental competence of oocytes from bovine ovaries collected in different season. 国際会議

    Omnia Elgendy, Go Kitahara, Shin Taniguchi, Takeshi Osawa

    The 3rd Joint Symposium between FACTRC in SNU and CADIC in UoM  (Web)  日本繁殖生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月23日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web  

  • 暑熱環境下での胚移植を成功させるために~健全な胚生産のための新たなアプローチ

    北原 豪

    第5回日本胚移植技術研究会大会  (Web)  2022年2月8日  日本繁殖生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月8日 - 2022年2月9日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Web  

  • 黒毛和種経産牛の正常分娩に伴う子宮頸管熟化におけるコラーゲン組成に関連した変化

    山之口 瑛悟,北原 豪,小林 郁雄,邉見 広一郎,菱川 善隆,Narantsog Choijookhuu,山口 良二,大澤 健司

    第114回日本繁殖生物学会大会  (Web)  日本繁殖生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月21日 - 2021年9月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web  

  • 御崎馬における繁殖障害の原因病原体の保菌状況と糞中性ステロイドホルモンによる受胎性評価との関連

    砂山 大地,北原 豪,小林 郁雄,紙野 瑞希,楠田 哲士,上村 涼子,平井 卓哉,後藤 義孝,大澤 健司

    第164回日本獣医学会学術集会  (Web)  日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月7日 - 2021年9月13日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web  

  • 低産次で不受胎を繰り返した黒毛和種繁殖雌牛におけるその後の不受胎率の追跡調査

    谷村幹太、上松瑞穂、北原豪、大澤健司、佐々木羊介

    日本畜産学会第128回大会  (Web)  日本畜産学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月27日 - 2021年3月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Web  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • English Presentation Award

    2019年3月   日本畜産学会  

    Wu, X., Naramoto, K., Suenaga, T., Kitahara, G., Osawa, T.

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 平成30年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会学会長賞

    2019年2月   日本産業動物獣医学会  

    鳥巣至道、保坂悠歩、金子泰之、北原豪、日髙勇一、桐野有美、水谷真也、山本集士

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 平成30年度獣医学術九州地区学会産業動物獣医学会地区学会長賞

    2018年10月   日本産業動物獣医学会九州地区学会  

    保坂悠歩、鳥巣至道、金子泰之、北原豪、佐藤裕之、水谷真也、山本集士、Benedict Huai Ern ONG、水谷祐子、桐野有美、日髙勇一、浅沼武敏、永延清和

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 平成29年家畜診療賞

    2018年2月   全国農業共済協会  

    佐藤知広,北原 豪,大澤健司

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  • 平成29年度農学部表彰論文

    2017年12月   宮崎大学農学部  

    El-Sheikh Ali, H., Kitahara, G., Takahashi, T., Mido, S., Sadawy, M., Kobayashi, I., Hemmi, K., Osawa, T.

     詳細を見る

    受賞国:日本国

全件表示 >>

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 牛の子宮頚管熟化機構の解明と分娩後早期の一過性炎症惹起による子宮疾患制御

    研究課題/領域番号:21H02362  2021年04月 - 2024年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • ウシ潜在性子宮内膜炎の病態解明と治療・予防ストラテジーの確立

    2016年04月 - 2020年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • GhrelinとNeuromedin U/Sの自律神経様作用の解明と応用への研究

    2016年04月 - 2020年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • バイオマーカーによる家畜の卵巣機能の質および量的評価法の確立

    2016年04月 - 2019年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 抗ミューラー管ホルモンを用いた新しい繁殖管理技術の開発

    2013年04月 - 2016年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    これまで国内外で調べられていない雌ウシの春機発動時期と周産期におけるAMHの動態を明らかにし、初産分娩月齢や分娩後の空胎日数などの繁殖効率の指標となる繁殖成績との関係を解析して、AMHをバイオマーカーとした生時より備わっている繁殖能力や周産期における非生産時の繁殖機能を評価する新しい繁殖管理技術の開発に挑む。

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 肉用牛における安定的な子牛生産のための妊娠牛健診開発事業事業

    2021年04月 - 2024年03月

    日本中央競馬会  令和3年度畜産振興事業 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  • 黒毛和種ウシ体外胚の生産効率向上に向けた新たな体外成熟法の開発

    2021年04月 - 2022年03月

    畜産ニューテック協会  畜産ニューテック協会令和3年度研究調査助成事業 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 黒毛和種牛における妊娠期の栄養状態が産子の繁殖能力に及ぼす影響

    2020年04月 - 2021年03月

    財団法人 伊藤記念財団  財団法人伊藤記念財団令和2年度助成 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 生殖ホルモンの遺伝子多型を利用した肉用繁殖雌ウシの繁殖機能評価の開発

    2019年04月 - 2020年03月

    畜産ニューテック協会  畜産ニューテック協会平成31年度研究調査助成事業 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 豚における繁殖性の向上に向けたアミノ酸の効果に関する研究

    2018年04月 - 2019年03月

    財団法人 伊藤記念財団  財団法人伊藤記念財団平成30年度助成 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

全件表示 >>

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 産業動物卒後教育及び低受胎因子の発見とそれに基づく応用研究

    2021年04月 - 2022年03月

    都城市  一般受託研究 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  受託研究区分:一般受託研究