日髙 正博 (ヒダカ マサヒロ)

HIDAKA Masahiro

写真a

所属

教育学部 保健体育

職名

教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(学校教育学) ( 2006年3月   兵庫教育大学連合学校教育学研究科 )

  • 修士(学校教育学) ( 2000年3月   兵庫教育大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 体育、身体教育学

  • 人文・社会 / 教科教育学、初等中等教育学

  • ライフサイエンス / スポーツ科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 「アクティブ・ラーニング」によるマット運動の学習プログラムの有効性ー小学校第3学年を対象としてー

    日高正博,山崎努,八塚真明,長田天馬,澤村忠俊,後藤幸弘

    兵庫教育大学学校教育学研究   第34巻   2021年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 硬式テニスにおけるショットの構造化の試み

    入江航太,日高正博,後藤幸弘

    宮崎大学教育学部紀要   ( 第97号 )   40 - 47   2021年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • スポーツ経験の違いがバドミントンのオーバーヘッドストローク動作に及ぼす影響

    越智祐光,有村啓佑,日高正博,後藤幸弘

    四天王寺大学紀要   ( 69 )   375 - 386   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • テニスの系統的指導に関わる小学校体育の授業開発-幼少中の学習のつながり-

    三輪佳見,宇土昌志,山本亮,黒木敬博,高橋祥朗,高橋京子,倉掛啓輔,志々目由理江,日高正博

    宮崎大学教育学部附属教育協働開発センター研究紀要   ( 29 )   71 - 81   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • アクティブ・ラーニングによる保健体育科授業~中学生を対象としたバレーボールの実践を通して~

    澤村忠俊,八塚真明,日高正博,佐々敬政,後藤幸弘

    宮崎大学教育学部附属教育協働開発センター研究紀要   ( 29 )   83 - 96   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 内容学と架橋する保健体育科教育論

    後藤幸弘,上原禎弘,佐々敬政,田中譲,筒井茂喜,中島友樹,野津一浩,日髙正博( 担当: 共著)

    晃洋書房  2012年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

MISC 【 表示 / 非表示

  • Educational Effects of Teaching Material with Body Contact Game (touch-football)-Case of Third Year Primary School Pupils-

    Kohei TATEISHI,Naoyuki HARADA,Syunichi NAKAMURA,Masahiro HIDAKA,Shigeki TSUTSUI,Yukihiro GOTO

    Curriculum Research Development Association Hyogo University of Teacher Education   ( 25 )   20 - 29   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

    researchmap

  • Educational Effects of "Kabaddi" as a Physical Contact Sport:Case of Third Year Primary School Pupils

    TSUTSUI Shigeki,HIDAKA Masahiro,KAMIHARA Yoshihiro,GOTO Yukihiro

    JOURNAL FOR THE SCIENCE OF SCHOOLING   ( 13 )   265 - 276   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

    researchmap

  • The Influence in the Case of Introducing the Handicapped Rulr in the Badminton Game

    Masahiro HIDAKA , Yukihiro GOTO

    Bulletin of Faculty of Education,Nagasaki University : Curriculum and Teaching   ( 51 )   65 - 76   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

    researchmap

  • Educational sffects of teaching material with body contact game (kabadexi)

    HIDAKA Masahiro

    Curriculum Research and Development Association Hyogo University of Teacher Education   ( 24 )   9 - 16   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

    researchmap

  • A Study on Pleasure Generated in Development of Badminton Game

    Masahiro HIDAKA,Yukihiro GOTO

    Bulletin of Faculty of Education,Nagasaki University:Curriculum and Teaching   50   59 - 74   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

    researchmap

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 実技の授業を知識の学習と関連させた保健体育科授業プログラムの実践~陸上競技(長距離走)を通して~

    日髙正博,福島勝,後藤幸弘

    日本教科教育学会第46回全国大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月12日

    記述言語:日本語  

  • 「アクティブ・ラーニング」によるマット運動の学習プログラムの有効性-小学校第3学年を対象として-

    日高正博,山崎努,後藤幸弘,長田天馬,八塚真明

    日本教科教育学会第45回全国大会  (愛知教育大学)  日本教科教育学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月13日 - 2019年10月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛知教育大学  

  • アクティブ・ラーニングモデルによるマット運動学習プログラムの事例的研究ー学びの「内化」と「外化」の視点からー

    日高正博,長田天馬,八塚真明,後藤幸弘

    日本教科教育学会第44回全国大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月8日 - 2018年9月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • アクティブ・ラーニングによる保健体育科授業~バレーボールの実践を通して~

    日高正博,澤村忠俊,後藤幸弘

    日本教科教育学会第43回全国大会  (北海道教育大学札幌校)  日本教科教育学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月9日 - 2017年9月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道教育大学札幌校  

  • チーム成員のコミュニケーション能力の違いがバスケットボールのゲームに与える影響

    日高正博,寶田光貴

    九州体育・スポーツ学会第65回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月16日 - 2016年9月18日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 保健体育科授業におけるアクティブ・ラーニングの理論と実践ー知識と言語の視点からー

    2017年04月 - 2020年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • コミュニケーション能力育成のための体育モデル授業の構築

    2013年04月 - 2016年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    コミュニケーション能力を育成するための体育授業のモデルを構築しようとした。まず,体育授業において児童がどのようなコミュニケーションチャンネルを用いているのかを捉えるため,コミュニケーション能力の高いと評価された女子児童と低いと評価された女子児童を対象に,体育(マット運動)と算数の授業におけるコミュニケーションチャンネルの実態を捉え,座学の授業との違いを明らかにした。また,バスケットボールの授業とマット運動の授業で出現するコミュニケーションチャンネルの実態も捉えた。

  • 身体接触を伴うゲーム教材の教育効果ー低・中学年児童を対象としてー

    2010年04月 - 2013年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    ハードな身体接触を伴うゲーム教材(相撲,カバディ,タッチフットボール)の教育的な効果を検討しようとした。その結果,適切に管理された(安全面に十分配慮された)ハードな身体接触のあるゲーム教材は,子ども達の攻撃性を抑制し,身体の許容度を高め,身体を通したコミュニケーションを推進するなどの効果のあることが明らかにされた。

  • バドミントンの絶対評価基準作成とハンディキャップ制に関する研究

    2010年04月 - 2013年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    中学校及び高等学校の保健体育科の球技領域の中に示されているバドミントンの絶対評価基準を作成するとともに,技能差のある場合でも両者とも全力でプレーしてゲームの楽しさに触れることができるようなハンディキャップ制について検討しようとした。その結果,楽しさを保証するラリー回数や決定ショット数が明らかになった。また,バドミントンの技術の構造化を踏まえて,技術の中核であると考えられたオーバーヘッドストロークから打ち出されるクリアーのフォームの類型化を試み,動作得点化した。さらに,技能下位者のコートを狭める方向での適切なハンディキャップの具体を提案した。