引間 順一 (ヒキマ ジユンイチ)

HIKIMA Junichi

写真a

所属

農学部 応用生物科学科

職名

教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(水産学) ( 2000年3月   東京水産大学 )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 水圏生産科学

  • ライフサイエンス / 水圏生命科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Interleukin-22 deficiency contributes to the dextran sulfate sodium (DSS)-induced inflammation in Japanese medaka, Olyzias latipes 招待あり 査読あり

    Takahashi Y, Okamura Y, Harada N, Watanabe M, Miyanishi H, Kono T, Sakai M, Hikima J

    Frontiers in Immunology   12   688036   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.3389/fimmu.2021.688036

  • Identification and expression of phospholipase A2 genes related to transcriptional control in the interleukin-17A/F1 pathway in the intestines of Japanese medaka Oryzias latipes 査読あり

    Okamura Y, Miyanishi H, Kono T, Sakai M, Hikima J

    Fish and Shellfish Immunology Reports   2   100028   2021年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1016/j.fsirep.2021.100028

  • Deficiency of interleukin-17 receptor A1 induces microbiota disruption in the intestine of Japanese medaka, Oryzias latipes 査読あり

    Okamura Y., Kinoshita M., Kono T., Sakai M., Hikima J.

    Comparative Biochemistry and Physiology - Part D: Genomics and Proteomics   40   100885   2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Comparative Biochemistry and Physiology - Part D: Genomics and Proteomics  

    The mutual relationship between the intestinal immune system and the gut microbiota has received a great deal of attention. In mammals, interleukin-17A and F (IL-17A/F) are inflammatory cytokines and key regulators of the gut microbiota. However, in teleosts, the function of IL-17A/F in controlling the gut microbiota is poorly understood. We attempted to elucidate the importance of teleost IL-17 signaling in controlling gut microbiota. We previously established a knockout (KO) of IL-17 receptor A (RA) 1, a receptor for IL-17A/F, in the Japanese medaka (Oryzias latipes) using the CRISPR-Cas9 system and performed 16S rRNA-based metagenomic analyses using the anterior and posterior sections of the intestinal tract. The number of observed OTUs in the anterior intestine was significantly decreased in IL-17RA1 KO medaka compared to that in the wild-type (WT). Furthermore, β-diversity analysis (weighted UniFrac) revealed considerably different bacterial composition in the anterior intestine of IL-17RA1 KO compared to WT, with similar findings in α-diversity. Notably, the pathogen Plesiomonas shigelloides was significantly increased in the posterior intestine of IL-17RA1 KO medaka. These findings indicate that signaling via IL-17RA1 is required to maintain a healthy gut microbiota in teleosts and mammals. The involvement of IL-17RA1 in controlling the gut microbiota has been demonstrated, resulting in microbiome dysbiosis in IL-17RA1 KO medaka.

    DOI: 10.1016/j.cbd.2021.100885

    Scopus

  • Identification of two interleukin 17 receptor C (IL-17RC) genes and their binding activities to three IL-17A/F ligands in the Japanese medaka, Oryzias latipes 査読あり

    Harada N, Okamura Y, Kono T, Sakai M, Hikima J

    Developmental and Comparative Immunology   124   104179   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1016/j.dci.2021.104179

  • A defective interleukin-17 receptor A1 causes weight loss and intestinal metabolism-related gene downregulation in Japanese medaka, Oryzias latipes 査読あり

    Okamura Y, Miyanishi H, Kinoshita M, Kono T, Sakai M, Hikima J

    Scientific Reports   11   12099   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1038/s41598-021-91534-3

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Advances in Comparative Immunology

    Teruyuki Nakanishi, Jun-ichi Hikima, Takashi Yada( 担当: 共著 ,  範囲: Innate Immunity in teleosts)

    Springer  2018年6月 

     詳細を見る

    総ページ数:1107   記述言語:英語 著書種別:学術書

    Teleosts and elasmobranchs are the lowest vertebrates that possess adaptive immunity akin to mammalian ones. However, the fish immune system is different from that of mammals, that is, a lack of bone marrow, lymph nodes and germinal center. Their immune system is also characterized by the fact that their surface is covered by live cells with mucus in direct contact with environmental water and the fact that the immune response is greatly affected by temperature. In this review we will describe the current understanding of the teleost immune system from a comparative viewpoint. We will also discuss the regulation of immune response by internal and external factors, since fish aquaculture is growing enormously worldwide, and understanding of the immune system is important for the development of immunological control of fish diseases.

  • Prevention And Treatment Of Diseases, Section 2.2, Diagnosis – PCR Detection. In: Fish Diseases (Ed. Takashi Aoki), Food and Agricultural Sciences, Engineering and Technology Resources

    Aoki T, Hikima J( 担当: 共著)

    Eolss Publishers/UNESCO, Co. Ltd., UK  2016年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:教科書・概説・概論

  • Diseases Caused By Bacterial Pathogens In Saltwater, Section 5. Vibriosis. In: Fish Diseases (Ed. Takashi Aoki), Food and Agricultural Sciences, Engineering and Technology Resources

    Takahashi Y, Hikima J( 担当: 共著)

    Eolss Publishers/UNESCO, Co. Ltd., UK  2016年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:教科書・概説・概論

  • Fish And Shellfish Bio-Defense, Section 1. Innate Immunity In Fish. In: Fish Diseases (Ed. Takashi Aoki), Food and Agricultural Sciences, Engineering and Technology Resources

    Aoki T, Hikima J( 担当: 共著)

    Eolss Publishers/UNESCO, Co. Ltd., UK  2016年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:教科書・概説・概論

  • 魚類の微生物感染症の治療と予防、青木 宙 編

    飯田貴次、廣野育生、引間順一( 担当: 共著 ,  範囲: 第8章 魚類の非特的生体防御機構、pp318-340)

    恒星社厚生閣  2013年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 魚類の病原微生物に対する自然免疫システムに関する研究(水産学会進歩賞受賞講演) 招待あり

    引間順一

    令和3年度日本水産学会春季大会  (オンライン開催)  日本水産学会・東京海洋大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン開催  

    新型コロナウイルス対策のため学会発表会は中止となった去年の発表が、オンラインで実施された。

  • メダカにおける3 つのasc 遺伝⼦の同定および発現解析

    〇森本和月、岡村 洋、河野智哉、酒井正博、引間順一

    令和3年度日本水産学会春季大会  (オンライン開催)  日本水産学会・東京海洋大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月26日 - 2021年3月29日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン開催  

  • メダカ(Oryzias latipes)における2 つのインターロイキン17 受容体C遺伝子の同定およびリガンドとの結合性解析

    〇原田七輝、岡村 洋、河野智哉、引間順一、酒井正博

    令和3年度日本水産学会春季大会  (オンライン開催)  日本水産学会・東京海洋大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月26日 - 2021年3月29日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン開催  

  • メダカにおけるインターロイキン17受容体A1 遺伝子を介した腸内細菌叢制御機構の解明

    〇岡村 洋、宮西 弘、木下政人、河野智哉、酒井正博、引間順一

    令和3年度日本水産学会春季大会  (オンライン開催)  日本水産学会・東京海洋大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月26日 - 2021年3月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  • ゲノム編集メダカを用いた魚病最近に対するカスパーゼ1の役割

    押川周平、〇森本和月、木下政人、河野智哉、酒井正博、引間順一

    令和3年度日本魚病学会春季大会  (オンライン開催)  日本魚病学会・日本獣医生命科学大学水族医学研究室

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月20日 - 2021年3月21日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン開催  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本水産学会進歩賞

    2020年3月   日本水産学会  

    引間 順一

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞  受賞国:日本国

  • Outstanding Contribution in Reviewing, Fish and Shellfish Immunology

    2018年10月   ELSEVIER  

    引間 順一

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:オランダ王国

    Fish and Shellfish Immunology, Outstanding Contribution in Reviewing, awarded October 2018 to Junichi Hikima in recognition of the contributions made to the quality of the ELSEVIER journal.

  • 日本魚病学会奨励賞

    2018年3月   日本魚病学会   魚類における自然免疫機構関連遺伝子に関する研究

    引間 順一

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • Outstanding Contribution in Reviewing, Aquaculture

    2017年10月   ELSEVIER  

    引間 順一

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:オランダ王国

    Aquaculture, Outstanding Contribution in Reviewing, awarded October 2018 to Junichi Hikima in recognition of the contributions made to the quality of the ELSEVIER journal.

  • Outstanding Contribution in Reviewing, Developmental and Comparative Immunology

    2017年1月   ELSEVIER  

    引間 順一

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:オランダ王国

    developmental and Comparative Immunology, Outstanding Contribution in Reviewing, awarded October 2018 to Junichi Hikima in recognition of the contributions made to the quality of the ELSEVIER journal.

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • エビ類の株化細胞樹立に挑戦する

    2017年04月 - 2022年03月

    科学研究費補助金 

    酒井 正博、稲田 真理

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    細胞の機能解析やウイルスの研究を行うにあたり株化細胞の存在は必須である。1980年代中頃からエビ類においても長期培養可能な細胞株の樹立が試みられてきたが、未だ実現していない。本研究は、これまで試みが行われなかったエビ類の細胞の長期培養に最適なサプリメントの作製から、ヒトの株化細胞(ES細胞やiPS細胞)作製過程で使用されている最新技術(フィーダー細胞や遺伝子導入)を取り入れてクルマエビの細胞を株化させるまでを体系立てて行い、長期間培養可能または無限増殖能を持つエビ類の株化細胞を樹立することを目的としている。本研究は、応募者らが得意とする海産動物の細胞培養技術および最先端の遺伝子操作技術を駆使するエビ類初の挑戦的な内容となっており、エビ類の株化細胞樹立に成功すれば、エビ類の免疫・神経・内分泌系に関する基礎/応用研究が飛躍的に進むと思われる。さらに、産業レベルでは、現在、有効な疾病防除法がないエビ養殖におけるウイルス疾病蔓延・大量死といった問題解決への道が開ける可能性を秘めている。また、株化細胞を用いてエビの生体分子の機能解析が可能となり、無脊椎動物の細胞生物学に関する種々の知見を得る足掛かりとなる。

  • 魚類病原細菌由来の多糖類認識メカニズムを利用した魚病細菌感染防除技術の開発

    2017年04月 - 2021年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    引間 順一、木下 政人

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    養殖場重要魚種において魚病細菌による疾病発生状況は毎年甚大であり、その対策が急務である。これまで、魚病細菌感染症に対してリポ多糖(LPS)の免疫賦活効果が高いにもかかわらず、魚類における分子メカニズムは殆ど理解されてこなかった。そこで申請者は、LPSを認識する機構を明らかにすることで、細菌感染を防御する重要な遺伝子を特定することができると考えた。また、ノックアウト(KO)メダカを使用することでLPS認識メカニズムをより分かりやすく解明し、有用遺伝子を特定する。さらに、当該遺伝子を遺伝子アジュバントとして利用することで、これまでにないワクチン効果を発揮させる新規アジュバントの構築を試みる。

  • フグはなぜ疾病に強いのか?フグの耐病性のメカニズムを探る

    2017年04月 - 2021年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    酒井 正博、河野 智哉

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    水産増養殖の発展を妨げている大きな要因は魚病の問題である。特に、近年、養殖魚種の拡大に伴って、これまで話題にならなかった疾病や新しい病原体による被害が大きな問題となってきている。一方、トラフグは他の多くの海産養殖魚種と異なり、多くの疾病に強いことが知られている。申請者は、これまでに、トラフグを中心とした魚類の免疫系の解明を行い、その研究成果を利用して多くの免疫賦活剤の開発を行い魚病の制御に貢献してきた。本研究は、トラフグの細菌感染におけるサイトカインを中心とした自然免疫機構の役割を他の魚種と比較することによって、トラフグの耐病性のメカニズムを明らかにし、その知見を利用してサイトカインを用いた新しい免疫賦活剤を開発し、魚病を制御することを目的としている。

  • 魚類の細胞内LPSセンサーの探査およびその認識機構の解明

    2014年04月 - 2017年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    魚類ではLPS刺激に対して炎症反応や貪食活性等の免疫応答があるにも関わらず、TLR4を介したLPS認識機構が欠損しているばかりか、細胞内のLPS認識機構も不明である。そこで申請者は、未だ不明な細胞内LPS認識機構に、魚類のLPS認識を担う受容体(センサー)が存在しているのではないかと考えた。本研究事業では、魚類における最初のLPS認識センサーの発見を目的として、魚類細胞内における細胞内寄生性細菌のLPS認識センサー遺伝子の同定およびその認識機構を解明する。これらの研究成果は、魚類の自然免疫分野の進展に大きく貢献し、細胞内寄生性細菌に対する新しいワクチン開発への門戸を開くものである。

  • ラマン分光法を用いた養殖魚介類成分の非侵襲的in vivo定量分析法の開発

    2014年04月 - 2016年03月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    従来、養殖魚介類の品質管理には、詳細な成分分析やDNA鑑別等の方法が用いられてきたが、どの方法も時間およびコストが膨大に必要である。ラマン分光技術を用いることで脂質やタンパク質等の成分検出を迅速、簡便かつ非侵襲的に測定できる。申請者らは、ラマン分光技術を利用して養殖魚介類に含まれる様々な成分の測定を試み、この技術を水産物の成分分析および品質管理のための新しい技術として発展させることを目的とする。将来的には、水産物の生産加工時にこの技術を導入することで、消費者に対して、より安心・安全な食品の供給が可能となる。

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • LAMP法によるヒラメクドア病原体Kudoa septempunctataの迅速検出法の確立

    2013年08月 - 2014年03月

    文部科学省  A-STEP 研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム フィージビリティスタディ【FS】ステージ 探索タイプ 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    ヒラメクドア検出用LAMPプライマーの設計および反応条件を検討し、検出方法を確立する。また、簡便に使用可能なヒラメクドア検出用キットの開発を試みる。