圖師 一文 (ズシ カズフミ)

ZUSHI Kazufumi

写真a

所属

農学部 植物生産環境科学科

職名

教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学) ( 2003年3月   九州大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 環境・農学 / 園芸科学

  • 環境・農学 / 農業環境工学、農業情報工学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Correlation network analysis identified the key interactions of texture profiles with the sensory, physical, and organoleptic properties of cherry tomato cultivars grown under salt stress 査読あり

    Zushi Kazufumi, Higashijima, Mai

    Scientia Horticulturae   110754   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.scienta.2021.110754

  • Correlation network analysis visually identifies interactions of antioxidant compounds with plant growth, leaf photosynthetic performance, and agronomic quality in strawberry

    Zushi K., Tsutsuki K., Takahashi H., Kirimura M.

    Environmental Control in Biology   59 ( 3 )   147 - 155   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Environmental Control in Biology  

    Strawberry (Fragaria×ananassa Duch.) is a rich source of diverse antioxidants associated with health benefits. However, the interactions of antioxidants with plant growth and photosynthetic performance have not been investigated in the strawberry fruit. This study aimed to visually identify the interactions of antioxidant compounds with plant growth, photosynthetic performance, and agronomic quality in commercially grown strawberry on three farms during a 2-month period using correlation network analysis. Growth and photosynthetic performance-related parameters showed variations between seasons and among farms, whereas antioxidant compounds showed only seasonal variations. Additionally, the total polyphenol content and antioxidant activity showed a negative correlation with ten and seven leaf photosynthetic performance parameters, respectively, but no correlation with any of the growth parameters. By contrast, ascorbic acid (ASA) and total ASA were correlated with two photosynthetic performance parameters and three plant growth parameters. These results suggest that ASA exhibits different interactions with the total polyphenol content and antioxidant activity. In addition, leaf thickness and several photosynthetic performance parameters were key factors of the interaction of antioxidant compounds. Overall, our results indicate that correlation network analysis provides useful information to enhance the level of antioxidant compounds in strawberry.

    DOI: 10.2525/ecb.59.147

    Scopus

    CiNii Article

  • Effect of light intensity and wavelengths on ascorbic acid content and the antioxidant system in tomato fruit grown in vitro 査読あり

    Zushi, K., Suehara, C., Shirai, M.

    Scientia Horticulturae   274   109673   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.scienta.2020.109673

  • Using of chlorophyll a fluorescence OJIP transients for sensing salt stress in the leaves and fruits of tomato 査読あり

    Zushi, Kazufumi, Matsuzoe, Naotaka

    Scientia Horticulturae   219   216 - 221   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Salt is a major environmental stress to plant growth and productivity in tomato. Sensing salt stress is important to evaluate the degree of damage and the change in physiological condition in tomato plants. The aim of this study was to evaluate the salt stress in leaves and fruits in tomato using the chlorophyll a fluorescence OJIP transients (OJIP transients). Tomato plants were grown under various levels of salt stress (25, 50, 75, and 100 mM NaCl), following which we measured leaf stress indicators and OJIP transients in leaves and green fruits. In leaf stress indicators, the water potential decreased with increasing levels of salt stress, whereas the chlorophyll content (SPAD value) and the electrolyte leakage were not affected, except in 100 mM NaCl. The overall OJIP curves and each OJIP step in leaves decreased with increasing levels of salt stress, but were unaffected at the lowest level of salt stress (25 mM NaCl). Therefore, the OJIP curves were more sensitive indicators of salt stress in leaves than SPAD and electrolyte leakage. Conversely, in fruit, the OJIP curve was only significantly different in 100 mM NaCl compared with the control, and energy fluxes described by energy pipeline models were higher in 100 mM NaCl than in the control. These results indicate that, in severe salt stress such as 100 mM NaCl of fruit, JIP parameters and energy fluxes can show photosynthetic changes due to the increase in energy absorption efficiency of photosystem II against severe salt stress. Therefore, we conclude that OJIP transient analysis can be used as a non-destructive, simple, and rapid technique for sensing salt stress in tomato.

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.scienta.2017.03.016

  • Metabolic profile of organoleptic and health-promoting qualities in two tomato cultivars subjected to salt stress and their interactions using correlation network analysis. 査読あり

    Zushi, K., Matsuzoe, N.

    Scientia Horticulturae   184   8 - 17   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.scienta.2014.12.030

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 機能性成分が秘めるビジネスチャンス 各社事例から学ぶ成分向上手法/事業活用例

    圖師一文( 担当: 単著 ,  範囲: 塩ストレスによるトマト内ポリフェノール向上)

    株式会社情報機構  2016年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 総合生活学 女性の視点から見た現代社会

    大羽 宏一 編( 担当: 共著 ,  範囲: 時代の変化と食生活の変化)

    法律文化社  2007年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

MISC 【 表示 / 非表示

  • 養液栽培における根への環境ストレスの応用による野菜の高付加価値化

    北野雅治, 日高功太, 圖師一文, 荒木卓哉

    植物環境工学   20   210 - 218   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本生物環境工学会  

  • 高品質トマト生産のための塩利用

    圖師一文

    日本海水学会誌   62   179 - 186   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本海水学会  

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 異なるイチゴ圃場における葉厚と果実品質の季節変動および関連性

    津々木寛,松浦桃香,高橋ひろみ,霧村雅昭,圖師一文

    園芸学会九州支部会 2020年Web大会  園芸学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月28日 - 2020年10月5日

    記述言語:英語  

  • 生産から流通・消費までのデータ連携により最適化を可能とするスマートフードチェーンの構築における宮崎大学での取り組み:ミニトマト,イチゴにおける生産から収穫までのデータ取得および解析

    圖師一文,霧村雅昭

    日本生物環境工学会九州支部 2019 年久留米大会シンポジウム  日本生物環境工学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月29日 - 2019年11月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 乾燥ストレスとソバージュ栽培の組み合わせがトマトの収量と果実品質に及ぼす影響の品種間差

    江川立貴, 田北昂平, 圖師一文

    日本生物環境工学会九州支部 2019 年久留米大会  日本生物環境工学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月29日 - 2019年11月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 塩ストレスがトマト貯蔵後のテクスチャーに及ぼす影響の品種間差

    三代研太, Poomphop Samanworakit, 圖師一文

    日本生物環境工学会九州支部 2019 年久留米大会  日本生物環境工学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月29日 - 2019年11月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • イチゴ3 圃場における栽培環境,生育および果実品質の経時変化と関連性

    津々木寛, 髙橋ひろみ, 霧村雅昭, 圖師一文

    日本生物環境工学会九州支部 2019 年久留米大会  日本生物環境工学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月29日 - 2019年11月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 園芸学会九州支部賞学術賞

    2019年8月   園芸学会九州支部   塩ストレスを利用したトマトの高品質化に関する研究

    圖師一文

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 栽培履歴が野菜貯蔵中の機能性成分含量に及ぼす影響と変動予測モデルの構築

    2021年04月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 農業ビッグデータ活用によるトマト機能性成分の高含有化条件の探索と予測モデルの 構築

    2018年04月 - 2021年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 良食味・高ポリフェノール含有トマト作出のための栽培環境と変動機構の解明

    2015年04月 - 2018年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    様々な栽培環境下におけるポリフェノール含量・組成の変化と変動メカニズムを明らかにするとともに,食味との関連性も調べ,良食味・高ポリフェノール含有トマトの作出を目指す.

  • 環境ストレス下のトマトにおける高品質安定生産に向けたネットワーク分析の応用

    2012年04月 - 2014年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    ネットワーク分析は,社会学や生物学等の分野において要因間の関連性を明らかにするために用いられている.本研究は,ネットワーク分析を用いた全く新しいアプローチにより,環境ストレス下におけるトマトの高品質安定生産に向けた環境調節技術の基盤技術を得ることを目的とする.具体的には,さまざまな環境ストレス下のトマトにおけるストレス指標や果実品質構成要素のネットワーク分析を行い,相互作用の可視化とそのメカニズムを明らかにするとともに,高品質安定生産のための品質予測技術を確立する.

  • 気候変動下の植物生産における夜温の生理生態的評価と省エネルギー管理

    2011年04月 - 2014年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    気候変動下の植物生産における夜温の生理生態的評価と省エネルギー管理を明らかにするために,お茶の温度管理および耐寒性獲得メカニズムについて解明する.

全件表示 >>