上村 涼子 (ウエムラ リョウコ)

UEMURA Ryoko

写真a

所属

農学部 獣医学科

職名

准教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(獣医学) ( 2004年3月   山口大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 獣医学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Eimeria pragensis infection alters the gut microenvironment to favor extrinsic shiga toxin-producing Escherichia coli O157:H7 colonization in mice 査読あり

    Ryoko Uemura, Miki Kawakado, Masuo Sueyoshi, Nariaki Nonaka and Yoichiro Horii

    Parasitology International   2022年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Production of granulomas in <i>Mycoplasma bovis</i> infection associated with meningitis-meningoencephalitis, endocarditis, and pneumonia in cattle. 査読あり

    Suwanruengsri M, Uemura R, Kanda T, Fuke N, Nueangphuet P, Pornthummawat A, Yasuda M, Hirai T, Yamaguchi R

    Journal of veterinary diagnostic investigation : official publication of the American Association of Veterinary Laboratory Diagnosticians, Inc   10406387211053254   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/10406387211053254

    PubMed

  • Neutrophil and M2-polarized Macrophage Infiltration, Expression of IL-8 and Apoptosis in Mycoplasma hyopneumoniae Pneumonia in Swine 査読あり

    Nueangphuet P., Suwanruengsri M., Fuke N., Uemura R., Hirai T., Yamaguchi R.

    Journal of Comparative Pathology   189   31 - 44   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Comparative Pathology  

    Mycoplasma hyopneumoniae (Mhp) is the primary pathogen of porcine enzootic pneumonia (PEP). Consolidated lung tissue from the cranioventral lung lobes of 15 pigs with PEP was collected for quantitative polymerase chain reaction, histopathology and immunohistochemistry. Histopathology revealed the co-existence of bronchial-associated lymphoid tissue hyperplasia with intra-alveolar neutrophils and macrophage infiltration in lesions of suppurative bronchopneumonia. Immunolabelling of infiltrated macrophages with CD163/CD204 indicated the presence of M2-polarized macrophages. Mhp antigen was detected on respiratory epithelial cells and in phagocytosed neutrophils. The intensity of Mhp immunolabelling and number of CD163/CD204-positive macrophages were correlated with the Mhp load in lung tissue (r = 0.87, 0.56, P <0.05). IL-8 immunolabelling was mainly found in neutrophils and correlated with Mhp load, Mhp immunolabelling and histological lesion score (r = 0.70, 0.66, 0.64, P <0.05), respectively. Apoptosis was seen in intra-alveolar cells and was correlated with Mhp load (r = 0.62, P <0.05). It is postulated that IL-8 attracts neutrophils to the lesions, while M2-polarized macrophages are a major source of IL-10 and promote a Th2-type immune response.

    DOI: 10.1016/j.jcpa.2021.09.004

    Scopus

  • Mycoplasma bovis may travel along the eustachian tube to cause meningitis in Japanese black cattle

    Suwanruengsri M., Uemura R., Izzati U.Z., Kanda T., Fuke N., Yasuda M., Hirai T., Yamaguchi R.

    Journal of Comparative Pathology   188   13 - 20   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Comparative Pathology  

    Mycoplasma bovis (M. bovis) is a common inhabitant of the upper and lower respiratory tracts of cattle and is considered to be the main aetiological agent of otitis media in calves. The eustachian tube appears to be the most common portal for pathogens to enter the middle ear. We investigated the transmission route of M. bovis causing otitis media that progressed to meningitis or meningoencephalitis in Japanese Black cattle. M. bovis was detected in 10 cases by a loop-mediated isothermal amplification method or by immunohistochemistry. One case of caseonecrotic granulomatous meningoencephalitis, one case of caseonecrotic granulomatous meningitis, one case of suppurative meningoencephalitis, eight cases of eustachitis, nine cases of tonsillitis and six cases of suppurative bronchopneumonia were identified by histopathological examination. M. bovis antigen was detected in the eustachian tubes of eight cases. In nine cases, M. bovis was also detected in tonsillar epithelial crypts and lumina, in intraluminal inflammatory cells and in the epithelial cells of minor salivary glands located around the eustachian tubes and tonsils. The results suggest that M. bovis can infect and colonize the tonsils and enter the eustachian tubes, causing otitis media, which, in cases of chronic infection, can progress to meningitis.

    DOI: 10.1016/j.jcpa.2021.08.001

    Scopus

  • Virulence-associated gene profiles of Escherichia coli isolated from chickens with colibacillosis in Japan and their correlation with pathogenicity in chicken embryos 査読あり

    Fujimoto Y., Inoue H., Kanda T., Ijiri M., Uemura R.

    Avian diseases   65 ( 3 )   401 - 405   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Avian diseases  

    Colibacillosis, an infectious disease of chickens, is caused by avian pathogenic Escherichia coli (APEC); however, in addition to APEC, other pathogens are also frequently isolated from chickens affected with colibacillosis. Therefore, experimental infections in chickens are necessary to evaluate the pathogenicity of APEC isolates. Recent studies have shown that embryo lethality assays can be used as an alternative method to evaluate the pathogenicity of E. coli. In this study, to determine the important virulence genes associated with the pathogenicity of E. coli, 67 strains of E. coli that possessed different combinations of eight representative virulence genes (cva/cvi, vat, tsh, iucD, papC, irp2, iss, and astA) were isolated from broilers with colibacillosis in Japan, and the chicken embryo lethal assay was conducted. The genes vat, papC, and irp2 showed strong correlation with the level of virulence in E. coli. Our study provides useful information about the important virulence-associated genes in relation to the pathogenicity of E. coli in Japanese chickens.

    DOI: 10.1637/0005-2086-65.3.401

    Scopus

    PubMed

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 動物の衛生 第2版

     ( 担当: 分担執筆)

    文永堂出版  2020年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • 獣医微生物学第4版

    関崎勉、遠矢幸伸、福士秀人、堀本泰介、村瀬敏之 編集( 担当: 分担執筆)

    文永堂出版  2018年7月 

     詳細を見る

    総ページ数:514   担当ページ:204-210   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • 大・中・小動物実験プロトコール

    上村涼子( 担当: 共著 ,  範囲: 動物実験の対象と関連する法令, 牛や豚などの産業動物を対象とした研究)

    宮日文化情報センター  2016年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

MISC 【 表示 / 非表示

  • ロープワークをマスターしよう⑦ 尾の保定その1 尾房の結び方 招待あり

    上村涼子

    DAIRYMAN   68 ( 8 )   59 - 59   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:デーリィマン社  

  • 鼻汁などから容易に感染、マイコプラズマ性肺炎に注意 招待あり

    上村涼子

    DAIRYMAN   68 ( 8 )   42 - 43   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:デーリィマン社  

  • ロープワークをマスターしよう⑥ 柵への係留その2 もやい結びと馬結び 招待あり

    上村涼子

    DAIRYMAN   68 ( 7 )   65 - 65   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:デーリィマン社  

  • ロープワークをマスターしよう⑤ 柵への係留その1 基本の3パターン 招待あり

    上村涼子

    DAIRYMAN   68 ( 6 )   57 - 57   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:デーリィマン社  

  • ロープワークをマスターしよう④ 頭絡編その2 鼻周りのサイズを固定する結び方 招待あり

    上村涼子

    DAIRYMAN   68 ( 5 )   61 - 61   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:デーリィマン社  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 豚肺胞マクロファージ内侵入サルモネラに対するフルオロキノロン系抗菌薬の殺菌効果

    黒田翔太、上村涼子、末吉益雄

    第163回獣医学会学術集会  (web開催) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月14日 - 2020年9月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:web開催  

  • 牛好中球へのMycoplasma bovis感作の影響

    上村悠祐、上村涼子、小林郁雄、末吉益雄

    第163回獣医学会学術集会  (web開催) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月14日 - 2020年9月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:web開催  

  • 国内現役サラブレッド競走馬の糞便由来大腸菌の薬剤感受性およびその特徴

    佐藤航、上村涼子、Eddy Sukmawinata、草野寛一、上林義範、佐藤岳、石川裕博、末吉益雄

    第162回獣医学会学術集会  (つくば市) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月10日 - 2019年9月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:つくば市  

  • Mycoplasma bovis感作に対する牛肺胞マクロファージのサイトカイン発現応答

    甲斐慎二, 上村涼子, 石川真悟, 帆保誠二, 小林郁雄, 保田昌宏, 末吉益雄.

    第162回獣医学会学術集会  (つくば市) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月10日 - 2019年9月12日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:つくば市  

  • 子牛のMycoplasma bovis肺炎における肺のサイトカイン発現

    新屋友梨、上村涼子、保田昌宏、末吉益雄

    第8回家畜感染症学会学術集会  (福岡市) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月7日 - 2018年12月8日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡市  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第163回獣医学会微生物分科会若手奨励賞

    2020年9月   日本獣医学会微生物分科会   牛好中球へのMycoplasma bovis感作の影響

    上村悠祐, 上村涼子, 小林郁雄, 末吉益雄.

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 第162回獣医学会微生物分科会若手奨励賞

    2019年9月   日本獣医学会微生物分科会   Mycoplasma bovis感作に対する牛肺胞マクロファージのサイトカイン発現応答

    甲斐慎二, 上村涼子, 石川真悟, 帆保誠二, 小林郁雄, 保田昌宏, 末吉益雄.

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 平成29年日本家畜臨床学会長賞

    2017年11月   日本家畜臨床学会  

    國保健浩、上村涼子 ほか

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  • The 7th International Symposium on Emerging and Re-emerging Pig Diseases 2015 Student Award

    2015年6月   The 7th International Symposium on Emerging and Re-emerging Pig Diseases  

    中村有紀子、上村涼子 ほか

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • The 7th International Symposium on Emerging and Re-emerging Pig Diseases 2015 Student Award

    2015年6月   The 7th International Symposium on Emerging and Re-emerging Pig Diseases  

    大森麻里子、上村涼子 ほか

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 牛マイコプラズマ肺炎の病態診断に関する研究

    2015年04月 - 2018年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    牛マイコプラズマ肺炎は、主にMycoplasma bovisを原因菌とする感染症で、発症すると不可逆的な乾酪壊死性肺炎の経過をたどって廃用淘汰されるなど経済的損失が大きく、近年特に問題となっている。本病の最も大きな問題点は、①健常牛からもM. bovisが分離され発症が日和見的であること、②病態把握が難しく結果的に長期加療の上で廃用となるため、治療費、飼料代、労力などの経済的損失が大きいこと、③さらにその発症牛が農場内の感染源となり続けることがあげられる。この課題解決のために、1)牛マイコプラズマ肺炎の病態進行メカニズムの解明、2)M. bovis浸潤農場での易感染個体把握システムおよび発症個体の病態診断システムの開発を行い、最終的に、M. bovis浸潤農場における牛マイコプラズマ肺炎による損耗低減化のための飼養管理技術の開発を目指す。

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 人の食品由来回虫症の感染源対策:牛と家禽の疫学的役割と制御法の探索

    2014年04月 - 2015年03月

    民間財団等  公益財団法人伊藤記念財団 平成26年度食肉に関する助成研究調査 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    人の食品由来回虫症の感染源対策:牛と家禽の疫学的役割と制御法の探索

  • 畜産農場における飲用水の効果的な食中毒菌除去方法の確立

    2013年04月 - 2016年03月

    農林水産省  平成25年度レギュラトリーサイエンス新技術開発事業 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    宮崎県内の肉用鶏農場を対象として、飼養環境や有害微生物の汚染状況などの実態調査を行い、飲用水消毒の実施と食中毒菌の低減および消耗性疾患の減少との関連性について解析する。飲用水中の有機物に対し、簡便かつ正確な測定方法を確立し、既存の消毒剤を用いた効果的な消毒方法等を検討する。飲用水消毒を実施していない複数の農場において、立案された消毒方法等を実施し、有害微生物の検出率や養鶏の死廃率等について実施前の成績と比較することで、対策の効果を評価する。最終的には生産性やコストと収益を比較し、飲用水消毒の利用等による費用対効果の見える化を図る。