KINONE Chikara

写真a

Affiliation

Graduate School of Education Major in Development of the teaching Proffession

Title

Associate Professor

External Link

Degree 【 display / non-display

  • 博士(教育学) ( 2012.3   広島大学 )

  • 修士 ( 2006.3   広島大学 )

Research Areas 【 display / non-display

  • Humanities & Social Sciences / Education on school subjects and primary/secondary education

 

Papers 【 display / non-display

  • Practical Study on Learning and Teaching for Fostering Students who Carry Out Mathematical Activities by Themselves: Development of ICT Utilization Methods for Students to Carry Out Mathematical Activities by Themselves

    Chikara KINONE, Yoshinobu SOEDA, Hiroyuki HIRAYAMA, Syuichi KUROGI, Yoko NAGAKURA, Hiroyuki HASHIDA, Tomoya TANIGUCHI, Yoshinori FUJII, Naoya YAMAGUCHI, Kenichi HIGASHIZAKO, Yasushi NAKABEPPU, Shoko MURATA, Syotaro NAGATOMO

    30   23 - 37   2022.3

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  • The Influences of Teacher Valuing on the Development of Student Valuing in Mathematics Education (1): Data Analysis of Questionnaire Survey in Miyazaki Prefecture Using the Questionnaire “WIFItoo" Developed by International Comparative Study “The Third Wave" Reviewed

    Chikara KINONE, Yoshinobu SOEDA, Koji WATANABE

    Journal of JASME Research in Mathematics Education   26 ( 1 )   43 - 58   2020.7

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    researchmap

  • 算数・数学教育における「よさ」の実感に関する実践研究

    木根主税,添田佳伸,元田正幸,松浦悟史,永倉洋子,橋田浩幸,中別府靖,東迫健一,藤井良宜

    宮崎大学教育学部附属教育協働開発センター研究紀要   28   111 - 125   2020.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    researchmap

  • Study on Factors of Prompting Mathematics Teacher Noticing and Functions of Teacher Training: A Case Study of a Teacher Training for Elementary School Teachers based on Lesson Study Reviewed

    Chikara KINONE, Kazutoshi KAWANO, Satoshi MATSUURA, Yasushi NAKABEPPU, Yoshinobu SOEDA

    Journal of JASME Research in Mathematics Education   25 ( 1 )   15 - 32   2019.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    The purpose of this study is to identify the characteristics of mathematics teachers' noticing and its changes, to find out the factors for the changes of their noticing, and to develop teacher training programme for improving mathematics teachers' noticing finally. In this article, we examined the noticing of 9 elementary school teachers who participated a teacher training on lesson study about the elementary grade three content “addition of fractions with same denominator" conducted at a national attached elementary school. We conducted qualitative data analysis for the participants' talks on their observations of two mathematics lessons in order to identify the characteristics of their noticing on the implemented lessons and students' learning activities.
    As the result, we identified the characteristics of their noticing in terms of “students", “lesson objectives", “learning content" and “teacher" in the context of the lessons on “addition of fractions with same denominator". In terms of “students", their noticing was on the degree of learning achievement, students' thinking process, and students' expressions of their thinking. In terms of “lesson objectives", their noticing was on aims and objectives of the conducted lesson, goal setting considering the whole teaching unit, and the content of textbook. In terms of “learning content", their noticing was on the interpretation of fraction, the procedure of calculation, and the simplifi-cation from the meaning to the procedure on the addition of fractions with same denominator. And, in terms of “teacher", their noticing was on the review of previous knowledge, lesson objectives, outlook of learning, individual problem solving, group and whole discussion for problem solving, summary, and mastering and becoming proficient at learning content.
    In addition, we also examined and found out the factors of stimulating or improving their noticing in terms of “observations of real lessons and students learning", “social interaction of teachers", “infliences of instractors" and “knowledge, experience and expectations of teachers".

  • Study on Prospective Mathematics Teachers' Reflection on Lesson Practices (3): A Case Study on Reflections on Lesson Practices in Terms of Time Aspect Reviewed

    Chikara KINONE

    Journal of JASME Research in Mathematics Education   24 ( 1 )   1 - 15   2018.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    The purpose of this study is to identify the characteristics of Japanese prospective mathematics teachers' reflection on their own lesson practices by qualitative data analysis. In this article, the analysis on the reflections of a teaching profession graduate student "C" in teaching practice was conducted as a case study in terms of "Time Aspect" for reflections on lesson practices. Time aspect means the characteristics and property of reflection relating to time such as when reflections occur, the period of action (lesson practice) reflected by mathematics teachers and so on.
    As the result, the characteristics and its change of C's reflection on the learning activity of finding the area of a complex figure, pupils' explanation and pupils' whole discussion were found. In addition, the factors of the change were recognised as the temporal and spatial interval from lesson practice, looking straight of objective facts in lesson practices, and understanding of intended curriculum based on experiences of lesson and reactions of pupils.

    DOI: 10.24529/jasme.24.1_1

display all >>

Books 【 display / non-display

  • 新・教職課程演習 第13巻 初等算数科教育

    蒔苗 直道(編著),松浦 武人(編著)( Role: Contributor ,  第8章 算数科の教師の職能成長:Q62 算数科の教師としての職能について説明しなさい;Q63 算数科の教師としての職能成長について説明しなさい)

    協同出版株式会社  2021.3 

     More details

    Total pages:201   Responsible for pages:189-195頁   Language:Japanese Book type:Scholarly book

    researchmap

  • 新訂 算数科教育の研究と実践

    九州算数教育研究会( Role: Contributor ,  第2章「算数科学習指導の基礎」,第2節「認知と理解」)

    日本教育研究センター  2019.4 

     More details

    Total pages:160   Responsible for pages:25-30   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • これだけは知っておきたい 小学校教師のための算数と数学15講

    木根 主税,伊藤 伸也( Role: Joint author ,  第5講 偶数と奇数 )

    ミネルヴァ書房  2019.1 

     More details

    Total pages:208   Responsible for pages:49-63   Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • 数学的思考 : 人間の心と学び

    Tall David Orme, 礒田 正美, 岸本 忠之, 添田 佳伸, 木根 主税, 渡邊 耕二, 小原 豊, 真野 祐輔, 北島 茂樹, 馬場 卓也, 布川 和彦, 溝口 達也, 植野 義明, 新木 伸次, 中和 渚, 白石 和夫, 佐伯 昭彦

    共立出版  2016 

     More details

    Language:Japanese

    CiNii Books

  • Gateway to the future Math 3 For Junior High School

    監修:Robert Rey、Barbara Reys、清水静海、岩崎秀樹、共同翻訳:馬場卓也、寺垣内政一、影山和也、木根主税、藤田太郎、株式会社日本翻訳センター( Role: Joint translator)

    啓林館  2015.3 

     More details

    Language:English Book type:Textbook, survey, introduction

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • 数学教育における生徒の価値観形成に及ぼす教師の影響に関する研究(3)―単元「関数y=ax2」における生徒の振り返りシートの記述分析―

    木根 主税,添田 佳伸,渡邊 耕二

    全国数学教育学会 第55回研究発表会  (鳴門教育大学(オンライン開催))  2021.12.12  全国数学教育学会

     More details

    Event date: 2021.12.11 - 2021.12.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:鳴門教育大学(オンライン開催)  

  • 数学教育における生徒の価値観形成に及ぼす教師の影響に関する研究(2)―数学教師の価値観アラインメント方略に関する考察―

    木根 主税

    全国数学教育学会 第54回研究発表会  (上越教育大学(オンライン開催))  2021.6.19  全国数学教育学会

     More details

    Event date: 2021.6.19 - 2021.6.20

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:上越教育大学(オンライン開催)  

  • 数学教育における生徒の価値観形成に及ぼす教師の影響に関する研究―国際比較調査「第三の波」質問紙WIFI tooを用いた宮崎県データ分析(2)―

    木根 主税,添田 佳伸,渡邊 耕二

    全国数学教育学会 第50回研究発表会  (埼玉大学)  全国数学教育学会

     More details

    Event date: 2019.6.29 - 2019.6.30

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:埼玉大学  

  • 数学教育における生徒の価値観形成に及ぼす教師の影響に関する研究―国際比較調査「第三の波」質問紙WIFI tooを用いた宮崎県データ分析(1)―

    木根 主税,添田 佳伸,渡邊 耕二

    全国数学教育学会 第49回研究発表会  (広島大学)  全国数学教育学会

     More details

    Event date: 2019.2.9 - 2019.2.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:広島大学  

  • 数学教師の気づきを促す教員研修プログラムの開発研究―小学3年「同分母分数の加法」に関する授業研究を中心とした教員研修を事例として―

    木根主税,河野和寿,松浦悟史,中別府靖,添田佳伸

    全国数学教育学会 第48回研究発表  (広島大学)  全国数学教育学会

     More details

    Event date: 2018.6.23 - 2018.6.24

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:広島大学  

display all >>

Awards 【 display / non-display

  • 全国数学教育学会 学会奨励賞

    2010.1   全国数学教育学会  

    木根主税

     More details

    Award type:Award from Japanese society, conference, symposium, etc.  Country:Japan

Grant-in-Aid for Scientific Research 【 display / non-display

  • 開発途上国における基本的な計算能力の育成に向けた包括的な数学教育開発研究

    Grant number:20H01689  2020.04 - 2024.03

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    渡邊 耕二、中和渚,高阪将人,石井洋,須藤絢,木根主税,新井美津江

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  • 数学教育における生徒の価値観形成に対する教師の影響についての研究

    Grant number:19H01737  2019.04 - 2022.03

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    木根主税、馬場卓也(広島大学),二宮裕之(埼玉大学),佐藤学(秋田大学),島田功(日本体育大学),添田佳伸(宮崎大学),渡邊耕二(宮崎国際大学),中和渚(関東学院大学),石井洋(北海道教育大学)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    数学学習に関する日本の生徒の課題として,長年,認知的側面と情意的側面の乖離が指摘されてきたが,いまだ十分に克服されていない。近年の数学教育研究では,この2つの側面を架橋するものとして,数学学習に対する価値観が注目されている。
    本研究は,日本の数学教育において生徒の価値観の形成に及ぼす教師の影響を明らかにすることを目的とし,認知的側面と情意的側面の乖離解消にむけた示唆を得ることを目指す。
    そのために,質問紙調査による生徒と教師の価値観の関係の分析,数学授業における生徒の価値観形成に及ぼす教師の影響についての事例研究,国際比較を通して生徒の価値観の形成過程に及ぼす日本の数学教師の影響の解明に取り組む。

  • 教職大学院における数学教師を目指す学部新卒院生の省察に関する研究

    2014.04 - 2017.03

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    本研究では、数学教師を目指す学部新卒学生の教職大学院における専門的力量形成、特にこれからの教師像として期待される「学び続ける教師」として不可欠な、自身の教育実践を省察する能力の実態に焦点を当てる。そして彼らの省察が大きく変容する機会となる教育実習に注目し、そこでの授業実践に対する省察の実態やその変容過程を明らかにすることを目的とする。そこから教職大学院、さらには学部教育における数学教師を目指す学生の省察の質的向上に向けた教育活動への示唆を得ることを目指す。

  • 理数科教育における教師の実践共同体とアイデンティティ形成に関する国際調査

    2012.04 - 2015.03

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    開発途上国の理数科教育開発において、従来先進国からカリキュラムや教員研修のモデルが持ち込まれることが多かった。この外部性が、当該国でのカリキュラム開発や教員研修改善に必要な専門的知識の蓄積や専門家集団の形成にとって大きな阻害要因となっていた。そこで本研究では、近年米国、オーストラリアなどの先進国に加え、研究対象とする開発途上国でも取り入れられている教員教育としての授業研究(Stigler & Hiebert, 1999; Takahashi, 2000; Lewis, 2002)とそこで形成共有される専門的知識とアイデンティティに注目してフィールド調査を行い、開発途上国の理数科教育開発における専門家集団(実践共同体)形成の初期的段階を記述する方法を提案する。具体的には、(1)教育教員教育(養成教育及び現職教育)の制度を明らかにすること、(2)(1)を踏まえて、各国で選定された地域におけるフィールド調査を通して、個々の教員の職能成長と専門家集団(実践共同体)の形成過程を明らかにすること、(3)専門的知識、アイデンティティ形成の観点より、個と集団の関係性について考察することの三点である。

  • アジア・アフリカ諸国の理数科教育協力に関する総合的研究

    2011.11 - 2016.03

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

      More details

    本研究代表者は、過去30 年間にわたり広島大学を代表して、文部科学省や国際協力機構等を通して開発途上国の国際理数科教育協力を組織構築して企画・実施してきた。本研究では、今日までに実施したフィリピン、ケニア、バングラデシュ等のプロジェクトについて、開発した教員研修プログラムや組織運営に関して、研究組織を形成して研究者や大学院生を当該国に派遣して現地調査を包括的に行い、他の類似プロジェクトとの歴史的・国別比較によってそれぞれの効果と問題点を検討し、過去の国際理数科協力の研究を総合的に集大成してその研究手法を発展させる。本研究によって、緊縮財政の中で効果的な国際協力手法が開発され、国際的に第一線で活躍できる後継者が育成・組織化される。