菱川 善隆 (ヒシカワ ヨシタカ)

HISHIKAWA Yoshitaka

写真a

所属

医学部 医学科 解剖学講座組織細胞化学分野

職名

教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学) ( 1997年5月   島根医科大学 )

  • 医学士 ( 1989年3月   島根医科大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 細胞生物学

  • ライフサイエンス / 解剖学

  • ライフサイエンス / 消化器外科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • In situ strategy for biomedical target localization via nanogold nucleation and secondary growth

    Sawaguchi A., Kamimura T., Takahashi N., Yamashita A., Asada Y., Imazato H., Aoyama F., Wakui A., Sato T., Choijookhuu N., Hishikawa Y.

    Communications Biology   4 ( 1 )   710   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Communications Biology  

    Immunocytochemistry visualizes the exact spatial location of target molecules. The most common strategy for ultrastructural immunocytochemistry is the conjugation of nanogold particles to antibodies as probes. However, conventional nanogold labelling requires time-consuming nanogold probe preparation and ultrathin sectioning of cell/tissue samples. Here, we introduce an in situ strategy involving nanogold nucleation in immunoenzymatic products on universal paraffin/cryostat sections and provide unique insight into nanogold development under hot-humid air conditions. Nanogold particles were specifically localized on kidney podocytes to target synaptopodin. Transmission electron microscopy revealed secondary growth and self-assembly that could be experimentally controlled by bovine serum albumin stabilization and phosphate-buffered saline acceleration. Valuable retrospective nanogold labelling for gastric H+/K+-ATPase was achieved on vintage immunoenzymatic deposits after a long lapse of 15 years (i.e., 15-year-old deposits). The present in situ nanogold labelling is anticipated to fill the gap between light and electron microscopy to correlate cell/tissue structure and function.

    DOI: 10.1038/s42003-021-02246-3

    Scopus

    PubMed

  • Depletion of high-mobility group box 2 causes seminiferous tubule atrophy via aberrant expression of androgen and estrogen receptors in mouse testis†.

    Sugita N, Choijookhuu N, Yano K, Lee D, Ikenoue M, Fidya, Taniguchi N, Chosa E, Hishikawa Y

    Biology of reproduction   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/biolre/ioab187

    PubMed

  • In situ strategy for biomedical target localization via nanogold nucleation and secondary growth 査読あり

    Sawaguchi A, Kamimura T, Takahashi N, Yamashita A, Asada Y, Imazato H, Aoyama F, Wakui A, Sato T, Choijookhuu N, Hishikawa Y.

    Communications Biology   2021年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s42003-021-02246-3.

    DOI: 10.1038/s42003-021-02246-3.

  • Congenital Deficiency of Conventional Dendritic Cells Promotes the Development of Atopic Dermatitis-Like Inflammation. Front Immunol. 査読あり

    Nishikawa Y, Fukaya T, Fukui T, Uto T, Takagi H, Nasu J, Miyanaga N, Riethmacher D, Choijookhuu N, Hishikawa Y, Amano M, Sato K.

    eCollection   12   712676   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers in Immunology  

    Atopic dermatitis (AD) is a common pruritic inflammatory skin disease characterized by impaired epidermal barrier function and dysregulation of Thelper-2 (TH2)-biased immune responses. While the lineage of conventional dendritic cells (cDCs) are implicated to play decisive roles in T-cell immune responses, their requirement for the development of AD remains elusive. Here, we describe the impact of the constitutive loss of cDCs on the progression of AD-like inflammation by using binary transgenic (Tg) mice that constitutively lacked CD11chi cDCs. Unexpectedly, the congenital deficiency of cDCs not only exacerbates the pathogenesis of AD-like inflammation but also elicits immune abnormalities with the increased composition and function of granulocytes and group 2 innate lymphoid cells (ILC2) as well as B cells possibly mediated through the breakdown of the Fms-related tyrosine kinase 3 ligand (Flt3L)-mediated homeostatic feedback loop. Furthermore, the constitutive loss of cDCs accelerates skin colonization of Staphylococcus aureus (S. aureus), that associated with disease flare. Thus, cDCs maintains immune homeostasis to prevent the occurrence of immune abnormalities to maintain the functional skin barrier for mitigating AD flare.

    DOI: 10.3389/fimmu.2021.712676

    DOI: 10.3389/fimmu.2021.712676

    Scopus

    PubMed

  • Depletion of HMGB2 causes seminiferous tubule atrophy via aberrant expression of androgen and estrogen receptors in mouse testis. 査読あり

    Sugita N, Choijookhuu N, Yano K, Lee D, Ikenoue M, Fidya, Taniguchi N, Chosa E, Hishikawa Y.

    Biology of Reproduction   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • In situ hybridization法の原理と応用

    菱川善隆, 柴田恭明, 小路武彦( 担当: 共著)

    中西印刷  2021年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • In situ hybridization法の原理と応用

    菱川善隆, 柴田恭明, 小路武彦( 担当: 共著)

    中西印刷  2020年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • In situ hybridization(RNA)の基礎と応用

    菱川善隆 他( 担当: 共著)

    中西印刷  2019年 

     詳細を見る

    担当ページ:83-99   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • in situ hybridizationの最前線 -技術の最前線の状況と研究・診断への応用-

    菱川善隆 他( 担当: 共著)

    文光堂  2019年 

     詳細を見る

    担当ページ:1139-1144   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • In situ hybridization の原理と基礎

    菱川善隆 他( 担当: 共著)

    中西印刷  2018年 

     詳細を見る

    担当ページ:135-146   記述言語:日本語 著書種別:学術書

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • Author Correction: HMGB2 is a novel adipogenic factor that regulates ectopic fat infiltration in skeletal muscles (Scientific Reports, (2018), 8, 1, (9601), 10.1038/s41598-018-28023-7)

    Lee D., Taniguchi N., Sato K., Choijookhuu N., Hishikawa Y., Kataoka H., Morinaga H., Lotz M., Chosa E.

    Scientific Reports   10 ( 1 )   4647   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    The original version of this Article contained an error in Affiliation 6, which was incorrectly given as ‘Department of Internal Medicine and Bioregulatory Science, Graduate School of Medical Sciences, 3-1-1 Maidashi, Higashi, Fukuoka, 812-8582, Japan’. The correct affiliation is listed below: Department of Internal Medicine and Bioregulatory Science, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University, 3-1-1 Maidashi, Higashi, Fukuoka, 812-8582, Japan. Additionally, in the Supplementary Information file originally published with this Article, Affiliation 2 was incorrectly given as ‘Department of Medical Science, Tokyo Medical University, 6-1-1 Shinjuku, Shinjuku, Tokyo 160- 8402, Japan’. The correct affiliation is listed below: Institute of Medical Science, Tokyo Medical University, 6-1-1 Shinjuku, Shinjuku-ku, Tokyo, 160-8402, Japan These errors have now been corrected in the HTML and PDF versions of the article, alongside the Supplementary information file.

    DOI: 10.1038/s41598-020-61550-w

    Scopus

    PubMed

  • Author Correction: Pivotal role of CD103 in the development of psoriasiform dermatitis (Scientific Reports, (2020), 10, 1, (8371), 10.1038/s41598-020-65355-9)

    Fukui T., Fukaya T., Uto T., Takagi H., Nasu J., Miyanaga N., Nishikawa Y., Koseki H., Choijookhuu N., Hishikawa Y., Yamashita Y., Sato K.

    Scientific Reports   10 ( 1 )   16375   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    This Article contains errors in the Methods section, under the subheading ‘Generation of Cd103-/- mice’, “The linearized targeting construct was introduced by electroporation into C57BL/6-derived JN/2 recombinant embryonic stem cell (ESC) and neomycin-resistant clones were first screened for homologous recombination by PCR utilizing a pair of the following oligonucleotides: Primer 1 (5'-ATA TGT AGT GTC TGG TCA GGA TAA TAG TTG-3') and Primer 2 (5'-ATA ACC TCC TCT CCT ATG GTA CCT AAA C-3').” should read: “The linearized targeting construct was introduced by electroporation into C57BL/6-derived JN/2 recombinant embryonic stem cell (ESC) and neomycin-resistant clones were first screened for homologous recombination by PCR utilizing a pair of the following oligonucleotides: Primer 1 (5'-ATA TGT AGT GTC TGG TCA GGA TAA TAG TTG-3') and Primer 3 (5'-ATA ACC TCC TCT CCT ATG GTA CCT AAA C-3').” “Transmission of the targeted allele was confirmed by PCR with Primer 1 and Primer 3 (5'-CTT TAT ATT TCA TTT TTG CTC AGG CTT C-3'). The mutant mice were cross-mated for more than nine generations with B6.FLIP mice to excise the flanked FRT sites by Flp-recombinase, and 8- to 12-week-old Cd103+/+ littermates were used as WT mice. Then, Cd103+/- littermates were crossed to obtain homozygotes, and transmission of the targeted allele was confirmed by PCR with Primer 1 and Primer 3.” should read: “Transmission of the targeted allele was confirmed by PCR with Primer 1 and Primer 2 (5'-CTT TAT ATT TCA TTT TTG CTC AGG CTT C-3'). The mutant mice were cross-mated for more than nine generations with B6.FLIP mice to excise the flanked FRT sites by Flp-recombinase, and 8- to 12-week-old Cd103+/+ littermates were used as WT mice. Then, Cd103+/- littermates were crossed to obtain homozygotes, and transmission of the targeted allele was confirmed by PCR with Primer 1 and Primer 2”.

    DOI: 10.1038/s41598-020-71156-x

    Scopus

    PubMed

  • Correction to: Accelerated proliferation of hepatocytes in rats with iron overload after partial hepatectomy (Histochemistry and Cell Biology, (2012), 138, 5, (773-786), 10.1007/s00418-012-0994-4)

    An S., Soe K., Akamatsu M., Hishikawa Y., Koji T.

    Histochemistry and Cell Biology   153 ( 4 )   287 - 288   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:Histochemistry and Cell Biology  

    The figure shown below is the correct version. We apologize for the mistake.

    DOI: 10.1007/s00418-020-01865-x

    Scopus

    PubMed

  • in situ hybridizationの最前線 -技術の最前線の状況と研究・診断への応用- 査読あり

    菱川善隆, 柴田恭明, 小路武彦

    病理と臨床   37 ( 11 )   1139 - 1144   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:文光堂  

  • The role of estrogen receptors in intestinal homeostasis and disease.(共著)

    Choijookhuu N, Hino SI, Oo PS, Batmunkh B, Hishikawa Y

    Receptors & Clinical Investigation   3 ( 1 )   1 - 8   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元: Smart Science & Technology LLC  

    DOI: 10.14800/rci.1109

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • The loss of HMGB2 causes seminiferous tubule atrophy via aberration of androgen and estrogen receptors in mouse testis.

    Narantsog Choijookhuu, Naohiro Sugita, Koichi Yano, Deokcheol Lee, Makoto Ikenoue, Fidya, Noboru Taniguchi, Etsuo Chosa and Yoshitaka Hishikawa

    第53回日本臨床分子形態学会総会・学術集会  (web開催)  2021年10月23日  日本臨床分子形態学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月22日 - 2021年10月24日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:web開催  

  • Depletion of HMGB2 induces aberrant expression of sex steroid hormone receptors that causes seminiferous tubule atrophy in mouse testis.

    Narantsog Choijookhuu, Naohiro Sugita, Koichi Yano, Deokcheol Lee, Makoto Ikenoue, Fidya, Noboru Taniguchi, Etsuo Chosa and Yoshitaka Hishikawa

    第62回日本組織細胞化学会総会・学術集会  (web開催)  2021年9月26日  日本組織細胞化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月24日 - 2021年9月26日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:web開催  

  • マウス肝再生過程におけるHMGB2の肝細胞増殖制御への関与

    矢野 公一, Narantsog Choijookhuu, 池ノ上 実, Fidya, 七島 篤志, 菱川 善隆

    第62回日本組織細胞化学会総会・学術集会  (web開催)  2021年9月26日  日本組織細胞化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月24日 - 2021年9月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:web開催  

  • 蛍光共鳴エネルギー移動 (FRET)を利用したin situ hybridizationの実際

    菱川 善隆, Narantsog Choijookhuu, 石塚 匠, 柴田 恭明, 小路 武彦

    第62回日本組織細胞化学会総会・学術集会  (web開催)  2021年9月26日  日本組織細胞化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月24日 - 2021年9月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:web開催  

  • 酵素抗体法で標識された生体物質の局在を電顕レベルで可視化する新たな金ナノ粒子標識法の開発

    澤口 朗, 上村 健, 髙橋 伸育, 山下 篤, 浅田 祐士郎, 今里 浩之, 青山 典世, 和 久井 亜希子, 佐藤 岳志, Narantsog Choijookhuu, 菱川 善隆

    第62回日本組織細胞化学会総会・学術集会  (web開催)  2021年9月26日  日本組織細胞化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月24日 - 2021年9月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:web開催  

全件表示 >>

Works(作品等) 【 表示 / 非表示

  • Assessment and possible implications in multiple infections and their related cancers in Myanmar

    2016年1月

     詳細を見る

    ミャンマー国保健省医学研究局と宮崎大学との保健医療関連分野におけるシンポジウムに参加した。

    researchmap

  • 4th International Arsenic Symposium in Miyazaki

    2015年10月

     詳細を見る

    宮崎大学でのヒ素研究成果について討論・情報交換をした。

    researchmap

  • The9th International Conference on Genetic and Evolutionary Computing(ICGEC 2015)

    2015年8月

     詳細を見る

    最新の技術について情報を得た。

    researchmap

  • 宮崎大学ヒ素プロジェクトキックオフシンポジウム

    2015年8月

     詳細を見る

    宮崎大学でのヒ素研究成果について討論・情報交換をした。

    researchmap

  • 第33回分子病理学研究会

    2014年7月

     詳細を見る

    分子病理学の最新の研究成果について討論をした。

    researchmap

受賞 【 表示 / 非表示

  • 2020 年度(第 22 回)日本組織細胞化学会論文賞

    2020年12月   日本組織細胞化学会   The HDAC Inhibitor, SAHA, Combined with Cisplatin Synergistically Induces Apoptosis in Alpha-fetoprotein-producing Hepatoid Adenocarcinoma Cells

    Kyaw MTH, Yamaguchi Y, Choijookhuu N, Yano K, Takagi H, Takahashi N, Oo PS, Sato K, Hishikawa Y

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  • 2020 年度(第 22 回)日本組織細胞化学会論文賞

    2020年12月   日本組織細胞化学会   Estrogen Regulates Mitochondrial Morphology through Phosphorylation of Dynamin-related Protein 1 in MCF7 Human Breast Cancer Cells

    Phyu Synn Oo, Yuya Yamaguchi, Akira Sawaguchi, Myat Tin Htwe Kyaw, Narantsog Choijookhuu, Mohmand Noor Ali, Naparee Srisowanna, Shin-ichiro Hino, Yoshitaka Hishikawa

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 脂肪肝マウスの肝再生過程でのミトコンドリア脂質代謝へのエストロゲンの関与

    研究課題/領域番号:21K06738  2021年04月 - 2023年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 高感度蛍光in situハイブリダイゼーション法によるmicroRNA発現解析

    2016年04月 - 2019年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 肝再生過程でのエストロゲン受容体によるミトコンドリア形態変化と機能制御の解明

    2012年04月 - 2015年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    肝再生過程でのエストロゲン受容体によるミトコンドリア形態変化と機能制御の解明

  • AIRE核内輸送阻害解析による新たな口腔免疫疾患発症論理の提示

    2009年04月 - 2012年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    AIRE核内輸送阻害解析による新たな口腔免疫疾患発症論理の提示

  • エストロゲン受容体を介したミトコンドリア多様性とその融合・分裂増殖機構の解明

    2009年04月 - 2012年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    エストロゲン受容体を介したミトコンドリア多様性とその融合・分裂増殖機構の解明

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ミャンマーに於ける口腔内ヒトパピローマウイルス感染動態と子宮頸がんの相関

    2011年04月 - 2012年03月

    民間財団等  アジア地域重点学術研究助成 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    ミャンマーに於ける口腔内ヒトパピローマウイルス感染動態と子宮頸がんの相関

  • ミャンマーでのウイルス感染と発がんに関する国際共同研究を基盤とした次世代医学研究者育成事業

    2010年04月 - 2011年03月

    長崎大学  平成22年度大学高度化推進経費国際交流事業 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    ミャンマーでのウイルス感染と発がんに関する国際共同研究を基盤とした次世代医学研究者育成事業

  • ミャンマーでの次世代医療人育成と教育研究拠点形成に関する国際交流事業

    2009年04月 - 2010年03月

    長崎大学  平成21年度大学高度化推進経費国際交流事業 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    ミャンマーでの次世代医療人育成と教育研究拠点形成に関する国際交流事業

  • 肝炎ウイルス変異とアフラトキシン曝露によるウイルス性肝癌発症に関する共同研究

    2008年04月 - 2009年03月

    長崎大学  平成20年度大学高度化推進経費国際交流事業 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    肝炎ウイルス変異とアフラトキシン曝露によるウイルス性肝癌発症に関する共同研究

  • ミャンマー国に於ける環境毒性物質としての鉄による肝癌発症若年化に関する研究

    2001年04月 - 2002年03月

    民間財団等  アジア地域重点学術研究助成 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    ミャンマー国に於ける環境毒性物質としての鉄による肝癌発症若年化に関する研究

全件表示 >>

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 解剖学講座組織細胞化学分野研究奨学金(だんだんの会)

    寄附者名称:こさい胃腸科外科 2020年03月

  • 解剖学講座組織細胞化学分野研究奨学金(だんだんの会)

    寄附者名称:小林保養院 2019年08月

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 第46回組織細胞化学講習会

    2021年08月

     詳細を見る

    「In situ hybridization法の原理と応用 」講演をオンラインで行った。

  • 第45回組織細胞化学講習会

    2020年08月

     詳細を見る

    「In situ hybridization法の原理と応用 」講演をオンラインで行った。

  • 第43回組織細胞化学講習会(技術)

    2019年08月

     詳細を見る

    「In situハイブリダイゼーション法の実践 」wet lab を行った。

  • 第44回組織細胞化学講習会

    2019年08月

     詳細を見る

    「In situ hybridization (RNA)の基礎と応用 」講演を行った。

  • 第124回日本解剖学会総会・全国学術集会

    2019年03月

     詳細を見る

    解剖学の最新の研究成果について情報交換を行った。

全件表示 >>