長安 英治 (ナガヤス エイジ)

NAGAYASU Eiji

写真a

所属

医学部 医学科 感染症学講座寄生虫学分野

職名

学部准教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学) ( 2002年3月   東海大学 )

  • 学士(医学) ( 1998年3月   宮崎医科大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 寄生虫学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 大腿に生じたSprometra decipiensによる孤虫症の1例 査読あり

    與語 晶子, 今村 桜子, 永井 貴子, 原田 佳代, 長安 英治, 丸山 治彦, 占部 和敬

    西日本皮膚科   83 ( 5 )   453 - 456   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ancylostoma ceylanicum infections in humans in Vietnam 査読あり 国際共著

    Bui K.L., Nguyen T.H., Duong H.D., Nguyen V.L., Nguyen T.N., Le L.A., Cong H.M., Tran K.T., Le D.V., Nagayasu E., Nonaka N., Yoshida A.

    Parasitology International   84   102405   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Parasitology International  

    Ancylostoma ceylanicum is recognized as the only zoonotic hookworm species that is able to mature into adult stage in the human intestine. While human infections caused by this hookworm species have been reported from neighboring countries and this hookworm is prevalent in dogs in Vietnam, human infection has never been reported in Vietnam. The present study, therefore, aimed to identify human infections with A. ceylanicum in Vietnam. A total of 526 fecal samples from the residents in Long An Province were collected and the presence of hookworm eggs was detected by the Kato-Katz method. The results indicated that the overall prevalence of human hookworm infection was 85/526 (16.2%). After filter paper culture, 3rd stage larvae were successfully obtained from 48 egg-positive samples. The larvae were identified for their species using semi-nested PCR-RLFP on the cox1 gene. As a result, two hookworm species were confirmed; single species infections with Necator americanus or A. ceylanicum, and mixed infections with both species were found in 47.9%, 31.3%, and 20.8% of the samples, respectively.

    DOI: 10.1016/j.parint.2021.102405

    Scopus

    PubMed

  • First demonstration of Strongyloides parasite from an imported pet meerkat – Possibly a novel species in the stercoralis/procyonis group 査読あり

    Takaki Y., Kadekaru S., Takami Y., Yoshida A., Maruyama H., Une Y., Nagayasu E.

    Parasitology International   84   102399   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Parasitology International  

    Strongyloides is a genus of parasitic nematodes of vertebrates that contains over 50 species, each with a variable host range. A recent molecular phylogenetic analysis on this genus showed that Strongyloides spp. from various carnivore hosts form a strongly supported clade together with Strongyloides stercoralis, a major pathogen of humans and dogs (named the “stercoralis/procyonis group”). In the present study, we obtained DNA sequencing data of Strongyloides sp. isolated from an imported meerkat (Suricata suricatta). Based on the phylogenetic analysis, we considered this a new member of the stercoralis/procyonis group. This study represents the first isolation and molecular characterization of a Strongyloides species from hosts belonging to the family Herpestidae (mongooses and meerkat). However, whether the meerkat serves as a natural host of this Strongyloides species remains to be investigated.

    DOI: 10.1016/j.parint.2021.102399

    Scopus

    PubMed

  • Strongyloidiasis in recently arrived captive-bred meerkats imported to Japan 査読あり

    Eiji Nagayasu, Youki Takaki, Yoshinori Takami, Ayako Yoshida, Yumi Une, Haruhiko Maruyama

    Journal of Exotic Pet Medicine   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1053/j.jepm.2021.10.002

  • Abdominal paragonimiasis after consumption of wild boar meat 査読あり

    Nakashima S., Takajo I., Maruyama H., Nagayasu E.

    International Journal of Infectious Diseases   105   40 - 41   2021年4月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Infectious Diseases  

    DOI: 10.1016/j.ijid.2021.02.012

    Scopus

    PubMed

    researchmap

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • ヒトとイヌに由来するStrongyloides stercoralisの分子系統解析

    長安英治, 丸山治彦

    Clinical Parasitology   29 ( 1 )   21 - 23   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【多様化する感染症研究】 熱帯寄生虫症に対する集団投薬の最適化の必要性(解説/特集) 招待あり

    長安 英治

    細胞   49 ( 14 )   704 - 707   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【寄生虫症(II)】 糞線虫症研究の新展開(解説/特集) 招待あり

    長安 英治, 菊池 泰生, 丸山 治彦

    医学と薬学   74 ( 11 )   1407 - 1414   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • ペルーのヒトおよびイヌ由来糞線虫の分子系統解析

    森下和広, 丸山治彦

    第 72 回日本寄生虫学会南日本支部大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • ヒトの糞線虫はどこから来たのか-ネコ目由来糞線虫との関係から

    長安英治, 丸山治彦

    第12回蠕虫研究会  蠕虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月17日 - 2018年11月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Genetic relationship of Ancylostoma ceylanicum isolated from dogs and humans in Vietnam inferred from mt cox1 gene

    Duc Hieu Duong, Khanh Linh Bui, Thu Huong Nguyen, Thanh Duong Tran, 長安 英治, 丸山 治彦, 吉田 彩子, 野中 成晃

    第161回日本獣医学会学術集会  (つくば市) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月11日 - 2018年9月13日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:つくば市  

  • ゴリムマブ治療中に重症糞線虫感染と診断したHTLV-1抗体陽性関節リウマチの1例

    橋場弥生, 南寛之, 河野敦子, 宮田義史, 日高利彦, 長安英治, 丸山治彦, 梅北邦彦, 岡山昭彦

    第5回日本HTLV-1学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月31日 - 2018年9月2日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • Insights into the evolutionary history of Strongyloides stercoralis, an intestinal parasitic nematode of man 国際会議

    Eiji Nagayasu, Phoo Pwint Ko, Haruhiko Maruyama

    Forum Cheju-20  (Degu, South Korea)  Forum Cheju

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月22日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Degu, South Korea  

全件表示 >>

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ヒト糞線虫の起源:アジア、アフリカ、南米の霊長類を中心としたサンプリングから

    研究課題/領域番号:20K07464  2020年04月 - 2023年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • ヒトとイヌに感染する糞線虫の種の歴史:進化的起源・分化・拡散に関する研究

    2017年04月 - 2020年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 動物寄生線虫(糞線虫)の宿主環境知覚に伴う発育再開メカニズムの解明

    2014年04月 - 2017年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    動物寄生線虫(糞線虫)の宿主環境知覚に伴う発育再開メカニズムの解明

  • 動物寄生線虫の持つ細菌様フェロケラターゼ(鉄挿入酵素)の解析

    2011年04月 - 2014年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    動物寄生線虫の持つ細菌様フェロケラターゼ(鉄挿入酵素)の解析

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • マイクロ流路基盤上でのルシフェラーゼ免疫沈降による簡便・迅速・高定量・安価な免疫アッセイシステムの開発

    2015年11月 - 2016年10月

    民間財団等  黒住医学研究振興財団研究助成金 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • ミャンマーにおける糞線虫症フィールド調査

    2015年01月

     詳細を見る

    ミャンマーにおける糞線虫症のフィールド調査

  • ウガンダにおける寄生虫症フィールドワーク

    2014年10月 - 2014年11月

     詳細を見る

    ウガンダにおけるフィラリア症の流行状況の調査

  • ウガンダにおける寄生虫症フィールドワーク

    2014年05月

     詳細を見る

    ウガンダにおけるマラリア感染者及び非感染者における腸内細菌叢の解析

  • ミャンマーにおける寄生虫症共同研究

    2014年01月 - 2014年02月

     詳細を見る

    University of Medicine (1), Yangonにおける寄生虫症に関するセミナー及び共同研究の実施

  • ウガンダにおける寄生虫症フィールドワーク

    2013年10月 - 2013年11月

     詳細を見る

    Gulu大学との国際共同研究

全件表示 >>