上村 涼子 (ウエムラ リョウコ)

UEMURA Ryoko

写真a

職名

准教授

研究室住所

〒889-2192 宮崎市学園木花台西1-1 宮崎大学 農学部 獣医学科 産業動物衛生学研究室

研究分野・キーワード

家畜衛生学,微生物学,Mycoplasma

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

0985-58-7283

研究室FAX

0985-58-7283

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2000年03月

    宮崎大学   農学部   獣医学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2004年03月

    山口大学大学院  連合獣医学研究科  病態・予防獣医学  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 山口大学 -  博士(獣医学)

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 獣医学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • IncI1 Plasmid Associated with blaCTX-M-2 Transmission in ESBL producing E. coli Isolated from Healthy Thoroughbred Racehorse, Japan

    Eddy Sukmawinata, Ryoko Uemura, Wataru Sato, Shuya Mitoma, Takuya Kanda and Masuo Sueyoshi

    Antibiotics     2020年04月  [査読有り]

    共著

  • Multidrug-resistant esbl/ampc-producing klebsiella pneumoniae isolated from healthy thoroughbred racehorses in japan

    Sukmawinata E., Uemura R., Sato W., Htun M.T., Sueyoshi M.

    Animals   10 ( 3 )   2020年03月

    共著

     概要を見る

    © 2020 by the authors. Licensee MDPI, Basel, Switzerland. Extended-spectrum β-lactamase (ESBL)- and AmpC β-lactamase (AmpC)-producing Klebsiella spp. have become a major health problem, leading to treatment failure in humans and animals. This study aimed to evaluate the presence of ESBL/AmpC-producing Klebsiella spp. isolated from racehorses in Japan. Feces samples from 212 healthy Thoroughbred racehorses were collected from the Japan Racing Association Training Centers between March 2017 and August 2018. ESBL/AmpC-producing Klebsiella spp. were isolated using selective medium containing 1 μg/mL cefotaxime. All isolates were subjected to bacterial species identification (MALDI-TOF MS), antimicrobial susceptibility test (disk diffusion test), characterization of resistance genes (PCR), conjugation assay, and genetic relatedness (multilocus sequence typing/MLST). Twelve ESBL/AmpC-producing Klebsiella pneumoniae (ESBL/AmpC-KP) were isolated from 3.3% of horse samples. Antimicrobial resistance profiling for 17 antimicrobials showed all ESBL/AmpC-KP were multidrug-resistant (MDR). Only 1 isolate was confirmed as an ESBL producer (blaCTX-M-2-positive), whereas the other 11 isolates were plasmid-mediated AmpC (pAmpC) producers (blaCMY positive). On the basis of MLST analysis, the ESBL-KP isolate was identified as sequence type (ST)-133 and four different STs among AmpC-KP isolates, ST-145, ST-4830, ST-4831, and ST-4832, were found to share six of the seven loci constituting a single-locus variant. This is the first study to show K. pneumoniae carrying MDR pAmpC isolated from a racehorse.

    DOI PubMed

  • Upregulation of PD-L1 Expression by Prostaglandin E<inf>2</inf> and the Enhancement of IFN-γ by Anti-PD-L1 Antibody Combined With a COX-2 Inhibitor in Mycoplasma bovis Infection

    Goto S., Konnai S., Hirano Y., Kohara J., Okagawa T., Maekawa N., Sajiki Y., Watari K., Minato E., Kobayashi A., Gondaira S., Higuchi H., Koiwa M., Tajima M., Taguchi E., Uemura R., Yamada S., Kaneko M.K., Kato Y., Yamamoto K., Toda M., Suzuki Y., Murata S., Ohashi K.

    Frontiers in Veterinary Science   7   12   2020年02月

    共著

     概要を見る

    © Copyright © 2020 Goto, Konnai, Hirano, Kohara, Okagawa, Maekawa, Sajiki, Watari, Minato, Kobayashi, Gondaira, Higuchi, Koiwa, Tajima, Taguchi, Uemura, Yamada, Kaneko, Kato, Yamamoto, Toda, Suzuki, Murata and Ohashi. Bovine mycoplasmosis caused by Mycoplasma bovis results in pneumonia and mastitis in cattle. We previously demonstrated that the programmed death 1 (PD-1)/PD-ligand 1 (PD-L1) pathway is involved in immune dysfunction during M. bovis infection and that prostaglandin E2 (PGE2) suppressed immune responses and upregulated PD-L1 expression in Johne's disease, a bacterial infection in cattle. In this study, we investigated the role of PGE2 in immune dysfunction and the relationship between PGE2 and the PD-1/PD-L1 pathway in M. bovis infection. In vitro stimulation with M. bovis upregulated the expressions of PGE2 and PD-L1 presumably via Toll-like receptor 2 in bovine peripheral blood mononuclear cells (PBMCs). PGE2 levels of peripheral blood in infected cattle were significantly increased compared with those in uninfected cattle. Remarkably, plasma PGE2 levels were positively correlated with the proportions of PD-L1+ monocytes in M. bovis-infected cattle. Additionally, plasma PGE2 production in infected cattle was negatively correlated with M. bovis-specific interferon (IFN)-γ production from PBMCs. These results suggest that PGE2 could be one of the inducers of PD-L1 expression and could be involved in immunosuppression during M. bovis infection. In vitro blockade assays using anti-bovine PD-L1 antibody and a cyclooxygenase 2 inhibitor significantly upregulated the M. bovis-specific IFN-γ response. Our study findings might contribute to the development of novel therapeutic strategies for bovine mycoplasmosis that target PGE2 and the PD-1/PD-L1 pathway.

    DOI PubMed

  • IncI1 Plasmid Associated with <i>bla</i><sub>CTX-M-2</sub> Transmission in ESBL-Producing <i>Escherichia coli</i> Isolated from Healthy Thoroughbred Racehorse, Japan.

    Sukmawinata E, Uemura R, Sato W, Mitoma S, Kanda T, Sueyoshi M

    Antibiotics (Basel, Switzerland)   9 ( 2 )   2020年02月  [査読有り]

    共著

    DOI PubMed

  • Upregulation of PD-L1 expression by prostaglandin E2 and the enhancement of IFN-γ by anti-PD-L1 antibody combined with a COX-2 inhibitor in Mycoplasma bovis infection.

    Goto, S., Konnai, S., Hirano, Y., Kohara, J., Okagawa, T., Maekawa, N., Sajiki, Y., Watari, K., Minato, E., Kobayashi, A., Gondaira, S., Higuchi, H., Koiwa, M., Tajima, M., Taguchi, E., Uemura, R., Yamada, S., Kaneko, M., Kato, Y., Yamamoto, K., Toda, M., Suzuki, Y., Murata, S., Ohashi, K.

    Frontiers Veterinary Science.     2020年02月  [査読有り]

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 動物の衛生 第2版

      (担当: 分担執筆 )

    文永堂出版  2020年03月

  • 獣医微生物学第4版

    関崎勉、遠矢幸伸、福士秀人、堀本泰介、村瀬敏之 編集 (担当: 分担執筆 )

    文永堂出版  2018年07月 ISBN: 978-4-8300-3270-7

  • 大・中・小動物実験プロトコール

    上村涼子 (担当: 共著 , 担当範囲: 動物実験の対象と関連する法令, 牛や豚などの産業動物を対象とした研究 )

    宮日文化情報センター  2016年03月

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • ロープワークをマスターしよう⑦ 尾の保定その1 尾房の結び方

    上村涼子

    DAIRYMAN ( デーリィマン社 )  68 ( 8 ) 59 - 59   2018年08月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

  • 鼻汁などから容易に感染、マイコプラズマ性肺炎に注意

    上村涼子

    DAIRYMAN ( デーリィマン社 )  68 ( 8 ) 42 - 43   2018年08月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

  • ロープワークをマスターしよう⑥ 柵への係留その2 もやい結びと馬結び

    上村涼子

    DAIRYMAN ( デーリィマン社 )  68 ( 7 ) 65 - 65   2018年07月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

  • ロープワークをマスターしよう⑤ 柵への係留その1 基本の3パターン

    上村涼子

    DAIRYMAN ( デーリィマン社 )  68 ( 6 ) 57 - 57   2018年06月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

  • ロープワークをマスターしよう④ 頭絡編その2 鼻周りのサイズを固定する結び方

    上村涼子

    DAIRYMAN ( デーリィマン社 )  68 ( 5 ) 61 - 61   2018年05月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成26年度日本産業動物獣医学九州地区学会奨励賞

    2014年10月04日   平成26年度日本産業動物獣医学九州地区学会  

    受賞者:  中村有紀子,宮山大志,上村涼子,佐々木羊介,丹羽秀和,冨成雅尚,樋口徹,末吉益雄

  • 平成26年度日本公衆衛生獣医学九州地区学会学会長賞

    2014年10月04日   平成26年度日本公衆衛生獣医学九州地区学会  

    受賞者:  山崎渉,上村涼子,関口敏,Jianbao Dong,渡邉真治,桐野有美,目堅博久,谷口喬子,野中成晃,乗峰潤三,末吉益雄,後藤義孝,堀井洋一郎,黒木真理子,吉野修司,三澤尚明

  • 平成26年度日本産業動物獣医学九州地区学会奨励賞

    2014年10月04日   平成26年度日本産業動物獣医学九州地区学会  

    受賞者:  佐藤俊介,上村涼子,佐々木羊介,末吉益雄,山本清司.

  • 平成25年度日本産業動物獣医学九州地区学会奨励賞

    2013年10月13日   平成25年度日本産業動物獣医学会  

    受賞者:  勝毛智子、佐々木羊介、上村涼子、末吉益雄.

  • 平成25年度日本産業動物獣医学九州地区学会学会長賞

    2013年10月13日   平成25年度日本産業動物獣医学会  

    受賞者:  釣田愛美、佐々木羊介、上村涼子、末吉益雄.

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 牛マイコプラズマ肺炎の病態診断に関する研究

    若手研究(B)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

     概要を見る

    牛マイコプラズマ肺炎は、主にMycoplasma bovisを原因菌とする感染症で、発症すると不可逆的な乾酪壊死性肺炎の経過をたどって廃用淘汰されるなど経済的損失が大きく、近年特に問題となっている。本病の最も大きな問題点は、①健常牛からもM. bovisが分離され発症が日和見的であること、②病態把握が難しく結果的に長期加療の上で廃用となるため、治療費、飼料代、労力などの経済的損失が大きいこと、③さらにその発症牛が農場内の感染源となり続けることがあげられる。この課題解決のために、1)牛マイコプラズマ肺炎の病態進行メカニズムの解明、2)M. bovis浸潤農場での易感染個体把握システムおよび発症個体の病態診断システムの開発を行い、最終的に、M. bovis浸潤農場における牛マイコプラズマ肺炎による損耗低減化のための飼養管理技術の開発を目指す。

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 人の食品由来回虫症の感染源対策:牛と家禽の疫学的役割と制御法の探索

    提供機関:  民間財団等  公益財団法人伊藤記念財団 平成26年度食肉に関する助成研究調査

    研究期間: 2014年04月  -  2015年03月 

     概要を見る

    人の食品由来回虫症の感染源対策:牛と家禽の疫学的役割と制御法の探索

  • 畜産農場における飲用水の効果的な食中毒菌除去方法の確立

    提供機関:  農林水産省  平成25年度レギュラトリーサイエンス新技術開発事業

    研究期間: 2013年04月  -  2016年03月 

     概要を見る

    宮崎県内の肉用鶏農場を対象として、飼養環境や有害微生物の汚染状況などの実態調査を行い、飲用水消毒の実施と食中毒菌の低減および消耗性疾患の減少との関連性について解析する。飲用水中の有機物に対し、簡便かつ正確な測定方法を確立し、既存の消毒剤を用いた効果的な消毒方法等を検討する。飲用水消毒を実施していない複数の農場において、立案された消毒方法等を実施し、有害微生物の検出率や養鶏の死廃率等について実施前の成績と比較することで、対策の効果を評価する。最終的には生産性やコストと収益を比較し、飲用水消毒の利用等による費用対効果の見える化を図る。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Bovine endocarditis coursed by Mycoplasma bovis

    Kanda T., Suwanruengsri M., Sukmawinata E., Uemura R., Yamaguchi R., Sueyoshi M.

    Joint Congress of The 7th Meeting of the Asian Organization for Mycoplasmology (7th AOM), The 45th Meeting of the Japanese Society of Mycoplasmology (45th JSM)  (国立感染症研究所、東京都)  2018年05月  -  2018年05月   

  • 国内現役競走馬の糞便由来大腸菌の薬剤感受性調査

    佐藤航、Eddy Sukmawinata、上村涼子、上林義範、草野寛一、末吉益雄.

    平成29年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会  (大分市)  2018年02月  -  2018年02月    平成29年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会

  • 抗菌剤飲水投与による豚離乳後大腸菌症対策

    森脇祥江、上村涼子、末吉益雄

    平成29年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会  (大分市)  2018年02月  -  2018年02月    平成29年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会

  • 噴霧、塗布および煙霧の各種消毒法による牛舎消毒効果の検証と適用の改善

    礒貝勇輔、行友俊弥、上村涼子、小林郁雄、末吉益雄.

    平成29年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会  (大分市)  2018年02月  -  2018年02月    平成29年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会

  • 胸骨の骨髄炎および膿瘍形成がみられた黒毛和種子牛の1例

    日高勇一、竹島大貴、Naik Mrunmayi Vishwanath、澤田淳也、都築直、上村涼子、中村公香、後藤義孝

    第38回動物臨床医学会  2017年11月  -  2017年11月   

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 家畜由来細菌の薬剤感受性(耐性菌)調査

  • 牛のマイコプラズマ感染症に関する研究