本部 エミ (ホンブ エミ)

HOMBU Amy

写真a

所属

国際連携機構 多言語多文化教育研究センター

職名

講師

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士 (医学) ( 2017年10月   宮崎大学 )

  • 修士(医科学) ( 2013年3月   宮崎大学 )

  • Bachelor of Arts ( 1984年1月   California State University, Fullerton (U.S.A.) )

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 外国語教育  / 英語教育

  • その他 / その他  / 寄生虫学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Investigating the Mindset toward English and Intercultural Understanding of Japanese and Taiwanese University Students -A Comparative Study-

    Amy HOMBU

    宮崎大学教育学部研究紀要   ( 101 )   2023年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    Comparative survey regarding near-miss experiences of Japanese medical students and residents

  • Investigation of cryotherapy for pain relief after arthroscopic shoulder surgery 査読あり

    Rinko Uchida, Amy Hombu, Yasuyuki Ishida, Makoto Nagasawa, Etso Chosa

    Journal of Orthopaedic Surgery and Research   17 ( 1 )   553   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Orthopaedic Surgery and Research  

    Comparative survey regarding near-miss experiences of Japanese medical students and residents

    DOI: 10.1186/s13018-022-03404-x

    Scopus

    PubMed

  • Approach to seamless pre- and post-graduation medical safety education (2) 査読あり

    Yukiko Kai, Takanori Ayabe, Taro Funamoto, Emiko Yamamoto, Yumiko Takeyama, Amy Hombu

    International Association of Risk Management in Medicine 9th World Congress of Clinical Safety 1 ( 1 )   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Comparative survey regarding near-miss experiences of Japanese medical students and residents

  • Approach to seamless pre- and post-graduation medical safety education (1) 査読あり

    Yukiko Kai, Takanori Ayabe, Taro Funamoto, Emiko Yamamoto, Yumiko Takeyama, Amy Hombu

    International Association of Risk Management in Medicine 9th World Congress of Clinical Safety 1 ( 1 )   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Questionnaire survey regarding near-miss experiences of Japanese medical students

  • 地域における一般住民のロコモティブシンドロームの実態

    吉永 砂織, 田村 宏樹, 本部 エミ, 藤井 良宜, 鶴田 来美

    日本健康医学会雑誌   31 ( 1 )   23 - 29   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本健康医学会  

    本研究は,地域住民のロコモティブシンドローム(以下,ロコモ)のリスクを明らかにすることで,実態に適した予防策について検討することを目的とした。21歳から89歳の426名を対象に,日本整形外科学会の提唱するロコモ度テスト(立ち上がりテスト,2ステップテスト,ロコモ25)を実施した。対象の46.5%がロコモのリスクを有しており,20歳代では12.5%が該当していた。注目すべき点として,20歳代から40歳代の男性でロコモに該当する者は,運動器機能を評価する「立ち上がりテスト」や「2ステップテスト」ではなく,運動器の自覚症状を評価する「ロコモ25」で該当していた。ロコモ25を詳細にみると,ロコモ該当者の多くが身体の痛みを有し,日常的に生活動作に困難を感じながら,将来歩けなくなることに不安を抱いていた。このことから,ロコモの予防には,若い世代からの介入やロコモの気づきを促す機会を提供することの必要性が示唆された。

    DOI: 10.20685/kenkouigaku.31.1_23

    CiNii Research

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • An Introduction to Essay Writing

    Duncan Butland, Amy Hombu, Michael Schauerte( 担当: 共著)

    自費出版  2023年10月 

     詳細を見る

    総ページ数:108   記述言語:英語 著書種別:教科書・概説・概論

  • An Introduction to Paragraph Writing

    Duncan Butland, Amy Hombu, Michael Schauerte( 担当: 共著)

    自費出版  2023年4月 

     詳細を見る

    総ページ数:84   記述言語:英語 著書種別:教科書・概説・概論

  • An Introduction to Essay Writing

    Duncan Butland, Amy Hombu, Michael Schauerte( 担当: 共著)

    自費出版  2022年10月 

     詳細を見る

    総ページ数:108   記述言語:英語 著書種別:教科書・概説・概論

  • An Introduction to Paragraph Writing

    Duncan Butland, Amy Hombu, Michael Schauerte( 担当: 共著)

    自費出版  2022年4月 

     詳細を見る

    総ページ数:84   記述言語:英語 著書種別:教科書・概説・概論

  • Count on Me

    Duncan Butland, Amy Hombu, Kirika Kushiyama( 担当: 共著)

    自費出版  2019年10月 

     詳細を見る

    総ページ数:36   記述言語:英語 著書種別:学術書

    Numbers are a basic part of language and learning how to count to five, or 10 is one of the first things children learn. Numbers and counting things are a natural part of being human. Parents don’t need to push their children how to learn, children want to learn, want to know how many toys, or cars, or dolls, or slimy bugs they found. As we get older, we count different things; money, time, the measurement of things; the height, weight and volume of things. This handbook contains 10 simple lessons on how to count and measure which you will need for both daily use, and for technical English.

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 寄生虫ゲノム調査及び先住民言語と文化の比較研究から考察され る太平洋先住民移動の研究 招待あり

    本部 エミ

    戦略重点経費(令和元年度研究戦略経費)に係る研究成果報告会  2022年12月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Approach to seamless pre-and post-graduation medical safety education (1) 国際会議

    Yukiko Kai, Takanori Ayabe, Taro Funamoto, Emiko Yamamoto, Yumiko Takeyama, Amy Hombu

    International Association of Risk Management in Medicine 9th World Congress of Clinical Safety 1 ( 1 ) 20 - 20   (OnDemand)  2021年9月1日  International Association of Risk Management in Medicine (IARMM)

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月1日 - 2021年9月14日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:OnDemand  

    Questionnaire survey regarding near-miss experiences of Japanese medical students

  • Approach to seamless pre-and post-graduation medical safety education (2) 国際会議

    Yukiko Kai, Takanori Ayabe, Taro Funamoto, Emiko Yamamoto, Yumiko Takeyama, Amy Hombu

    International Association of Risk Management in Medicine 9th World Congress of Clinical Safety 1 ( 1 ) 20 - 20   (OnDemand)  2021年9月1日  International Association of Risk Management in Medicine (IARMM)

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月1日 - 2021年9月14日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:OnDemand  

    Comparative survey regarding near-miss experiences of Japanese medical students and residents

  • 言語と寄生虫をめぐる意外な関係-太平洋を移動する先住民についての研究

    Hombu Amy

    第81回 宮崎大学イブニングセミナー  (宮崎大学)  2020年10月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月22日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮崎大学  

    台湾先住民とニュージーランドのマオリ族には,言語や文化の共通点がみられます。数字は酷似していて,顔にタトゥーを施すことも共通しています。装飾品で使われているしゃもじ型の翡翠は,マオリではPatuと,台湾先住民からはBatuと呼ばれています。これらの類似は偶然とは思えません。私の研究では,太平洋地域に拡散した寄生虫(蟯虫)の集団ゲノミクス解析によって,マオリのルーツと台湾先住民の関係を,言語学,人類学及び寄生虫学の観点から明らかにする予定です。今回は,文理3つの領域にまたがるこの研究の全体構想を,わかりやすくお伝えします。

  • Risk Manager Mindset of New Chief Nurses Working at Hospitals in Japan 国際会議

    Kazuko Shimamoto, Yukiko Kai, Yuriko Ohkawa, Amy Hombu

    The 8th World Congress of Clinical Safety  (Prague, Czech Republic)  International Association of Risk Management in Medicine (IARMM)

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月2日 - 2019年10月4日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Prague, Czech Republic  

    Chief nurses have traditionally played a central role in achieving organizational goals related to medical safety and quality assurance. However, departmental safety management has become the most crucial role of chief nurses since the patient misidentification incident in 1999. This study involved interviews with chief nurses upon their initial appointment using a questionnaire, with a focus on RM job performance. The objective was to clarify what new chief nurses value as RMs in working on safety management by surveying the chief nurses again 1 year later.

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本健康医学会論文賞

    2023年11月   日本健康医学会   Identify the Proportion of Locomotive Syndrome in a Japanese Community

    吉永砂織 本部エミ 鶴田来美 田村宏樹 藤井良宜

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

科研費(文科省・学振・厚労省)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • Cultivating global human resources as medical interpreters by improving English communicative skills for students in nursing school English

    研究課題/領域番号:23K12233  2023年04月 - 2026年03月

    独立行政法人日本学術振興会  科学研究費補助金  若手研究

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 医学生のプロフェッションナルアイデンティ形成のための医療人文学カリキュラム開発

    研究課題/領域番号:20K10324  2020年04月 - 2024年03月

    独立行政法人日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(C)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  • 国際協働学習ネットワークによるグローバル英語ライティング教育システムの構築

    2016年04月 - 2020年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本年度で2年目となる。初年度に実施したオンライン交流をベースとして、今後の展開を策定するための分析と提携校との調整を中心に研究を進めた。
    1)海外提携大学との実施調整を行った。すでに交流を始めている台湾・国立成功大学、台湾・Mackay Medical Collegeとは引き続き交流を進める。インドネシア・ブラウィジャヤ大学とはスケジュールの都合により一端交流は休止することとした。2)昨年に引き続き、Moodle上に構築したライティング交流クラスMed Exchangeに新たな教材を作成するためMackay Medical Collegeの臨床教授、助教綬との打ち合わせを実施し方向性を共有した。3)英文エッセイの評価項目策定:学生の英文ライティングを評価するための項目を策定する。ライティングのスキルや精度の評価というよりは、むしろ医学生が自らの意識に向かい合うプセスを数値化できる評価尺度を目指した。Writing Assessmentand Evaluation Rubrics. Grade6 (McGrow Hill)などを参照しながら、フォームや文法の自己評価に加えることとした。4)ライティングデータを一部電子データ化しその結果をまとめた。5)参加者への事後インタビュー(オンライン)を実施し、システムの評価を行った。このプログラムの意図は、第一義的には異なる文化や価値観との「遭遇」と「交流」であり、その先に見えてくる自己の信念や価値観への気づきを促すことである。それをさらに深めるためにも、今後ライティングスキルの向上を目指した介入は必要であろう。

  • 異文化理解能力を中心とした共感的医療コミュニケーションモデルの構築

    2014年04月 - 2017年03月

    科学研究費補助金 

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    1.米国における医学教育における文化対応能力(Culture Competence)の教育について。
    2.ハーバード大学によるCulture Competence に関する医師・医学生への調査項目について。

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 寄生虫ゲノム調査及び先住民言語と文化の比較研究から考察される太平洋先住民移動の研究

    2019年12月 - 2022年03月

    宮崎大学  戦略重点経費 

    本部エミ、長安英治、杉村佳彦

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • QWL for Public Health Nurses in Thailand and Japan

    2016年04月 - 2018年03月

    国際共同研究 

     詳細を見る

    共同研究区分:国際共同研究

    Investigate quality of work life for public health nurses in both Thailand and Japan