西頭 英起 (ニシトウ ヒデキ)

NISHITOH Hideki

写真a

所属

医学部 医学科 機能制御学講座機能生化学分野

職名

教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(歯学) ( 1997年3月   東京医科歯科大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 病態系口腔科学

  • ライフサイエンス / 医化学

  • ライフサイエンス / 常態系口腔科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • ERAD components Derlin-1 and Derlin-2 are essential for postnatal brain development and motor function

    Sugiyama T., Murao N., Kadowaki H., Takao K., Miyakawa T., Matsushita Y., Katagiri T., Futatsugi A., Shinmyo Y., Kawasaki H., Sakai J., Shiomi K., Nakazato M., Takeda K., Mikoshiba K., Ploegh H.L., Ichijo H., Nishitoh H.

    iScience   24 ( 7 )   102758   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:iScience  

    Derlin family members (Derlins) are primarily known as components of the endoplasmic reticulum-associated degradation pathway that eliminates misfolded proteins. Here we report a function of Derlins in the brain development. Deletion of Derlin-1 or Derlin-2 in the central nervous system of mice impaired postnatal brain development, particularly of the cerebellum and striatum, and induced motor control deficits. Derlin-1 or Derlin-2 deficiency reduced neurite outgrowth in vitro and in vivo and surprisingly also inhibited sterol regulatory element binding protein 2 (SREBP-2)-mediated brain cholesterol biosynthesis. In addition, reduced neurite outgrowth due to Derlin-1 deficiency was rescued by SREBP-2 pathway activation. Overall, our findings demonstrate that Derlins sustain brain cholesterol biosynthesis, which is essential for appropriate postnatal brain development and function.

    DOI: 10.1016/j.isci.2021.102758

    Scopus

    PubMed

  • ER-resident sensor PERK is essential for mitochondrial thermogenesis in brown adipose tissue. 査読あり

    Kato H, Okabe K, Miyake M, Hattori K, Fukaya T, Tanimoto K, Beini S, Mizuguchi M, Torii S, Arakawa S, Ono M, Saito Y, Sugiyama T, Funatsu T, Sato K, Shimizu S, Oyadomari S, Ichijo H, Kadowaki H, Nishitoh H

    Life Science Alliance   3 ( 3 )   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Life Science Alliance  

    Mitochondria play a central role in the function of brown adipocytes (BAs). Although mitochondrial biogenesis, which is indispensable for thermogenesis, is regulated by coordination between nuclear DNA transcription and mitochondrial DNA transcription, the molecular mechanisms of mitochondrial development during BA differentiation are largely unknown. Here, we show the importance of the ERresident sensor PKR-like ER kinase (PERK) in the mitochondrial thermogenesis of brown adipose tissue. During BA differentiation, PERK is physiologically phosphorylated independently of the ER stress. This PERK phosphorylation induces transcriptional activation by GA-binding protein transcription factor a subunit (GABPa), which is required for mitochondrial inner membrane protein biogenesis, and this novel role of PERK is involved in maintaining the body temperatures of mice during cold exposure. Our findings demonstrate that mitochondrial development regulated by the PERK- GABPa axis is indispensable for thermogenesis in brown adipose tissue.

    DOI: 10.26508/lsa.201900576

    Scopus

    PubMed

  • Monitoring Lipid Droplet Dynamics in Living Cells by Using Fluorescent Probes. 査読あり

    Yuki Tatenaka, Hironori Kato, Munetaka Ishiyama, Kazumi Sasamoto, Masanobu Shiga, Hideki Nishitoh, Yuichiro Ueno

    Biochemistry   58 ( 6 )   499 - 503   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.biochem.8b01071

  • Paradigm shift from 'Compartment' to 'Zone' in the understanding of organelles. 招待あり 査読あり

    Hideki Nishitoh

    The Journal of Biochemistry   165 ( 2 )   97 - 99   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jb/mvy107

  • Endoplasmic reticulum quality control by garbage disposal. 招待あり 査読あり

    Kadowaki H., Nishitoh H.

    The FEBS journal   286 ( 2 )   232 - 240   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/febs.14589

    Scopus

    PubMed

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 脂肪滴と様々なオルガネラとの接触

    加藤 裕紀, 西頭 英起( 担当: 共著)

    同仁化学研究所  2019年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • タンパク質・核酸の分子修飾「NEDD化」

    加藤 裕紀, 西頭 英起( 担当: 単著)

    生体の科学  2018年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 小胞体におけるタンパク質の品質管理の分子機構および中枢神経系における小胞体ストレス応答の役割

    西頭英起( 担当: 単著)

    ライフサイエンス 領域融合レビュー  2015年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • 小胞体から発信されるストレスシグナル伝達機構

    加藤裕紀, 西頭英起( 担当: 共著)

    「知る・見る・活かす! シグナリング研究2015」実験医学増刊  2015年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

MISC 【 表示 / 非表示

  • 褐色脂肪細胞の熱産生とエネルギー代謝

    西頭英起

    「臨床免疫・アレルギー科」科学評論社   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • タンパク質・核酸の分子修飾 II.細胞質/オルガネラでの分子修飾 タンパク質機能・品質管理 NEDD化

    加藤裕紀, 西頭英起

    生体の科学   69 ( 5 )   460‐461   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

    DOI: 10.11477/mf.2425200878

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 【タンパク質・核酸の分子修飾】細胞質/オルガネラでの分子修飾 タンパク質機能・品質管理 NEDD化

    加藤 裕紀, 西頭 英起

    生体の科学   69 ( 5 )   460 - 461   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:(公財)金原一郎記念医学医療振興財団  

    <文献概要>ユビキチン様タンパク質NEDD8による翻訳後修飾NEDD化は,標的タンパク質の安定化,活性化,局在化などに関与する。加えて,近年NEDD化修飾は,転写,細胞周期制御,クロマチン構成,ストレス顆粒形成などにも重要な役割を果たしている。本稿では,NEDD8修飾システムおよびその機能,がんとの関連性を概説する。

    researchmap

  • 成体ニューロン新生を介した記憶学習制御における小胞体品質管理機構の役割

    村尾直哉, 西頭英起

    Pharma Medica   35 ( 12 )   93 - 93   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:(株)メディカルレビュー社  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • プロテオスタシス制御の新展開と疾患 ミトコンドリア-小胞体間のオルガネラ連携による細胞機能制御

    西頭 英起

    生命科学系学会合同年次大会   2017年度   [2AW19 - 5]   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:生命科学系学会合同年次大会運営事務局  

    researchmap

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 脳内コレステロール合成におけるDerlinファミリーの役割

    西頭英起

    オルガネラゾーン冬班会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月22日 - 2020年12月23日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 小胞体センサーPERKを介した褐色脂肪細胞の機能制御

    門脇寿枝、西頭英起

    日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月14日 - 2020年9月16日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 小胞体センサーPERKによるミトコンドリア機能制御ゾーンの検討

    西頭英起

    オルガネラゾーン夏班会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月26日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Nobel research trends on organelle zones

    西頭英起

    日本細胞生物学会  (web) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月9日 - 2020年6月11日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:web  

  • The Endoplasmic reticulum protein Derlin-1 maintains neural stem cell populations in the adult hippocampus

    Naoya Murao,Hideki Nishitoh

    第16回成体脳ニューロン新生懇談会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月21日 - 2020年2月22日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 細菌のPUP化を応用した真核細胞のユビキチンリガーゼ基質同定法の確立

    2020年04月 - 2022年03月

    科学研究費補助金 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 口腔がん幹細胞におけるオルガネラストレス応答の役割の解明

    2018年04月 - 2021年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 小胞体-ミトコンドリア接触場における温度センシング機構の解明

    2018年 - 2020年03月

    科学研究費補助金  新学術領域研究

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 小胞体品質管理に関わる選別輸送ゾーンの解明

    2017年06月 - 2022年03月

    科学研究費補助金  新学術領域研究

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 口腔がん克服に向けた代謝ストレスシグナル制御機構の解明

    2015年04月 - 2018年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    口腔領域で頻発する固形がんは、十分な血管新生がともなわないため低酸素・低グルコースストレス状態にあり、がん細胞は代謝要求性がきわめて高い状態にある。このようなストレス下では、オートファジーが細胞増殖に貢献していると考えられる。さらに、低栄養は不良タンパク質蓄積をまねき、小胞体ストレス誘導性の生存・増殖シグナルが発信される。このようなストレス耐性状態にある口腔がんを克服する一つの方策として、オートファジーや小胞体から発信される生存シグナルを抑制し、強い小胞体ストレスによる細胞死シグナルを惹起することが有効であると考えられる。事実、ボルテゾミブなどの抗がん剤は小胞体ストレス誘導性アポトーシスを惹起する。本研究では、がん細胞における代謝ストレスシグナルを解明し、その分子標的に基づき、増殖シグナルを細胞死シグナルへと変換させることで新規口腔がん治療法開発に繋げる。

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 褐色脂肪細胞におけるミトコンドリア品質管理機構の解明

    2020年04月 - 2021年03月

    武田科学振興財団「生命科学研究助成」  武田科学振興財団「生命科学研究助成」 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 記憶における小胞体ストレス応答を介した成体ニューロン新生の重要性に関する研究

    2017年04月 - 2018年03月

    民間財団等  公益財団法人 三菱財団 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 脂肪萎縮症克服のための病態分子メカニズムの解明

    2020年04月 - 2021年03月

    国内共同研究 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  共同研究区分:国内共同研究

  • 平成30年度 難治疾患共同研究拠点 共同研究「脂肪萎縮症における小胞体-ミトコンドリアクロストークシグナルの役割解明」

    2018年04月 - 2019年03月

    国内共同研究 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  共同研究区分:国内共同研究

寄附金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 機能生化学分野研究奨学金(2020年度 武田科学振興財団 生命科学研究助成)

    寄附者名称:公益財団法人武田科学振興財団 2020年10月

 

授業 【 表示 / 非表示

  • 生命科学研究入門

     詳細を見る

    科目区分:共通教育科目 

  • 生命科学研究入門

     詳細を見る

    科目区分:共通教育科目 

  • Biotechnology III

     詳細を見る

    科目区分:専門教育科目