梅北 邦彦 (ウメキタ クニヒコ)

UMEKITA Kunihiko

写真a

所属

医学部 医学科 内科学講座呼吸器・膠原病・感染症・脳神経内科学分野

職名

准教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学) ( 2009年5月   宮崎大学 )

  • 学士(医学) ( 2002年3月   宮崎医科大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 膠原病、アレルギー内科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Impact of C-Reactive Protein Levels on Differentiating of Severe Fever with Thrombocytopenia Syndrome from Japanese Spotted Fever 査読あり

    Kawaguchi T., Umekita K., Yamanaka A., Hara S., Yamaguchi T., Inoue E., Okayama A.

    Open Forum Infectious Diseases   7 ( 11 )   ofaa473   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Open Forum Infectious Diseases  

    © The Author(s) 2020. Background. Severe fever with thrombocytopenia syndrome (SFTS) is an emerging viral hemorrhagic fever in China, Korea, and Japan. Japanese spotted fever (JSF), which belongs to spotted fever group rickettsioses, is also endemic to Western Japan. Patients with SFTS and those with JSF display many of the same clinical manifestations. Sudden fever, rash, tick bite, and neurological and gastrointestinal symptoms may be seen in both infections, but the frequency and severity of each disease have not been compared and studied. Because laboratory confirmation of pathogens takes time, it is important to predict diagnosis of SFTS vs JSF based on the features of the clinical characteristics at the initial presentation, particularly in primary care settings. Methods. We conducted a case series review at 4 medical facilities in Miyazaki, Japan. Based on the medical records, clinical and laboratory characteristics were compared between patients with SFTS and those with JSF. Results. Eighty-one patients were enrolled in this study, including 41 with SFTS and 40 with JSF. The absence of rash (P < .001), leukopenia (P < .001), and normal C-reactive protein (CRP) levels (P < .001) were the variables distinguishing SFTS from JSF. Normal CRP levels (≤1.0 mg/dL) had a 95% sensitivity (84%–99%) and 97% specificity (87%–100%) for SFTS, with a positive likelihood ratio of 37.1 (5.35–257). Conclusions. Normal serum CRP levels were shown to differentiate SFTS from JSF with a very high probability.

    DOI: 10.1093/ofid/ofaa473

    Scopus

    PubMed

  • Strongyloides stercoralis colitis in a patient positive for human T-cell leukemia virus with rheumatoid arthritis during an anti-rheumatic therapy: a case report. 査読あり

    Hashiba Y, Umekita K, Minami H, Kawano A, Nagayasu E, Maruyama H, Hidaka T, Okayama A

    Modern rheumatology case reports   1 - 12   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/24725625.2020.1808304

    PubMed

  • Detection of anti-SFTSV nuclear protein antibody in the acute phase sera of patients using double-antigen ELISA and immunochromatography.

    Umeki K, Yasuda A, Umekita K, Megumi R, Nomura H, Kawaguchi T, Matsuda M, Takajo I, Shimojima M, Okayama A

    Journal of virological methods   285   113942   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jviromet.2020.113942

    PubMed

  • Human T-cell leukemia virus type 1 may invalidate T-SPOT.TB assay results in rheumatoid arthritis patients: A retrospective case-control observational study 査読あり

    Umekita K., Hashiba Y., Iwao K., Iwao C., Kimura M., Kariya Y., Kubo K., Miyauchi S., Kudou R., Rikitake Y., Takajo K., Kawaguchi T., Matsuda M., Takajo I., Inoue E., Hidaka T., Okayama A.

    PLoS ONE   15 ( 5 )   e0233159   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PLoS ONE  

    © 2020 Umekita et al. This is an open access article distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License, which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author and source are credited. Background CD4-positive T cells are the main target of human T-cell leukemia virus type 1 (HTLV-1). Interferon-γ release assays rely on the fact that T-lymphocytes release this cytokine when exposed to tuberculosis-specific antigens and are useful in testing for latent tuberculosis infection before initiating biologic therapy, such as anti-tumor necrosis factor agents. However, the reliability of interferon-γ release assays in detecting tuberculosis infection among HTLV-1-positive patients with rheumatoid arthritis (RA) remains unclear. The present study aimed to evaluate the use of the T-SPOT.TB assay in HTLV-1-positive RA patients. Methods Overall, 29 HTLV-1-positive RA patients and 87 age- and sex-matched HTLV-1-negative RA patients (controls) were included from the HTLV-1 RA Miyazaki Cohort Study. Results of the T-SPOT.TB assay for latent tuberculosis infection screening were collected from medical records of patients. Results Approximately 55% of the HTLV-1-positive RA patients showed invalid T-SPOT.TB assay results (odds ratio: 108, 95% confidence interval: 13.1-890, p < 0.0001) owing to a spot count of >10 in the negative controls. HTLV-1 proviral load values were significantly higher in patients with invalid results compared with those without invalid results (p = 0.003). Conclusion HTLV-1 infection affects T-SPOT.TB assay results in RA patients. Assay results in HTLV-1 endemic regions should be interpreted with caution when screening for latent tuberculosis infection before initiation of biologic therapy.

    DOI: 10.1371/journal.pone.0233159

    Scopus

    PubMed

  • Effective Treatment with Tocilizumab in a Rheumatoid Arthritis Patient Complicated with Human T-cell Leukemia Virus Type 1-associated Myelopathy: A Case Report. 査読あり

    Iwao C, Umekita K, Miyauchi S, Kimura M, Rikitake Y, Iwao K, Rikitake M, Aizawa A, Kawaguchi T, Kariya Y, Matsuda M, Takajo I, Shiomi K, Okayama A

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.4455-20

    PubMed

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • がんの臨床検査ハンドブック.

    梅北邦彦, 岡山昭彦.( 担当: 共著 ,  範囲: 1章 がんと日常的検査 5 がん関連ウイルス検査.)

    日本医事新報社.  2019年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 膠原病・リウマチ・アレルギー 研修ノート.

    梅北邦彦, 岡山昭彦.( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第3章 診察と検査の手技を学ぶ B. 一般臨床検査 2. 末梢血.)

    診断と治療社  2016年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

MISC 【 表示 / 非表示

  • 免疫・炎症疾患のすべて VI免疫・炎症疾患各論/病原微生物・新生物に惹起される免疫疾患ヒトT細胞白血病ウイルス1型(HTLV-1). 査読あり

    梅北邦彦, 岡山昭彦.

    日本医師会雑誌.   149 ( 2 )   318 - 320   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 特集 HTLV-1母子感染をもっと知ろう HTLV-関連疾患 ATL,HAM以外の関連疾患. 査読あり

    梅北邦彦, 岡山昭彦.

    周産期医学.   50 ( 10 )   1703 - 1706   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • HTLV-1 Infection and Rheumatic Diseases. 査読あり

    Umekita K, Okayama A.

    Front. Microbiol.   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fmicb.2020.00152

  • HTLV-1感染とリウマチ性疾患. 査読あり

    梅北邦彦.

    臨床病理   67 ( 8 )   860 - 866   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • HTLV-1陽性RA患者におけるTNF阻害薬の有効性減弱. 査読あり

    鈴木貴久, 福井翔一, 宮本潤哉, 梅北邦彦, 中村英樹, 岡山昭彦, 川上純.

    リウマチ科.   62 ( 1 )   95 - 101   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 生物学的製剤を開始する際の留意事項.

    梅北邦彦.

    宮崎眼炎症・免疫セミナー. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月11日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • HTLV-1陽性リウマチ性疾患レジストリの進捗および展望.

    梅北邦彦, 岡山昭彦.

    令和元年度第1回山野班5班(ガイドライン・エビデンス・バイオマーカー・治験)合同班会議. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 「HTLV-1陽性関節リウマチ患者診療の手引」の評価に関するアンケート調査の趣旨説明と議論.

    梅北邦彦, 岡山昭彦.

    令和元年度第1回山野班4班(ガイドライン・エビデンス・バイオマーカー・治験)合同班会議. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Double-antigen ELISA とイムノクロマトグラフィによるSFTS 患者血清中 NP 抗体の検出.

    梅木一美, 保田和里, 恵稜也, 川口剛, 松田基弘, 高城一郎, 下島昌幸, 梅北邦彦, 岡山昭彦.

    第66回日本臨床検査医学会学術集会. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月21日 - 2019年11月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Efficacy and Safety of Tocilizumab Treatment for Anti–human T Lymphotropic Virus Type I Antibody–positive Rheumatoid Arthritis. 国際会議

    Endo Y, Umekita K, Nakamura H, Fukui S, Suzuki T, Miyamoto J, Shimizu T, Koga T, Kawashiri S, Iwamoto N, Ichinose K, Tamai M, Origuchi T, Okada A , Fujikawa K, Mizokami A, Matsuoka N, Aramaki T, Ueki Y , Eguchi K, Kariya Y, Hashiba Y, Hidaka T, Okayama A and Kawakami A.

    ACR 2019. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月8日 - 2019年11月13日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • International Concurrent Workshop 第59回日本リウマチ学会総会・学術集会. 2015JCR国際ワークショップ賞

    2015年4月   日本リウマチ学会  

    Umekita K, Kolling C, Michel BA, Okayama A, Gay RE、Gay S, Bertoncelj MF

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • JCR-EULAR若手リウマチ医トレーニングプログラム

    2012年6月   一般社団法人 日本リウマチ学会  

    梅北邦彦

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 平成24年度海外派遣研修医

    2012年5月   日本リウマチ財団  

    梅北邦彦

     詳細を見る

    受賞国:日本国

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 治療抵抗性関節リウマチ患者におけるHTLV-1感染の影響

    2014年04月 - 2017年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    治療抵抗性関節リウマチ患者におけるHTLV-1感染の影響

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • リンヴォック®錠特定使用成績調査(全例調査)

    2020年09月 - 2024年01月

    アッヴィ合同会社 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • プラケニルⓇ錠200mg使用成績調査

    2017年04月 - 2022年03月

    サノフィ株式会社 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

 

授業 【 表示 / 非表示

  • 環境と生命

     詳細を見る

    科目区分:共通教育科目