吉永 尚紀 (ヨシナガ ナオキ)

YOSHINAGA Naoki

写真a

所属

医学部 看護学科 生活・基盤看護科学講座

職名

教授

研究室住所

宮崎県宮崎市清武町木原5200 宮崎大学医学部看護学科

研究室電話番号

0985-85-9784

研究室FAX番号

0985-85-9784

連絡先

連絡先

ホームページ

http://www.med.miyazaki-u.ac.jp/home/fudamentalnurs/

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学) ( 2013年9月   千葉大学 )

  • 修士(看護学) ( 2009年3月   宮崎大学 )

  • 学士(看護) ( 2007年3月   千葉大学 )

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 精神看護学

  • 臨床心理学

  • 認知療法・行動療法・認知行動療法

  • 臨床研究

  • 社交不安症

  • メンタルヘルス

  • ひきこもり

  • ICT・遠隔支援

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 高齢者看護学、地域看護学  / 精神看護学

  • 人文・社会 / 臨床心理学

  • ライフサイエンス / 臨床看護学  / 在宅看護学

学歴 【 表示 / 非表示

  • 千葉大学   医学薬学府博士課程

    - 2013年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 宮崎大学   医学系研究科看護学専攻修士課程   看護学専攻

    - 2009年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 千葉大学   看護学部   看護学科

    - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 宮崎大学   医学部   看護学科   生活・基盤看護科学講座   教授

    2022年04月 - 継続中

  • 宮崎大学   医学部   看護学科   生活・基盤看護科学講座   准教授

    2020年04月 - 2022年03月

  • 宮崎大学   テニュアトラック推進機構   講師

    2015年01月 - 2019年12月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 福永内科神経科医院   非常勤職員(認知行動療法・精神療法担当)

    2016年5月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 千葉大学   大学院医学研究院認知行動生理学   非常勤講師

    2013年10月 - 現在

  • 日本学術振興会   特別研究員PD

    2013年10月 - 2014年12月

  • 日本学術振興会   特別研究員DC2

    2013年4月 - 2013年9月

  • 放射線医学総合研究所   重粒子医科学センター   研究員

    2012年5月 - 2019年3月

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本看護研究学会

    2020年8月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本看護研究学会雑誌

    2020年8月 - 現在

      詳細を見る

  • PLOS ONE

    2020年4月 - 現在

      詳細を見る

  • Psychotherapy and Psychosomatics

    2018年12月 - 現在

      詳細を見る

  • 日本認知・行動療法学会

    2017年6月 - 現在

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Naturalistic outcome of nurse-led psychological therapy for mental disorders in routine outpatient care: A retrospective chart review 査読あり 国際誌

    Yoshinaga N., Tanoue H., Hayashi Y.

    Archives of Psychiatric Nursing   40   43 - 49   2022年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Archives of Psychiatric Nursing  

    This study aimed to investigate the clinical effectiveness of nurse-led cognitive/behavioral therapy (CBT) in Japanese routine outpatient care. We retrospectively collected data from 100 cases with mental disorders who had received nurse-led CBT. Results demonstrated that CBT provided by nurses led to significant improvements in quality of life and other clinical outcomes during the intervention period (all p < 0.001). Among participants who received optional follow-up, these improvements were well-maintained. This real-world evidence of nurse-led CBT bridges the research-practice gap, and will encourage frontline nurses and motivate institutional/organizational leaders, academic/professional societies, and policymakers to employ empirically-supported psychotherapeutic techniques in routine nursing care.

    添付ファイル: 1-s2.0-S0883941722000504-main.pdf

    DOI: 10.1016/j.apnu.2022.04.008

    Scopus

    researchmap

  • Propensity-matched comparisons of factors negatively affecting research activities during the COVID-19 pandemic between nursing researchers working in academic and clinical settings in Japan. 査読あり 国際共著 国際誌

    Inoue M, Tohira H, Yoshinaga N, Matsubara M

    Japan Journal of Nursing Science   e12491   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Journal of Nursing Science  

    Aim: To determine the factors associated with reduced research activities during the COVID-19 pandemic in 2020 by comparing nursing researchers working in academic and clinical settings. Methods: This was a secondary analysis of data collected by the Japan Academy of Nursing Sciences, which conducted a cross-sectional online survey when the pandemic began. We included respondents who worked in either academic or clinical settings and responded that the pandemic negatively affected their research activities. First, we computed a propensity score (PS) using a logistic regression model. Then we performed a one-to-one ratio matching between the groups based on the PS to control imbalances between the groups. We identified the factors negatively affecting research activities and who to consult about research concerns by comparing the groups using Chi-square or Fisher's exact tests. Results: There were 1,532 participants, with a response rate of 16.1%. After PS matching, 214 participants (107 for each group) were included. We identified three significant factors associated with reduced research activities: (i) time required for learning new information and communication technology (ICT) skills; (ii) time required for supporting colleagues with ICT issues; and (iii) time required for preparing and evaluating teaching materials. Approximately 20% of our participants in both settings had nobody to consult regarding research concerns. Conclusion: We found that the time spent on ICT-related issues negatively affected the research activities of nursing researchers when the pandemic began in Japan. In such an emergency, nursing researchers needed an opportunity to share their difficulties as a part of a support service.

    添付ファイル: Japan Journal Nursing Sci - 2022 - Inoue - Propensity‐matched comparisons of factors negatively affecting research.pdf

    DOI: 10.1111/jjns.12491

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Psychosocial interventions for community-dwelling individuals with schizophrenia: study protocol for a systematic review and meta-analysis. 査読あり 国際共著 国際誌

    Shikuri Y, Tanoue H, Imai H, Nakamura H, Yamaguchi F, Goto T, Kido Y, Tajika A, Sawada H, Ishida Y, Yoshinaga N

    BMJ Open   12 ( 4 )   e057286 - e057286   2022年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BMJ open  

    INTRODUCTION: Despite the recent global mental health movement of the transition from hospital-centred to integrated community-based services, comprehensive evidence of psychosocial interventions focusing on community-dwelling individuals with schizophrenia is still lacking. To overcome this gap in the current knowledge, we will conduct a systematic review and meta-analysis to assess the efficacy of all types of psychosocial interventions for community-dwelling (non-hospitalised) individuals with schizophrenia when compared with non-active control conditions (eg, treatment as usual). METHODS AND ANALYSIS: This study protocol has been developed according to the Preferred Reporting Items for Systematic Review and Meta-Analysis Protocols guidelines. By March 2022, the following sources will have been searched, without restrictions for language or publication period: Embase, PubMed, PsycINFO, CINAHL, the Cochrane Central Register of Controlled Trials, ClinicalTrials.gov and the WHO International Clinical Trials Registry Platform. We will also try to identify other potentially eligible studies by searching the reference lists of included studies, other relevant systematic reviews and grey literature. All relevant randomised controlled trials from both high-income and low-income to middle-income countries will be allowed. Two independent reviewers will conduct the selection/screening of studies, data extraction and methodological quality assessment of included studies. The primary outcomes are quality of life and psychiatric hospital admission. Standard pairwise meta-analyses with a random-effects model will be conducted. Subgroup and sensitivity analyses will be performed to assess the robustness of the findings. Risk of bias will be assessed with the Revised Cochrane Risk-of-Bias Tool for Randomised Trials. The Grades of Recommendation Assessment, Development and Evaluation approach will be used to assess the quality of evidence. ETHICS AND DISSEMINATION: Ethics approval is not required for this study. The study findings will be disseminated through conference presentations as well as peer-reviewed publications. PROSPERO REGISTRATION NUMBER: CRD42021266187.

    添付ファイル: Psychosocial interventions for community-dwelling individuals with schizophrenia.pdf

    DOI: 10.1136/bmjopen-2021-057286

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Unguided Computer-Assisted Self-Help Interventions Without Human Contact in Patients With Obsessive-Compulsive Disorder: Systematic Review and Meta-analysis. 査読あり 国際誌

    Imai H, Tajika A, Narita H, Yoshinaga N, Kimura K, Nakamura H, Takeshima N, Hayasaka Y, Ogawa Y, Furukawa T

    Journal of Medical Internet Research   24 ( 4 )   e35940   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Medical Internet Research  

    Background: Computer-assisted treatment may reduce therapist contact and costs and promote client participation. This meta-analysis examined the efficacy and acceptability of an unguided computer-assisted therapy in patients with obsessive-compulsive disorder (OCD) compared with a waiting list or attention placebo. Objective: This study aimed to evaluate the effectiveness and adherence of computer-assisted self-help treatment without human contact in patients with OCD using a systematic review and meta-analysis approach. Methods: Randomized controlled trials with participants primarily diagnosed with OCD by health professionals with clinically significant OCD symptoms as measured with validated scales were included. The interventions included self-help treatment through the internet, computers, and smartphones. We excluded interventions that used human contact. We conducted a search on PubMed, Cochrane Central Register of Controlled Trials, EMBASE, World Health Organization International Clinical Trials Registry Platform, and ClinicalTrials.gov, as well as the reference lists of the included studies. The risk of bias was evaluated using version 2 of the Cochrane risk-of-bias tool for randomized trials. We calculated the standardized mean differences for continuous outcomes and risk ratios for dichotomous outcomes. The primary outcomes were short-term improvement of OCD symptoms measured by validated scales and dropout for any reason. Results: We included 11 randomized controlled trials with a total of 983 participants. The results indicated that unguided computer-assisted self-help therapy was significantly more effective than a waiting list or psychological placebo (standard mean difference −0.47, 95% CI −0.73 to −0.22). Unguided computer-assisted self-help therapy had more dropouts for any reason than waiting list or psychological placebo (risk ratio 1.98, 95% CI 1.21 to 3.23). However, the quality of evidence was very low because of the risk of bias and inconsistent results among the included studies. The subgroup analysis showed that exposure response and prevention and an intervention duration of more than 4 weeks strengthen the efficacy without worsening acceptability. Only a few studies have examined the interaction between participants and systems, and no study has used gamification. Most researchers only used text-based interventions, and no study has used a mobile device. The overall risk of bias of the included studies was high and the heterogeneity of results was moderate to considerable. Conclusions: Unguided computer-assisted self-help therapy for OCD is effective compared with waiting lists or psychological placebo. An exposure response and prevention component and intervention duration of more than 4 weeks may strengthen the efficacy without worsening the acceptability of the therapy.

    添付ファイル: Unguided Computer-Assisted Self-Help Interventions Without Human Contact in Patients With Obsessive-Compulsive Disorder.pdf

    DOI: 10.2196/35940

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Characteristics of early-career nurse researchers negatively impacted during the COVID-19 pandemic: a cross-sectional study. 査読あり 国際誌

    Kazawa K, Shimpuku Y, Yoshinaga N

    BMJ Open   12 ( 4 )   e059331   2022年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OBJECTIVES: This study aimed to identify typical patterns and determinants of early-career nurse researchers (ECNRs: age ≤45 years) who reported that their research activities were negatively impacted during the COVID-19 pandemic, using a data mining methodology. To gain a deeper understanding of the characteristics of these ECNRs, we compared them with the characteristics of senior nurse researchers (SNRs: age ≥46 years). DESIGN: A cross-sectional study. PARTICIPANTS: 1532 nurse researchers. DATA COLLECTION AND ANALYSIS: We conducted an anonymous online questionnaire survey that assessed individual and professional attributes of nurse researchers and their experiences from April to June 2020. We analysed the association between the impact on research activities and the individual and professional attributes using cross-tabulation, and employed the chi-square automatic interaction detection technique to perform population segmentation. RESULTS: We found that difficulties in research management, an increased burden of student education and organisational management, and organisational management position were relatively important factors for determining the negative impact of COVID-19 on the research activities of ECNRs (p<0.05). For both ECNRs and SNRs, the most relevant determinant of disrupted research activities was 'difficulties in research management' (χ2=34.7 and 126.5, respectively, p<0.001 for both). However, only ECNRs yielded 'position in organisational management' and was extracted only for ECNRs (χ2=7.0, p=0.008). CONCLUSIONS: Difficulties in research management and an increased burden of student education and organisational management had an unfavourable impact on the research activities of ECNRs. To ensure quality of nursing care and nursing science development during and after the COVID-19 era, it is important to support ECNRs in their nursing research activities and career development. Our findings could contribute to the prioritisation of interventions and policymaking for ECNRs who are particularly at risk of being negatively affected by the pandemic.

    添付ファイル: Characteristics of early-career nurse researchers negatively impacted during the COVID-19 pandemic.pdf

    DOI: 10.1136/bmjopen-2021-059331

    PubMed

    researchmap

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 本邦における集団精神療法の現状と課題

    藤澤大介, 田島美幸, 田村 法子, 近藤裕美子, 大嶋伸雄, 岡島美朗, 岡田佳詠, 菊地俊暁, 耕野敏樹, 佐藤泰憲, 髙橋章郎, 中川敦夫, 中島美鈴, 横山貴和子, 吉永尚紀, 大野裕( 担当: 共著)

    精神療法. 2022;48(suppl):98-103.  2022年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

    researchmap

  • 看護師の強みを生かして認知行動療法の普及をめざす

    吉永尚紀( 担当: 単著)

    週刊医学界新聞(看護号):第3463号  2022年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  • 看護判断のための気づきとアセスメント 精神看護(編集者:吉川隆博、木戸芳史)

    吉永尚紀( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 精神科における治療的関係の段階)

    中央法規出版  2021年12月  ( ISBN:9784805884300

     詳細を見る

    総ページ数:281   担当ページ:19-24   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

    CiNii Books

    researchmap

  • 社交不安症の診療ガイドライン

    日本不安症学会, 日本神経精神薬理学会( 担当: 共著)

    日本不安症学会・日本神経精神薬理学会  2021年9月 

     詳細を見る

    総ページ数:59   記述言語:日本語

    researchmap

  • ストレングスにもとづく看護ケア 第1巻 理論編

    白石裕子,田上博喜,吉永尚紀,齋藤嘉宏,谷多江子( 担当: 共訳 ,  範囲: 第2章 実践を導くものは何か?)

    看護の科学社  2020年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 特集 看護学研究の社会実装をめざして-インプリメンテーション研究とデータサイエンスへの期待 医療ビッグデータ「NDB」「NDBオープンデータ」をどう活用するか-NDBを用いた研究例を含めて 招待あり

    吉永 尚紀

    看護研究   54 ( 6 )   503 - 514   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:株式会社医学書院  

    DOI: 10.11477/mf.1681201934

    CiNii Research

  • 精神看護における認知行動療法を再考する:看護師でもできること,看護師だからできること 招待あり

    吉永 尚紀

    日本精神保健看護学会誌   29 ( Supplement )   24 - 28   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本精神保健看護学会  

    DOI: 10.20719/japmhn.29s30.05

    CiNii Research

  • 連載 集まる つながる 広がる 若手研究者のバトン・16 研究者としての自分を形づくった「奇跡」

    吉永 尚紀

    看護研究   54 ( 1 )   1 - 5   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:株式会社医学書院  

    DOI: 10.11477/mf.1681201835

    CiNii Research

  • 対人不安を克服する次世代型認知行動療法WEBプログラムの開発 招待あり

    吉永 尚紀

    ストレス科学研究   35 ( 0 )   68 - 71   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:公益財団法人 パブリックヘルスリサーチセンター  

    DOI: 10.5058/stresskagakukenkyu.35.68

    CiNii Research

  • 統合失調症のメタ認知トレーニング:参加者の満足度調査

    石垣琢磨, 石川亮太郎, 島田岳, 田上博喜, 吉永尚紀, 織部直弥, 森元隆文, 松本武士, 細野正人

    日本精神神経学会総会プログラム・抄録集   116th   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

    researchmap

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 精神療法(ワークショップ7:社交不安症診療ワークショップ~診療ガイドラインに基づく治療介入を学ぶ~). 招待あり

    吉永尚紀

    第118回日本精神神経学会学術総会  (福岡国際会議場・福岡サンパレスホテル&ホール(福岡))  2022年6月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月16日 - 2022年6月18日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:福岡国際会議場・福岡サンパレスホテル&ホール(福岡)   国名:日本国  

    researchmap

  • 看護師による認知行動療法:オンライン支援も含めた多様な提供のカタチ(ワークショップ7:看護に活かす認知行動療法ーWithコロナの中での学びを高めるチャレンジー)

    吉永尚紀

    日本精神保健看護学会第32回学術集会・総会  (武蔵野大学有明キャンパス(東京))  2022年6月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月4日 - 2022年6月5日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:武蔵野大学有明キャンパス(東京)   国名:日本国  

    researchmap

  • 不安症に関する看護師への啓発:認知行動療法を中心に(シンポジウム6:看護師、養護教諭、一般教員への不安症の啓発) 招待あり

    吉永尚紀

    第14回日本不安症学会学術大会  (浜松町コンベンションホール&Hybridスタジオ()  2022年5月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月21日 - 2022年5月22日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:浜松町コンベンションホール&Hybridスタジオ(   国名:日本国  

    researchmap

  • 精神療法(ワークショップ4:社交不安症診療ワークショップ~診療ガイドラインに基づく治療介入を学ぶ~) 招待あり

    吉永尚紀

    第14回日本不安症学会学術大会  (浜松町コンベンションホール&Hybridスタジオ)  2022年5月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月21日 - 2022年5月22日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:浜松町コンベンションホール&Hybridスタジオ   国名:日本国  

    researchmap

  • 社交不安症に対する認知行動療法研修 招待あり

    吉永尚紀, 伊藤正哉, 中島俊

    厚生労働省認知行動療法研修事業  (WEB開催)  2022年3月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月10日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:WEB開催   国名:日本国  

    researchmap

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 令和3年度宮崎大学医学部看護学科研究奨励賞

    2022年3月   宮崎大学医学部  

    吉永尚紀

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  • Young Professional Award

    2021年7月   Asian Cognitive Behavioral Therapies Association (7th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference 2021)  

    Yoshinaga N

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞 

    researchmap

  • 第13回日本不安症学会学術大会 若手優秀演題賞

    2021年6月   日本不安症学会   社交不安症に対する認知行動療法による安静時脳機能ネットワークの変化

    栗田幸平, 小畠隆行, 須藤千尋, 松澤大輔, 吉永尚紀, 清水栄司, 平野好幸

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

    researchmap

  • 第九回(2017年度)千葉医学会奨励賞

    2017年6月   千葉医学会   抗うつ薬抵抗性の社交不安症(対人恐怖症)に対する認知行動療法の効果研究

    吉永尚紀

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 2015 Highly Commended Paper Award

    2015年6月   Emerald Publishing Group Limited  

    Kobori O, Nakazato M, Yoshinaga N, Shiraishi T, Takaoka K, Nakagawa A, Iyo M & Shimizu E

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

全件表示 >>

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ひきこもり支援のためのコミュニティワイド認知行動療法(CWCBT-H)の開発

    研究課題/領域番号:21H00951  2021年04月 - 2026年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    境 泉洋, 加藤 隆弘, 吉永 尚紀, 齋藤 暢一朗, 野中 俊介

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 精神科訪問看護におけるメタ認知トレーニングアプリを活用した心理支援の有用性の検討

    研究課題/領域番号:21K10744  2021年04月 - 2025年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    田上 博喜, 吉永 尚紀

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 精神科訪問看護師を対象としたストレングス活用尺度とプログラムの開発

    研究課題/領域番号:21H03238  2021年04月 - 2025年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    白石 裕子, 田上 博喜, 黒木 司, 林 佑太, 吉永 尚紀, 齋藤 嘉宏

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 効果的な集団精神療法の施行と普及および体制構築に資する研究

    研究課題/領域番号:21446702  2021年04月 - 2024年03月

    厚生労働省  厚生労働科学研究費補助金・障害者政策総合研究事業  障害者政策総合研究事業

    藤澤大介, 吉永尚紀

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  • 社交不安とひきこもりの心理支援を拡充する:次世代遠隔型プログラムの戦略的利活用

    研究課題/領域番号:20H01769  2020年04月 - 2025年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(B)

    吉永 尚紀, 小堀 修, 境 泉洋

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 対人不安を克服する次世代型認知行動療法WEBプログラムの開発

    2019年04月 - 2020年03月

    パブリックヘルスリサーチセンター  パブリックヘルス科学研究助成金(2019年度) 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 社交不安症向け次世代型認知行動療法 WEB プログラムの開発:日英共同研究.

    2019年04月 - 2020年03月

    電気通信普及財団  電気通信普及財団2018年度研究調査助成 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 難治性疾患等を対象とする持続可能で効率的な医療の提供を実現するための医療経済評価の手法に関する研究

    2017年10月 - 2020年03月

    厚生労働省  科学技術振興調整費 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  • 質の高い精神療法(認知行動療法)の迅速な普及に向けて:National Databaseを用いた実施状況・地域差の把握と提供体制整備への示唆

    2017年10月 - 2018年09月

    医療経済研究機構   医療経済研究機構 2017年度(第21回)研究助成B 若手研究者育成研究助成 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 職場における対人ストレス軽減に向けて:看護師に対するアサーティブ・トレーニングの短縮版プログラム開発および効果検証

    2016年10月 - 2017年09月

    民間財団等  第47回(平成28年度)三菱財団社会福祉事業・研究助成 

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • Japan Journal of Nursing Sciences   Editorial Board  

    2021年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本精神保健看護学会   代議員(中国・四国・九州・沖縄・その他地区)  

    2021年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • Journal of International Nursing Research   Associate Editor  

    2021年3月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本看護研究学会   編集委員会 委員  

    2020年8月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  • 日本看護科学学会   COVID-19看護研究等対策委員会 委員  

    2020年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 多機関と連携したひきこもり支援体制の向上と情報の相互共有事業 ポータルサイト構築検討委員会委員

    特定非営利活動法人 KHJ 全国ひきこもり家族会連合会  2022年5月 - 現在

     詳細を見る

    種別:その他

    researchmap

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • 地域に寄り添う医療とは…宮大看護学生が西米良村で体験学習 テレビ・ラジオ番組

    テレビ宮崎  UMKスーパーニュース  2022年6月13日

     詳細を見る

  • 地域知り看護考えて:宮崎大学医学部 科目新設 新聞・雑誌

    宮崎日日新聞. 第29223号  11面  2022年5月26日

     詳細を見る

 

授業 【 表示 / 非表示

  • 生命を知る

     詳細を見る

    科目区分:共通教育科目