田中 秀典 (タナカ ヒデノリ)

TANAKA Hidenori

写真a

所属

IR推進センター

職名

准教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学) ( 2006年3月   鹿児島大学 )

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 植物遺伝資源・育種学

  • インスティテューショナル・リサーチ

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 環境・農学 / 遺伝育種科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Evaluation of seed amino acid content and its correlation network analysis in wild soybean (Glycine soja) germplasm in Japan 査読あり 国際誌

    Awatsaya Chotekajorn, Takuyu Hashiguchi, Masatsugu Hashiguchi, Hidenori Tanaka, Ryo Akashi

    Plant Genetic Resources: Characterisation and Utilisation   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1017/S1479262121000071

  • 宮崎大学における遠隔授業の教育効果について—2019年度と2020年度の成績とアンケート結果を比較して(1)—

    田中 秀典, 武方 壮一

    宮崎大学教育・学生支援センター紀要   ( 5 )   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • Quantitative analysis of seven plant hormones in Lotus japonicus using standard addition method 査読あり

    Hashiguchi T., Hashiguchi M., Tanaka H., Fukushima K., Gondo T., Akashi R.

    PLoS ONE   16 ( 2 February )   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PLoS ONE  

    © 2021 Hashiguchi et al. This is an open access article distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License, which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author and source are credited. Plant hormones have been identified to be versatile signaling molecules essential for plant growth, development, and stress response. Their content levels vary depending on the species, and they also change in response to any external stimuli. Thus, simultaneous quantification of multiple plant hormones is required to understand plant physiology. Sensitive and quantitative analysis using liquid chromatography-linked mass spectrometry (LC-MS/MS) has been used in detecting plant hormones; however, quantification without stable isotopes is yet to be established. In this study, we quantified seven representative plant hormones of Lotus japonicus, which is a model legume for standard addition method. Accurate masses for monoisotopic ions of seven phytohormones were determined for high-resolution mass spectrometry (HR-MS). Selected ion monitoring (SIM) mode based on accurate masses was used in detecting phytohormones in the roots, stems, and leaves. Evaluation of matrix effects showed ion suppression ranging from 10.2% to 87.3%. Both stable isotope dilution and standard addition methods were able to detect plant hormones in the roots, stems, and leaves, with no significant differences in using both approaches and thus a standard addition method can be used to quantify phytohormones in L. japonicus. The method will be effective, especially when stable isotopes are not available to correct for matrix effects.

    DOI: 10.1371/journal.pone.0247276

    Scopus

  • Whole-genome sequence diversity and association analysis of 198 soybean accessions in mini-core collections 査読あり

    Kajiya-Kanegae H., Nagasaki H., Kaga A., Hirano K., Ogiso-Tanaka E., Matsuoka M., Ishimori M., Ishimoto M., Hashiguchi M., Tanaka H., Akashi R., Isobe S., Iwata H.

    DNA research : an international journal for rapid publication of reports on genes and genomes   28 ( 1 )   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:DNA research : an international journal for rapid publication of reports on genes and genomes  

    © The Author(s) 2021. Published by Oxford University Press on behalf of Kazusa DNA Research Institute. We performed whole-genome Illumina resequencing of 198 accessions to examine the genetic diversity and facilitate the use of soybean genetic resources and identified 10 million single nucleotide polymorphisms and 2.8 million small indels. Furthermore, PacBio resequencing of 10 accessions was performed, and a total of 2,033 structure variants were identified. Genetic diversity and structure analysis congregated the 198 accessions into three subgroups (Primitive, World, and Japan) and showed the possibility of a long and relatively isolated history of cultivated soybean in Japan. Additionally, the skewed regional distribution of variants in the genome, such as higher structural variations on the R gene clusters in the Japan group, suggested the possibility of selective sweeps during domestication or breeding. A genome-wide association study identified both known and novel causal variants on the genes controlling the flowering period. Novel candidate causal variants were also found on genes related to the seed coat colour by aligning together with Illumina and PacBio reads. The genomic sequences and variants obtained in this study have immense potential to provide information for soybean breeding and genetic studies that may uncover novel alleles or genes involved in agronomically important traits.

    DOI: 10.1093/dnares/dsaa032

    Scopus

  • Effects of silicate fertilizer on growth and silicic acid accumulation in turfgrass 査読あり

    Inoue T., Hashiguchi M., Koga K., Muguerza M., Tanaka H., Akashi R.

    Asian Journal of Plant Sciences   20 ( 2 )   324 - 331   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Asian Journal of Plant Sciences  

    Background and Objective: Silicon is a globally important soil nutrient to crops for productivity and alleviates the effects of environmental stress in higher plants, including turfgrass. Therefore, this study aimed to evaluate the effects of silicate fertilizer in two turfgrass species, Zoysia matrella ‘Wakaba’ and creeping bentgrass, Agrostis stolonifera ‘Nightlife’, in terms of plant growth, coverage rate, silicic acid content in shoots and roots and root elongation and growth in both turfgrasses. Materials and Methods: The Z. matrella and creeping bentgrass were cultured under SiO2 treatments (0, 500 and 1,000 g mG2). Plant height, number of shoots, stolon length and coverage were investigated in Z. matrella. In addition, dry matter weight and silicic acid content of shoots, stolons and roots were analyzed in Z. matrella and the same was done in creeping bentgrass except stolons. Results: Silicate treatments tended to increase plant growth, coverage rate, dry matter weight and shoot silicon content in Z. matrella and increased silicon content of shoots and roots in creeping bentgrass. Conclusion: Higher silicic acid content in the shoots than in roots of Z. matrella and creeping bentgrass confirms that they are both silicon-accumulating species. Moreover, the content of silicic acid in Z. matrella increased in the order of roots, stolons and shoots which suggests the existence of a gradual silicic acid transport mechanism in Zoysia species.

    DOI: 10.3923/ajps.2021.324.331

    Scopus

    researchmap

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 形質転換プロトコール《植物編》

    田部井 豊 編( 担当: 共著 ,  範囲: セイヨウミヤコグサ)

    化学同人  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

MISC 【 表示 / 非表示

  • NBRPミヤコグサ・ダイズにおけるバイオリソース整備 招待あり

    橋口 正嗣,田中 秀典,橋口 拓勇,明石 良

    農業および園芸   96 ( 2 )   153 - 162   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

    researchmap

  • マメ科植物研究のためのミヤコグサバイオリソース 招待あり 査読あり

    橋口正嗣,佐藤修正,橋口拓勇,田中秀典,明石 良

    植物科学の最前線(BSJ-Review)   10   179 - 189   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本植物学会  

    DOI: 10.24480/bsj-review.10c9.00169

  • ダイズ成長過程における形質・環境計測値の相互関係のネットワーク解析

    七夕高也, 磯部祥子, 林篤司, 田中秀典, 橋口正嗣, 明石良, 長谷川舞衣, 菊地正隆, 中谷明弘, 佐藤修正, 七夕小百合

    育種学研究   20   97   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 植物の成長環境の変化に関連する遺伝子機能を解明するための成長計測技術の開発

    七夕高也, 林篤司, 高地伸夫, 磯部祥子, 田中秀典, 橋口正嗣, 明石良, 中谷明弘, 菊地正隆, 長谷川舞衣, 佐藤修正, 七夕小百合

    電気学会全国大会講演論文集(CD-ROM)   2018   ROMBUNNO.S26‐4   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 大学における遺伝資源保存と教育

    田中秀典, 橋口正嗣, 明石良

    JATAFFジャーナル   4 ( 5 )   42 - 46   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 農林水産・食品産業技術振興協会  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • IR担当者のデータ分析プロセスに関する試行調査

    田中 秀典, 山本 鉱, 岡部 康成, 鈴木 達哉, 山本 幸一, 藤原 宏司

    IR担当者のデータ分析プロセスに関する試行調査  (Zoom ウェビナー)  大学評価コンソーシアム

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Zoom ウェビナー  

  • ダイズおよびツルマメのプロテオーム解析

    橋口 拓勇,橋口 正嗣,田中 秀典,権藤 崇裕,明石 良

    日本農芸化学会 2020年度大会  (福岡) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月25日 - 2020年3月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

  • 経営基盤改善に資するデータ分析法の検討とシステム構築

    田中秀典,明石良,青木謙二

    第26回技術・研究発表交流会  宮崎大学産学・地域連携センター

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月17日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 環境要因(宮崎、宮城、千葉)がダイズコアコレクションの表現型に及ぼす影響について

    橋口 拓勇, 橋口 正嗣, 田中 秀典, 佐藤 修正, 林 篤司, 兒玉 晋洋, 七夕 高也, 磯部 祥子, 中谷 明弘, 明石 良

    日本育種学会 第136回講演会  (奈良) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月6日 - 2019年9月7日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:奈良  

  • NBRP ミヤコグサ・ダイズ - マメ科植物研究のためのバイオリソース -

    橋口 正嗣, 佐藤 修正, 橋口 拓勇, 田中 秀典, 明石 良

    日本プロテオーム学会大会要旨集  日本プロテオーム学会(日本ヒトプロテオーム機構)

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月24日 - 2019年7月27日

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 大学の数量的な「共通知」から分析マインドを涵養する人材育成プラットフォームの開発

    2018年04月 - 2022年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 山形大学・履修証明プログラム(IR担当者向け実践プログラム)担当講師

    役割:講師

    山形大学  2021年5月 - 2021年9月

     詳細を見る

    対象: 教育関係者, 研究者, 社会人・一般, 行政機関

    種別:資格認定講習

  • 山形大学・履修証明プログラム(IR担当者向け実践プログラム)ゲスト講師

    役割:講師

    山形大学  2020年11月28日

     詳細を見る

    対象: 教育関係者, 研究者, 社会人・一般, 行政機関

    種別:資格認定講習

  • 宮崎学園短期大学FD研修会

    役割:講師

    宮崎学園短期大学  2020年9月25日

     詳細を見る

    対象: 教育関係者, 研究者

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 宮崎大学における文献情報を活用した研究力分析と地域課題との対応

    役割:講師

    エルゼビア・ジャパン株式会社  2019年12月11日

  • 「グローバル・フードバリューチェーン戦略」を担う人材育成プログラム

    役割:講師

    2019年8月15日 - 2019年9月6日

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般, 行政機関

    種別:セミナー・ワークショップ

全件表示 >>