徳永 忠昭 (トクナガ タダアキ)

TOKUNAGA Tadaaki

写真a

所属

農学部 畜産草地科学科

職名

助教

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学) ( 2013年9月   宮崎大学 )

  • 修士(農学) ( 2004年3月   宮崎大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 動物生産科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Metabolic Profils and Their Correlation with Carcass Traits in Japanese Black Steers under Progeny Testing 査読あり 国際共著

    Tadaaki TOKUNAGA, Fortune Ntengwa JOMANE, Toshihiro TAKAHASHI, Hiromu KATAMOTO, Ikuo KOBAYASHI, Kenichi YOSHIMUTA, Ryuji OKUNO and Takafumi ISGIDA

    日本暖畜産学会報   64 ( 2 )   89 - 95   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Diversity of the Tellurite Resistance Gene Operon in <i>Escherichia coli</i>. 査読あり

    Nguyen TTH, Kikuchi T, Tokunaga T, Iyoda S, Iguchi A

    Frontiers in microbiology   12   681175   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fmicb.2021.681175

    PubMed

  • Estimation of the marbling development pattern in Japanese Black cattle by using serial ultrasound measurement data 査読あり

    Tokunaga T., Jomane F.N., Mandai S., Ishida T., Hirooka H.

    Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho   92 ( 1 )   e13533   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho  

    The objective of this study was to develop mathematical equations for describing the change in marbling in Japanese Black steers using longitudinal measurements. Serial ultrasound measurements were taken at 14, 16, 20, and 26 months of age and analyzed using an image analysis software. The longitudinal marbling measurements from the ultrasound images and carcasses were fitted into a nonlinear logistic curve. Data used for the analysis consisted of 749 steers that converged in nonlinear curve fitting and showed reasonable estimated parameters of the logistic curves. The average predicted mature beef marbling score (BMS) and maturation rate were 6.26 and 0.353, respectively, and the average maturity levels at 24 months of age were 83.9%. The heritability estimates for the predicted maturity traits were moderate, indicating that these traits may have potential for genetic improvement. There was a negative relationship between the expected progeny differences between carcass BMS and maturity traits, suggesting that genetic improvement by carcass BMS may lead to the selection of bulls with late maturity for marbling. The results indicate that ultrasound and model building for marbling can be useful tools to correctly select candidate bulls with high marbling in the early fattening period.

    DOI: 10.1111/asj.13533

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Crowing characteristics of native singing chicken breeds in Indonesia 査読あり

    Bugiwati S.R.A., Dagong M.I.A., Tokunaga T.

    IOP Conference Series: Earth and Environmental Science   492 ( 1 )   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IOP Conference Series: Earth and Environmental Science  

    © Published under licence by IOP Publishing Ltd. Singing chicken is germplasm, genetic resources, indigenous chicken in Indonesia and be known of their unique, exclusive, superiority of singing style with long-melodious rhythm, and different crowing style-tone-tempo comparing with other singing chickens breeds in the world. Some crowing character information was needed to optimize conservation and utilization strategies. The aim of the study was to compare crowing duration and number crowing syllables four singing chicken breeds in Indonesia (Bekisar, Kokok Balenggek, Pelung and Gaga'). This research used 532 birds Gaga' chicken from Sidrap, Barru and Maros Districts, South-Sulawesi province, Indonesia. They were separated based on crowing speed into Slow-group (234 birds) and Dangdut-group (298 birds). Then, Dangdut-group has separated again, based on total number crowing syllables, into Long-Dangdut-type (51 birds) and Short-Dangdut-type (247 birds). All crowing sounds were recorded and computerizing digitalized using Cool Edit Pro. Software to visualized bioacoustic character as a wave form then data interpreting for analyzing mean and standard deviation. Average crowing durations of Pelung, Kokok Balenggek, Bekisar and Gaga' chicken (Short-Dangdut-type and Slow-group) were 2.0 to 10.0 sec. Dangdut-Long-type was the longest crowing duration (30.5 sec) and the highest number syllables (140.92). Average number syllables of Pelung (3 sec), Kokok Balenggek (3 to 12 sec) and Bekisar (2 sec) chicken were less than Gaga' chicken (Dangdut-Long-type: 140.9 sec, Dangdut-Short-type: 20.9 sec and Slow group: 8.2 sec). Each singing chicken breed in Indonesia have uniqueness and differences crowing character. A crowing character such as crowing duration and number of syllable could be identified as one of basic selection to promote and to maintain conservation of singing chicken as germplasm of Indonesia.

    DOI: 10.1088/1755-1315/492/1/012100

    Scopus

  • Changes in expression of the autophagy-related genes microtubule-associated protein 1 light chain 3β and autophagy related 7 in skeletal muscle of fattening Japanese Black cattle: A pilot study 査読あり

    Nakanishi T., Tokunaga T., Ishida T., Kobayashi I., Katahama Y., Yano A., Erickson L. and Kawahara S.

    Asian-Australasian Journal of Animal Sciences   32 ( 4 )   592 - 598   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Asian-Australasian Journal of Animal Sciences  

    Copyright © 2019 by Asian-Australasian Journal of Animal Sciences. Objective: Autophagy is a bulk degradation system for intracellular proteins which contributes to skeletal muscle homeostasis, according to previous studies in humans and rodents. However, there is a lack of information on the physiological role of autophagy in the skeletal muscle of meat animals. This study was planned as a pilot study to investigate changes in expression of two major autophagy-related genes, microtubule-associated protein 1 light chain 3β (MAP1LC3B) and autophagy related 7 (ATG7) in fattening beef cattle, and to compare them with skeletal muscle growth. Methods: Six castrated Japanese Black cattle (initial body weight: 503±20 kg) were enrolled in this study and fattened for 7 months. Three skeletal muscles, M. longissimus, M. gluteus medius, and M. semimembranosus, were collected by needle biopsy three times during the observation period, and mRNA levels of MAP1LC3B and ATG7 were determined by quantitative reverse-transcription polymerase chain reaction. The expression levels of genes associated with the ubiquitin-proteasome system, another proteolytic mechanism, were also analyzed for comparison with autophagy-related genes. In addition, ultrasonic scanning was repeatedly performed to measure M. longissimus area as an index of muscle growth. Results: Our results showed that both MAP1LC3B and ATG7 expression increased over the observation period in all three skeletal muscles. Interestingly, the increase in expression of these two genes in M. longissimus was highly correlated with ultrasonic M. longissimus area and body weight. On the other hand, the expression of genes associated with the ubiquitin-proteasome system was unchanged during the same period. Conclusion: These findings suggest that autophagy plays an important role in the growth of skeletal muscle of fattening beef cattle and imply that autophagic activity affects meat productivity.

    DOI: 10.5713/ajas.18.0370

    Scopus

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 肉用牛の科学

    入江正和, 木村信熙 他

    養賢堂  2015年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

MISC 【 表示 / 非表示

  • 免疫学的去勢がバークシャー種肥育豚の発育および枝肉に及ぼす影響

    寺本真理子, 村松蓮太, 浦川啓介, 石田孝史, 家入誠二, 徳永忠昭

    日本養豚学会誌   59 ( 1 )   36 - 36   2022年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • カンショを用いた発酵TMR給与による黒毛和種経産老廃牛の肥育試験

    松浦千聖, 大野篤太, 山野勇朔, 徳永忠昭, 田尻優生, 木村 萌, 高橋俊浩, 小林郁雄, 川島知之

    肉用牛研究会報   ( 112 )   36 - 36   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 宮崎県における直接検定不合格牛の検定後肥育管理が産肉成績に及ぼす影響

    木村 萌, 田尻優生, 蔭山みなみ, 萬代慎太郎, 石田孝史, 徳永忠昭

    日本暖地畜産学会報   64 ( 2 )   117 - 117   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 黒毛和種肥育牛における肥育中期の皮下脂肪厚が産肉形質に及ぼす影響

    蔭山みなみ, 日高祐輝, 萬代慎太郎, 石田孝史, 徳永忠昭

    日本暖地畜産学会報   64 ( 2 )   118 - 118   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • リアルタイム3Dデータレコーダーを用いた牛生体撮影手法の検討

    田尻優生, 木村 萌, 蔭山みなみ, 石田孝史, 徳永忠昭

    日本暖地畜産学会報   64 ( 2 )   118 - 118   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • カンショを用いた発酵TMR給与による黒毛和種経産老廃牛の肥育試験

    松浦千聖, 大野篤太, 山野勇朔, 徳永忠昭, 田尻優生, 木村 萌, 高橋俊浩, 小林郁雄, 川島知之

    第58回肉用牛研究会  2021年11月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月8日 - 2021年11月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 免疫学的去勢がバークシャー種肥育豚の発育および枝肉に及ぼす影響

    寺本真理子, 村松蓮太, 浦川啓介, 石田孝史, 家入誠二, 徳永忠昭

    第115日本養豚学会大会  2021年11月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月4日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 宮崎県における直接検定不合格牛の検定後肥育管理が産肉成績に及ぼす影響 国際共著

    木村 萌, 田尻優生, 蔭山みなみ, 萬代慎太郎, 石田孝史, 徳永忠昭

    第14回日本暖地畜産学会福岡大会   2021年10月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月23日 - 2021年10月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 黒毛和種肥育牛における肥育中期の皮下脂肪厚が産肉形質に及ぼす影響

    蔭山みなみ, 日高祐輝, 萬代慎太郎, 石田孝史, 徳永忠昭

    第14回日本暖地畜産学会福岡大会   2021年10月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月23日 - 2021年10月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 免疫学的去勢効果の違いがバークシャー種肥育豚の発育および枝肉に及ぼす影響

    寺本真理子, 村松蓮太, 浦川啓介, 石田孝史, 徳永忠昭

    第14回日本暖地畜産学会福岡大会   2021年10月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月23日 - 2021年10月24日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 令和3年度宮崎大学農学部優秀論文賞

    2021年9月   宮崎大学農学部   Estimation of the marbling development pattern in Japanese Black cattle by using ultrasound measurement data

    Tokunaga T, Jomane FN, Mandai S, Ishida T, Hirooka H

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 非接触画像計測による和牛の体重推定システムの開発

    2011年04月 - 2014年03月

    科学研究費補助金 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    非接触で牛の体重を推定するシステムを開発するために,画像計測技術を用いて牛の三次元形状データを取得するシステムを試作した。実用性を考慮した可搬性のある計測器を実現するために画像計測技術の導入を試みている。また,和牛が大型であることから,手動スキャンニングタイプで計測範囲に制限の無い計測器の開発を目指した。任意の方向に手動でスキャンニングを行うために,計測器自体の位置と姿勢を計測する必要があることから,独自の移動量検出アルゴリズムを用いた計測器の位置決めを試みた。和牛の足部など局所的な計測について良好なデータを取得できることを確認した。また,三次元点群座標データを取得できるKINECTセンサを用いたシステム開発を試みた。和牛の左右と上方に設置した3台のKINECTセンサで和牛の形状を同時に取得することで和牛全体の形状を三次元的に計測することを試みた。三台同時に計測を行うために,静止させることが困難な和牛の形状を計測できることを可能にした。三台のセンサで得られたそれぞれの点群データについて座標変換行列を用いて世界座標に統合することを行った。6点以上の球状マーカをそれぞれのKINECTセンサで撮影し,マーカの重心位置を基準点として,自動的に座標を統合した。計測領域に和牛の方向がいつも一定になるとは限らないので,計測された和牛形状を水平方向にコンピュータ上で輪切りにし,形状を楕円近似することで,和牛の向きを修正することを行った。また,牛舎内は地面状態が悪く,計測器を水平に設置できるとは限らないため,計測器に傾きセンサを取り付けることで計測器の傾きを補正した。得られた和牛の形状データをコンピュータ上で水平および垂直方向に断面形状として表現することが可能になった。

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 免疫去勢による国産豚国際競争力強化事業

    2018年05月 - 2021年03月

    農林水産省  日本中央競馬会畜産振興事業 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  • 繁殖性等向上対策のうち繁殖性向上に資する情報の測定・分析技術の実証

    2017年09月 - 2020年03月

    公益社団法人畜産技術協会  畜産・酪農生産力強化事業 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  • 豚枝肉の販売価格を高位安定させる安価で故障の少ないソーティング機能付き体重測定器の開発

    2017年04月 - 2020年03月

    農林水産省  革新的技術開発・緊急展開事業 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金