河野 智哉 (コウノ トモヤ)

KONO Tomoya

写真a

所属

農学部 応用生物科学科

職名

准教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学) ( 2003年3月   鹿児島大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 水圏生産科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Characterization and expression analysis of tandemly-replicated asc genes in the Japanese medaka, Oryzias latipes 査読あり

    Natsuki Morimoto, Yo Okamura, Tomoya Kono, Masahiro Sakai, Jun-ichi Hikima

    Developmental and Comparative Immunology   In press   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fish cytokines: current research and applications 招待あり 査読あり

    Masahiro Sakai, Jun-ichi Hikima, Tomoya Kono

    Fisheries Science   87   1 - 9   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Study on fish cytokines regulating innate immune responses 招待あり

    Tomoya Kono

    Nippon Suisan Gakkaishi   87 ( 3 )   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Diel variation of CC chemokine gene expression in the Japanese pufferfish Takifugu rubripes 査読あり

    Yuri Tsutsui, Teika Onoue, Jun-ichi Hikima, Masahiro Sakai and Tomoya Kono

    Marine Biotechnology   22   607 - 612   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Immune responses in the Japanese pufferfish (Takifugu rubripes) head kidney and intestinal cells treated with recombinant interleukin-17A/F1 査読あり

    Yoshie Takahashi, Yo Okamura, Natsuki Morimoto, Koshin Mihara, Shun Maekawa, Hang-Ching Wang, Takashi Aoki, Tomoya Kono, Masahiro Sakai and Jun-ichi Hikima

    Fish and Shellfish Immunology   103   143 - 149   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 月刊「養殖」サイトカインを用いた魚類免疫賦活剤の効果判定

    酒井正博・高山博章・河野智哉( 担当: 共著)

    緑書房  2012年2月 

     詳細を見る

    担当ページ:54-57   記述言語:日本語

MISC 【 表示 / 非表示

  • サイトカイン遺伝子を用いた魚類免疫賦活剤の効果判定

    酒井正博、高山博章、河野智哉

    養殖   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:緑書房  

  • Genomics of fish IL-17 ligand and receptors: A review.

    T. Kono, H. Korenaga and M. Sakai

    Fish and Shellfish Immunology   ( 31 )   635 - 643   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • mpeg1遺伝子を標的としたマクロファージ蛍光標識メダカの作出

    中神賢太郎、木下政人、河野智哉、酒井正博、引間順一

    第21回マリンバイオテクノロジー学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月15日 - 2021年5月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 魚類サイトカインによる自然免疫応答の概日リズム制御に関する研究 招待あり

    河野智哉

    令和3年度日本水産学会春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • メダカにおけるインターロイキン17受容体A1遺伝子を介した腸内細菌叢制御機構の解明

    岡村洋、宮西弘、木下政人、河野智哉、酒井正博、引間順一

    令和3年度日本水産学会春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月26日 - 2021年3月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • メダカにおける3つのasc遺伝子の同定および発現解析

    森本和月、岡村洋、河野智哉、酒井正博、引間順一

    令和3年度日本水産学会春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月26日 - 2021年3月29日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • メダカ(Oryzias latipes)における2つのインターロイキン17受容体C遺伝子の同定およびリガンドとの結合性解析

    原田七輝、岡村洋、河野智哉、酒井正博、引間順一

    令和3年度日本水産学会春季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月26日 - 2021年3月29日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本水産学会 水産学進歩賞

    2021年3月   日本水産学会   魚類サイトカインによる自然免疫応答の概日リズム制御に関する研究

    河野智哉

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 宮崎大学農学部論文表彰

    2018年1月   宮崎大学農学部   Identification and immunoregulatory function of neuromedin U (Nmu) in the Japanese pufferfish Takifugu rubripes

    河野智哉

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 北里大学同窓会研究奨励賞

    2012年9月   北里大学   魚類生理活性ペプチドのクロストークによる免疫制御機構の解析

    河野智哉

  • 宮崎銀行ふるさと振興助成事業 学術研究部門

    2012年1月   財団法人みやぎん経済研究所   宮崎県産養殖魚の健康を守る -生理活性ペプチドを用いた魚類の健康診断法の確立-

    河野智哉

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞 

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 生物時計が調節する魚類の免疫リズムの解明 ~感染症の防除を目指して~

    研究課題/領域番号:20H03064  2020年04月 - 2024年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • フグはなぜ疾病に強いのか?フグの耐病性のメカニズムを探る

    2017年04月 - 2021年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 魚類の免疫応答における概日リズムの解明~免疫増強剤の効果向上を目指して~

    2017年04月 - 2020年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 魚類免疫細胞をマーカーとした疾病診断法の確立

    2014年04月 - 2017年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    魚類におけるヘルパーT(Th)細胞のサブセットを同定し、病原体感染時にこれらのThサブセットがどのような挙動を示すのかを解析し、新たな疾病診断技術の構築を目指すものである。