光田 靖 (ミツダ ヤスシ)

MITSUDA Yasushi

写真a

職名

教授

研究分野・キーワード

森林経理学

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1997年03月

    九州大学   農学部   林学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2002年03月

    九州大学  生物資源環境科学研究科  林業学  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州大学 -  博士(農学)

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 森林科学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 豪雨・急傾斜地帯における低攪乱型人工林管理技術の開発

    (選択しない)  

    研究期間: 2011年03月  -  継続中

     概要を見る

    豪雨・急傾斜地域において、今後導入が検討されている欧州型の森林管理手法や従来の施業方法が、生産性(収益性)や林地保全という特性にどのような違いがあるのかを明らかにする。そして、これらの特性の影響が評価できる施業シミュレーションシステムを開発し、立地条件に応じた施業方法を提示することにより、経営者等が実行可能な技術の開発とその普及を図る。

  • 森林及び林業分野における温暖化緩和技術の開発

    委託研究  

    研究期間: 2007年04月  -  継続中

     概要を見る

    森林・林業・木材利用を通した炭素吸収量推定の統合モデルを開発し、将来の気候変動を反映した気候シナリオと、林業・木材利用に関する複数の施策シナリオのもと、2050年までの中長期的な予測を行う。各施策シナリオによる予測結果を評価・分析し、森林・林業・木材利用における温暖化施策の最適な組み合わせ(ベストミックス)を提示する手法を開発する。

  • 基準・指標を適用した持続可能な森林管理・計画手法の開発

    (選択しない)  

    研究期間: 2006年04月  -  2011年03月

     概要を見る

    森林情報と関連づけて評価できる生物多様性動態予測モデルを開発し、指標の測定手法の科学的透明性と実用性を検証する。森林の健全性を損なう生物被害と非生物被害について、環境要因・林分要因からの評価を行い、森林計画・管理に適用可能な森林の健全性に対する危険度予測モデルを開発する。生物多様性動態予測モデル、健全性に対する危険度予測モデルなどから総合的な評価手法を開発し、日本の森林計画への基準・指標の適用手法を提示する。

  • 持続的森林管理に向けたメソ・スケールでの生態的立地区分による森林配置の適正化

    科学研究費補助金  

    研究期間: 2002年04月  -  2005年03月

     概要を見る

    持続的な森林管理に向けてメソ・スケールでの森林管理目的ゾーニングによって森林配置の適正化を計画する手法を提案した。木材生産からみた生産性および国土保全からみた脆弱性を生態的立地区分の考え方を応用して評価した。その評価結果を使って森林管理の主目的を与えるゾーニングを行い、様々な価値基準に基づいた森林配置計画の代替案を提供するシステムを開発した。

論文 【 表示 / 非表示

  • 暖温帯の小扇状地渓畔林における被圧状態に着目した樹木の共存機構

    平山 知宏, 伊藤 哲, 平田 令子, 光田 靖

    日本森林学会誌   102 ( 1 ) 31 - 37   2020年

    共著

     概要を見る

    <p>暖温帯における小扇状地渓畔林の7年間の動態から,雑木林・夏緑樹林構成種群および常緑広葉樹主要樹種の枯死要因および空間的な分布を被圧状態に着目して解析し,同一地形内での共存機構の一端を明らかにした。生残率を目的変数としたGLMの結果,ホソバタブを除く常緑広葉樹主要樹種および雑木林・夏緑樹林構成種群では,上層木密度が有意な変数して検出された。最も生残率の低かった雑木林・夏緑樹林構成種群は,常緑広葉樹主要樹種に比べて耐陰性が著しく低いと考えられた。また,常緑広葉樹主要樹種内では,イチイガシの耐陰性が比較的低いと考えられた。空間分布からは,雑木林・夏緑樹林構成種群は流路沿いに分布する傾向がみられた。イチイガシは,大規模ギャップ跡への出現割合が有意に高かった。以上の結果から,雑木林・夏緑樹林構成種群が常緑広葉樹と共存するには,高頻度で発生する弱度の攪乱が常緑広葉樹の成立を制限することで,恒常的に良好な光環境が提供されることが重要であると考えられた。常緑広葉樹主要樹種内では,イチイガシが大規模ギャップに一部依存することで他の常緑広葉樹主要樹種と共存していると考えられた。</p>

    DOI CiNii

  • Effect of preweeding size of competitive plants in a young hinoki (Chamaecyparis obtusa) plantation on their resprouting ability after weeding in a warm-temperate region

    Imaoka A., Hirata R., Mitsuda Y., Ito S.

    Journal of Forest Research   24 ( 6 ) 386 - 390   2019年11月

    共著

     概要を見る

    © 2019, © 2019 The Japanese Forest Society. We studied the effect of preweeding size of undesirable plants competing against planted hinoki (Chamaecyparis obtusa) trees on their resprouting ability subsequent to weeding in a warm-temperate region. Further, we investigated the period of heterotrophic-dominative growth by estimating the contribution toward growth in height of the preweeding tree size in terms of total basal area (TBA) and stem height at the initial stage of resprouting. No positive correlation was found between size of the sprouts (in terms of height and D2H, product of DBH2 and height) and the preweeding tree size (in terms of TBA). These results may be related to the contribution of the parental stumps on the growth of sprouts having diminished at an early stage of growth, indicating that the period of heterotrophic-dominative growth of sprouts was limited to the very early stage subsequent to weeding. On the other hand, an increase of preweeding tree TBA had a positive effect on the number of the sprouts, which can increase the time required for the practice of weeding.

    DOI

  • Factors limiting the distribution of deciduous broadleaved trees in warm-temperate mountainous riparian forests

    Ito S., Shinohara C., Hirata R., Mitsuda Y., Shimizu O., Nomiya H.

    Landscape and Ecological Engineering   15 ( 4 ) 391 - 400   2019年10月

    共著

     概要を見る

    © 2019, International Consortium of Landscape and Ecological Engineering. We examined differences in the responses of deciduous and evergreen broadleaved trees to fluvial disturbance and light environment near a river-facing forest edge in order to identify the factors limiting the distribution of deciduous trees, which are important components of warm-temperate mountainous riparian forests. Deciduous trees tended to be distributed on lower terraces of less than 2-m relative elevation from the water level, which corresponded with sites suffering from strong bank erosion due to high flood frequency. On the other hand, evergreen trees showed an opposite trend of distribution, indicating that high flood frequency associated with strong erosion-dominated soil disturbances might be a constraint for their establishment and/or survival. Furthermore, crowns of deciduous trees tended to be in the canopy layer at the forest edge, with fewer individuals observed beneath the canopy of evergreen trees, even at the forest edge. In contrast, evergreen trees were concentrated in the understory of the forest interior. These observations suggested that the light environment is the predominant factor affecting the establishment and survival of deciduous trees in warm-temperate mountainous riparian forests; however, the river-facing forest edge beneath the evergreen canopy is not a suitable habitat for deciduous trees. We concluded that erosion-dominated soil disturbance on lower terraces provides suitable habitats for deciduous trees by facilitating their reaching the canopy layer by limiting the establishment and/or survival of evergreen trees.

    DOI

  • A spatially-explicit empirical model for assessing conservation values of conifer plantations

    Yamaura Y., Lindenmayer D., Yamada Y., Gong H., Matsuura T., Mitsuda Y., Masaki T.

    Forest Ecology and Management   444   393 - 404   2019年07月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    © 2019 Elsevier B.V. Plantations are expanding globally and dominate landscapes in many parts of the world. Biodiversity conservation within plantations is becoming an important issue and developing indicators of conservation values is valuable. Although plantations support less biodiversity than natural forests, older plantations can provide habitat for some native trees and associated biota. The amount (basal area)of native trees can be a simple indicator of conservation value of plantations. Various factors are likely to affect rates of increase in native trees in plantations with stand age. We developed an empirical model to predict the amount of broad-leaved trees as an indicator of conservation value of conifer plantations. We quantified relationships between rates of increase in the amount of broad-leaved trees and plantation tree species, density of planted trees, climate, topography and landscape cover. We used a hierarchical modeling framework based on extensive snapshot plot data (n = 3265 plots)from the national forest inventory in Japan. Our results showed that plantation tree species had the largest effect on the rate of increase in broad-leaved trees. Japanese cedar Cryptomeria japonica and hinoki cypress Chamaecyparis obtuse, which are two primary plantation species in Japan (both from the cypress family), had low rates of increase. In plantations of other species (red pine, larch, fir and spruce from the pine family), broad-leaved trees started to increase in amount after 20 years. We found that 50-year-old plantations of the pine family supported 10–20% of the amount of broad-leaved trees typically found in old-growth natural forests. Planted tree density also had important, but nonlinear relationships with the rate of increase in broad-leaved trees. Stands with fewer planted trees had higher rates of increase in broad-leaved trees. Rates of increase also were associated with snow depth, temperature, slope angle and the amount of natural forest in the surroundings. Our results suggest that management practices related to stand age, selection of plantation species and the density of planted trees can contribute to the conservation value of plantations. As our model is based on broadly available covariates and accommodates stand age, it may be applicable to other regions under different management regimes.

    DOI

  • ミツバチの送粉サービスと景観構造との関係解析

    光田 靖, 湯村 昂広, 平田 令子, 伊藤 哲

    統計数理   67 ( 1 ) 63 - 72   2019年06月  [査読有り]

    共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • デジタル航空写真ではかる

    光田 靖

    森林科学 ( 日本森林学会 )  69   39 - 40   2013年10月

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)   単著

  • A review of spatial explicit factors determining spatial distribution of land use/land use change

    Yasushi Mitsuda, Satoshi Ito

    Landscape and Ecological Engineering ( Springer )  7 ( 1 ) 117 - 125   2011年01月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

    DOI

  • 基準・指標の理念に基づく森林計画手法に関する検討

    光田 靖,家原敏郎,松本光朗,岡 裕泰

    森林計画学会誌 ( 森林計画学会 )  42 ( 1 ) 1 - 14   2009年01月

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)   共著

    DOI

  • デジタルオルソフォトを利用した不成績造林地の抽出

    光田 靖

    九州大学農学部演習林報告   ( 81 ) 13 - 29   2000年

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • 作成方法の違いによるデジタルオルソフォトの位置精度の比較

    光田 靖

    九州大学農学部演習林報告   ( 81 ) 1 - 11   2000年

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 基準・指標の理念に基づく森林計画手法に関する検討

    2013年03月28日   森林計画学会  

    受賞者:  光田 靖

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ミツバチによる送粉サービスの評価にもとづく森林配置計画手法の開発

    基盤研究(B)

    研究期間:  2018年04月  -  2024年03月  代表者:  光田 靖

  • 人工林における温暖化適応技術としての植栽樹種選択手法の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月 

     概要を見る

    本研究の目的は人工林における温暖化適応策の一つとして、気候変動下においても持続的に温暖化緩和サービスを受けることができるように植栽樹種を選択するための情報を提供することである。将来的に予測される温暖化状況下では、場所によっては現在に比べて人工林の成長が低下し、温暖化緩和サービスが低下する懸念が示唆されている。これを回避する策として、伐採後に再造林する際に温暖化した環境により適した樹種へと植え替えるという選択肢がある。本研究では温暖化に適応した人工林の植栽樹種選択を科学的に判断することを目的とする。

  • 地形解析に基づく土地生産力モデルの新たな方法論的展開とその検証

    若手研究(B)

    研究期間:  2013年04月  -  2015年03月 

     概要を見る

    土地生産力(気象や地形などの自然条件によって定まる樹木の成長の良・不良)は、森林経営おいて経営判断を行う上で非常に大きな意味を持つ。土地生産力を地形解析に基づいて推定するモデルについて新たな開発手法を提案する。さらに、これまでの開発手法と新たな手法とを、データ取得の容易性、コストおよび推定精度の観点から、実データによる検証によって比較し、結論として最も優れた土地生産力推定モデル開発手法を選定することを目的とする。本研究によって、より低コストで正確な土地生産力の分布図を作成する手法が確立され、林業の現場へ役立つツールを提供する事ができる。

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 山地災害リスクを低減する技術の開発

    提供機関:  農林水産省  平成31年度農林水産省委託プロジェクト研究委託事業

    研究期間: 2019年04月  -  2020年03月 

  • 山地災害リスクを低減する技術の開発

    提供機関:  農林水産省  平成30年度農林水産省委託プロジェクト研究委託事業

    研究期間: 2018年04月  -  2019年03月 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Monitoring pollination service by the native honeybee (Apis cerana) to hyuganatsu (Citrus tamurana) in Aya UNESCO Biosphere Reserve

    Yasushi MITSUDA

    森林資源管理と数理モデル国際シンポジウム  (Yashiro-so)  2019年03月  -  2019年03月    FORMATH Research Group

  • 時系列Landsatデータを用いたカンボジアにおける持続可能な養蜂に向けた撹乱体制の解明

    山城悠太, 光田 靖, 伊藤 哲, 平田令子

    第74回九州森林学会  (那覇市)  2018年10月  -  2018年10月    九州森林学会

  • 景観構造を用いた日向夏に対するミツバチ訪花数予測モデルにおけるパラメータ年次変動の評価

    山城悠太, 光田 靖, 伊藤 哲, 平田令子

    第74回九州森林学会  (那覇市)  2018年10月  -  2018年10月    九州森林学会

  • 全国版地位指数推定モデルをもとにした地域版地位指数推定モデルの検証

    光田 靖, 北原文章

    第74回九州森林学会  (那覇市)  2018年10月  -  2018年10月    九州森林学会

  • 宮崎県美郷町におけるアラカシ林分布推定マップの作製およびその検証

    岡本 南, 光田 靖, 小田三保

    第129回日本森林学会大会  (高知市)  2018年03月  -  2018年03月    日本森林学会

全件表示 >>