盛口 淸香 (モリグチ サヤカ)

MORIGUCHI Sayaka

写真a

所属

医学部 附属病院 病理診断科

職名

助教

外部リンク

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Prognostic analysis of smoldering ATLL with skin eruptions based on genomic aberrations. 査読あり

    Mochida K, Nakahata S, Suzuki Y, Inoue K, Moriguchi S, Yamashita A, Amano M, Morishita K

    Journal of dermatological science   2023年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jdermsci.2023.02.001

    PubMed

  • Histopathological Features of Cancer-Associated Venous Thromboembolism: Presence of Intrathrombus Cancer Cells and Prothrombotic Factors 査読あり

    Gi T., Kuwahara A., Yamashita A., Matsuda S., Maekawa K., Moriguchi-Goto S., Sato Y., Asada Y.

    Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology   43 ( 1 )   146 - 159   2023年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology  

    Background: Cancer-associated venous thromboembolism (VTE) is a critical complication in patients with cancer. However, the pathological findings of VTE are limited. Here, we investigated the histopathological features of cancer-associated VTE in human autopsy cases. Methods: We clinically examined the autopsy cases of VTE with (n=114) and without cancer (n=66) and immunohistochemically analyzed the expression of prothrombotic factors in intrathrombus cancer cells, the thrombus contents of erythrocytes, fibrin, platelets, citrullinated histone H3, and degree of organization. Results: Vascular wall invasion or small cell clusters of cancer cells was observed in thrombi in 27.5% of deep vein thrombosis and 25.9% of pulmonary embolism cases. The majority of the cancer cells in deep vein thrombi appeared to be invading the vessel wall, whereas the majority of pulmonary thrombi had cancer cell clusters, consistent with embolization via blood flow. These cancer cells were immunohistochemically positive for TF (tissue factors) or podoplanin in up to 88% of VTE cases. The frequency of TF-positive monocyte/macrophages in thrombi was higher in cancer-associated VTE than that in VTE without cancer. Citrullinated histone H3 was predominantly observed in the early stages of organizing thrombi. There was no significant difference in thrombus components between VTE with cancer and without cancer groups. Conclusions: Vascular wall invasion or cancer cell clusters in thrombi might influence thrombogenesis of cancer-associated VTE. TF and podoplanin in cancer cells and in monocyte/macrophages may induce coagulation reactions and platelet aggregation. Neutrophil extracellular traps may play a role in the early stages of VTE, regardless of cancer status.

    DOI: 10.1161/ATVBAHA.122.318463

    Scopus

  • Secondary Skin Cancer in a Case with Long-term Voriconazole after Allogeneic Hematopoietic Stem Cell Transplantation for Acute Myeloid Leukemia. 査読あり

    Kawano N, Nakamura S, Mochida K, Yoshida S, Kuriyama T, Nakaike T, Shimokawa T, Tochigi T, Yamashita K, Mashiba K, Kikuchi I, Takarabe A, Moriguchi S, Mori Y, Takenaka K, Shimoda K, Ochiai H, Amano M

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   61 ( 18 )   2771 - 2774   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:症例報告   出版者・発行元:一般社団法人 日本内科学会  

    Secondary malignancies that develop after allogeneic-hematopoietic stem cell transplantation (allo-HSCT) have become serious issues. A 47-year-old man who developed acute myeloid leukemia in 2009 and subsequently underwent allo-HSCT twice: in 2009 and 2011. In 2015, voriconazole for lung aspergillus was started. In 2018, chronic graft-versus-host disease (GVHD) and multiple actinic keratoses manifested at his head. In 2020, some lesions were diagnosed as squamous cell carcinoma, so voriconazole was withdrawn, and subsequent surgery and radiation led to remission. Long-term administration of voriconazole in addition to allo-HSCT and chronic GVHD may be closely related to secondary skin cancer.

    DOI: 10.2169/internalmedicine.8618-21

    PubMed

    CiNii Research

  • 標準治療終了後に遺伝子パネル検査 FoundationOne®CDx で ERBB2 遺伝子の増幅を認め抗 HER2 療法が奏功した 転移性乳癌の一例 査読あり

    植田 雄一, 牧野 裕子, 西田 卓弘, 落合 昂一郎, 丸塚 浩助, 盛口 清香, 大友 直樹

    日大医学雑誌   81 ( 3 )   155 - 159   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:症例報告   出版者・発行元:日本大学医学会  

    42 歳の女性.HER2 陰性転移性乳癌に対する標準治療 が終了後,遺伝子パネル検査 FoundationOne®CDx を施行 した.ERBB2 遺伝子の増幅を認めた.また,生検検体 での HER2 IHC 法で 2+ であったため,FISH 法を施行し たところ陽性であった.抗 HER2 療法を開始したところ, 部分奏功を認めた.既存の HER2 テストでは抗 HER2 療 法の適応とならなかった症例でも,遺伝子パネル検査を 行うことで,抗 HER2 剤の適応となる症例を拾い上げる ことが可能であり,一部の乳癌患者の予後を大きく変え る可能性がある.

    DOI: 10.4264/numa.81.3_155

    CiNii Research

  • Pneumocystis Pneumonia in a Patient with Ovarian Cancer Receiving Olaparib Therapy. 査読あり

    Himeji D, Tanaka GI, Shiiba R, Matsumoto R, Takamura K, Morishita H, Taniguchi S, Moriguchi S, Marutsuka K

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   61 ( 2 )   217 - 221   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:症例報告  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.7485-21

    PubMed

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • An autopsy case of elderly-onset acute necrotizing encephalopathy secondary to influenza.

    Ishii N, Mochizuki H, Moriguchi-Goto S, Shintaku M, Asada Y, Taniguchi A, Shiomi K, Nakazato M.

    Journal of neurological sciences   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier.  

  • 病理学の立場からみたDICの病態

    盛口清香、丸塚浩助

    血栓と循環   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:メディカルレビュー社  

  • 粘液基質を伴う子宮体部平滑筋腫瘍の一例

    盛口清香, 福島和子, 鮫島浩, 浅田祐士郎, 佐藤勇一郎

    日本婦人科病理学会誌   5 ( 2 )   61 - 63   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:日本婦人科病理学会  

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 真性癒着胎盤の臨床病理組織学的検討

    佐藤勇一郎、盛口清香、山下 篤、浅田 祐士郎、鮫島 浩

    第24回日本胎盤学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月25日 - 2016年11月26日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 神経内分泌細胞癌成分を伴った胃腺癌の1切除例

    中尾大伸、河野文彰、田代耕盛、森浩貴、緒方祥吾、伊藤歌織、市成直樹、武野慎祐、池田拓人、七島篤志、中村都英、盛口淸香、佐藤勇一郎

    第78回日本臨床外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月24日 - 2016年11月26日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • Atypical teratoid/rhabdoid tumorの2例

    徳満貴子、野口裕史、大野招伸、峰松映子、森田勝代、黒木栄輝、福島剛、盛口清香、佐藤勇一郎

    第55回日本臨床細胞学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月18日 - 2016年11月19日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 眼付属器に発生した低異型度B細胞性リンパ腫の4症例

    野口裕史、徳満貴子、大野招伸、峰松映子、森田勝代、黒木栄輝、盛口清香、佐藤勇一郎

    第56回日本臨床細胞学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月18日 - 2016年11月19日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • Pulmonary capillary hemangiomatosis (PCH) の一生検例

    前川和也、佐藤勇一郎、鮫島直樹、山下篤、盛口清香、中村恵理子、魏峻洸、鬼塚、浅田祐士郎

    第107回日本病理学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月12日 - 2016年5月14日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

全件表示 >>

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 重症熱性血小板減少症候群における血小板減少と血液凝固異常の病態解明

    研究課題/領域番号:23K06425  2023年04月 - 2026年03月

    独立行政法人日本学術振興会  科学研究費基金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者