目堅 博久 (メカタ ヒロヒサ)

MEKATA Hirohisa

写真a

所属

産業動物防疫リサーチセンター

職名

准教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 獣医学博士 ( 2012年3月   北海道大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 獣医学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Avoidance of Natural Suckling from Dams with Bovine Leukemia Virus Is a Low Priority Countermeasure against Postnatal Transmission 査読あり

    Hirohisa Mekata, Eriko Kusuda, Chiho Mori

    Veterinary Sciences   8 ( 11 )   255 - 255   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    Although natural suckling from dams with bovine leukemia virus (BLV) has not been recommended in Japan, the frequency of BLV transmission through natural suckling under natural conditions is still unclear. The purpose of this study was to elucidate the risk of BLV transmission through natural suckling. Dams with BLV were classified into three groups (high, middle, low) based on the proviral loads (PVLs). PCR positivity of their colostrum and the correlations between the ratios of calves with BLV and types of feeding milk were analyzed. In dams with low PVLs, no colostrum or calves were confirmed to have BLV. In dams with middle and high PVLs, 17 out of 25 (68.0%) colostrum were PCR positive, and 10 out of 23 (43.4%) and 13 out of 29 (44.8%) calves with natural suckling and artificial rearing were infected with BLV, respectively. No difference was confirmed between the infection rates of natural-suckled and artificially reared calves. Thus, we concluded that the avoidance of natural suckling from dams with BLV and the introduction of artificial rearing were low priority countermeasures against BLV transmission.

    DOI: 10.3390/vetsci8110255

    researchmap

  • Effects of Theileria orientalis Infection on Health Status and Productivity of Dairy Cows Reared inside Barns 査読あり 国際誌

    Yuki Fukushima, Tomoya Minamino, Yoko Mikurino, Kazuyuki Honkawa, Yoichiro Horii, Takako Taniguchi, Hirohisa Mekata, Yosuke Sasaki

    Pathogens   10 ( 6 )   650 - 650   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    The objective of the present study was to investigate the effects of Theileria orientalis on the severity of anemia, the prevalence of disease within 21 days after calving and productivity in cows raised inside barns. This longitudinal observational study, which was conducted on a commercial dairy farm in Japan, involved 627 Holstein cows subjected to PCR analysis for T. orientalis. In study 1, we collected blood samples from 156 sick cows within 21 days after calving, and we found the prevalence of T. orientalis infection to be 65.4%. In study 2, we randomly selected 471 cows during the dry period and collected blood samples to conduct PCR analysis for T. orientalis and determined the prevalence of T. orientalis infection to be 69.0%. Compared with the values for the T. orientalis-uninfected group, the T. orientalis-infected cows had significantly decreased hemoglobin concentrations and hematocrit, but there were no differences in the other complete blood count indexes between the two groups. In addition, there were no differences in productivity and the prevalence of major diseases between the T. orientalis-infected and uninfected cows. In summary, T. orientalis had few effects on anemia, productivity and the health of cows raised inside a barn.

    DOI: 10.3390/pathogens10060650

    PubMed

    researchmap

  • Isolation of Severe Fever with Thrombocytopenia Syndrome Virus from Various Tick Species in Area with Human Severe Fever with Thrombocytopenia Syndrome Cases 査読あり 国際誌

    Yukiko Sato, Hirohisa Mekata, Putu Eka Sudaryatma, Yumi Kirino, Seigo Yamamoto, Shuji Ando, Takayuki Sugimoto, Tamaki Okabayashi

    Vector-Borne and Zoonotic Diseases   21 ( 5 )   378 - 384   2021年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Mary Ann Liebert Inc  

    DOI: 10.1089/vbz.2020.2720

    PubMed

    researchmap

    その他リンク: https://www.liebertpub.com/doi/pdf/10.1089/vbz.2020.2720

  • Molecular Epidemiology and Whole-Genome Analysis of Bovine Foamy Virus in Japan 査読あり 国際誌

    Hirohisa Mekata, Tomohiro Okagawa, Satoru Konnai, Takayuki Miyazawa

    Viruses   13 ( 6 )   1017 - 1017   2021年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI AG  

    Bovine foamy virus (BFV) is a member of the foamy virus family in cattle. Information on the epidemiology, transmission routes, and whole-genome sequences of BFV is still limited. To understand the characteristics of BFV, this study included a molecular survey in Japan and the determination of the whole-genome sequences of 30 BFV isolates. A total of 30 (3.4%, 30/884) cattle were infected with BFV according to PCR analysis. Cattle less than 48 months old were scarcely infected with this virus, and older animals had a significantly higher rate of infection. To reveal the possibility of vertical transmission, we additionally surveyed 77 pairs of dams and 3-month-old calves in a farm already confirmed to have BFV. We confirmed that one of the calves born from a dam with BFV was infected. Phylogenetic analyses revealed that a novel genotype was spread in Japan. In conclusion, the prevalence of BFV in Japan is relatively low and three genotypes, including a novel genotype, are spread in Japan.

    DOI: 10.3390/v13061017

    PubMed

    researchmap

  • Pseudorabies virus infection in hunting dogs in Oita, Japan: report from a prefecture free from Aujeszky’s disease in domestic pigs 査読あり 国際誌

    Chiho KANEKO, Yasuyuki KANEKO, Putu Eka SUDARYATMA, Hirohisa MEKATA, Yumi KIRINO, Ryoji YAMAGUCHI, Tamaki OKABAYASHI

    Journal of Veterinary Medical Science   83 ( 4 )   680 - 684   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Society of Veterinary Science  

    We isolated two pseudorabies virus (PRV) isolates (designated OT-1 and OT-2) from two hunting dogs exhibiting neurological manifestations after eating the flesh of wild boar hunted in Oita prefecture, Kyushu Island, Japan. The isolates corresponded to a previously reported PRV (MY-1 strain) isolated from a hunting dog in neighboring Miyazaki prefecture, and it clustered into genotype II based on the glycoprotein C sequence. Our results suggest that this common PRV strain may have been maintained in wild boars on Kyushu Island even though domestic pigs in this area have attained an Aujeszky's disease-free status.

    DOI: 10.1292/jvms.20-0450

    PubMed

    researchmap

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 畜産現場のバイオセキュリティ

    目堅博久( 範囲: 牛白血病のバイオセキュリティ)

    緑書房  2019年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

MISC 【 表示 / 非表示

  • プロウイルス量に基づいた牛白血病対策ノススメ

    目堅博久

    家畜感染症学会誌   7 ( 4 )   163 - 168   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

    researchmap

  • 牛白血病ウイルス感染症と農場における感染対策

    目堅博久

    山口獣医学雑誌   43   13 - 20   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

    researchmap

  • 牛白血病ウイルス高感染牛の予後の評価

    目堅博久

    平成27年度食肉に関する助成研究調査成果報告書   34   231 - 236   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

    researchmap

  • D型インフルエンザウイルスはわが国のウシ社会に侵淫している

    堀本泰介, 日尾野隆大, 目堅博久, 小田切友葉, 雷志皓, 遠藤麻衣子, 上間亜希子, 小林知也, CHAMBERS James, 内田和幸, 西原真杉, 乗峰潤三, 猪島康雄, 彦野弘一, 村上賢二, 佐藤礼一郎, 村上裕信, 阪口雅弘, 安藤貴朗, 乙丸孝之介, 小澤真, 石井一功, 迫田義博, 村上晋

    日本獣医学会学術集会講演要旨集   159th   386 - 386   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:(公社)日本獣医学会  

    J-GLOBAL

    researchmap

  • 牛白血病ウイルスの伝播経路と地域、農場における感染対策

    目堅博久

    産業動物臨床医学雑誌   6 ( 3 )   133 - 140   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

    researchmap

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 牛のコロナウイルス:わが国の流行状況と呼吸器病における役割 招待あり 国際共著

    目堅 博久, Putu Sudaryatma, 齊藤 暁, 岡林 環樹

    第163回日本獣医学会学術集会 微生物学分科会シンポジウム  (web開催)  2020年9月14日  日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月14日 - 2020年9月30日

    記述言語:日本語  

    開催地:web開催   国名:日本国  

    researchmap

  • 牛白血病の基礎とBLV感染対策 国際会議

    目堅博久

    三重県畜産協会主催 牛白血病に関する講習会  (津市)  三重県畜産協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月12日

    記述言語:日本語  

    開催地:津市  

    researchmap

  • 国内で流行するウシ呼吸器コロナウイルスの分子疫学調査と系統解析 国際会議

    目堅博久, 浜辺早織, 岡林環樹

    令和元年度 日本獣医師会獣医学術学会年次大会  (東京国際フォーラム)  2020年2月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月8日

    記述言語:日本語  

    開催地:東京国際フォーラム  

    researchmap

  • 牛白血病の基礎と農場での感染対策について 国際会議

    目堅 博久

    EBL対策講習会  (鹿児島市)  鹿児島県家畜畜産物衛生指導協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月23日

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島市  

    researchmap

  • Bovine leukemia virus infection in Japan and the control strategy based on the proviral load 国際会議

    目堅博久

    Joint Conference on Bovine Medicine of University of Edinburgh and Hokkaido University  (札幌市)  北海道大学獣医学研究院

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月20日

    記述言語:日本語  

    開催地:札幌市  

    researchmap

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本獣医学会獣医学奨励賞

    2013年3月   日本獣医学会  

    目堅 博久

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 第155回日本獣医学会大会長賞

    2013年3月   日本獣医学会  

    目堅 博久

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 日本産業動物獣医学会九州地区学会長賞

    2014年10月   日本産業動物獣医学会  

    目堅 博久

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 市町村単位での牛白血病対策プログラムの確立に向けた実証研究

    2017年04月 - 2019年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 牛白血病ウイルスの垂直伝播と発症リスクに関する研究

    2014年04月 - 2017年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    牛白血病ウイルスの垂直伝播と発症リスクに関する研究を行う。

  • トリパノソーマ原虫における薬剤耐性機序および病原性規定遺伝子に関する研究

    2009年04月 - 2012年03月

    科学研究費補助金  特別研究員推奨費

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    フィリピンにおけるTrypanosoma evansiの疫学調査と病原性因子の特定、宿主免疫機構の解析

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 網羅的ジェノタイピングによる新規牛白血病抵抗性遺伝子の同定

    2019年04月 - 2021年03月

    伊藤記念財団  伊藤記念財団研究助成 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 牛白血病ウイルス高感染牛の予後の評価

    2015年04月 - 2016年03月

    伊藤記念財団  伊藤記念財団研究助成 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 牛白血病ウイルスの垂直伝播に関する研究

    2014年04月 - 2015年03月

    伊藤記念財団  伊藤記念財団研究助成 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    牛白血病ウイルスの垂直伝播に関する研究