金子 泰之 (カネコ ヤスユキ)

KANEKO Yasuyuki

写真a

所属

農学部 附属動物病院

職名

准教授

外部リンク

学位 【 表示 / 非表示

  • 獣医学 ( 2016年3月   宮崎大学 )

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Laparoscopic treatment of congenital portosystemic shunts with portal pressure measurement and portal angiography in 36 dogs 査読あり

    Shigemoto J*, Kaneko Y*,Kawazu M, Naganobu K, Torisu S.

    Frontiers in Veterinary Science   2024年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Expression patterns of aquaporins 1, 3, 5 in canine mammary gland carcinomas.

    Fujimoto N, Taniguchi Y, Sonoda H, Kaneko Y, Matsuzaki T, Itoh T, Hirai T, Uchida K, Ikeda M

    The Journal of veterinary medical science   advpub ( 0 )   2023年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本獣医学会  

    Aquaporins (AQPs) are water channel proteins, and the expression of AQPs in carcinoma cells has received much attention over the last 15 years. In the veterinary field, however, little is known about the expression of AQPs. In the present study using immunohistochemistry, we examined the expression of AQP1, AQP3, and AQP5 in canine mammary gland carcinomas. The 27 samples comprised 10 grade I, 12 grade II, and 5 grade III samples (See Materials and Methods section for grade classification method). AQP1 was expressed in only 2 of the grade III carcinomas, and the expression was limited to spindle-shaped cells in the solid structure and on the outside of the solid mass. AQP3-positive cells were observed in 20 of 22 grade I and II samples. On the other hand, among grade III carcinomas, AQP3 was expressed only in spindle-shaped cells in 1 sample. AQP5 was expressed in all grade I and II carcinomas but not in the grade III tumors. In addition, enhanced expression of basolateral AQP3 and apical AQP5 was observed in lobular hyperplastic cells. These results suggest that the expression patterns of AQP3 and AQP5 can be of help for judging the grading of canine mammary tumors and that AQP1 is likely to be involved in metastasis. Moreover, AQP3 and AQP5 might be relevant to lactation in female dogs.

    DOI: 10.1292/jvms.23-0278

    PubMed

    CiNii Research

  • Conserved use of the sodium/bile acid cotransporter (NTCP) as an entry receptor by hepatitis B virus and domestic cat hepadnavirus

    Shofa M., Ohkawa A., Kaneko Y., Saito A.

    Antiviral Research   217   105695   2023年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Antiviral Research  

    The Orthohepadnavirus genus includes hepatitis B virus (HBV) that can cause chronic hepatitis and hepatocarcinoma in humans. Recently, a novel hepadnavirus in cats, domestic cat hepadnavirus (DCH), was identified that is genetically close to HBV. DCH infection is associated with chronic hepatitis in cats, suggesting a similarity with HBV pathogenesis and the potential to use DCH as a novel animal model for HBV research. HBV is shown to use the sodium/bile acid cotransporter (NTCP) as a major cell entry receptor, but the equivalent receptor for DCH remains unknown. Here we sought to identify the entry receptor for DCH. HBV- and DCH-derived preS1 peptides efficiently bound to both human and cat NTCPs, and residue 158 of NTCP proteins determined the species-specific binding of the DCH preS1 peptide. Myrcludex B, an HBV entry inhibitor, blocked the binding of the DCH preS1 peptide. Thus, DCH and HBV may share cell entry molecules, suggesting a possibility of inter-species transmission. Furthermore, our study suggests that DCH can be useful as a novel model for HBV research.

    DOI: 10.1016/j.antiviral.2023.105695

    Scopus

    PubMed

  • Development of a direct duplex real-time PCR assay for rapid detection of domestic cat hepadnavirus 査読あり

    Shofa M., Ohkawa A., Okabayashi T., Kaneko Y., Saito A.

    Journal of Veterinary Diagnostic Investigation   35 ( 2 )   139 - 144   2023年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Veterinary Diagnostic Investigation  

    Domestic cat hepadnavirus (DCH) is a novel hepadnavirus, first identified in 2018. DCH is generally detected using conventional PCR assays, which include time-consuming agarose gel electrophoresis. We developed a rapid, sensitive, and specific real-time PCR (rtPCR) assay for the detection of the DCH genome. To streamline the procedure, our rtPCR assay was carried out using blood samples, without DNA extraction. A consensus primers/probe set was designed based on the nucleotide sequences of the surface/polymerase gene of all DCH strains available in GenBank. To exclude the possibility that the PCR reaction was blocked by anticoagulants, we also used a primers/probe set for amplifying the cat beta-actin gene as a reference gene. Our direct duplex rtPCR assay had high sensitivity, with a limit of detection of 10 copies/μL of blood for DCH. Our direct duplex rtPCR assay should be a useful tool for DCH detection and surveillance.

    DOI: 10.1177/10406387231154610

    Scopus

    PubMed

  • 第105回 日本獣医麻酔外科学会学術集会・軟部組織外科分野シンポジウム「ヒヤリハット症例から学ぶ周術期管理」座長総括

    伊東 輝夫, 金子 泰之, 金 尚昊

    日本獣医麻酔外科学雑誌   54 ( 1 )   27 - 33   2023年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本獣医麻酔外科学会  

    DOI: 10.2327/jjvas.54.27

    CiNii Research

全件表示 >>

MISC 【 表示 / 非表示

  • 第105回 日本獣医麻酔外科学会学術集会・軟部組織外科分野シンポジウム「ヒヤリハット症例から学ぶ周術期管理」座長総括

    伊東 輝夫, 金子 泰之, 金 尚昊

    日本獣医麻酔外科学雑誌   54 ( 1 )   27 - 33   2023年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本獣医麻酔外科学会  

    DOI: 10.2327/jjvas.54.27

    CiNii Research

  • 臨床獣医師のための内科文献情報 招待あり

    金子 泰之

    SA Medicine   26 ( 152 )   71 - 71   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 胆道系手術の合併症 招待あり

    金子 泰之

    SURGEON   24 ( 24 )   38 - 57   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 胆嚢粘液嚢腫(胆嚢穿孔、破裂を起こしていた症例) 招待あり

    金子 泰之

    VETERINARY BOARD   1 ( 1 )   38 - 46   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • Oncologic Emergency ~胆道閉塞~ 招待あり

    金子 泰之、鳥巣至道

    Vetrinary Oncology   6 ( 1 )   58 - 63   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 身麻酔中の胃酸逆流により食道狭窄が生じたと疑われる犬の1例

    若松周作¹、〇金子泰之¹、岡寺涼太¹、小松原梨可¹、永延清和

    第105回日本獣医麻酔外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月24日 - 2022年12月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肝臓血管モデルにより手術シュミレーションを行なった肝内先天性門脈体循環シャントの小型犬の一例

    金子 泰之1)、長谷川雅史1) 、山子剛2) 、 山本集士3) 、永延清和1) 、松永美咲1)

    第 27 回九州地区日本小動物獣医学会卒後研修会  2022年6月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 国内初となるDomestic cat hepadnavirusの同定

    高橋和暉1)、 ◯金子泰之2)、柴内晶子3)、山本集士2)、片桐綾奈3)、大管辰幸4)、井上賀之5)、黒田晃平5)、田邊美加6)、岡林環樹1),7)、永延清和2)、美濃部五三男8)、齊藤暁1),7) 

    第 27 回九州地区日本小動物獣医学会卒後研修会  2022年6月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月5日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 人工腸弁形成により症状改善が認められた短結腸症の犬の1例 招待あり

    金子泰之, 鳥巣至道, 日高裕貴, 水谷真也, 山本集士, Benedict Huai Ern ONG, 永延清和

    第99回日本獣医麻酔外科学会  (大阪国際交流センター)  一般社団法人日本獣医麻酔外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大阪国際交流センター  

  • 軟部外科 症例検討会 招待あり

    金子 泰之

    第98回日本獣医麻酔外科学会   (大阪国際交流センター)  一般社団法人日本獣医麻酔外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:大阪国際交流センター  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第98回獣医麻酔外科学会 軟部組織外科部門 優秀賞

    2019年6月   第98回獣医麻酔外科学会    人工腸弁形成により症状改善が認められた短結腸症の犬の1例

    金子泰之,鳥巣至道,日高裕貴,水谷真也,山本集士,Benedict Huai Ern ONG,永延清和

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 第90回獣医麻酔外科学会 軟部組織外科部門 研究発表 優秀賞

    2015年6月   獣医麻酔外科学会   犬における術中順行性胆道造影の有用性の検討

    ○金子泰之、鳥巣至道、水谷真也、永延清和

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 第55回日本伝統獣医学会大会 理事長賞

    2015年6月   日本伝統獣医学会   イヌの胆嚢疾患における酸化ストレスの検討

    ○金子泰之、都築直、橋本千晶、水谷真也、鳥巣至道

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 第65回九州地区獣医師大会 フレッシャーアワード

    2016年10月   第65回九州地区獣医師大会   犬と猫の周術期における血中アンモニア値と血中乳酸値に関する検討

    ○高橋愛美、鳥巣至道、金子泰之、水谷真也、山本集士、永延清和

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 第61回九州地区獣医師大会 九州地区学会長賞

    2012年10月   第61回九州地区獣医師大会(宮崎)   牛の立位による腹腔鏡下潜在精巣摘出術の検討

    ○金子 泰之、鳥巣至道、北原豪、佐藤裕之、日高勇一、大澤健司 、永延清和

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 先天性疾患の原因追及

    2022年04月 - 2025年03月

    アロハ動物病院  国内共同研究 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  共同研究区分:学内共同研究

  • 簡易陰圧室の改良

    2020年09月 - 2024年03月

    株式会社ワン・ステップ  国内共同研究 

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  共同研究区分:国内共同研究