若園 佳彦 (ワカゾノ ヨシヒコ)

WAKAZONO Yoshihiko

写真a

所属

医学部 医学科 機能制御学講座統合生理学分野

職名

准教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(学術) ( 1997年9月   総合研究大学院大学 )

  • 修士(薬学) ( 1994年3月   静岡県立大学 )

  • 学士(薬学) ( 1992年3月   静岡県立大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 神経科学一般

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Monitoring the glycosylation of AMPA (α-amino-3-hydroxy-5-methyl-4-isoxazole-propionate )-type glutamate receptors using specific antibodies reveals a novel regulatory mechanism of N-glycosylation occupancy by molecular chaperones in Mice. 査読あり

    Midorikawa R, Takakura D, Morise J, Wakazono Y, Kawasaki N, Oka S, Takamiya K

    Journal of neurochemistry   e14964   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jnc.14964

    PubMed

  • AMPA receptors in the synapse turnover by monomer diffusion. 査読あり

    Morise J, Suzuki KGN, Kitagawa A, Wakazono Y, Takamiya K, Tsunoyama TA, Nemoto YL, Takematsu H, Kusumi A, Oka S

    Nat Commun.   10 ( 1 )   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41467-019-13229-8.

  • N-glycosylation of the AMPA-type glutamate receptor regulates cell surface expression and tetramer formation affecting channel function 査読あり

    Kandel M., Yamamoto S., Midorikawa R., Morise J., Wakazono Y., Oka S., Takamiya K.

    Journal of Neurochemistry   147 ( 6 )   730 - 747   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Neurochemistry  

    © 2018 International Society for Neurochemistry The AMPA-type glutamate receptor (AMPA-R) plays a primary role in principal excitatory synaptic transmission and many neuronal functions including synaptic plasticity that underlie learning and memory. N-glycosylation is one of the major post-translational modifications of membrane proteins, but its specific roles in neurons remain largely unknown. AMPA-R subunits are N-glycosylated at their extracellular domains during their biosynthesis in the lumen of the endoplasmic reticulum and Golgi system. Six N-glycosylation sites are presumed to exist in the extracellular domain of GluA1, which is a member of the AMPA-R subunits. We observed that the intracellular trafficking and cell surface expression were strongly suppressed in the GluA1 mutants lacking N-glycans at N63/N363 in HEK293T cells. Multimer analysis using Blue Native-PAGE displayed the impaired tetramer formation in the glycosylation mutants (N63S and N363S), indicating that the mis-transport was caused by impaired tetramer formation. N63S and N363S mutants were primarily degraded via the lysosomal pathway. Flag-tagged N363S GluA1, but not N63S GluA1, expressed in primary cortical neuron cultures prepared from GluA1 knockout mice was observed to localize at the cell surface. Co-expression of GluA2 partially rescued tetramer formation and the cell surface expression of N363S GluA1 but not N63S GluA1, in HEK293T cells. Electrophysiological analysis also demonstrated functional heteromers of N363S GluA1 with GluA2. These data suggest that site-specific N-glycans on GluA1 subunit regulates tetramer formation, intracellular trafficking, and cell surface expression of AMPA-R. Open science badges: This article has received a badge for *Open Materials* because it provided all relevant information to reproduce the study in the manuscript. The complete Open Science Disclosure form for this article can be found at the end of the article. More information about the Open Practices badges can be found at https://cos.io/our-services/open-science-badges/. (Figure presented.).

    DOI: 10.1111/jnc.14565

    Scopus

    PubMed

  • Selective injection system into hippocampus CA1 via monitored theta oscillation. 査読あり

    Jyoji Tsutajima, Takato Kunitake, Yoshihiko Wakazono, Kogo Takamiya

    PLoS One   8 ( 12 )   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371

  • Electrophysiological evaluation of the time-course of dopamine uptake inhibition induced by intravenous cocaine at a reinforcing dose 査読あり

    Wakazono Y., Kiyatkin E. A.

    Neuroscience   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 無敵のバイオテクニカルシリーズ(特別編)脳・神経研究の進めかた「基礎技術・細胞培養法」 (共著)

    南木浩二、若園佳彦、池中一裕( 担当: 共著)

    羊土社  1998年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

MISC 【 表示 / 非表示

  • エバネッセンス顕微鏡 (共著)

    寺川 進、桜井孝司、坪井貴司、菊田敏輝、若園佳彦、山本清二

    生体の科学   2003年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:医学書院  

  • 小脳顆粒細胞分化・成熟と電位依存性カリウムチャネルの発現 (共著)

    中平健祐、柴田理一、若園佳彦、池中一裕

    蛋白質・核酸・酵素   2000年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:共立出版  

  • 小脳顆粒細胞の成熟 (共著)

    若園佳彦、池中一裕

    生理学研究所年報   1996年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:岡崎国立共同研究機構 生理学研究所  

  • 神経発生とカリウムチャネル (共著)

    池中一裕、若園佳彦、秋田裕美、中平健祐

    神経研究の進歩   1995年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:医学書院  

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • A crucial role of N-glycosylation of homomeric GluA1 AMPA receptor in LTP induction

    Yoshihiko Wakazono, Ryosuke Midorikawa, Shogo Oka, Kogo Takamiya

    第97回日本生理学会大会  (大分県別府市)  日本生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月17日 - 2020年3月19日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大分県別府市  

  • AMPA受容体におけるN型糖鎖修飾の神経可塑性メカニズムの電気生理学的解析

    若園 佳彦, 緑川 良介,  岡 昌吾 ,  高宮 考悟

    第70回西日本生理学会大会  (宮崎県宮崎市)  西日本生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月1日 - 2019年11月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮崎県宮崎市  

  • N-glycosylation of homomeric GluA1 AMPA receptor play a key role in synaptic plasticity

    Yoshihiko Wakazono, Ryosuke Midorikawa, Munal B. Kandel, Shogo Oka, Kogo Takamiya

    NEURO2019  (新潟県新潟市)  日本神経科学学会、日本神経化学学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月25日 - 2019年7月28日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:新潟県新潟市  

  • Arsenic and its metabolites promote internalization of surface AMPA receptors

    Yoshihiko Wakazono, Harishkumar Madhyastha, Ryosuke Midorikawa, Masugi Maruyama, Kogo Takamiya

    第41回日本神経科学大会  (兵庫県神戸市)  日本神経科学学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月26日 - 2018年7月29日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:兵庫県神戸市  

  • Arsenic and its metabolites affect synaptic plasticity mediated by AMPA type glutamate receptor trafficking in neurons

    Yoshihiko Wakazono, Harishkumar Madhyastha, Ryosuke Midorikawa, Masugi Maruyama and Kogo Takamiya

    第95回日本生理学会大会  (香川県高松市)  日本生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月28日 - 2018年3月30日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:香川県高松市  

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 自由行動下、細胞レベルでのin vivoイメージング装置の開発と場所細胞への適用

    2012年04月 - 2014年03月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    自由行動下、細胞レベルでのin vivoイメージング装置の開発と場所細胞への適用

 

授業 【 表示 / 非表示

  • 環境と生命

     詳細を見る

    科目区分:共通教育科目