TANSHO Terutaka

写真a

Affiliation

Faculty of Regional Innovation

Title

Professor

Contact information

Contact information

External Link

Degree 【 display / non-display

  • 経営修士(専門職) ( 2006.3   九州大学 )

  • 学術修士(国際開発) ( 2000.3   名古屋大学 )

  • 総合政策学士 ( 1998.3   中央大学 )

Research Interests 【 display / non-display

  • Venture Business

  • Business Incubation

  • Regional Development Policy

Research Areas 【 display / non-display

  • Humanities & Social Sciences / Business administration

  • Humanities & Social Sciences / Economic policy

  • Humanities & Social Sciences / Economic policy

  • Humanities & Social Sciences / Public economics and labor economics

  • Humanities & Social Sciences / Science education

Education 【 display / non-display

  • Doshisha University

    2009.4 - 2015.3

      More details

    Country:Japan

  • Kyushu University   Graduate School of Economics   Kyushu University Business School (QBS)

    2004.4 - 2006.3

      More details

    Country:Japan

  • Nagoya University   Graduate School of International Development (GSID)   Department of International Development (DID)

    1998.4 - 2000.3

      More details

    Country:Japan

  • Chuo University   Faculty of General Policy   Department of Policy Sciences

    1994.4 - 1998.3

      More details

    Country:Japan

Professional Memberships 【 display / non-display

  • 日本ベンチャー学会

    2006.4

  • 産学連携学会

    2006.4

  • 日本MOT学会

    2006.4

  • 経営情報学会

    2010.4

  • 企業家研究フォーラム

    2007.4

display all >>

 

Papers 【 display / non-display

  • 廃校活用にむけた現状と課題ー九州地域における廃校活用に関するアンケート調査結果からー

    根岸 裕孝,熊野 稔,桑野 斉,丹生 晃隆,土屋 有,長友 瞳

    宮崎大学地域資源創成学部 研究紀要   ( 3 )   2020.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  • 温泉資源を活用した新事業に関する企業ニーズ―宮崎県西都市の「妻湯温泉」を事例として―

    丹生晃隆

    実践経営学会「実践経営学研究」   11   275 - 284   2019.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 地域資源を活用した新商品開発・マーケティング調査の取り組みー株式会社イートの「キャラいも」を題材にした実践教育ー

    丹生晃隆

    実践経営学会「実践経営学研究」   10   91 - 98   2018.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 日本のビジネスインキュベーション施設における構造的課題に関する研究

    丹生晃隆

    実践経営学会「実践経営学研究」   9   75 - 84   2017.8

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • ビジネスインキュベーション施設のパフォーマンス評価―入居企業のデータを基にした探索的研究― Reviewed

    丹生晃隆

    実践経営学会機関誌「実践経営」   ( 54 )   7 - 16   2017.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

display all >>

Books 【 display / non-display

  • 2021年度丹生ゼミ卒業研究論文集

    丹生晃隆(編集),壹岐真帆子,井口眞希,黒木萌華,兒玉智樹,寺地美咲,渡邉花奈(著)( Role: Edit)

    宮崎大学 地域資源創成学部 企業マネジメントコース 丹生ゼミ(編集・印刷・冊子製本)  2022.3 

     More details

    Language:Japanese

    丹生ゼミの2020年度卒業生の卒業研究論文を製本したもの。巻頭言、目次、裏表紙をつけて製本したため、一種の「著書(報告書)」と判断した。ゼミ室に開架し、後輩の教材として活用するもの。

  • 2020年度丹生ゼミ卒業研究論文集

    丹生晃隆(編集),竹田卓生,甲斐彩花,高山翔希,黒木菜月,塩満千聖,鈴木美奈,松尾采音(著)( Role: Edit)

    宮崎大学 地域資源創成学部 企業マネジメントコース 丹生ゼミ(編集・印刷・冊子製本)  2021.3 

     More details

    Language:Japanese

    丹生ゼミの2020年度卒業生の卒業研究論文を製本したもの。巻頭言、目次、裏表紙をつけて製本したため、一種の「著書(報告書)」と判断した。ゼミ室に開架し、後輩の教材として活用するもの。

  • 2019年度丹生ゼミ卒業研究論文集

    丹生晃隆(編集),上村駿介,宇野駿佑,鎌田大成,菊池航大,木山慎也,東 駿汰(著)( Role: Edit)

    宮崎大学 地域資源創成学部 企業マネジメントコース 丹生ゼミ(編集・印刷・冊子製本)  2020.3 

     More details

    Language:Japanese

    丹生ゼミの2019年度卒業生の卒業研究論文を製本したもの。巻頭言、目次、裏表紙をつけて製本したため、一種の「著書(報告書)」と判断した。ゼミ室に開架し、後輩の教材として活用するもの。

  • 「廃校活用に関する県民意識調査」アンケート調査報告書

    廃校活用研究会(桑野斉,根岸裕孝,熊野稔,土屋有,丹生晃隆)( Role: Joint author)

    宮崎大学地域資源創成学部  2020.3 

     More details

    Language:Japanese Book type:Report

  • 西都・妻湯プロジェクト 報告書

    プロジェクト総括(國武久登)、CD総轄(小林太一)他( Role: Contributor)

    国立大学法人宮崎大学  2019.7 

     More details

    Language:Japanese Book type:Report

display all >>

MISC 【 display / non-display

  • ドアポリシー(視点:Point of view)

    丹生 晃隆

    産学官連携ジャーナル   16 ( 2 )   27 - 27   2022.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Publisher:国立研究開発法人 科学技術振興機構  

    DOI: 10.1241/sangakukanjournal.16.2_27

  • 視点:地域の持続的発展に向けた支援人財のあり方について考える

    丹生晃隆

    日本立地センター発行「産業立地」   1   2021.7

  • 産学官連携活動と幸福度(視点:Point of view)

    丹生 晃隆

    産学官連携ジャーナル   16 ( 2 )   27 - 27   2021.6

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Publisher:国立研究開発法人 科学技術振興機構  

    DOI: 10.1241/sangakukanjournal.16.2_27

  • 地域資源としてのスポーツチーム(視点:Point of view)

    丹生 晃隆

    産学官連携ジャーナル   16 ( 2 )   27 - 27   2020.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)   Publisher:国立研究開発法人 科学技術振興機構  

    DOI: 10.1241/sangakukanjournal.16.2_27

  • 大学生へのマーケティング調査から生まれた「宮崎のおやつ」 Invited

    丹生晃隆,木原奈津子

    科学技術振興機構発行「産学官連携ジャーナル」   15 ( 3 )   18 - 20   2019.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (other)  

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • 地域をフィールドとした実践教育の取り組み ~宮崎のおやつの商品化と地元サッカーチームとの連携事例から~

    丹生晃隆

    実践経営学会 九州支部研究会+実践教育研究会  2021.11.27 

     More details

    Event date: 2021.11.27

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 宮崎発「キャラいも」を題材とした実践活動の取り組み(第2報) -「キャラいもカフェ」の開催-

    丹生晃隆,兒玉智樹,渡邉花奈,壹岐真帆子,井口眞希,黒木萌華,寺地美咲,濟陽宏樹,木原奈津子

    産学連携学会第18回大会  (オンライン開催)  産学連携学会

     More details

    Event date: 2020.11.17 - 2020.11.18

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:オンライン開催  

  • 産学連携に関する学部専門教育の実践

    丹生晃隆

    産学連携学会第18回大会  (オンライン開催)  産学連携学会

     More details

    Event date: 2020.11.17 - 2020.11.18

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:オンライン開催  

  • 宮崎発「キャラいも」を題材としたSNSマーケティング実践の取り組み

    丹生晃隆,塩満千聖,鈴木美奈,甲斐彩花,黒木菜月,高山翔希,松尾采音,木原奈津子

    2019年春季全国研究発表大会  (千葉工業大学 新習志野キャンパス)  経営情報学会

     More details

    Event date: 2019.6.22 - 2019.6.23

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:千葉工業大学 新習志野キャンパス  

  • 宮崎発「キャラいも」を題材とした実践活動の取り組み―「宮崎のおやつ」の商品化―

    丹生晃隆,木原奈津子

    産学連携学会第17回大会  (奈良県文化会館) 

     More details

    Event date: 2019.6.20 - 2019.6.21

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:奈良県文化会館  

display all >>

Awards 【 display / non-display

  • 産学連携学会 功労賞

    2019.6   特定非営利活動法人産学連携学会  

    丹生晃隆

     More details

    Award type:Award from Japanese society, conference, symposium, etc.  Country:Japan

Grant-in-Aid for Scientific Research 【 display / non-display

  • 【2015~2017年度】中小ベンチャー企業支援における公的支援機関の役割に関する研究

    2015.04 - 2018.03

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    長らく経済停滞が続く我が国において、経済の新陳代謝を促し、イノベーションの創出を通じて、新しい雇用と市場を創造していく起業家を生み出すことは、極めて重要な意味を持っている。中央の政府機関だけでなく、地方においても様々な公的機関が、新事業創出や中小ベンチャー企業育成のための施策を講じているが、必ずしも十分な成果は上げられていない。何故、公的支援を行わなければならないのか、公的支援は企業成長を加速させることができるのか、公的機関でなければできない支援は何か、これらの点については、現在まで十分な議論が行われてこなかった。以上を鑑み、本研究では、公的支援を受けた企業(もしくは、受けている企業)と、公的支援を受けていない企業との比較分析を行うことにより、公的支援機関の役割について、新しい知見を見い出し、効果的な中小ベンチャー企業支援施策の立案と実施に向けた政策的含意を提出することを目的とする。

  • 知の共有化モデル=オープンソースソフトウェアの市場価値と労働生産性の計測の研究

    2013.04 - 2016.03

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    本研究の目的は「知の共有化・創出モデル」として注目されるオープンソースソフトウェア(以下,OSS)の開発スタイルを定量化し、OSSを活用した情報サービス産業の生産性を実証的に明らかにすることである。そこで、(a)オンライン情報交換を中心としたコミュニティにおける開発スタイルの実態と情報サービス産業の関与を調査研究し、(b)また情報サービス産業からコミュニティへの関与を示す実証データを収集する。そして、これらのデータを基に(c)OSS開発スタイルの有する生産性分析フレームワークを導出し、労働生産性を計測することによって、OSSの開発スタイルが、日本の情報サービス産業において「知の共有化・創出」ビジネスとして成立し、その有する生産性について明らかにすることを目的とする。

Other research activities 【 display / non-display

  • 串間市「仲町商店街に関するアンケート調査」

    2021.12 - 2022.01

  • 串間市「あたご祭り」来場者調査

    2021.12

  • 臨床研修病院選択に関するアンケート調査

    2021.12

  • 研修医募集のための広報活動に関するアンケート調査(一般病院対象)

    2021.11

  • 宮崎大学×テゲバジャーロ宮崎「応援バスツアー」開催事後アンケート調査

    2021.11

     More details

    企業マネジメント実践Ⅲ(3年生)の一環として実施

display all >>